fuyomilk さん プロフィール

  •  
fuyomilkさん: ロンドンはイギリスにある
ハンドル名fuyomilk さん
ブログタイトルロンドンはイギリスにある
ブログURLhttp://fuyomilk.hatenablog.com/
サイト紹介文ロンドン留学・研究について
自由文ロンドンにある大学院での留学生活の過去記録。研究生活や読んだ本について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/02/16 05:48

fuyomilk さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • どうやったら論文を書けるのか?(その2)
  • どうやったら論文を書けるのか?第二弾。fuyomilk.hatenablog.com研究は進んでいるけれども、書かなきゃいけない論文が溜まっている、という状況は、けっこうありがちなのではないかと思う。共同研究者に「あれどうなった?」と聞かれて、まだ進んでなくて……と、正直に告白する時、とてもばつが悪い。メールが来ると、申し訳ない気持ちになる。「最近なにしているの?」と同業者に聞かれる時、ひょっとして、「こいつ論文 [続きを読む]
  • オープンアクセスとその費用のポリシー
  • オープンアクセスについて、ゴールドオープンアクセス時にかかる費用をどのように負担するべきか調査した。オープンアクセスの基礎知識オープンアクセスには、大きく分けて二種類ある。グリーンオープンアクセス:セルフアーカイビング。embargo期間を経て機関リポジトリなどに登録することで、誰でも論文が読めるようにする。ゴールドオープンアクセス:論文公開直後から誰でも読める形で論文を公開する。論文の出版費用は著者が [続きを読む]
  • ビッチという言葉について
  • たまに思うのだが、「ビッチ」という言葉が不特定多数の男性と肉体関係を持つ女性、という意味で使われているが、これはすごく違和感がある。おそらく、bitchを日本語に言い換えると、「嫌な女」「クソババア」みたいな意味になると思う。不特定多数の男性と寝る女は、よくSlutとか、もっときつい言葉だとWhoreとか言われる(体を売る女という意味でも使われるが、売春婦とはっきり言いたい時はprostituteと言い, whoreはどっちか [続きを読む]
  • インパクトファクターと'In press'期間の長さ
  • 先日の記事にも一部書いたが、研究の内容を発表する雑誌(ジャーナル、一部マガジンとも呼ばれる)の「良さ」を測る指標の一つがインパクトファクター(Impact factor, IF)だ。IFとは、その雑誌に発表された論文が、1年間でどれだけ引用されるかの期待値であると理解して良い。IFはトムソン・ロイターが毎年発表しており、web of scienceというデータベースで確認することができる。インパクトファクターについて − Clarivate An [続きを読む]
  • 平等な採用とは?
  • 卓越研究員や京大白眉研究員の採用で、採用された候補者の中で「女性が少ない」というのが話題に上がっていた。JPN gvmt new 20 Distgshd Young Researchers at U Tokyo named- all males?! Zero #WomeninSTEM. 東大の卓越研究員 名前から察すると女性ゼロ。。。https://t.co/Ujw5vDDSh0― Keiko Torii (@KeikoUTorii) 2016年10月30日H27の白眉は実際に101人もの女性が応募されているようなので、11人採用全員が男性になる確 [続きを読む]
  • 日本に住んでます
  • もうしばらく時間が経ってしまったが、日本で研究員生活を始めた。無事に学位もとれ一安心。せっかくなのでこのブログは残して、読んだ本の記録や思うことなど、適当に書こうと思っている。 [続きを読む]
  • PNASという雑誌
  • いろいろなところで紹介されている、Proceedings of the National Academy of Science (PNAS)のEarly editionの論文Physical and situational inequality on airplanes predicts air rageheadlines.yahoo.co.jp…が、pubpeerやブログで問題が指摘されている。PubPeer - Physical and situational inequality on airplanes predicts air rageandrewgelman.com(ちなみにPPNASと、余計にPが付いているのはPrestageousなPNAS、とい [続きを読む]
  • オープンアクセスで得をするのは誰なのか
  • 直接的には出版社と交渉するのが一番だろうと私は思うのだが…今日気になるニュースが出ていた。www.asahi.com研究者の主な仕事は研究をすることだ。研究結果の結果は、(分野にもよるが)査読を経て論文誌に学術論文として発表されるのが一般的である。研究者の評価は、出版した論文によって評価されることになる。この「論文誌」とは、要は論文がたくさん載っている雑誌*1である。この論文誌にはランクがあって(Impact factor [続きを読む]
  • 過去の記事 …