ソラシカ さん プロフィール

  •  
ソラシカさん: ソラシカ散歩−古道具と雑貨と、なつかしい暮らし−
ハンドル名ソラシカ さん
ブログタイトルソラシカ散歩−古道具と雑貨と、なつかしい暮らし−
ブログURLhttp://sorashika-sanpo.com/
サイト紹介文古道具と雑貨を扱う、移動式不定期営業のお店。なつかしいような、心惹かれるもの瓦版でご紹介します。
自由文[古道具]
古(いにしえ)のカランとした青い空と、鹿のいる大地。そんな風景に似合うものたちをイメージして、国や時代を問わず、今のくらしにすっと馴染む古いものを取り揃えました。

[雑貨となつかしい暮らし]
ゆったりとした暮らしに馴染む雑貨や、なつかしく、いとおしいものたちををご紹介しています。
ふと心に浮かぶ「あの頃」のイメージを探して、思いや気持ちを重ねられるものを取り揃えました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2012/02/17 16:47

ソラシカ さんのブログ記事

  • パピエボックス
  • 晴れたり曇ったり、春の天気は忙しいです。 宝物箱、が好きです。鍵はかからないけれど、「宝物」を入れておきたくなるような、小さな箱。 寄って一枚。恐らく、紙を圧縮して作られたパピエボックス。絵付けの上にニスが塗ってあります。何とも言えない風合い。 最初の画像が丸っぽく写っていますが、、楕円型の小箱。割と固く、しっかりしています。W11.5cm×D8.5cm&tim [続きを読む]
  • 小鳥のそろばん(数遊び)
  • 日曜日のフォーラム出店の準備、早々に取り掛かりました。今日は品集め。集めて、並べて、、今回は順調で、並べていて愉しく。日曜日が楽しみです。お天気良いと良いのですが。 電線に並んだ小鳥、を連想させます。。可愛らしいモチーフと色の、こどものそろばん。小さい人の数遊びですね。 小鳥の下には、青りんごと赤りんご、でしょうか。経年により褪せた色合いも良いです。 下の部分に [続きを読む]
  • お裁縫箱の中(巻き糸)
  • 毎日、小鳥が一生懸命鳴いてる。ピチピチビービー何か話しているのだけれど、何を言っているのか全くわからない。元気が良い。春になるのが嬉しいのだ。(と私は思う) お裁縫箱の中から。ぐるぐると、几帳面に巻かれた糸々。可愛らしくもあり、端正でもあり。 ものを大事に、整理整頓と教えられるようです。。 糸はまだきれいでしっかりしているので、使うことも。何だか惹かれる、巻き糸 [続きを読む]
  • レトロな深皿
  • 週末はポカポカ陽気の予報なにをしようか 何処へ行こうか 飴色とまではいかずとも、落ち着いた茶色の食器、好きであります。 昭和時代の日本のもの。レトロでありながら、欧風の雰囲気も。持ち手が付いており便利。 荷物を運ぶ馬と人の図が、かわいい。古い時代のものため、釉薬の濃淡などにばらつきがあります。全体的に貫入(成形に生じた釉のひび模様のこと)が入っており味わい深いで [続きを読む]
  • ブローチいろいろ
  • 今日は久しぶりに晴れて、張り切って活動中。 ブローチ3点オンラインショップにアップしました。 「トリのブローチ」 上手いような、上手くないような、、絶妙なタッチが魅力の、木彫りのブローチです。付けると楽しくなれそう。 梅の枝先をモチーフにした、真鍮のもの。「真鍮の梅(ブローチ)」何かの装飾の一部だったものをブローチにしました。年代の古いもののため、黒く燻された真鍮の風合いと、華奢 [続きを読む]
  • 竹のおサル
  • 古い布を縫い合わせて、手提げ袋(手提げカバン、バック、、何と言ったらしっくりくるか)を作っているのだけれど、なかなか進まないーまだ2つめ。いくつか出来たら、ここに載せてみようかなと思っているのですが。 手足の長ーい、おサルさん。ヒョロッとしていて、小さくて。。何だか気になります。 竹の節の部分を使って、顔の凹凸の細かいところまで表現されています。お顔はにっこり。 &nbs [続きを読む]
  • カタチの良いハサミ
  • ハサミは好きで、つい集めてしまうもののひとつ。なかなか画像と文章では伝わりにくい気がしますが。。 カタチの良い、昔の鉄バサミ。 左側のスッと長い方は、花切りバサミ。個性的なカタチが目に留まりました。長い柄の部分と、短い刃の部分。 そして、丸眼鏡を連想させるような、 左右対称の持ち手。 一つ一つ職人さん手作り、という所も良いです。これでベランダや庭の草花を手入 [続きを読む]
  • モロッコのコマ
  • いつも書き忘れてしまうので、今日こそ最初に。3/19(日)の大江戸骨董市は、申し込み者多数で出店できず。。次回は4/2(日)に出店します。よろしくお願いいたしマス。 朴訥としたカタチと素材感に惹かれました。モロッコのコマだそう。 手作り感のある木肌も魅力的。先端は鉄になっていて重いので、どうしてもゴロンと倒れてしまいますが、 角度によっては、自立することも。 &nbs [続きを読む]
  • 黄色いお裁縫かご
  • 春爛漫、を思い浮かべながら。 黄色いお裁縫箱。取っ手も付いており、持ち運びに便利。バスケットとしても使えます。 背景のニット地に、フエルトとプリント布で描いた お家の図柄。手作り感が、なんともキュートです。。表面にはビニールが貼ってあります。 中は仕切りなどなく、サテン地の布が貼ってあります。お裁縫道具、小物入れとして。外寸:W22cm×D15.5cm×H11.5cm/ [続きを読む]
  • レトロなガラス小皿(長方形)
  • 天気が良いと気分も良いです。この分だと、春になったら毎日元気が溢れんばかり、になるだろうか。 小さな長方形。周りのシャープなラインと、ガラスの質感が合っていて、手に取りました。 D7.8cm×W11.8cm×H2.5cm の小さなガラス皿。 食卓で使うなら、冷たい食べ物が良いでしょうか。お豆腐、お刺身、薬味、わらび餅。。 小物入れとしても、しっくり [続きを読む]
  • 小さな輪投げ
  • 取るに足らないものだらけ。どうしてこうなるの、か。 小さな輪投げ。高さ9cm 最初から輪っかは3つだったのか、それとも、もう少しあったのか。 紺、赤、緑、黄色 小さすぎて、逆に難しい輪投げ。取るに足らないけれど、何だかかわいいもの。 *小さな輪投げ   sold out ◎オンラインショップ→ ★   JUGEMテーマ:古道具・雑貨 ;;;;;;; [続きを読む]
  • 小さなミシン
  • どんよりとした天気、家での制作日和。 小さな、古いミシン。スチール製でずっしりしています。トイミシンと言うには、本格的。ササッと繕ったり、子どもの小物なんかを作るのに重宝したのでしょうか。 付属で付いていた糸巻きが、黒い木製で可愛い。。 脇に付いているハンドルをグルグル回すと、針がジグザグと動きます。 単一電池2本で動く仕組み。残念ながら下糸を入れるパーツが [続きを読む]
  • こけしの小物入れ
  • 春のように暖かい日。あれこれやりたい気持ちばかり、先走り。 真面目なこけし。蓋が開き、小物入れになっています。「えじこ」かと思いきや、(「えじこ」とは、農作業中に赤ちゃんをいれておく籠のこと。その、えじこに赤ちゃんが入っている様子を表現したこけし。)体に絵付けもなく、赤ちゃんという感じもしないので、ただの小物入れかと。 木をくりぬいて作られています。中に入れるのは、お菓子 [続きを読む]
  • おひな様(起き上がり小法師)
  • あれよあれよと、3月です。寒い日もあと少し。 ポカンとした、あどけない表情ととんがり帽子のフォルムが魅力のおひな様。 起上り小法師になっています。周りに和紙が巻いてあり、絵付けがされています。 後ろ姿は、鉛筆かクレヨンのよう。。 オット、ビックリこんなポーズも ちょこんとさりげなく飾るのにちょうど良い、何とも魅力的なおひな様です(高さ約8cm) [続きを読む]
  • 牛乳コップ(オハヨーミルク)
  • 時代はだいぶ変わりますが、前回の牛乳つながりで。 昭和の時代の牛乳コップ。オハヨー牛乳のノベルティです。 このラッパのようなものを持った坊やは、パーンマークというらしいです。(牧羊神、パーンより。)良く見るとシュール。。 昭和28年に設立された会社で、昭和39年から60年まで、このロゴを使っていたそう。デッドストックで未使用なので、状態は良好です。毎朝牛乳コップで、牛 [続きを読む]
  • 牛乳瓶受け
  • むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。二人には子どもがなく、そこへ赤ん坊が偶然に流れてきて(拾って)、、というのが物語の定型。 どうして日本の昔話は、おじいさんおばあさん の話しばかりなのか、、というのが、ふと感じた疑問であります。 牛乳瓶受け、兼、郵便受け。その昔の、手作りのもの。 昭和九年、戦前のものですな。書かれているのは、名前なので [続きを読む]
  • レトロな貯金箱
  • 木に引っかかった洗濯物は、雨風にさらされた後、無事に物干し竿を使って回収できました。今日もヒヤヒヤの大風。 フエルトのワッペンがなつかしいです。絵柄がかわいい貯金箱。 タツノオトシゴ。周りの水泡がかわいいです。手作り、にしてはクオリティ高し。 てんとう虫。 紙紐をぐるぐると巻き付けて、ペイントし、フエルトを貼ったのだと思われます。フエルトの剥がれが少しあり。  [続きを読む]
  • 記録(大江戸骨董市2017.2.19)
  • 昨日は、大江戸骨董市に出店してきました。お天気の心配もなく、多くのお客様で賑わいました。 記録として、全体写真。4ヶ月振りの出店で、ちょっと浦島太郎のような感覚はありましたが、出店できる嬉しさをかみしめつつ、いつも通りに商ってきました。目標にはあと一歩でしたが、たくさんの出会いや発見があり、出店できて良かったです。 昨日もお寒い中、ご来場、お買い上げいただいた皆さま、誠にありがとうご [続きを読む]
  • 17/2/19 出店のお知らせ(有楽町・大江戸骨董市)
  • 明後日2/19(日)は、大江戸骨董市(於有楽町国際フォーラム)に出店いたします。 またもや、久々の出店です。4ヶ月振り、、ということで、仕入れた商品も良いものたまっております!出店場所は、当日ツイッターでお知らせさせていただきます。ショップカードも印刷せねば、、明日からまた寒いようで、防寒対策しっかりと、ですね。 お時間がございましたら、皆さまのご来場をぜひともお待ちしております〜&nbs [続きを読む]
  • さくぶんノート
  • 今日も一日中晴れました。よしよし。今週末の出店に向けて、準備を始めました。日曜日、また寒くなるようですねぇ 昭和30年代のさくぶんノートです。雨傘と長靴姿の、小学生。帰り道に何か見つけたよう。 視線の先には、、犬がいたのですねー雨だけ毛糸で描かれており、立体的に見えます。かわいいなぁ 見開きには、作文を書く際の注意や書き方が。 後ろの見開きには、「はとへ [続きを読む]
  • ビクター犬(ニッパー)
  • あっという間に 二月も半ば、二月はパキッとしていないから好きであります。なんとなく、猶予期間のような、、 哀愁漂う、ビクター犬。名前はニッパー君。 蓄音機に耳を傾けている姿が有名ですが、亡き飼い主の声が聞こえてくる蓄音機を、不思議がっている姿なのだそう。・・・ニッパー君! 右足負傷しています。補修後の接着剤痕が、経年により変色しています。古傷痛む、、 [続きを読む]
  • スタンド式鏡
  • 外が静かだと思ったら、雪が降っていた。道理で寒いはず。 どんどん降るぞ スタンド式のシンプルな鏡。見つければいつも買ってしまうのですが。 右端のあたりが少し白くなっています。金具の部分は錆びていますが、 錆が定着しています。 角が丸い方を上にした時、角度を深くすると若干脚が緩く倒れてしまいます。。(この写真の角度位なら大丈夫です。)裏に押さえを置くか、丸い方を下に [続きを読む]
  • 鳥の壁掛け
  • 節分は一年の節目、変わり目だとか。豆撒いて その後 気分一新できたかな、わりと好きな二月。 実直なラインで描かれた 鳥のモチーフが、なんともかわいい。紙粘土で作られた、壁掛け、のようなもの。 母さん鳥の背中に乗っているのと、前を歩くのと。構図といい、背景の彫込みといい、なかなかやるなぁ。子どもの工作。 裏面には学年と名前が。小学四年生・・! あっ!顔だ・ [続きを読む]
  • 箸置き(松と海)
  • 毎日毎日、強い北風。ある日突然に、暖かい風に変わるのだっけ。 深い色合いが絶妙です。昭和の時代の箸置き。 松と山?と思ったけれど、 おそらく松と海かと。松の深い緑色には、所々茶色の縁取りが。グレーのような、青緑の海の色も素敵です。 裏の刻印読めず、、 状態はきれい。 連なる海と松、、6.5cm×約2cm *箸置き(松と海)  380円(税込)/ [続きを読む]