ルツ さん プロフィール

  •  
ルツさん: 前進あるのみ
ハンドル名ルツ さん
ブログタイトル前進あるのみ
ブログURLhttp://jkblessing.ti-da.net
サイト紹介文失敗しても前進する方法を教えます。 又沖縄の美しい自然を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2012/02/28 10:41

ルツ さんのブログ記事

  • 内間夏祭り!
  • 昨日の内間夏祭りの写真です。獅子舞やエイサーなどがあり、アメリカ人の夫にはすべてが珍しかったようです。フェイスブックにも入れました。外国人にとっては珍しい祭りの光景だと思います。 [続きを読む]
  • 夏祭り!
  • 今日近くの公園で夏祭りがありました。コミュニティのイベントには出来るだけ参加しています。婦人会の踊りにも引っ張り出されてはじめてなのに踊りました。最後はカチューシャでジェリ-も踊りました。皆さん喜んでいました。祭りの帰りに見た美しい花の写真を入れます。この赤ちゃん私が写している時に入って来ました。 [続きを読む]
  • 美らサンビ-チ!
  • 先週の土曜日に美らサンビ-チに行きました。家族連れが多く来てました。皆さんバ-ベキュ-をして楽しんでいました。那覇空港が近いので飛行機が飛んでました。そこでパチリうまく写せました。あまり暑いので豊崎の道の駅で買い物しました。 [続きを読む]
  • 何時も喜びなさい!
  • 一日15秒で与えられる無限大の祝福アメリカのスタンフォード大学のウィリアム・フライ教授が、笑いと心臓の関係を研究しました。100メーター走15秒の間、手を叩きながら大笑いをすれば、100メートルを全力疾走したのと同じ運動効果があると言います。また一度大きく笑えば、 25回腹筋をしたり、3分間、力強く櫓を漕ぐことと同じ運動効果があるというのです。さらにおもしろいことは、脳は無理矢理に笑うことと、本当に笑うことを区 [続きを読む]
  • 沖縄の夕暮れ!
  • 最近のニュースを見ていると悪いニュースが多く見ていて気がめいってしまう時もあります。こういう時美しい夕日を見ていると心に平安がもどってきます。すべては神様がコントロールしているので何にも心配することはないという確信が湧いてきます。私の夫はカメラが趣味ですのでいつもカメラを持って歩き回って、すべてに興味を示します。特に朝日や夕日が大好きです。次の写真はビーチで写したものです、最後のだけ新都心で写して [続きを読む]
  • ビルウィルソンが沖縄に来ました。
  • 昨日お友達に誘われて白い家フェローシップ教会に行きました。三十年程前に私達が行っていた教会にミニスタ-としていらっしゃいました。とても素晴らしい働きをなさっておられるのでもう一度メッセ-ジを聞きたいと思い行きました。とても素晴らしいメッセ-ジで心に触れるものがありました。未だお元気でパワフルでした。 [続きを読む]
  • アクロスプラザ古島駅前!
  • 家から歩いて約20分の所にアクロスプラザ古島駅前がオープンしました。私たちにとってはりゅうぼうスーパーマーケットもあり、くら寿司などレストランもいくつかオープンしていてとても便利になりました。夕方散歩しながら写真を写してきました。ドラッグイレブンやペットショップも入っていていろんな小動物が見られます。子供づれで来ている人たちも多かったです。 [続きを読む]
  • イオンライカムモール!
  • お友達に用事で会いに行ったついでにイオンライカムモールに行きました。あまりにも大きくていつ行ってもみんな見て回ることは出来ません。一階には水族館があり、魚が泳いでいるのを見るだけで涼しく感じます。夏休みに入ってはじめての土曜日で家族連れが多かったです。屋上では水しぶきがふきだし子供たちがはしゃいでいました。そこから見る眺めも素晴らしかったです。 [続きを読む]
  • ハクソーリッジを見て!
  • ハクソーリッギを見て私は戦場シーンの激しさに胸がドキドキして気分がわるくなりました特に沖縄の前田高地で起こったと知った時はショックでした。でも家に帰ってから印象に残ったのは主人公の生き方でした。果たして私に彼のような生き方が出来るだろうかとおもったのです。後でもっと詳しく書きたいと思います。ネットから引用したものを入れておきますね。『汝、殺すなかれ』とは、ユダヤ教・キリスト教の戒律であると同時に、 [続きを読む]
  • ハクソーリッジ!
  • 次の写真は夫が写したものです。この周辺で激戦があったとは思えないほど美しくのどかな風景です。多くの浦添市民も犠牲になったようで、若い人たちにも見てもらいたい映画です。戦争の恐ろしさといかに平和が大切であるかがわかります。戦争は敵味方どちらにも弊害をもたらします。この激戦地に立って世界平和を祈るばかりです。今現在戦争で苦しんでいる人たちを忘れてはいけないと思いました。 [続きを読む]
  • 浦添城跡にあるカフェ!
  • 昨日浦添城跡に行きました。前にも行ったことがありますが、最近見た映画「ハクソーリッギ」に感動して激戦地だった前田高地に行って見たかったのです。来週ガイド付きで行く予定をしてますのでその時にもっと詳しいことを書きますね。昨日は天気も良くたくさんの観光客が来ていました。アメリカ人も結構見られました。きっと映画の影響だと思います。あまりにも暑いので喉が渇き駐車場の近くのカフェーに行きました。テラスがあり [続きを読む]
  • 前進あるのみ!
  • その日のバーベキューパーティーから帰る前に私のお友達が「明日私の家に来ないか」とジェリーを誘いました。翌日は代休になっていたので私は彼女の家に泊まることにしていました。息子たちは夏休みで彼らのお父さんのところに行っていたので一人で家にいるのが寂しかったのです。翌朝私たちが朝食を食べている時に彼はやってきました。そんなに早く来るとは思ってなかったのでふたりともびっくりしました。その午後ジェリーと私は [続きを読む]
  • 独立記念日の思い出!
  • 35年前の独立懸念日私はアメリカにいました。クリスチャンになったばかりで教会のシングルクラスにお友達と一緒に行ってました。離婚して三年目で子育てとお仕事で疲れていました。時には自暴自棄になって自殺まで考えたこともありました。でも息子たちへの愛がそれをとどめました。その頃の私を見かねて姉が教会に行くように勧めました。ちょうど私のお友達が教会に行き始め、一緒に行こうと誘ってきました。私は息子たちも連れ [続きを読む]
  • 花の命!
  • 私たちの住んでいるアパートの前に花壇があり大きな木が生えています。そこに花を植えましたら皆枯れてしまい、一つの花だけが残りました。水をやり又肥料もやって楽しんでいました。でも今朝みたら美しく咲いていた花が折れていました。とてもがっかりしましたが家に持ってきて花瓶にさしました。又写真を写していつでも見られるようにしました。花の命は本当に短いですね、それでも精一杯咲いているのが素晴らしいと思います。 [続きを読む]
  • サガリ花!
  • 今年は去年と違いサガリ花があまり咲かなかったです。あきらめていたのですが最近蕾が出始めました。今晩やっと写す事が出来ました。 [続きを読む]
  • 安謝川の野鳥と生き物たち!
  • 朝のウォーキングでは安謝川の沿道を歩いて西公園に行きます。私の夫はカメラが趣味なのでいつもカメラを持って歩きます。その時に見た野鳥やウナギそしてトンボなどを写しています。私はお花を見て楽しんでいるほうでたまに i-phone で写すぐらいです。             二つの写真はカワセミです。                  ここからはゴイサギです。                時々ウナギを見つけ [続きを読む]
  • 子供たちは神様からの賜物!
  • 聖書にはこう書かれています。詩篇 127:3-5見よ。子どもたちは主の賜物、胎の実は報酬である。若い時の子らはまさに勇士の手にある矢のようだ。幸いなことよ。矢筒をその矢で満たしている人は。彼らは、門で敵と語る時にも、恥を見ることがない。 ルツ 4:13「 こうしてボアズはルツをめとり、彼女は彼の妻となった。彼が彼女のところにはいったとき、主は彼女をみごもらせたので、彼女はひとりの男の子を産んだ。」  [続きを読む]
  • 愛しい我が子!
  • 皆さんこんばんは、今日はどういう一日でしたか?私たちの孫娘が今日退院することが出来ました。息子夫婦も一緒に病院にいましたので家族皆退院になりました。お祈りして下さった皆さんありがとうございました。孫娘は沢山の方々にお祈りしていただき本当に祝福の子だと思っています。これからもすくすく育つように祈っています。息子がフェイスブックに入院した時からお祈りをお願いしていましたので沢山の方々が祈って下さいまし [続きを読む]
  • 父の日の前日
  • 明日の父の日は混むのではと思い 、北谷のアイランド ディポにあるイタリアレストランに行きました。ところが着いた時は土砂降りで風も強く傘をさしてあるくのが大変でした。明日が良かったと後悔しました。でもせっかく来たのだから楽しく過ごそうと思い直しました。 [続きを読む]
  • 父の日に思う!
  • 今日の英会話のクラスである男性が娘さんが父の日に電話さえしないと言ってました。母の日にはプレゼントや食事に行ったりするそうです。それで傷ついているようでした。それで娘さんに英語で手紙を書いて渡すので、私の夫に読んで訂正してくれるように頼んできました。その内容が面白いので私たちは皆大笑いしました。でも笑えない部分もあって考えさせられました。もう一人の男性も彼と同じ意見で世のお父さんたちは家族のために [続きを読む]