山吹屋 さん プロフィール

  •  
山吹屋さん: 山吹屋
ハンドル名山吹屋 さん
ブログタイトル山吹屋
ブログURLhttp://yukimizake172.blog.fc2.com/
サイト紹介文blオリジナル・2次小説(R18含)を書き散らしています。成人済入室でお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/02/23 07:29

山吹屋 さんのブログ記事

  • 夏コミお疲れ様でした。
  • 夏コミお疲れ様でした。改めましてスペースにお立ち寄りくださりありがとうございました。差し入れまで頂きまして、お気使いありがとうございました。当日も無事に終えまして、終了後は打ち上げにも参加させて頂きました。若い世代の方のお話を伺い、楽しい時間を過ごさせて頂きました。2017.08.12 夏コミ92エロイカより愛をこめてFanサークル新刊3種・ランブルオン エロイカより愛をこめて・予期せぬ深刻な へたりあルー菊・ [続きを読む]
  • ただいま
  • 夏コミから帰ってきました。スペースにお立ち寄りくださり、ありがとうございました。昨日に作成しました通販画面を復活しています。ぜひご検討願います。写真などは明日にでもゆっくりアップします。次回のイベントは10月1日のJ庭になります。猫屋の怪談がありますし、あともう1冊はハート国になるかと思います。猫屋怪談はぜひ夏の間に。表紙が1ページ目をとても現しており、気に入っております。 [続きを読む]
  • 夏コミ新刊通販開始
  • 夏コミ当日に先駆けて通販を開始します。明日に一度閉じまして、コミケ後に在庫確認してから再開します。通販はboothからになります。本日に通販して頂きました本は来週月曜日からの発送です。帰省などでご不在の方は下記コメントもしくはbooth内メールからご連絡下さい。送付は安心パックと郵便両方のページを立ち上げています。(両ページは新刊だけです)安心パックは匿名性があり、名前や住所は相手に教えずに通販できます。私 [続きを読む]
  • 当日お品書き+通販予定
  • 夏コミが迫ってきました。雨が心配ですが、何とかなるでありましょう。当日用のお品書きとサンプル代わりのお品のアップの前に通販予定・通販予定 boothからになります。書店様には頼んでおりません。ヤマト運輸安心パックと郵便局からの自家通販のどちらかになります。郵便と安心パック両方のページを作成します。送料の差が出ますのでどちらかを選んで下さい。安心パックは初めてのことでして、うまくいくかどうかですが、こち [続きを読む]
  • 猫屋奇譚 追加分コピー本完了
  • やったよ、ママ。追加の怪談残り火を最後まで書いた。半夏生で1行、どうしても間違えた。お詫びにSSを付けようと思って、かなりの長編になったよ。これから数日かけて修正するけど、本文18ページぐらいで文字数1万8千字も書いたよ。半夏生では出さなかった晴君が主役の怪談。3冊も短編集を書いて、最後のコピー本でやっとエンジンがかかって話が長くなってきた。申し込んで下さった2名様。お渡しできます。自画自賛で良い感 [続きを読む]
  • 夏コミ1週間前
  • 夏コミ1週間前になりました。改めてのご連絡8月12日土曜日2日目 スペース東地区ヒ33a少女漫画ジャンルで取っています。夏コミ新刊★エロイカより愛をこめて「ランブル オン」 18禁本 頒布価格200円部下Zは攻め受け両刀★へたりあ独日本「予期せぬ深刻な」 18禁本 頒布価格200円ルー菊プの3人エチ入ります。デンノル一部あり。★猫屋奇譚怪談「半夏生」 頒布価格300円コピー短編本・しおり付き新刊とエロイカとへたりあは既 [続きを読む]
  • 猫屋本の申し込み期日
  • 猫屋新刊「猫屋奇譚怪談 半夏生」印刷所様からメールが来ました。予定では今週中には家に届きます。手にするのが楽しみです。1行ほど失敗をやらかしましたが、でもそのおかげ?でもう1話書きます。半夏生は怪談に重きを置いていまして、blには偏っていません。お詫びに付けます晴の小話でblに寄せます。申し込みですが、8月5日を期日とさせて頂きます。晴の話を付けます関係上どこかで打ち切るようかなと考えました。自前 [続きを読む]
  • 猫屋本のある矛盾
  • おはようございます。屋本を入稿してはや1週間。ここまできて、はっ!とある部分の矛盾に気が付きました。こわごわワードを開くとやはり。本にその部分のカード(小さなお詫びの紙)が付く事になりました。訂正箇所は1行ですが、申し訳ないです。もう1つ、晴が出ていなかったので小話も。さらりと読めば気が付かない、けれど気が付いてしまったら何故?となる場所。何度読み直しても、本を何度出しても失敗ばかりで。失敗の後に申 [続きを読む]
  • 半夏生
  • 蝉の声を聞いて思い立ち、猫屋怪談本を書きました。夏なので怪談になっています。猫屋の怪談なので、少々世間ずれはしておりますが。書こうと思い立ったものの、どうしようかと考える毎日。そんな時に半夏生なる言葉を知りまして、また蛸ときゅうりの酢の物を食べる風習があるとか。それを聞きまして、話を思いつき書き始めました。夏コミ新刊「猫屋奇譚怪談 半夏生」 頒布価格300円本文32項 栞付きご連絡いただいた方のみの頒 [続きを読む]
  • 「猫屋奇譚怪談 半夏生」発行お知らせ
  • ★お知らせ猫屋を読んで下さる方はおりますか。夏なので怪談を書きたく思います。『猫屋奇譚怪談 半夏生』4話入り 本文32項 頒布価格300円通常でのイベント等での頒布はしません。申し込んで下さった方へのみ、本をお渡しします。イベント当日の机上での頒布はありません。事前にご連絡いただいた方の本を袋に封入し持参します。また、初見で読んで頂きたくサンプル・見本も用意しておりません。表紙は印刷所様にお願いして [続きを読む]
  • 夏コミ進捗状況
  • ルー菊の原稿中。あのリップクリームを大人向けに修正しています。我ながらえちに書けた。うん、いい感じにえちになった。るーときくとぎる3人でえち。ストーリーは無いのです。その場面にいけばいいのです。前置きは早送りという感じになった。良い感じです。印刷は10冊と20冊どちらがいいかな。10冊で売り切りも良いな。ルー菊の真面目なのと、猫菊の可愛いのと、女性向けだけどアグレッシブな3pえちリップクリームと串団子・ [続きを読む]
  • 子猫拾って下さい。名前は菊と申します
  • ツイート文字落書きお題ツイートより お題は「むさぼる」「略奪」「路上」ルー菊①「拾って下さい」それは会議場の帰り道。他の奴らが誰が連れて帰るのかで揉めていた。「名前は」「菊です」「腹を摩っているな」「お腹が空きました」「ふむ。何だ、皆はじゃんけんを始めたのか。仕方がない待っていろ」②「おにぎりだ」コンビニまで走って来た。「美味しいです」むさぼるように食べている。こんな路上の隅に置かれた段ボールの中 [続きを読む]
  • 春のちぎれ雲 2
  • 高校3年生の3学期、受験シーズン真っ盛り。俺は早々にB大学文学部に推薦が決まっており、数えられる程しかない登校日の他は図書館で本を読むか本屋めぐりで一日を過ごしていた。あれはそんな数少ない登校日の日。「では今日はこれで終わり。次の登校日は12日。皆、風邪だけは引かないように」俺は鞄を持ち立ち上がる。家に帰っても惣一は仕事でおらず、夕方に2駅先に住んでいる姉の子供を迎えに行くまでまだかなり時間があっ [続きを読む]
  • 春のちぎれ雲 1
  • 『春のちぎれ雲 雲の切れ間により』パソコンから目を離し目頭を押さえる。目薬はどこにやったか。デスク一番上を開け手探りで探す。「これかな」一番奥に小さな袋がある。だが、目薬だと思い引っ張り出してきたのは小さな皮の袋に入った黒いボタン。「何これ。目薬じゃないのか」結局目薬は見当たらず、俺は代わりに顔を洗って来ようと立ち上がった。「ああ、高木か。夕飯ね。いいよ」キッチンで顔を洗っていた俺に高木から電話が [続きを読む]
  • 強く抱きしめ合うの是非について
  • 【強く抱きしめ合うの是非について】「俺に強く抱きついてきたら恋愛スタートだな」会議の後に皆で寄ったパブで出た話だ。恋人やナンパでの相手とどうやってベッドに持ち込むかで盛り上がった。その場に居たのは男ばかりだったのもあり、皆遠慮なく自身の武勇伝を晒していく。互いに相手を抑え込み、貪るように行為が重ねられる。愛しているの言葉も名前を口にするのさえもどかしく、俺達は恋愛をしている実感を噛みしめる。だがと [続きを読む]
  • おしらせ
  • 猫屋奇譚七夜月ですが、別宅にて更新を続けています。鬼狩りに出てきますゲスト主人公の名前がパスワードのブログとなっています。まだお一人もいらして頂けておらないのですが、このまま続けていきます。更新お知らせは本宅ブログトップのツイートにページリンクをアップしていきます。別宅入り口山吹屋別宅本宅(当ブログ)での七夜月更新は停止します。やはり本を手にして下さり読んで下さった方がいらしているのかどうか分からな [続きを読む]
  • 夏コミ参加
  • 夏コミ参加!! 8月12日土曜日 東地区 "ヒ" 33aジャンル少女漫画『エロイカより愛をこめて』・新刊予定エロイカより短編集「Ramble On」・ヘタ独日+@ 短編集「予期せぬ深刻な」コミケサークルページ 山吹屋ページ★「Ramble On」エロイカより愛をこめてFanbook#4 アダルトオンリー 本文24ページ 頒布価格200円春からワンドロ参加にて書いて来たSSも加筆修正して入れています。cpは固定無し 雑多です。部下Zはリバ。 [続きを読む]
  • 七夜月 3
  • 「卵と玉ねぎとマヨネーズ。生クリームは向こうの棚」 スーパーを歩き回る。生クリームを選んでいると、隣に見知らぬ男が立った。 「晴でしょ。少し話ができないかな」 無視する。だが、 「晴、これを見て」目の前に差し出されたのはお札。僕は一歩後ろに退きながら満面の笑みを浮かべる。「ママが知らない人とは話をしてはいけないって云うんだ」 「橘さんに云われているの。それとも陰陽師かな。昨日の続きを話したいんだ」 回れ [続きを読む]
  • 七夜月 2
  • 数日後の猫屋。以前に晴と一緒に頼んでいた着物が届けられた。陰陽師組合で催される各種の集まりに着て行く着物が一枚しかないと嘆いていたのを聞いた晴が、自分も買う予定があるから一緒にどうかと誘ってくれたのであった。その時には晴が注文する呉服屋が人間か否かを考えもせずにお願いしますと云ったのだが、呉服屋の主人が猫屋に入って来たのを見て、ようやっと私は間違いに気が付く。どうみても人間ではないだろう。きっちり [続きを読む]
  • キスの日 リップクリーム
  • 独日(へたりあ)でキスの日の短編をアップしました。場所は下記のprivatter.netになります。ツイッター内部の文章や画像をアップできる、ツイッターよりはまとまった奥まった場所になります。パス付きなども設定ができ、文章もまとまってアップできるので試しに置いてみました。「キスの日ver.1 接吻の日 副題リップクリーム」 パスワード付ルート×菊×ギルベルト サンドイッチリップクリームリンク「キスの日ver.2 貴方の名 [続きを読む]
  • キスの話とか猫屋と
  • ルート菊のキスの話。読んで下さりありがとうございました。2つ目の話はいずれ書き直してもう少々長くしても良いかなと考えております。ルート菊でもオリジナルでも両方でいけるかな。猫屋ですが、初見なりで1年ぶりの更新になります。何とか書けたのであともう少しの気持ちで七夜月を書き始めました。心折れるまで書いて、途中で停止したらごめんなさいです。もうすでにぱきっと体の中から音が聞こえておりますが。続けて書けそう [続きを読む]
  • キスの日 
  • キスの日。「文明開化と申しますが、キスの日とは如何なものでせうか。私としましてはキスよりは接吻の日がしっくり致しますが。朝からリップクリームをふんだんに使い??を湿らせてはおりますが」朝:ルートヴィッヒおはようございます。あっ、腕を引かれ…チュッ。菊、おはよう。「キスの日だからな」昼:プこんにちわ。あっ、髪を抱えられ…チュッ。菊、遅えぞ。「今日はキスの日だからな」夜:「菊、まだ帰って来ないのか」「 [続きを読む]
  • 七夜月 1
  • 新宿駅構内を急ぎ歩いていた。 「橘さん、凄い人ですね」 橘さんと人の波を泳ぐように進んでいく。 「あっ」 若い男とぶつかる。何かが落ちた。拾い上げ手渡すと、帽子とマスクの下からお礼の言葉が返ってくる。 「ありがとう、乾」 あれと思った時にはすでに姿はなく。 「橘さん、俺の名前を云ってましたっけ」 「いえ」 「でも今の男、俺の名前を」 「お知り合いでは」 隣の橘さんはこれといって気にするでもなく歩き続ける。物 [続きを読む]
  • 振袖
  • 振袖晴君、出かけてきます。一人で大丈夫ですか。留守番頼みますね。私は風呂敷を持つ。一緒に出かける約束をしていた瀬戸物屋さんもちょうど店に入ってきた。依頼は突然にやってきた。それも急を要していた。依頼者の女性は家に代々伝わる日本人形を何十年と探していた。人形が勝手に売られてしまった。売ってしまったのは甲斐性のなかった亭主。散々怒った後に質屋に飛んで行ったらしいが、人形は煙のように消えてしまっていた。 [続きを読む]
  • サプライズ+次の日の朝
  • 世界会議が終了した。各国はそれぞれ帰路に着く為に立ちあがる。俺の見た処では4,5人のグループが2組は立ち上がり会食に流れて行くようだ。「ノルは帰らねぇべ」「もう少しいるべ。スヴェーリエは」「俺はフィンと帰る」「そうけ」「じゃあ、急ぐから」俺の髪をわしゃわしゃ掻き回し、行ぐからと去って行った。人っ子一人いなくなってしまった会議場。いつもは狭いぐらいに感じるのに今はやけにだだっ広い無機質なだけの空間。 [続きを読む]