ソラシカ さん プロフィール

  •  
ソラシカさん: ソラシカ散歩−古道具と雑貨と、なつかしい暮らし−
ハンドル名ソラシカ さん
ブログタイトルソラシカ散歩−古道具と雑貨と、なつかしい暮らし−
ブログURLhttp://sorashika-sanpo.com/
サイト紹介文古道具と雑貨を扱う、移動式不定期営業のお店。なつかしいような、心惹かれるもの瓦版でご紹介します。
自由文[古道具]
古(いにしえ)のカランとした青い空と、鹿のいる大地。そんな風景に似合うものたちをイメージして、国や時代を問わず、今のくらしにすっと馴染む古いものを取り揃えました。

[雑貨となつかしい暮らし]
ゆったりとした暮らしに馴染む雑貨や、なつかしく、いとおしいものたちををご紹介しています。
ふと心に浮かぶ「あの頃」のイメージを探して、思いや気持ちを重ねられるものを取り揃えました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2012/02/17 16:47

ソラシカ さんのブログ記事

  • 秋祭り(おサル)
  • 盆踊りも花火大会もほぼ終わり、少し寂しくなったところで。そうだ、嬉しい秋祭り。  3匹のサルたちが叩く、大きな和太鼓。秋祭りの雰囲気です。。 太鼓の上にまたがって叩こうとしているのと、転んでバチを落としてしまったのと、手前は座って休んでいるのと、、なんだか、ちゃんと叩いているのはいないよう。 この休んでいるように見える子は、残念ながら腕が取れてしまったよう。本当はバチを持っていたのかな。ちょこんと [続きを読む]
  • 竹の組みかご
  • しばらくぶりになってしまいました、、またコツコツ始めますよろしくお願いします〜 竹の組みかごです。おしぼり置きを大きくしたような形。。伸縮はせず固定型です。 用途によって、カゴも色々。舟型で、重さの耐久性はそこまでなさそう。更紙などの紙を入れていたのでしょうか。 見えにくいですが、つなぎの黒い玉がレトロ感あり。W31cm×D18.4cm×H6cm(最大部)何を入れよう、どこに置こう、考え [続きを読む]
  • きじ車
  • 雨よ雨よ 飛んで行けー カラフルで存在感のある、きじ車。恐らく、熊本県は日奈久のきじ馬かと。 九州地方独特の玩具である、きじ車。もともとは、屋外で引っ張ったり乗ったりして遊ぶ大きなものだったそう。昔から、神話などで縁起の良い鳥として信仰されていたことや、日本国外からの文化の輸入など、起源には諸説あるようです。。 現在でも作られている「人吉のきじ馬」(熊本)は有名ですが、日奈久のきじ車は、職人さん [続きを読む]
  • レトロな片手コップ
  • 夏休みの人が多いこの時期、いつもより少し静かでいつもより少しのんびりで。良いです 色といい、デザインといい、ほほえましい位にレトロです。 スッと細長く、口径は小さく。持ち手は指2本が入るくらい。独特なカタチだなぁ 底には、泉印。泉新酒販株式会社の文字が。酒器、ということでしょうか。。なるほど、容量が少なめなのも納得。 昭和中期頃のもの。縁の部分の金箔は所々薄くなっているところも。細長い形なので、 [続きを読む]
  • レトロなオイルランプ
  • ぐるぐる台風、早く去っておくれギラギラのお天道様が待ち遠しく レトロな雰囲気のオイルランプ。色使いがとても可愛らしいです。 透明なガラスのオイルランプは良く見ますが、 乳白色のガラスは珍しい。。カラーのドットも良いです。 未使用で、状態はとても良好。中央のネジで、芯の出(炎の大きさ)を調整します。ガラスホヤ(風防)が乳白色なので、ホワッとした優しい光に。。とてもくつろげそうです。 慣れてしまえば、 [続きを読む]
  • 夏休みのお知らせ
  • 8/1(火)〜6(日)まで、夏季休業とさせていただきます。オンラインショップから注文はできますが、発送は8/7以降になりますのでご了承くださいませ。 また、現在ご注文を頂いている方は、夏季休業中も入金の確認が取れ次第、発送させていただきます。何卒よろしくお願いいたします。 ◎オンラインショップ→ ★   JUGEMテーマ:古道具・雑貨 |トップページへ戻る| [続きを読む]
  • 河童の楊枝入れ
  • 梅雨のような天気が続きます。またギラギラと暑くなってほしいです。 河童の楊枝入れ。木製です。 顔の部分が外れて、蓋になっています。何とも言えない表情と、佇まい。。 木彫りの良さ。未使用なので、状態は良しです。 おへその×が良いですな。。楊枝入れですが、置物としてお部屋のどこにいても◎高さ 約9cm×幅 約4.5cm *河童の楊枝入れ   sold out ◎オンラインショップ→ ★   JUGEMテー [続きを読む]
  • 土湯系えじこ(大内慎二)
  • 雨が止むとすぐに蝉が鳴きだした。雨の間は、ただただ止むのを待つだけ。止んだら、全力で鳴くだけ。 眠る、えじこ。 すやすや。えじことは、農作業をしている時などに赤ちゃんを入れる藁などで編んだ籠のこと。木や竹で作られることもあるそう。赤ちゃんが入っている姿を、人形として作ったのがこのえじここけし。 真ん中のくり抜いた穴の中にこけしが入っており、くるくる回ります。こっくんこっくん、寝相を変える姿がなん [続きを読む]
  • 曲げわっぱのおひつ(大・小)
  • 夏の間だけかき氷屋さんをやりたい、と 前からぼんやり思っていて、そのことを考えると、とても楽しくて嬉しい気分になるのです。 古い曲げわっぱ。おひつとして使われていたものです。 こちらは大きい方。全体的に良い味に。蓋と底の部分は、一枚木ではなく寄木です。それぞれ屋号が彫られています。 内側の塗装が剥げたところも、また良し。開閉はスムーズです。 おひつとしての実用には向きませんが。。小物入れ、乾物入れ [続きを読む]
  • 琉球起き上がり(ペア)
  • 梅雨が明けて、明日から夏休みだとか。さあ夏ですよ、と背中を押されて ハッとする ような。 なんとも平和で、元気の出る姿。赤と黄色が鮮やかな、琉球起き上がり。 貯金箱になっていますが、置物として◎素材は陶製です。 底の部分はシールで封印してあります。赤い方は開封済み。シールには、全国ダルマシリーズ 琉球起き上がり(沖縄)と書いてあります。。 何と言っても、この顔と色使い。いいですねぇ。高さ10cmと [続きを読む]
  • 小さな白磁の茶碗
  • 昨日の激しい雷雨のち、 今日はカラリと気持ちの良い風。少しの時間でも、ゆっくりとお茶を飲めたなら、それはそれは、嬉しいこと。 白の質感が良い、小さな白磁。中国のものです。 中国茶を飲むのにちょうど良さそうな、 小さめのサイズです。大量生産されたつるつるの白ではなく、 釉薬の跡などひとつひとつ表情が違います。 古い雑器のつくりの粗さも、魅力です。 焼成の際に生じる黒点や小さな穴、突起物があるものも。。 [続きを読む]
  • 河童の土鈴
  • 16日(日曜)は、有楽町の大江戸骨董市に出店してきました。携帯を忘れてしまい、ツイッターで場所のお知らせ等できず、、もしも気にかけてくださっている方がいらっしゃいましたら、すみませんでした。。雨の心配もなく、無事に終えることができました。ご来場、お立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました。 次回は9月に出店予定です。 河童。鮮やかな色と、媚びない表情と、短い手足と。。何だか目が離せません じー [続きを読む]
  • 海のお土産(貝殻)
  • 海辺で拾い物をすること。たくさん、気軽に、できれば毎日のように。これが私の夢、であります。 味のある、手編みの網に入った貝殻。昭和30年代頃の、海のお土産。新潟のものです。 なんと言う貝だろう。つるつるです。 素朴な網の感じが何とも良く。何だか気になる、貝殻のお土産です。 *海のお土産(貝殻)  sod out ◎オンラインショップ→ ★   JUGEMテーマ:古道具・雑貨 ;;;;;;;;;;;;;;;;; [続きを読む]
  • 海のお土産(貝の船)
  • 昨日に引き続き、海のお土産。第三弾まであります〜 ザブーン、ザブーン。お話の中に出てきそうな、 貝細工の船。 針金や紐、棒を駆使して、上手に貝の帆を張り上げています。 描かれた海も鮮やか。夏の旅を思わせてくれる、小さな船です。(サイズ W7.2×D3×H8.5cm) *海のお土産(貝の船) sold out ◎オンラインショップ→ ★   JUGEMテーマ:古道具・雑貨 ;;;;;;;;;;;;;;;;; [続きを読む]
  • 海のお土産(貝殻コレクション)
  • 9日(日曜)は、布多天神の骨董市に出店してきました。ご来場、お買い上げの皆さま、ありがとうございました。8月はお休みさせていただきます。今週の日曜日16日は、大江戸骨董市(有楽町)に出店予定です。またもや久々の有楽町。晴れそうで一安心。よろしくお願いいたします。 晴れの日には、気分はもう夏。なつかしい、海のお土産。 貝殻の下には、ひとつひとつ名前を印刷した紙が貼られています。印刷した紙がなかったのか [続きを読む]
  • 竹のシカ
  • 晴れたり曇ったり、大雨が降ったり風が吹いたり。地にいる人たちは、ああだこうだと空を見上げて受け止めるばかり。そして空には天の川。 見つけた時、ちょっとした衝撃でした。このはかなさと、プリミティブな雰囲気。 竹で作られています。竹の節や細い枝から生まれたシカ。はかないけれど、この存在感。 色使いにも、何か祭事的な雰囲気が。神に仕える鹿、でしょうか。 なんとも言えない魅力です。約 W7.5×H7c [続きを読む]
  • ブタの蚊取り線香入れ
  • 急な蒸し暑さに吃驚して、ついつい夏を連想させるものばかり。少しでも涼しくなるよう。 夏の定番、ブタの蚊取り線香入れ。定番だけど(だから?)、なんだかいいなぁ、と。でも、どうしてこんなに有名なんでしょうか。 調べてみると、江戸時代から ブタの蚊取り線香はあったらしい。。当時は、枯葉やおがくずなどかさばるものをいぶしていたため、現在のものよりもだいぶ大きいものだったとか。 これはそんなに古いものではな [続きを読む]
  • 森永コーラス レトログラス
  • もわもわするけど、 時々そよそよの風。雨が降りそうなどんよりな空。こんな午後が昔にもあったような。 森永コーラスのレトロな販促グラス。森永コーラスは、1927(昭和2)年から発売開始されているそう。こちらは昭和30年代後半のものと思われます。 野球のバットを持ち、スタスタ歩くイヌくんにはBOKUの文字が。 赤いトラネコさんはチューリップを持っています。ATASI アタシ、、 得意気にホットケーキを作るウサギさんは [続きを読む]
  • 鯨車(土佐張子)
  • 急にむしむしと暑くなり、つい涼し気なものを探してしまいます。そういえばもう7月なので、道理で暑いはず。もう夏です、 高知県の鯨車。体に描かれた波模様と、愛嬌のある顔が印象的。 ザブーン。気持ち良さそうです。体は張り子でできており、 頭の上には、白く塗られた竹が。潮を表現しているのですな。ちなみに、車の部分は回りません。 その昔、高知では捕鯨が盛んでした。長い出漁の間、漁夫たちが子供たちのために木片 [続きを読む]
  • 赤いアルミ盆(植物/花)
  • 続けてお盆、お盆。昨日のお盆といっしょに見つかったものです。 こちらも大きめサイズのアルミ盆。昨日のタイプより一回り小さいですが。φ約33cm×H1.8cm 葉っぱと木の実。 何の植物でしょうか。。レトロな雰囲気満載です。画像のように、良く見ると端の方に傷がありますが、全体的には凹みや歪みなく良い状態。 裏側には、「昭和二十八年 記念 川崎漁業協同組合」の文字が。言われてみれば、当時の漁師さ [続きを読む]
  • アルミのお盆(山)
  • 山を越えて、谷超えて。遠くから、ニワトリの声が聞こえてきます。 大きなアルミのお盆。まるで墨絵のような、幻想的な雰囲気が漂います。。描かれているのは、高い山々の奥に、塔がポツンと。「古き良き中国」的な雰囲気、何とも良いです。 昭和20〜30年代頃のものです。良く見ると表面に細かい傷がありますが、目立つ凹みや歪みはなく、良い状態です。 φ約35cm×H2.2cm結構大きいです。3〜4人分のデザー [続きを読む]
  • 陶製の湯呑(貫入)
  • ちゃんとする、ちゃんとする。全力で ちゃんとしてみようと思うこの頃。 白のグラデーション。ありそうで なかなか無い、シンプルで風合いの良い湯呑。 柔らかい白地に細かい貫入が入っており、良い味です。(貫入は、成形時に生じた釉のひび模様のこと。) H8.8cm×φ5.3cm 一般的な湯呑サイズでしょうか。シンプルな雰囲気なので、 お茶だけでなく珈琲などでも合いそう。発想を変えて、花瓶としても使えそう [続きを読む]
  • 石の顔
  • 木や石を拾うのが好きです。落ちているものを拾うのが好きです。 或る日。公園でシートにただ座って 待っていました。暇だったので、周りに転がっている石でも拾って、観察していました。じーっと眺めていると、石のくぼみや模様が目や口に見えてきました。顔が浮かび上がってきた!その石を全部持って帰り、アクリル絵の具で目と口をなぞりました。 私が顔を描いたのではなく、石に浮かび上がってきた顔をなぞっただ [続きを読む]