tom さん プロフィール

  •  
tomさん: 時々 撮りバス
ハンドル名tom さん
ブログタイトル時々 撮りバス
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/toribasutom6425
サイト紹介文関東付近で古めのバスを中心に紹介します。時々遠征します。昭和の鉄道,バス窓車,旧型国電も紹介します。
自由文バス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2012/02/24 20:28

tom さんのブログ記事

  • 番外  急行「出羽」→「いいで・ざおう」
  • 早朝の上野駅には夜行の客車や電車が次々と到着していましたが、数少ない夜行DCです。酒田から陸羽西線→奥羽本線経由で上野までやってきた急行「出羽」です。夜行で板谷峠を越えた上で12連で上野駅まで入線していたので名物と言っても良かったかもしれません。404D                                 昭和56年3月25日         上野駅当時、東北線方面ではよく見られた多層 [続きを読む]
  • 1730.  奈良交通 レインボーHR ”オムニバスタウン”
  • 奈良交通のHRです。206(奈良)      KL−HR1JNEE(2002年製)     平成24年10月12日   JR奈良駅付近”オムニバスタウン”は運輸省、建設省(現国交省)、警察庁によって行われている補助制度でバス利用促進のための総合対策事業です(補助金は5年間のみ)。バスファンには浜松の遠鉄バスが有名ですが、全国あちこちで行われていたようです。奈良市でもこの事業の補助を受けてノンステップバス [続きを読む]
  • 1729.  都営バス トヨタFCバス "燃料電池バス"
  • この春に2台が都営で稼動しはじめた、燃料電池バスです。トヨタFCバスと呼ばれています。S−B101(深川)        TFCB(2017年製)      平成29年3月29日       東京駅丸の内口トヨタのFCHVは”燃料電池複合型自動車”と呼ばれています。トヨタFCバスはこのようなシステムで作られたバスです。前の方のコブにニッケル水素電池、後の方のコブにトヨタ製のFCスタックが入っています。1台 [続きを読む]
  • 1728.  【旧国の部屋】 クモハ52005
  • 久しぶりの日付ネタです。5月25日なのでクモハ52005です。今の”新快速”の走りですね。クモハ+サハ+サロハ+クモハ の4連で最終的には5編成製造されています。クモハ関連では1次車 クモハ52001・クモハ52002(狭窓)          2次車 クモハ52003・クモハ52004・クモハ52005・クモハ52006(広窓)          3次車 クモハ43038・クモハ43039・クモ [続きを読む]
  • 1727.  新宿高層ビル と エルガ
  • 山もそうですが、何事も案外ちょっと離れてみるとよく見えたりしますよね。ここからの高層ビルはなかなか良い眺めです。曇りの方が良いかもしれませんね。F−T196(練馬)       PKGーLV234L(2009年製)    平成28年12月14日    新宿駅付近ここは結構、貸切バスもやってきます。白61系統の練馬車でした。 [続きを読む]
  • 1725.  新発田営業所の中型車 ”東赤谷”
  • 日本一周さまのスイッチバックの記事を拝見していて”東赤谷”を思い出しました。国鉄赤谷線は新発田〜東赤谷18kmを結んでいたローカル線で昭和59年に廃線になっています。終点の東赤谷駅は終着駅なのにスイッチバックで入線する珍しい線形だったようですが、訪問できませんでした。新発田営業所の中型車           新発田営業所(許可を頂いて撮影)         H28.10.16ご覧のとおり、見事に方向 [続きを読む]
  • 1724.  JRバス四国 エアロキング
  • 少しずつ活躍の場を縮小しているエアロキングですが、JRではまだまだ現役です。694−4959         MU612TX(2004年製)     平成26年7月20日   東京駅八重洲口青いのはよく見ますが、黄色の入った”四国版”はめったにみたいので新鮮です。694−4959         MU612TX(2004年製)     平成26年7月20日   東京駅八重洲口観音寺というと多度津の西で香川 [続きを読む]
  • 1723.  東京空港交通 3ドアのBR2
  • 3ドアというと、?と思われるかもしれませんが成田空港のランプバスです。車幅3m、全長13m程度あるそうです。710(成田)       QDG−KV234Q3改(2014年製)     平成28年8月3日    成田空港ランプバスは従来はふそう車が多かったようなので、日野車は異例みたいです。社番の700台は大型で当然公道は走れません。サイズが大きいので、リアが間延びした顔に見えます。中ドアは4枚折り戸、 [続きを読む]
  • 1722.  ロールス・ロイス ファントムⅡ / ペニンシュラ東京
  • ペニンシュラは香港ベースの超高級ホテルです。平成19年に東京にオープンしましたが、送迎にロールスなどの高級車を使用しているようです。見たときは普通のクラシック・カーと思いましたが、調べてみたら”超高級車”でした。2888           ファントムⅡ(1934年製)       平成27年5月27日        港区にて昭和4〜10年まで製造されたタイプで1675台製造されています。直6 OHV [続きを読む]
  • 1721.  船橋新京成バス 96MC(日デ)
  • 船橋新京成のRAです。富士重車がいなくなって寂しい船橋駅ですが、ここは楽しいです。何ででしょうね?多分、車種は少ないですが、いろんなカラーの車がいるからでしょうね。1008          PKG−RA274MAN(2007年製)    平成29年5月17日      船橋駅北口まだ新京成電鉄カラーの”赤”バスも走っており、旧習志野新京成カラーの”緑”もたくさん走っています。そして、本当の船橋新京成カ [続きを読む]
  • 番外  小田急 7000形 ”二代目”塗装
  • 昭和55年にSSEの代替えとして投入されたロマンスカーです。11×4=44両。L=Luxuryの”L”なんだそうです。2編成は離脱し、残った2編成も来年の70000形の投入で引退するようです。                            平成21年5月27日            喜多見駅平成19年に旧塗装に変更されたので、この塗装の方がなくなってしまいました。もう、撮る機会はないかなぁ [続きを読む]
  • 1720.  ヤマト運輸 BRC
  • ネット通販全盛で昨今大変そうな配送業界であります。色々な車種を取り揃えているヤマト運輸のBRCです。A1050           KL−HU?            平成27年4月1日       品川駅港南口白/黒でシンプルで好ましいBRCです。結構な古参車になってしまっていますね。A1050           KL−HU?            平成27年4月1日       品川駅港南口 [続きを読む]
  • 1719.  伊豆東海バス エアロミディ(呉羽)
  • 郡山や福島ではあまり珍しくはありませんが、この呉羽ボディのエアロミディは関東ではあまりみられませんね。5年前の画像ですが、この時でも棲息していることに驚いたのを覚えています。714(熱海)           U−MK117J(1991年製)      平成23年9月18日   熱海駅トップドア、観光窓、側面は二枚目に表示灯のある、いわゆる”箱根登山仕様”です。オレンジ色になった仲間もいたようですが、こ [続きを読む]
  • 1718.  三重交通のリア看板
  • 三重交通の路線車といえば、このリアの看板です。上の方にせり出した看板ホルダーはちょっと目と引きます。                        志摩営業所(許可を頂いて撮影)     H29.2.11エルガとリエッセ。奥の方はキュービックでしょうか?手前のエルガには看板が入っています。しかし・・・こんな上の方まで目が行くのかどうか?は疑問です。もしかして広告料は安いのかもしれませんね。 &n [続きを読む]
  • 1717.  JRバステック セレガ
  • JRバステックはJRバス関東の子会社で、旧国鉄時代の日本交通観光社がその前身のようです。元々はバスの車内清掃、洗車、回送バスの運転業務のほか、売店、コインロッカーなど数多くの業務を担う全国規模の事業者だったようですが、現在は各地域に分割されています。現在JRバステックは車輌を8台保有し、東京〜名古屋、静岡、御殿場アウトレットを担当しています。1401        QRG−RU1ESBA(2014年製) [続きを読む]
  • 1716.  釧路湿原のキハ22
  • 良い気候になってきました。”自然”が恋しくなる季節です。もっとも事ある毎に新幹線やら高速道路やら高層ホテルをさんざん利用して、”自然”などとほざいてはいけませんね。思い出したのは、こんな画像です。 637D                              遠矢〜細岡           昭和62年7月27日大きく蛇行する釧路川はずっと左側で画面には入っていません。この日は根室→厚岸→門静 [続きを読む]
  • 1715.  ホノルルのバス(自転車ラックバス)など
  • 最近はこの手のスナップの面白さに目覚めて結構片っ端から撮影しています。デジカメ時代になってフイルムの心配をしなくて済むのが一番の理由かもしれません。                                アラモアナセンター付近    平成28年8月1日真ん中はニュー・フライヤー製(カナダ)のThe Busの路線車です。自転車を積んでいます。右側はアレキサンダー・デニス製(英国)のワイキキト [続きを読む]
  • 1714.  岐阜バス エアロスター 高速車
  • 近距離高速用の岐阜バスのエアロスターです。首都圏では路線用ではあまり見ないタイプですが、千葉で見たのはフラワーバスだったでしょうか?名古屋では名鉄、東濃など比較的よくみかけるようです。1520(美濃)    QKG−MP35FP(2012年製) 平成29年2月11日   名古屋駅バスセンター 美濃市か関から来たものと思われます。ときどきは高速ではなく通常路線に充当されることもあるみたいです。岐阜200か [続きを読む]
  • 1713.  新潟交通 キュービック(KC前後ドア・標)
  • 新潟交通のキュービックです。KC規制、標準尺、前後ドアの車です。G1509−1         KC−LV380L(1996年製)    平成28年10月16日    新潟駅KC規制車にもかかわらず、2段サッシ、前後ドアという古臭い仕様が好ましいです。バンパーのコーナーリング・ランプが新しさを感じさせます。G1509−I         KC−LV380L(1996年製)    平成28年10月16日    新 [続きを読む]
  • 1712.  東武バスウエスト レインボーⅡ
  • 東武バスウエストのレインボーⅡです。『東武バスウエスト』と言ってもピンと来ませんが、大宮、高崎線、東武野田線、東武東上線エリアをカバーしている事業者です。5136(川越)          SDG−KR290J1         平成29年4月19日        鶴瀬駅川越営業所は元は川越駅を中心とした路線ばかりだったようですが、新座からふじみの駅、上福岡駅周辺の路線を引き継いだようです。ふじみ [続きを読む]
  • 番外  男鹿高原駅の急行「南会津」
  • 最近、何かと話題の多い東武鉄道です。平成17年まで運行されていた350系の急行「南会津」です。急行「南会津」                        平成初期               男鹿高原駅昭和61年に野岩鉄道会津鬼怒川線として開業。終点会津高原の一つ手前の駅が男鹿高原駅です。H25の平均乗車人員は0.79人/日です(1人乗らない日もあるのですね)。男鹿高原駅は標高759.7mにあり、会津 [続きを読む]
  • 1710.  山交バス セレガ
  • 山交バスのセレガです。側面に”仙台”のサボを付けて停泊していました。寒河江〜仙台は1日3往復です。99505(寒河江)     KC−RU3FSCB(1999年製)    寒河江営業所    平成28年10月10日日野車がメインの山交バスなので、都市間輸送もセレガが多いみたいです。まだ古めの車も頑張っています。関西の方から移籍した車のようで、もと自家用とのことです(H21移籍?)。 [続きを読む]
  • 1709.  ”都電カラー(黄)” 都バス HR
  • 都電105周年、かつ都電7000系の引退記念のバスです。電車のカラーをバスに施す試みは珍しいでしょうか・・・。”里48”に充当されている、とのことで日暮里に行ってきました。K−L652(南千住)   KL−HR1KNEE(2003年製)     平成29年4月30日    西日暮里付近この里48系統はほとんど日暮里舎人ライナーに沿った路線で1時間1〜2本です。なかなか遭遇できない回数の少ない路線みたいです [続きを読む]