サッチー さん プロフィール

  •  
サッチーさん: 幸恵の発達障害の総合療法ブログ
ハンドル名サッチー さん
ブログタイトル幸恵の発達障害の総合療法ブログ
ブログURLhttp://youjikyousitsu.blog.fc2.com/
サイト紹介文言葉が遅い・自閉症では?と心配なお母さんのために、2-4才児の広汎性発達障害の有効な早期療育を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/02/24 16:30

サッチー さんのブログ記事

  • 自閉症の病態生理に沿う療育
  • 早期療育ならば、劇的に変わります。カウンセリングに入る時に、今までの療育などの経過をお聞きします。かなり早くから、お母さんは気がついています。でも、4ヵ月もまったり、月1回の療育、その後に週1回になり、対した進歩も無く、週5回の療育に入っていく子がいます。4歳近くなっても、2語文を使いこなすことは出来ません。しかし、仮説であっても、自閉症の病態原理(自閉症の脳メカニズム)の沿ってカウンセリングを行 [続きを読む]
  • 脳メカニズムと視覚の発達
  • そもそも、自閉症は治癒させる必要があるのか?と書かれていた同じ本に☆ 自閉症の発言には、環境の影響が無視できない事が分かってきた。☆ 親が意図しないところで、子どもにストレスを与え続けると自閉症になるのかもしれない・・・とも書いてあります。そうです。乳幼児にとって、音が長時間聞えている、という事がストレスになるのです。たくさんの栄養を使います。脳の、順調な発達を妨げるのです。親は、大切な事を知らさ [続きを読む]
  • 自閉症 発症メカニズムにそった療育
  • カウンセリングしているお母さんからのメールに、1歳半ごろ、発達心理士の先生に、「模倣をしない」と相談したら、「Eテレを見せてください・・」と言われた・・・とありました。療育の基本は「生まれつきの脳の障がいで、治りません」です。だから、まったく理論がありません。指導して、治らなくてもいいのです。音楽療法まで、幼児の療育に入ってきている事は悲しくなります。本当に、音楽療法が自閉症の幼児に効果があったの [続きを読む]
  • 専門家の主張?理解できない!
  • 「自閉症という謎に迫る・研究最前線報告」と言う本・・・☆ 自閉症はそもそも治癒させる必要があるのか?・・・☆ 最近、自閉症の発言には、環境の影響が無視できない事が分かってきた・・・☆ 親が意図しないところで子どもにストレスを与え続けると、自閉症になるかもしれない・・・ ☆ 自閉症は、早期発見された方が予後が良いが、なぜそうなのかはわかっていない・・・*自閉症者の10人に1人はしゃべれないし、10人 [続きを読む]
  • 劇的に改善した子・事例証拠
  • コメントをいただいたゆうママの、古いメールより、最近始まったお母さんの励みになるでしょう!でもこれは事実ですが、このような子ばかりではありませんが、近い状態で改善します。だから、お会いしないでもカウンセリングが続けられるのです。******************もしよかったら、先生のブログにNの記録を掲載してください。半年前の私と同じように世の中の悩んでいるお母さんに、機械音を無くすと多動も治る [続きを読む]
  • 5才・元気いっぱいの子どもに生長
  • 最初は、ご主人の反対がありながら、説得して頑張ったお母さんから、嬉しいコメントが入りました。*****************こんにちわ!ゆうままです。 大変ご無沙汰しております。私も息子も元気にしております。 先生のご活動には感謝ばかりです。 総合療法をはじめて早いもので2年9か月が過ぎました。息子も5才になりました。いろんな諸症状が薄くなりやがて無くなってきたものの、最後まで気になっていた、息子の目 [続きを読む]
  • 乳幼児期には、過剰な音刺激が悪い!のです。
  • テレビやビデオが悪いのではありません。多すぎる刺激が悪いのです。そこが間違って受けてられると、音楽を聞かせる育脳ミュージック、があると聞いて愕然としました。赤ちゃんは、遺伝子の指示に従って脳が発達しています。だから、その時に過剰な刺激が能に届くことがいけないのです。人として非言語コミュニケーションと言語コミュニケーションを学習するために、脳は遺伝子の指示のように発達し、環境からの刺激と相互作用によ [続きを読む]
  • 子どもが変わっている!ひろめます!
  • 前の文章の続きです。*************「治っているのにどうして広まらないのか?」先生の言われること、よくわかる気がします。私も、知人に紹介された『赤ちゃんと子どもの発達相談対象のカイロプラクティック』に今まで2回通いましたが、「私がテレビを見せないようにして、目が合うようになった、真似をするようになった!」と伝えると、「テレビは関係なくそういった成長する時期だったのでしょう。テレビが原因と [続きを読む]
  • 1才3ヵ月のお母さんの嬉しい声!
  • お母さんに頂いたコメントを、多くの方に読んでもらうために、ここに載せさせてもらいました。*************::私の体験です。 ********************現在1歳3カ月の男の子Kの母親の藤田と申します。 普段から名前を呼んでも振り返らないとは思っていましたが、遊びやテレビに集中しているからだろうとそこまで気にしていませんでした。1歳2カ月のある日(2月27日)、かかりつけの小児科医師になんとなくそのことを話 [続きを読む]
  • 1才3ヵ月の幼児のお母さんから!!!
  • 子どもが短期間に変わりました!!! と電話をいただきました!!!とても嬉しい電話でした。・・・3月初めからテレビを消しました。子どもがとても変わりました。ブログにコメントを入れようとしましたが、うまくいかなかったから、と電話をいただきました。私の心が、とっても元気になりました。講演会の疲れが吹っ飛んで、頑張ろう、と思いました。お聞きすると、テレビがいつもかかっていた。        チェックリスト [続きを読む]
  • 2010年・幼児期の自閉症に対する早期療育の取り組み
  • (松山郁夫・佐賀大学文化教育学部)近年、様々な療育方法が試されているが、現時点の早期療育においては、遊戯療法・感覚統合・音楽療法・行動療法・TEACCHプログラム・太田ステージ・受容的b交流療法・生活療法が検討され、これらを総括的に使って早期療育を行う事が療育効果を高めると、認識されるようになってきた。このため、これらの療育方法について検討する必要もある。また、早期療育は実際的な物であるため、療育活動の [続きを読む]
  • 機械音を否定する論文はないのでは?
  • 私が腹が立つのは・・・・検証しないのです。無視しているだけなのです。検証する方法は、いっぱいあるはずです。言葉の遅れで相談に来た乳幼児に、機械音が聞こえていた時間をは調べればいいだけです。聞えていた時間と、見ていた時間を分けて調べるといいでしょう。そうして、その子どものお母さんに、「こうした主張があります、まだ科学的に証明されてはいませんが」と伝えるだけです。その経過を観察すれば・・・・しかし、自 [続きを読む]
  • 今日は孫と一緒です
  • 子どもが大好きな私は、春休みは孫と一緒にどこかへ行っていました。6人引き連れて・・・だんだん少なく成って、でも今日は女の子4人といっしょです。前は科学館へ行くことが多かった。今回は、近くで温泉へ・・でも別日程で、だれかとどこかへ行きたいなーと言うほど、子どもが大好きです。去年はリトルワールドだったなーそれでも、頭の中は自閉症の事を考えています。では、いってきます!! [続きを読む]
  • 療育は 子どもを伸ばすところではない?
  • 療育はお子さんを伸ばす場所ではありません。お子さんの苦手を知る場所です・・・と言われています。今朝入ったメールです。4月から、療育へいこことができるようになりましたが、・・・と言うお母さんからのメールです。「自閉症は、生まれつきの脳の障がいで治らない!」という事を基本の療育ですね・・・・最近、目にすることが多くなり驚いています。児童デイ、と言う所です。療育センターから学校へ入学した子ども達を放課後 [続きを読む]
  • 自立できない子どもたちの激増・大変な事!
  • 講演会の準備をしています。一日中、話すことを考えています。次第に、改めて、今の日本の矛盾の深さを考えます。平和は家庭から・・・と思っています。どのお母さんも、子どもの幸せを願っています。「治っている、と言うのに何の研究もされない」 そして、その増え方は、異常です。自閉症の歴史は私の年齢と同じです。その間には多くても3世代しかありません。なのに、「遺伝子が原因で、これほど増加するはずがありません」自 [続きを読む]
  • 赤ちゃんの脳を守る!講演会 3月26日
  • 多くのお母さんと療育関係の先生に伝えたいと願って、勉強会を行います。少しでも多くの方に来ていただきたいと願っています。******************出版記念 講演会 「0−4才 脳を元気にする療育・発達障害と改善事例44」発達障害・脳メカニズムから早期療育と予防を考える・発達障害に関心のある方・言葉の発達が心配なお母さん・保育士/療育関係者・これからお母さんになる方等   赤ちゃんの 脳を守ろう [続きを読む]
  • 3才6ヵ月より1年7ヵ月後
  • 浅野・お母さんから久しぶりのメールです。*************・・・・日中の療育や兄のことなどで動き回り、メールを作成する夜には、なにも手につかないくらいヘトヘトです。でもRのいろいろな意欲を感じ、毎日を楽しんでいます!近況です。1、言葉について……基本は3語文をしゃべります。場合によっては5、6語文を話します。定型文返しもありますが練習を重ねれば応用もします。「いぬとねこどっちがいい?」の質問に [続きを読む]
  • お母さんの声
  • やっとブログに入れるようになりました。お母さんから嬉しいメールが、たくさん入っています。***************良い変化について・転んだ瞬間ではないのですが、後ですり傷を指差し「けがしちゃったね」 と言う。・教えていない(と思うのですが)母がパパどこに行ったの?と聞くと「かい しゃ」と答える。(会社じゃないときも言いますが質問がオウム返しでなくなったことが少しだけ増えたように思います)・公園 [続きを読む]
  • 自閉症児の構音の障がい
  • 発音がはっきりしない、構音にトラブルのある子は多いですね。新生児は、どこの国の言葉でも話せるように、脳はできています。言葉は、遺伝子に従っての脳の成長と、環境からの刺激との相互作用で赤ちゃんは言葉を学習していきます。脳の聴覚系は、早くから成長していて、音は耳に入ってきます。目は、まだ光の調節をすることもできません。脳幹・中脳の瞳孔の調節・動眼神経・水晶体調節が発達して、目が少しずつ、見えるようにな [続きを読む]
  • ヤフーの知恵袋・機械音の影響
  • ヤフーの知恵袋より* テレビが良くない、と思い、テレビを見せない生活をしていましたが、保健センターの方に「テレビから学ぶこともあるから少しは見せてもいいんじゃないかな」と言われました。…来月、血液検査と脳波をしらべます。・・・浅野・・保健センターの先生は、岩佐京子・片岡直樹氏の本を読んで、言っているのでしょうか?子どもの生長のチャンスを無責任な言葉で切ってしまったのです。がんを見逃したら裁判になっ [続きを読む]
  • 言葉を持たない子ども達
  • 言葉を持たない子どもたちどれだけの子どもたちが、言葉を持たないで生きた時、社会は本気になってくれるのだろう!人として生まれながら、言葉を話せない子どもたちがいっぱいいっぱい生まれ、生きている。子どもたちの心は、「助けて!僕の脳をなおして!」と叫んでいた。言葉を持たないで、長い人生を生きていく子どもたち虐待も 不登校も そして、引きこもる子どもたちも・・・どれだけ増えたら社会は、本気で子どもたちの幸 [続きを読む]
  • 総合療法・開始25日目の母さんのメール
  • 1才11ヵ月 (開始後25日目) こどもが風邪をひきました。小さな成長は着替えの時に「あんよ上げて」と言いながら、足をポンポンと後からすると、足を上げてくれる事が何回かありました。 普段はあげないゼリーを食後に上げましたが、その時にゼリーとお粥を見せて、「ゼリーとお粥どっち食べる?」と聞くと、ゼリーの方に手を差したり指差ししたりします。今朝はビタミンのドリンクを1杯飲ませたあと、お粥を食べさせようとしたら泣き [続きを読む]
  • 3才3ヵ月・相談開始から4ヵ月のメール
  • NKについては言葉はだいぶ伸びています。 ・「としょかんまであるけるの」 ・ぬいぐるみ同士をぶつけ「ごっつんこ」 ・主人と出かけていて家に帰ったときに「まーま-、まーま-」と歌いながら階段を上り私を見つけると抱きつきに来ました。 ・重いものを持ち上げ「ちからもちすんの」 ・絵本を姉に持ってきて「(姉の名前)よんで-」 ・ブロックの動物のパ−ツを探して「(動物のパ−ツ)どこいっちゃったの」 ・雑誌のお寿司の絵を [続きを読む]