アケビ さん プロフィール

  •  
アケビさん: 私、希少がんP-net患者です
ハンドル名アケビ さん
ブログタイトル私、希少がんP-net患者です
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wa-ratte
サイト紹介文膵内分泌腫瘍P-net患者です。アップル社創設のジョブズ氏も同病患者でした。
自由文1996年に激しい腹痛から3カ月検査入院してやっと膵臓の腫瘍が発見され摘出。
当時、膵臓は沈黙の臓器と言われお腹を開かずに検査する方法はありませんでした。
膵内分泌腫瘍という病名も当時はなく、4年後肝臓に転移した腫瘍細胞と膵臓のプレパラートでカルチノイドと判断され膵臓が発端であるので膵内分泌腫瘍という病名に辿りつきました。
まだ認識度も低く不明な点が多い病気ですが私は元気です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 49日(平均3.1回/週) - 参加 2012/02/21 14:53

アケビ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • インスリンって?
  • 以前から糖尿病で今はインスリンを使っていること何度か書いていますこのインスリンはすい臓から出るはずのホルモンで私はすい臓を切除してるのですい臓から必要量が出なくなり処方されているのだけど・・・例えば、体調が悪いときに一食抜いてお腹を休ませたいと思ってもできません。ほんとなら一食くらい抜いてもなんてことないんだけど薬を使っていると作用してしまうから予定通りの食事が摂れないのはマズイがんセンターなどで [続きを読む]
  • 昨日・今日
  • 昨日はがんセンター受診の日でした。造影剤を使ったCTを撮りその結果を見て今後について考える感じです。まず採血をしてその後CT造影剤の針を刺す部屋のスタッフさん みんな入れ替わっていました。春なんだなぁ〜塞栓術の効き具合がCTでどう確認できるのか?塞栓術をする前との比較なんですけどなんというか アバウトな比べ方なんですよね〜撮ったばかりで診断部を飛ばして先生のところに来てるのでサイズなどもわからないしざっ [続きを読む]
  • 気持ち
  • すい臓に悪いものが見つかったころからいいえ、その前から私はマイナス思考に偏りがちな人でした。自分に自信がなかったり失敗が怖かったりでも、とか どうせという言葉が多く出ていたと思います。病気がわかってからはそれに輪をかけてマイナス思考が強くなりうじうじと考え込んでしまって病気になった自分の事をダメ人間だと思ったりもしました。それでも悪いものは手術で取れるという先生を信じ手術が終わったら回復することの [続きを読む]
  • なればいい
  • なればいい ザ・スパイダースかまやつさんも膵がんで他界されました。いつもニット帽をかぶった個性的なミュージシャンで笑いのセンスもあってテレビでも人気ありましたねご冥福をお祈りいたします。この「なればいい」って曲。切ない心に響きます。でも、かまやつさんも明るく楽しいのが好きな人でしただから『みんな元気になればいい』 [続きを読む]
  • 口に出さないけど
  • ちょっと顔を合わせる知人が「今、病院三か所に通ってるんだよ」言ったかと思うと「ちょっと一服してくるかな」とタバコを吸いに行った。パパにあれだけ口を酸っぱくして「タバコ止められない?」とやめてほしいと言い続けていたのでそれほど親しくない人にも言いそうになる。どうしてタバコをやめられないのかな?タバコ止められないなら人間やめますか? [続きを読む]
  • 自分のために
  • このお雛様は母が私が生まれた時に買ってくれたものです。だから私と同じ53歳。娘たちが幼いころは飾ったけれどもずいぶん長いこと仕舞いこんでいました。娘たちは二人とも嫁いだし、もう飾らなくていいかな〜人形供養に出した方がいいのかな〜 と出してみたらまだまだ美しさが保たれています。とてもどっしりと安定感のあるお内裏様とお雛様。この体格差は両親に似ています。父も元気なころは大柄でどっしりしていました。母は [続きを読む]
  • 病気の原因
  • 最近になってようやく食の安全性を考えるようになってきました。遅すぎです。もっと早くそうするべきだったのに…なんて後悔ばかりしていてもダメ人間なままなので前に進みます。がんって誰にでも起きている細胞の故障なんですよねちょっと弱いとか形がいびつだとかちょっとした不具合のある細胞が体内でできてそのダメな細胞は死滅して健康な細胞と入れ替わるような自然のサイクルがあってでも、何かが原因でそのダメな細胞がその [続きを読む]
  • 糖尿病とタバコ
  • 私が初めに膵臓腫瘍を摘出する手術を受けた時主治医から将来糖尿病になることは覚悟しておいた方がいいと言われました。実際膵臓の機能が追い付かず初めの頃はカロリー制限などで食事をセーブしていましたが自分で食べたいものと食べられるものの調整が難しかったので飲み薬ですい臓を助けることになりました。でも、数年でした。すい臓は薬で応援しても機能は落ちてしまいましたのでインスリンの注射をすることになったのです。飲 [続きを読む]
  • 奇跡の復活
  • ギタリストのウィルコ・ジョンソンさんを知っていますか?私は知りませんでした。ミッシェル・ガン・エレファントなどにも影響を与えた人だということなのでギターの音は聴いているはずだと思います。その方が自伝を書いたんだそうです。『不滅療法〜ウィルコ・ジョンソン自伝』https://33man.jp/article/002596.html私早速注文しました。本でもちょっとお高い金額ですが読んでみたいと思います。この方も奥さんを先にがんで亡くさ [続きを読む]
  • レモン
  • 今日は関東一帯で春一番が吹き荒れているようです。少しだけ鼻がムズムズしますがくしゃみはまだ出ません。豆乳ヨーグルトのおかげかな〜?体質改善のもう一つ ご紹介します。レモンです!いろんな情報を読むと体が酸性に偏るとがんができやすくなるらしいとか…でアルカリ性のものを取り入れて酸性寄りの体をアルカリ寄りにするのです。酸っぱいレモンを上手にいただく方法ってないかなぁ〜と思いついた方法が気に入ってるのでご [続きを読む]
  • 安定剤代わり
  • 私は病気になってからブログを続けて書いていた時期がしばらくあります。無知なために引っ越しでブロバイダーが変わることによってブログが使えなくなるとは思ってもいなかったため当時の記事は消えてなくなりました(´;ω;`)ウゥゥ最近また書き始めるようになって以前はあまり感じることのなかった自分を第三者の目で見られる感じがするのです。自分の気持ちをただ書いているだけですが読み返すと矛盾に気が付くこともありますし書 [続きを読む]
  • 信じる者は・・・
  • 病気が長いとそりゃ心は揺れますよね患者自身もそうですが、家族や友達などに患者がいても同様です。どうにかして少しでも体に良いものを‼免疫力を上げるためには何をすればいいの?と必死に情報を集めます。みんな自分に合うものと出会えればそれを続ければ良いのですが何しろ心が不安定ですし何が正しいのか判断できないでしょう私がそういう情報を探しているからなおさらだと思いますが昔に比べて情報量がとても多くなってきま [続きを読む]
  • 気持ちはゆれるもの
  • 自分でブログを書きながらあとで読み返しては自分の気持ちが揺れていることを確信する人に頑張れ!というのは簡単なことなのに自分では頑張れないし頑張ることが必ずしも良いことではないと思っている。ただ自分の生き方?それをしっかりさせたいとは思う。病気の治療についてはやはり自分の体に負担になることはしたくない。でも、私自身が生きるのを諦めたわけではない。主人がいなくても私は二人の娘の親であるし孫もいる。私の [続きを読む]
  • 支え
  • 一番初めの入院は激しい腹痛と血尿があるため緊急で入院となりいつまでかかるか分からない状況でした。子供たちもまだ小さく、主人が一人で子供たちの面倒を見ながら通勤する日々となってしまって私は何か薬でも貰って家で寝ていられるからと思ったりもしたけれど看護師さんも先生も今の状態では帰ることは無理だと言われてました。主人には本当に大変な日々だったと思います。子供たちにご飯の用意をして洗濯、買い物、仕事。なの [続きを読む]
  • 次の外来まで
  • 先日 冠動脈塞栓術の治療のために一週間入院してきて退院後もしばらくはお腹の辺りにちょっと違和感があったのですがもう今ではなんともない感じに落ち着いています。塞栓物質と抗がん剤を使っているのですが特に強い副作用は出ずに済んでよかったです。次回は3月14日に造影CTを撮って治療の成果を見ることになっています。結果を見る前から私は塞栓術をもう一度やりたいと思わないことを先生に話しているので先生からはほかに [続きを読む]
  • 何か熱中できること
  • 今、体質改善をしようと考えながらも病気の事を忘れたいという思いも強くある私。体質的に冷え性なので運動をしたり食べるもので体を温めたり温めることで血流が良くなり体全体がよい循環になるはず。と、体の事ばかり考えていてふと気が付くとずっと自分ひとりだ。一人暮らしって誰とも話さないで一日が終わることって普通なのかなぁ?パパがいなくなって何年も経って一人の自分に気が付いた。何か習い事をしようか?コーラス?楽 [続きを読む]
  • 医療に望むこと
  • 西洋医療と東洋医療というような大きな分け方をされることもありますが西洋医療は大きな病院体制で多くの患者、様々な症例に対応できる良さがあります。東洋医療はそういった病院体制とは違った組織で運営されていたり関わろうと自分から行かなければ何もわからない世界だったりもします。生まれて成長するなかで体調が悪いとき、普通に行く病院は西洋医療側でしたしそれが普通の事だと思っていました。でも、なぜ東洋医療はあまり [続きを読む]
  • 身体の冷えの事
  • 体質改善をしよう!まずは低体温をなんとかしよう!と気持ちは前向きになっているのですけども体温が低めであることはずっと前から分かっていました。けれども何も自覚する症状がありませんでした。若いころだったから?手のひらがあったかい人は心もあったかい。なんて言葉もありましたね〜逆に手のひらがあったかい人は心が冷たい。なんていうのも聞いたことがあります。実際心と体温の関係性は分からないんですけど低体温である [続きを読む]
  • まずは体質改善!
  • 治療をしないとは言っても本当に何も努力をしないということではないんです。自分の体質をよく見極めること。改善できる点を見つけてできることを考える。病院に行かなくてもできることがあるはずなんです。まず一番は気持ちの面。長いこと私は考え込む性質で性格だからと思ってしまえばそれまでの事だけれどもこの際今までの自分の性格の短所を治していきたいと考えます。でもなかなか難しい!50年以上の考え方を急に変えるのは本 [続きを読む]
  • 治療をしないという選択
  • アフィニトールで副作用が出て冠動脈塞栓術の治療を受けた。これで終わり。ではなくて治療を繰り返す必要がある。理屈では分かってるのですが明らかな自覚症状がない病状なのになぜそんなに治療し続けなければならないのか?そもそも初めに膵臓の腫瘍ができたのはなぜだったのか?それが肝臓に繰り返し再発するようになって何年も経っている。その間に糖尿病が進み、服薬では無理となってインシュリン注射が欠かせない毎日。糖尿病 [続きを読む]
  • 冠動脈塞栓術
  • 昨年から肝臓にいくつも再発腫瘍が見つかっていました。夫を亡くし母を看て一年足らずで母も亡くし自分の事は考える暇もありませんでした。消化器外科を受診していましたが担当の先生が手術は難しいということで内科に転科。今年になって冠動脈塞栓術を受けてきました。1月16日に入院して翌日塞栓術を受け体調を見て退院。大体皆さん一週間程度の入院になるそうです。私の場合膵臓が原発でもう20年前になるのですが、肝臓に再 [続きを読む]
  • すっかりご無沙汰しておりました
  • 私の周辺、すっかり様変わりしてしまいました。今、私、一人暮らし。わんこ4匹とにゃんこ1匹との毎日です。この前の記事書いてからずいぶんと日が経ってしまいどういう心境だったのか…ちょっと読みましたが、母の病気の事を連投していますね。母は亡くなりました。記事にはしていませんでしたが、その前に夫も亡くしました。夫の事、ブログではほとんど書いていませんでした。書かなかったのではなく、書ける心境ではなかった、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …