赤竹忠吉 さん プロフィール

  •  
赤竹忠吉さん: 「ウマコセ」
ハンドル名赤竹忠吉 さん
ブログタイトル「ウマコセ」
ブログURLhttp://blog.umakose.com/
サイト紹介文赤竹忠吉が運営する創作、二次創作イラストブログです。
自由文二次創作はゲームのキャラクターが主です。他にもニュースやコラム、映画、アニメ、ゲームの感想や意見をもつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/02/23 18:51

赤竹忠吉 さんのブログ記事

  • 改二あざーっす!+α【艦これ縦読みラクガキマンガ / 鈴谷改二】
  • 鈴谷がようやく改二になったので。今回の春イベは初めて甲難易度でやってみたものの、ゲームにあまり張り付けないタチなので、2年やってる身でも相当辛い。何せ最近になって、ようやく五航戦とか大和を入手するぐらいのスローペースですからねぇ。もうちょっと装備を整えるべきであった。以前描いたマンガの表紙イラストも描いたので、これでpixivにあげられます(←pixivに投稿しなかった理由)。それに、pixivもようやく評価点 [続きを読む]
  • 提督はおとうさん(その1)【艦これ縦読みマンガ / 第七駆逐隊】
  • 次回は未定。いつも通りのゆっくり更新。今ブログをwordpressへ移植中&プログラムの書き直しやUI、UXの見直しまでやっていまして、完成したら前に言っていたツイッター諸々の運用を始めます。PHP記述が実にクセモノで…記事数を少なくしたのは、移植の苦労を少しでも減らすためでもあるんですね。完成すればJUGEM運営で障害になっていた、スマホで表示すると勝手に用意された専用サイトに飛ばされるがなくなりますし、wordpressは [続きを読む]
  • サンマの食の旬は夏だって某予備校教師が言っていた【艦これラクガキ】
  • 今年もサンマイベントやるんですってね!まーなんと言うか、「相手を信頼しない人間は、誰からも信頼されなくなる」…両親のその行動を反面教師にして信頼の努力をやっていたら、いつの間にか仕事が増えて、バイト君達を支えるリーダーみたいな役割になってしまった今日この頃。使えない人間よりかははるかにマシですし嬉しいんですが…こうも仕事が増えると深夜帰りはザラ、メンタル的にも腰痛持ち的にもツライですねぇ。しかし若 [続きを読む]
  • サンマの食の旬は夏だって某予備校教師が言っていた【艦これラクガキ】
  • 今年もサンマイベントやるんですってね!「相手を信頼しない人間は、誰からも信頼されなくなる」…両親のその行動を反面教師にして信頼の努力をやっていたら、いつの間にか仕事が増えて、バイト君達を支えるリーダーみたいな役割になってしまった今日この頃。使えない人間よりかははるかにマシですし嬉しいんですが…こうも仕事が増えると深夜帰りはザラ、メンタル的にも腰痛持ち的にもツライですねぇ。しかし若いうちに苦労して働 [続きを読む]
  • ゴキゲンナナメの大淀さん【艦これマンガ / 大淀 / 陸奥 / 深雪】
  • 夏イベのアプデで同時に任務娘ボイスON/OFF機能が追加されたので。トーンの網点模様がないですが、これは作成したキャンバスが800px×600pxではなく、800mm×600mmというトンデモない設定で作っていたからで、ピクセルに換算すると幅ですら10000px。どうりで塗りつぶしにラグが出るわけですよ…フォトショなら作成時点でフリーズして落ちている(マイmac基準)レベルなのに、気付かないぐらいにスラスラと描写できたクリスタ先生は [続きを読む]
  • こうも描いていないのは問題なので、リハビリをかねて
  • 加筆修正を行いました最終更新日は2016/11/4です。修正前と内容が異なる場合があります。さすがに3週間もデザイン作成ばかりで全く絵を描かないのはマズいので、リハビリを兼ねて。ファイアー&アイスは遊びのバリエーションが増えてゲームテンポが改善された以外は、前作とあんまり見た目変わらなそうですけれど、1年延期してどう変わったのか、期待したいところ。ブログリニューアル後に改めて記事を書きますが、ようつべのIGN [続きを読む]
  • 艦これのホワイトデーやリターンレーサーズ5話の感想
  • 加筆修正を行いました最終更新日は2016/11/4です。修正前と内容が異なる場合があります。ホワイトデーと同じくメンテで実装された、鳥海の使い回しじゃない任務画面の新録大淀ボイスは、任務成功するとボイスが変わるのが地味に良さげですね。選択毎にボイスが流れるのは少ししつこい(笑そしてこの時期に発売されるのが…そう、『コロコロアニキ』! というかこのタイミングで言わないとズルズル引きずりそうなので…最新刊の5巻 [続きを読む]