naturelow さん プロフィール

  •  
naturelowさん: 自然流の日々雑記
ハンドル名naturelow さん
ブログタイトル自然流の日々雑記
ブログURLhttp://natureflow1.blog.fc2.com/
サイト紹介文次世代に美しい自然を残していくためにできることは?原発事故、放射能汚染、子どもの健康への影響など
自由文自然大好きが3・11以後、日々雑記を書き始めた。テーマは原発事故がほとんどになる。原発が始まった頃から人類とは共存できないと思ってきたから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/02/27 13:04

naturelow さんのブログ記事

  • 機能不全の米共和党、トランプ氏と同罪
  • [FT]機能不全の米共和党、トランプ氏と同罪 2017/7/21 18:35日本経済新聞USコメンテイター エドワード・ルース氏この記事で印象深かった論点歴史を見ればローマ帝国は一日にして成らなかったことがわかる。しかしバンダル(蛮族)に攻撃されると程なく滅びた。トランプ氏はローマだろうか?それともバンダルか?悲しいかな、答えはおのずと出ている。意味深である。 世界の歴史はトランプ大統領、日本では安倍首相によって大きく [続きを読む]
  • 再生可能エネルギー世界一 中国
  • 日本は史上最大の福島原発事故を起こし、いまだ収束できず、放射性物質を日本列島に、太平洋に流出させ、地球を汚染し続ける。安倍政権は原発に固執、再稼動と新規原発も計画する始末。再生エネ利用「中国が最大」 BPグループチーフエコノミスト 2017/7/20 日本経済新聞 英メジャー(国際石油資本)、BPのスペンサー・デール・グループチーフエコノミストは「中国は2016年に米国を抜いて世界最大の再生可能エネルギー消費国 [続きを読む]
  • 再生エネ流れ止まらず 原発は過去のエネルギー
  • 日本は史上最大の福島原発事故を起こし、いまだ収束できず、地球を汚染し続ける。安倍政権は原発に固執、再稼動と新規原発も計画する始末。原発は過去のエネルギーを”東芝の破産状態”が示しているにも関わらず。大日本帝国を取戻す 安倍政権は過去に向かっているようだ。エネルギー市場の行方は 再生エネ 流れ止まらず イベルドローラCEO イグナシオ・S・ガラン氏 2017/7/24付日本経済新聞  エネルギーを巡る国際政治 [続きを読む]
  • フィンランドの放射性廃棄物最終処分場「オンカロ」
  • フィンランドの放射性廃棄物最終処分場「オンカロ」【6月16日 AFP】フィンランドで、高レベル放射性廃棄物を半永久的に地中に埋める最終処分場の建設が進められている。 世界で最も費用がかかり、使用期間も最長のこの処分場は、フィンランド西岸のオルキルオト(Olkiluoto)島に建設される。複数のトンネルで構成するこの施設の名前は「オンカロ(Onkalo)」。フィンランド語で、洞窟という意味だ。 初期の原発が建設された1950 [続きを読む]
  • 核ごみ処分場 玄海は地下に石炭で不適 政府調査
  • 核ごみ処分場 候補白紙、玄海は不適 政府調査毎日新聞2017年7月15日高レベル放射性廃棄物 原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムなどを取り出した後に残る廃棄物。日本ではガラスと混ぜて固めた「ガラス固化体」にして地中施設に埋める。放射能が安全なレベルに下がるまでに約10万年かかる。世界で最終処分場が決まっているのはフィンランドとスウェーデンのみ。世界で最も費用がかかり、使用期間も最長のこのオンカ [続きを読む]
  • 放影研 被爆者に謝罪へ ABCC時代、治療せず研究
  • 福島県立医大・現政府・福島県はこれから何年後に全面謝罪することになるのだろうか?甲状腺がん発生の被曝影響を、否定の根拠なく否定し、多くの子どもたち、若者を苦しめたことを多くの被害が出ており、被曝影響が広がることが予想されるにも関わらず、住民の住宅支援を打ち切り、賠償金打ち切りで避難生活継続を不可能にして、緊急事態宣言解除できない高汚染地域に帰還させたことを原爆被爆者を上回る住民ジェノサイドを実施し [続きを読む]
  • 陛下 「生き方否定」の退位議論に「ショック」 
  • オリンピックの2020年に新憲法でと、首相が憲法遵守義務に違反する国天皇を元首に押し上げたい保守系学者・政治家は天皇の人間性を否定する人たちか?時の政権が天皇陛下にここまでの最大限の侮辱を与えた例があるだろうか。政府が象徴天皇を意のままに批判し、首相が集めた有識者が天皇陛下の象徴としての在り方を侮辱するのであれば、国民統合の象徴としての天皇制の意味はあるのであろうか? 天皇陛下の退位を巡る政府の有 [続きを読む]
  • 「私は自分の健康を守ります」 福島から避難した15歳少女の手記
  • 県民として福島を守るのが美徳なのか?「私は自分の健康を守ります」(ある少女の手記より)福島から避難した15歳少女の手記。「原発の危険性に知らんぷりをするのは重い罪です」 より 県民として福島を守るのが美徳なのか?「私は自分の健康を守ります」(ある少女の手記より)「私は思うんです。原発の危険性が分かっていながら知らんぷりをする。この罪は、直接かかわっている人と同じくらい、もしくはそれ以上の重い罪だと思 [続きを読む]
  • 重層的な忖度メカニズム
  • 今年の重大ニュースに ”アッキード事件” が入るのは確実流行語大賞の有力候補は ”忖度”日経(春秋)「例の案件、こっちの関連だから」と先輩が・・・ 2017.3.25朝刊より転載 「例の案件、こっちの関連だから」と先輩が親指なぞ立てて目配せする。「わかってます」と後輩。正式な指示でも機関決定でもないが、なぜか最優先事項となる。「聞いてないですよ」と反論しようものなら、KY(空気読めない)とレッテル貼りされ [続きを読む]
  • 天皇家の孤独な戦い
  • 何か暗い気持ちになるこの頃、爽やかな風が吹き抜けました卒業に際し、宮内庁は愛子さまが同校の記念文集に寄せた作文を公開した。毎日新聞 2017年3月22日世界の平和を願って 敬宮 愛子さま  皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)が22日、学習院女子中等科(東京都新宿区)を卒業された。卒業に際し、宮内庁は愛子さまが同校の記念文集に寄せた作文を公開した。作文の全文は以下の通り。世界の平和を願って [続きを読む]
  • 福島からの人権宣言 by 山本太郎
  • 福島では健康に生きる権利が抹殺されようとしている。山本太郎氏の街頭演説から2011年の3月に出された原子力緊急事態宣言6年近く経った今もまだ撤回されていません。つまり、今日本は原子力緊急事態宣言の真っ只中なんです。それもそのはず3つスリーメルトダウンこれ程、これ程の核の大惨事は世界でも起こったことがないんです。終息の仕方もわからないんです。恐らく何百年という期間をもって終息していかなければならない。それ [続きを読む]
  • 埋もれた歴史、光当てる旅 両陛下のベトナム訪問
  • 埋もれた歴史、光当てる旅 両陛下のベトナム訪問2017年3月4日朝日新聞 より転載戦争責任をただ一人負い、責任を果たそうと努力を続けられる姿に深い敬意をささげる。 天皇、皇后両陛下にとって今回のベトナム訪問は、即位後20回目の外国訪問となる。昨年8月に天皇陛下が退位の意向をにじませるお気持ちを表明し、政府で検討が進む。来年中の代替わりが現実味を帯び、最後の外国訪問となる可能性もささやかれる。 だが取材を [続きを読む]
  • 積み上がる国の借金まみれはなぜ?
  • (ニッポンの宿題)積み上がる国の借金 河村小百合さん、柴田悠さん2017年3月4日朝日新聞朝刊 より転載 日本の国の借金は、総額で1200兆円を超えました。財政状況の悪化は、第2次世界大戦で軍事費を急拡大させた敗戦時並みの水準です。戦争をしてもいないのに、なぜこんなに借金まみれなのでしょうか。先進国で最悪の状況が続くなか、いま、やるべきこととは。 ■《なぜ》放漫財政、日銀の政策が拍車 河村小百合さん(日 [続きを読む]
  • プレスリリース Medicine大平論文の誤りをLetterで指摘 
  • 「福島の甲状腺がん有病率は外部被ばくと関連性なし」とした福島県立医大の大平哲也教授らのMediccine誌掲載論文(共著者山下俊一氏・鈴木真一氏等15人、福島県立医大の総力論文)の誤りを指摘したLetterがMedicine Blogに掲載されたので、福島県庁でプレスリリース 2017.2.2≪メディアの皆さまへ≫ 原文はこちら 大平教授らは、外部被ばく線量・甲状腺線量とも最低レベルの会津地域と福島県で最高レベル甲状腺線量のいわき市を [続きを読む]
  • 廃炉阻む 福島第一2号機の格納容器
  • 実測210シーベルト、廃炉阻む 福島第一2号機の格納容器asahi 2017年2月19日 より天才参考のために記録しておく。 炉心溶融(メルトダウン)した東京電力福島第一原発の2号機格納容器に、遠隔カメラやロボットが相次いで入った。溶けた核燃料のような塊、崩れ落ちた足場、毎時数百シーベルトに達する強烈な放射線量……。原発事故から6年で、ようやく見え始めた惨状が、廃炉の多難さを浮き彫りにしている。■扉ごし調査、 [続きを読む]
  • 福島とチェルノブイリの甲状腺がん 双子のそっくりさん
  • 山下俊一現福島県立医大副学長チェルノブイリ笹川プロジェクトで、1991年1996年までの5年間で現地12万人の甲状腺超音波スクリーニング調査を実施し、解析について報告されている。チェルノブイリ原発事故後の健康問題1.チェルノブイリ小児甲状腺がんの特徴甲状腺検診で問題になるのは、発見されたがん甲状腺結節や異常甲状腺エコー所見の取り扱いである。★これら結節患者に細胞診を試みると7%に甲状腺がん(大部分 [続きを読む]
  • 速い進行・転移しやすい 原発事故甲状腺がん 山下俊一氏
  • 大人と異なり、小児甲状腺がんの約4割は、小さい段階でみつけてもすでにリンパ節に転移があると指摘している。またチェルノブイリ原発事故では、甲状腺がん進行速度が異常に早いことも発表していた。福島県立医大の大平氏のMediccine誌掲載論文の誤りについてはMedicine誌に掲載 被爆影響否定の大平論文は誤り に書いた。大平論文の中で、甲状腺がんの成長が遅い性質を、福島甲状腺がんの多発が被ばく影響でない理由の1つに挙 [続きを読む]
  • 福島原発処理費倍増 国・東電見通し甘く国民負担増
  • 福島原発処理費、21.5兆円に倍増 経産省試算福島原発処理費倍増 国・東電見通し甘く国民負担増懸念経済産業省は9日、東京電力福島第1原発事故の処理費用が、従来の見込み(11兆円)の約2倍となる21・5兆円に膨らむとの試算を公表。追加費用を電気料金への上乗せや税金などで賄う方針を提言案に明記した。当初の見通しの甘さを露呈した形だが、東電の自力負担が前提の廃炉費などは今後も膨らむ可能性があり、国民負担 [続きを読む]
  • 泉田前新潟県知事 メルトダウン隠しの東電に管理資格あるか
  • 原発立地県知事として 前新潟県知事・泉田裕彦さん2016年12月10日 朝日新聞 より転載 東京電力福島第一原発の事故原因の検証も不完全なまま、各地の原発の再稼働に向けた動きが進む。廃炉や除染など事故処理費の試算は倍増となった。事故後、世界最大級の柏崎刈羽原発がある新潟県の知事を務めた泉田裕彦さんに、東電や原子力防災との向き合い方、4選出馬を突然取りやめた判断などを聞いた。「原発・エネルギー」 ――地震ロ [続きを読む]
  • 報道されないフクシマ 環境創造センター とは?
  • 20161113 UPLAN 放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会「報道されないフクシマ 環境創造センター(1)」https://www.youtube.com/watch?v=nYQ9X7g4rvU放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会「報道されないフクシマ 環境創造センター(2)」https://www.youtube.com/watch?v=6InHd6uTFU420161113 UPLAN 放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会「報道されないフクシマ 環境創造センター(3)」https://www.youtube.com/watch?v=L3qsjQ85p [続きを読む]