PPKKS さん プロフィール

  •  
PPKKSさん: ぴんころ千夜一羽ブログ
ハンドル名PPKKS さん
ブログタイトルぴんころ千夜一羽ブログ
ブログURLhttp://ppkks.blog.fc2.com/
サイト紹介文ぴんぴんところりをめざし今日も行く 毎日自慢のニワトリさんがボケをかまします
自由文世界ニワトリグッズ狂会怪長
PPKKSのギャグブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 59日(平均2.0回/週) - 参加 2012/02/25 11:43

PPKKS さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 扉の裏
  • 納戸の入口の引き戸の裏(内側)も飾りスペース・・・・指人形のニワトリなどそして引き戸を閉めると壁にも酉のシルエットなどが後ろから現れる・・・その上には棚をつけて、ぐるりと酉囲んだ・・・さらにその上の壁を今年の酉カレンダーの絵を切り取って張り付けた・・・もちろん透明アクリル板でぐるりと落下防止をしてある・・・12枚あるのでぐるりと上の壁を取り囲んで張り付けたのだ・・・ [続きを読む]
  • 納戸の入口
  • さて、納戸の入口だ・・・・前述の飾り棚の手前・・・・壁に酉のイラストを貼り、飾り台の上に新着の酉(最近ゲットしたもの)を仮置き(いずれ陶器の酉、ガラスの酉、本の酉・・・etc分類して飾り付ける)・・・・上の写真の右下に見える赤い酉がミュージアムの館長さまである・・・首に館長のネームプレートと脇に来館記念カード、来館記帳ノートを置いてあるのだ・・・・そして、壁際に立てかけたボードは「横浜旭 酉ミュー [続きを読む]
  • 納戸の酉小屋スタート
  • 玄関上がった突き当りの納戸・・・隣のトイレを半減して一畳弱広げた・・・約4畳ほどのスペースだ・・・そして、タンスや家具など雑物がぎっしり詰まっていたが・・・思い切った断捨離決行・・・と、一口に言うが・・・・3月末より何度も何度も(断続的に)迷いながら整理しながら・・・最終的には洋服ダンス一つ残して全部捨てるか別の場所に移動(離)したのが7月初旬・・・その間、少しずつ酉小屋を作ってやったのだ・・・・ [続きを読む]
  • 酉ミュージアム決意
  • 閑話休題前回申しましたように「ミュージアム」とかたいそうな名前を付けるからには・・・・だれも見てくれないのでは酉たちに申し訳ない・・・・と・・・そこで、まずはおいらのいとこどもに案内を出したのだ・・・・おいらは、母親方、長尾家の11人いるいとこたちの最年長・・・いとこ会、会長なのだ・・・長尾家・・・そう、おいらの母のご先祖は、あの・・・長尾鶏なのか・・・そんなわきゃねえ(^◇^)・・・おいらの誕生日の [続きを読む]
  • いよいよ玄関の最後は
  • 前回の障子の桟の吊り棚の上と納戸へのいり口の上の壁(ロールスクリーンを巻き上げた時だけ見える)が・・・玄関の最後のスペースだ・・・・ここにおおきな酉の絵を飾ったのだ・・・ここは少し暗いので、吊り棚の上にLEDのスタンドを置いた・・・手に持てば、懐中電灯にもなるのだ・・これぞまさしく一石二鳥・・・一灯二役(^◇^)・・・これで玄関は酉あえず埋まったぞ・・・・・あとは天井くらいしかスペースは空いていないの [続きを読む]
  • 階段下廃品利用
  • 階段降りた突き当りにこんな酉小屋をぶら下げてやりました・・・これは以前、家をリフォームしたときに不要になった障子の桟を組み合わせて作った飾り棚・・・・裏にはプラ段(プラスティック段ボール)を貼り、扉は上部を蝶番で留め、アクリル板をぶら下げて・・・跳ね上げてあけるタイプの酉小屋〜完成〜(^◇^)・・・プラダンは色が豊富で、加工もしやすく、軽いので吊り棚には最適だ・・・酉のストラップ同じのが三つあった [続きを読む]
  • 玄関左コーナー
  • 玄関の左は以前報告の通り壁一面天井までアクリル板で覆って陳列ケースとしたが・・・左コーナーにはコート掛けのポールがおいてあり、さらにその下の壁面も若干空いているのだ・・・このポールは酉のショーケースのためには邪魔なのだが・・・撤去できないのだ・・・97歳の母が玄関の出入りの時に掴まる大事な取っ手でもありしっかり固定してあるのだ・・・そこでこのポールにも酉を飾ってやることにした・・・そしてその後ろの [続きを読む]
  • 廊下の壁
  • さて、前回の出来の悪い浮き棚の酉小屋の右にも廊下の壁スペースが空いているので・・・・酉の色紙、絵や額縁など飾ってやりました・・・棚の裏側(階段側)や階段の壁にも・・・このような薄っぺらだが、平面スペースをとる酉たちは、壁に貼るしかないのだ・・・もちろん、ホコリのかからないよう透明アクリル板で覆ってあるから一応酉小屋といえるのだ・・・あまり立派な酉小屋に飾ってやれなくて・・・かべんなm(__)m・・・ [続きを読む]
  • 玄関上がって正面左
  • 玄関上がって正面にもスペースがあるのだ・・・前回の写真の年賀状の酉などを貼り付けた壁のその奥・・・・二階への階段があり、その向こうが納戸だが・・・・その納戸の引き戸の前にもロールスクリーンの自作の酉をぶら下げてやたぜ\(^o^)/実は玄関だけではとてもスペースが足りないのでこの納戸を活用することにしたのだなんど、考えてもそれしかないっ(^◇^)・・・というわけで業者に依頼して、3月末に納戸を少し、広げても [続きを読む]
  • 酉小屋の側面にも
  • 下駄箱の上の酉小屋の側面壁に貼り付けた酉の絵これは前回の玄関上り口の(サイドボード改造の)酉小屋の上の部分である・・・・狭い玄関のスペースはすべからく有効活用すべし・・・というわけで酉小屋のボックス側面には様々なイラストの酉を・・・上部の壁面には年賀状の酉を貼り付けてやった・・・・さすがに酉年の今年は年賀状の中に酉がたくさんいたので家族のも含めて切り抜いておいたのだ・・・・もちろんここでも透明アク [続きを読む]
  • 玄関上り口
  • 玄関上がり口の(下駄箱の延長線にある)スペースにはちいさな古いサイドボードを置いてこれを改造することにした・・・・・下段は木の引き戸だったのを外して、代わりに透明アクリル板に変えた・・・さらに下段真ん中にあった引き出しも取り外し、棚板をはめて・・・・立派な飾り棚・・・いや、酉小屋に変〜身〜\(^o^)/・・・・飾り棚の上にも透明アクリル板を敷いて、実用の酉たちを飾ってやったぜ・・・・車や自転車のキー、 [続きを読む]
  • 玄関上がった正面右
  • 裏側(階段側)から見たところ(落下防止のアクリル板が貼ってある)玄関を上がると廊下で、その向こうに二階への階段がある・・・この階段の縦格子の前にも酉小屋を作ってやろうとおもったのだが・・・廊下を歩くのに邪魔にならぬようせいぜい7,8CMしか飛び出せない・・・狭すぎる・・・・が・・・奥行6CMの縦格子の奥まで使えば何とかなろう・・・そして廊下を歩く足元に邪魔にならぬよう床からは浮かせておかなくてはならんが [続きを読む]
  • 下駄箱にも酉
  • ロールスクリーンの裏は下駄箱実は。東京の別宅からは酉だけでなく・・・困ったことに??おいらの二号・・・いや1号さん・・家内ともいう・・も引っ越してくるので、・・・下駄箱も増設せねばならんのだ・・・・・そこで傘立てやらゴルフバッグやらをどかした貴重なスペースに作ってやったのだが・・・・本来、ここは立派な酉小屋になるはずではないか?・・・・・・だが、転んでもただでは起きない???というべきか???・・ [続きを読む]
  • 玄関ドアも貴重なスぺースだ
  • まあ、玄関スペースだけでは到底間に合わん・・・・とは思いつつ・・・・できる限りの陳列を・・・・と、言うわけで玄関ドアには伊藤若冲の酉を貼り・・・・また得意の透明アクリル板でカバー・・・ドアの右半分には(6/16写真の鏡を外したので代わりに)大きな姿見を取り付けた・・・ドアの上の壁面には、酉時計を取り付け、壁の左右を照らすセンサーライトも取り付けた・・・・玄関を入った途端ピカッ〜と酉たちが照らし出さ [続きを読む]
  • 左壁面拡張と全面カバー
  • さて、写真は前回紹介した玄関の左壁面をさらに改造したものだ・・・まず絵画は外して・・・ぬいぐるみをここに集約すべく、吊り棚の最下段を延長して左端にはアールをつける・・・そして左壁上部いっぱい(1300Hx1850mmL)をすっぽり天井まで覆ってホコリの対策としたのだ・・・覆いは1mm厚みの透明アクリル板だ・・・・アクリル板はガラスと違い軽いし、撓るし、割れる危険も少ない・・・加工も比較的容易だ・・・ [続きを読む]
  • 壁面利用
  • 一昨日の写真の箱は下駄箱の上の空間を利用したものだが・・・・あとはどこにする???え〜酉小屋を作るスペースは玄関しかない・・・と、すれば下駄箱の反対側の壁面利用だ・・・ということで玄関の吊り飾り棚を位置を変え、酉たちに明け渡してやった・・・さらに、左の壁面を利用・・・上部にはストラップ等の酉、下部には絵の酉を張り付けてやったぜ・・・・だが問題は・・・・・・棚には軽いぬいぐるみなどの酉を置いたのだが [続きを読む]
  • ブログタイトル変更
  • 2017年5月5日に横浜旭 酉ミュージアムをオープンいたしましたで、ブログ名も改名して新たにミュージアム建設奮闘記とかわいい酉たちの紹介を再開すべく、2014年で途切れていたブログを再開したいと思いますのでとりいそぎご挨拶申し上げます・・・どうか旧来どおりごひいきに・・・・・・・・・・・いや、そこをなんとか・・・・諸般の事情で東京と富山の酉たちを横浜に引き取ったものの、全く置き場がない・・・・どうし [続きを読む]
  • 過去の記事 …