Nakajima整骨院 さん プロフィール

  •  
Nakajima整骨院さん: 横浜市・桜木町 Nakajima整骨院 中島院長ブログ
ハンドル名Nakajima整骨院 さん
ブログタイトル横浜市・桜木町 Nakajima整骨院 中島院長ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/s0ccer60yhiro
サイト紹介文横浜市中区桜木町Nakajima整骨院院長 中島 裕之の自由なブログです!
自由文Nakajima整骨院院長の中島裕之です!
当院は治療・施術内容の充実はもちろん、その他満足度の高い治療器を配備し、トレーニングスペースも併設しており、スポーツ(トレーニング)と治療を融合しトータルでサポートいたします!あなたを変えていく整骨院です!甲子園や国立競技場を目指している学生がたくさん来院されますので、治療を受けられる患者様も元気をいただける院になっております!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供656回 / 365日(平均12.6回/週) - 参加 2012/02/19 16:45

Nakajima整骨院 さんのブログ記事

  • High school baseball teams competed with one ...
  • High school baseball teams competed with one another at the tournament. 本日は日大野球部の試合を観に大和引地台へ。 小学生から診ている子が高校3年生になり、試合で躍動している姿を見ると本当に元気をもらえます。 充弘、次も頑張れ‼? レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエク [続きを読む]
  • High school baseball teams competed with one ...
  • High school baseball teams competed with one another at the tournament. 本日は日大野球部の試合を観に大和引地台へ。 小学生から診ている子が高校3年生になり、試合で躍動している姿を見ると本当に元気をもらえます。 充弘、次も頑張れ‼? レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエク [続きを読む]
  • Selection of exercise and shoulder injury.ベ...
  • Selection of exercise and shoulder injury. ベンチプレスの下降(伸張性)局面は、特に腕が体幹より低く下ろされた場合には、多くの傷害の原因とされている。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11974 Ran 10.18 kilometers with Nike?+ Run Club #JustDoIt #nike #nikerunning #training #running Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 15 9:39pm PDT [続きを読む]
  • Baseball elbow and resistance training.コッキン...
  • Baseball elbow and resistance training. コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2111 Ran 10.10 kilometers with Nike?+ Run Club #nike #nikerunning #training #running #JustDoIt Hiroyuki Nakajimaさん(@ [続きを読む]
  • Physical condition with baseball elbow.投球側肩...
  • Physical condition with baseball elbow. 投球側肩甲上腕関節の内旋角制限(非投球側より25°)がある場合、肩肘疾患の危険因子となる。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6131 Ran 10.14 kilometers with Nike?+ Run Club #JustDoIt #running #training #nikerunning #nike Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 13 6:47am PDT [続きを読む]
  • Baseball Elbow and Functional Movement Screen...
  • Baseball Elbow and Functional Movement Screen: FMS. 肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2206 Ran 10.13 kilometers with Nike?+ Run Club #nike #nikerunning #training #running #JustDoIt Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした [続きを読む]
  • Influence of external stress and external tor...
  • Influence of external stress and external torque of shoulder joint. 上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-8529 Ran 10.08 kilometers with Nike?+ Run Club #JustDoIt #running #training #nikerunning #nike Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアし [続きを読む]
  • Inner turning mobility of the shoulder.オーバー...
  • Inner turning mobility of the shoulder. オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にある。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-10727 Ran 9.60 kilometers with Nike?+ Run Club #nike #nikerunning #training #running #JustDoIt Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 10 6:52am [続きを読む]
  • Flexible exercise at the back of the shoulder...
  • Flexible exercise at the back of the shoulder joint. 水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11827 Ran 10.08 kilometers with Nike?+ Run Club #JustDoIt #running #training #nikerunning #nike #JustDoIt Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシ [続きを読む]
  • Risk factors for acute and chronic shoulder j...
  • Risk factors for acute and chronic shoulder joint disorders. RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動性の低下などが挙げられる。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11959 Ran 10.11 kilometers with Nike?+ Run Club #JustDoIt #nike #nikerunning #training #running Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 6 4:51a [続きを読む]
  • Resistance training and shoulder injury.RT集...
  • Resistance training and shoulder injury. RT集団において、通常のエクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられている。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11966 Ran 10.19 kilometers with Nike?+ Run Club #running #training #nikerunning #nike #JustDoIt Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 5 4:39am PD [続きを読む]
  • Baseball elbow and pitching amount.9〜12歳の選手...
  • Baseball elbow and pitching amount. 9〜12歳の選手では1試合の投球数が75球を超えると肘痛の有病率が35%上昇する。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6097 Ran 10.02 kilometers with Nike?+ Run Club #JustDoIt #nike #nikerunning #training #running Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 4 5:14am PDT [続きを読む]
  • Baseball Elbow and Pitching Mechanics.若年野球投...
  • Baseball Elbow and Pitching Mechanics. 若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6087 Ran 10.25 kilometers with Nike?+ Run Club #running #training #nikerunning #nike #JustDoIt Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 3 5:29am PDT [続きを読む]
  • Application to the field in nutrition and imm...
  • Application to the field in nutrition and immunity. 回復に役立ち局所的な炎症反応を抑えるためには、長時間の中強度の活動中には6%のCHO溶液を速やかに摂取する必要がある。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-12377 Ran 10.25 kilometers with Nike?+ Run Club #JustDoIt #nike #nikerunning #training #running Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official)がシェアした投稿 - 2017 Jul 2 1:22am PDT [続きを読む]
  • Application to the site to prevent instabilit...
  • Application to the site to prevent instability and pain of the shoulder front. 腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11990 Ran 10.23 kilometers with Nike?+ Run Club #running #training #nikerunning #nike #JustDoIt Hiroyuki Nakajimaさん(@hiroyuki.nakajima_official [続きを読む]
  • Polar Japan official Heart Rate Trainer.本日は...
  • Polar Japan official Heart Rate Trainer. 本日はHeart Rate Trainer 資格の資格取得へ。 アスリートが日々取り組むトレーニングは、競技特性、競技志向、時期に応じた目的、指導者の指導観により、その種類も様々です。 競技力向上の際に必要なのは、それぞれの目的に合わせて、最適なトレーニングを計画し、実施することです。 Polar社の心拍計は、自律神経による心拍の変化を感知する為、その時々の身体の状態に合わせた [続きを読む]
  • Polar Japan official Heart Rate Trainer.本日は...
  • Polar Japan official Heart Rate Trainer. 本日はHeart Rate Trainer 資格の資格取得へ。 アスリートが日々取り組むトレーニングは、競技特性、競技志向、時期に応じた目的、指導者の指導観により、その種類も様々です。 競技力向上の際に必要なのは、それぞれの目的に合わせて、最適なトレーニングを計画し、実施することです。 Polar社の心拍計は、自律神経による心拍の変化を感知する為、その時々の身体の状態に合わせた [続きを読む]