ALSTER さん プロフィール

  •  
ALSTERさん: 60代のロングステイ
ハンドル名ALSTER さん
ブログタイトル60代のロングステイ
ブログURLhttp://alsterusa.blog.fc2.com/
サイト紹介文リタイアしバンコク片隅へ。アパート・ビザ・生活全て一人で行い、公共交通のみを利用しての街歩きの日々
自由文ドイツ、タイ、アメリカ在住を経てリタイア。現在バンコクにロングステイ中の作者ALSTERが、何でも自力、一人でやってみる!の信念で生活基盤を築く日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2012/02/28 05:31

ALSTER さんのブログ記事

  • 177番 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月26日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分で [続きを読む]
  • ノンタブリー県観光見所② 幻の水上マーケットを探して
  • このブログでは多くの水上マーケットが登場します。でも、その中には日本人観光客はもちろん在住の方でも知らない所があるかと思います。私自身も街歩きの中で偶然見かけた看板などから知った所が多いです。そんな有名でない所ばかり行く為か、お客が集まらずすでに終わってしまったような水上マーケットも多いのが実情です。水上マーケット自体が現在ではほぼ100%が観光用の催しであって、中には人集めの手段として強引に造られ [続きを読む]
  • 新線オレンジライン⑤ ピンクラインは?
  • 世界の多くの国に住みましたが、地下鉄を含んで電車・列車で通勤した事はありません。どの国もでも車で通っていました。ヨーロッパでは1年間に10万キロなんて、プロの運転手の倍近くの距離をあらゆる国と都市で運転していました。アメリカでは国内でも大陸内だけで時差が3時間もある大きさなので、都市間の移動は飛行機が多く、空港からレンタカーで移動するのが仕事でもプライベートでも普通になります。ところで、レンタカーも航 [続きを読む]
  • タイを好きになった南国のうたた寝
  • 「居眠り」と「うたた寝」は違います。居眠りは「居」があるように座ったままや何かをしながら寝てしまう事で、うたた寝は「寝」があるように眠るつもりはないものの横になって寝てしまう・・・両者とも完全に深い眠りに入らずウトウトする様子でしょうか。「居眠り」は眠るつもりがないのに思わずしてしまう事なのに対し、「うたた寝」はゆったりした時の中で暑くも寒くもなくそよ風を感じながら・・・そんな心地よさに身を任せて [続きを読む]
  • 187番 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月22日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分で [続きを読む]
  • 公共交通で行くノンタブリー県観光見所①
  • MRTの新線パープルラインがバンコクの地下鉄ことブルーラインと接続されて5週間が過ぎました。どの鉄道とも接続していないまま、ぽつんとノンタブリー県を主体に走っていたパープルラインからすれば、1年待ってやっとの接続だった事でしょう。通勤通学で沿線から都心部と行き来しなくてはならない方にとっては便利になったのは間違いなく、朝夕の利用客は伸びている事でしょう。平日の日中利用が多い私にとってはあまり代わり映え [続きを読む]
  • 楽しいですよ〜 王宮広場2と呼ばれるマーケット
  • バンコクとその周辺県には「2」や「3」と番号が付けられたマーケットが多くあります。ざっくりウィークエンドマーケットとも呼ばれるモーチットのチャットチャックChatuchak Market、ミンブリーには「チャットチャック2」があります。モーチットのチャットチャックの近年は観光地のように思えるぐらいで、観光客が多く混雑しているので私は苦手な所の一つになってしまいました。チャットチャック2はフリーマーケットの雰囲気を [続きを読む]
  • 新線オレンジライン④ 地下鉄部の駅は?2
  • 世界の多くの国に住みましたが、地下鉄を含んで電車・列車で通勤した事はありません。どの国もでも車で通っていました。ただ、その車通勤のスタイルと意味は先進国と途上国で異なっています。ドイツとアメリカでは地下鉄や電車が使えるような都会には住んだ事がありません。どちらも片田舎で車を持たない限り動けないような所に暮らしていました。反対にアジアでは都市部に住んでいました。しかし、ほとんど自分で運転する事はなく [続きを読む]
  • 26n番 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月18日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分で [続きを読む]
  • 南国の雨季に刻まれた記憶
  • 今のバンコクは雨季の真っ最中ですが、今年の雨季は雨が少ないような気がしています。何かデーターがあるわけでなく、バンコクの片隅に住む私一人の実感で、他の所は分かりません。雨季・・・南国、熱帯気候に住む事を一番実感するのがこの季節ではないでしょうか。ほぼ毎日ある熱帯特有の突然の激しい雨は降りだした時と同じように突然に止む。そんなスコールは年を通して暑いだだけの南国に大きな変化を与えているように思えます [続きを読む]
  • BTS直結の運河ボートで行く水上マーケット
  • 一昨日乗ったセンセープ運河ボート、シーナカリン通りに住む私はバーンカピに出て頻繁に利用しているのですが・・・1バーツ値上がりしていました。バーンカピ〜プラトゥナーム間が18バーツから19バーツ。画像下で上が先々週ぐらいのもので、下は一昨日のチケットです。センセープ運河ボートとチャオプラヤー・エクスプレスの料金って多いと年に2〜3回上下しています。たぶん重油価格に連動しての調整が行政指示で行われているの [続きを読む]
  • 新線オレンジライン③ 地下鉄の駅は?1
  • 私が地下鉄を通学・通勤で最初に利用したのは50年近く前の高校生になった時です。日比谷線で茅場町から高校まで通っていました。家があった深川に地下鉄東西線が通ったのが中学生の時で、それまで地下鉄に乗るには永代橋を渡り、茅場町で日比谷線か日本橋で銀座線でした。当時の銀座線は古くて暗い駅に電車だったのに、日比谷線はアルミが輝いていたのを記憶しています。日本以外のアジアでは中国(北京・上海・大連)、マレーシア [続きを読む]
  • 28番 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月14日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分で [続きを読む]
  • 世界の水道に飲用水、タイでの水と費用は?
  • 日本では9月も中旬だと暑さもそれほど気にならない頃でしょうか。毎年、熱中症で倒れる方が増える日本の夏、それが年中続くタイですので私も十分に気を付けています。何しろ、私のロングステイの日々は街歩きの毎日です。路線バス、しかもほとんどがノンエアコンバスで気になる所へ行って、後はただ歩くだけです(笑) そのほとんどが本当にどこでもあるような町中の道です。地図で気になった所もあれば、乗ったバスなどの成り行 [続きを読む]
  • 195番 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月11日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分で [続きを読む]
  • 新線オレンジライン② 高架部の工事と駅は?
  • バンコク都市型鉄道の新線であるオレンジラインに関してのエントリーです。前回「新線オレンジライン① 全容と工事開始」ではオレンジランの概要とすでに工事が始まっている事を記しています。またタイに於ける都市型鉄道の建設、保有、そして運用の組織・仕組みに関しても記し、もう「BTS=高架鉄道」「MRT=地下鉄」と思い込むのは止めましょうとも(笑)ちょっと面倒くさい色々な組織の事を前回書いたのは、今後概略だけでも書こ [続きを読む]
  • 路線バス再編成が目指すのは?全試験路線踏破で考える
  • 一昨日、バンコク路線バス再編成で実施された8つの試験路線に関しての「不完全バスガイド」全てのエントリーを終えました。8月15日から9月15日までの限られた試験期間だったので、だいぶ慌ただしかったのですが、全路線全区間に乗る事が出来ました。いつものように不完全バスガイドをエントリーしたものの、限定期間だけの試験路線でどなたのお役に立つ事もないだろうと空しいエントリーでした。しかし、私自身の中には・・・全く [続きを読む]
  • 新線オレンジライン① 全容と工事開始
  • 何度か書いていますが、本ブログではネットやメディアから拾った内容をブログに書く事をしません。ニュースの記事や画像をコピペする事がタイ情報のブログとは思えず、またそうした事は嫌いです。自分が実際に自身が経験した事だけを書き続けるブログでありたいと思っています。今日のお題はそんなニュースにあるような話ですが、もちろん私自身が街歩きの中で実際に見た内容です。しかし、最近は公共交通の話題が尽きませんねぇ〜 [続きを読む]
  • 新編成試験路線 R41 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月7日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも [続きを読む]
  • 懲りない水上マーケット巡り
  • 私のアパートはバンコクの本当の隅っこ、10分も歩けばサムットプラカーン県で、部屋の窓からはタイ湾を越えてチョンブリー県の山がよく見えます。特に雨季の間は空気が澄むので、部屋から外を見るだけでも飽きる事はありません。画像下は今日の午後に撮ったものです。今日は洗濯や買い物で遠くには行けませんでしたが、そんなバンコクの隅っこに住みながらも毎日が街歩きの日々で2年半、まだまだ好奇心が尽きる事はないのですが最 [続きを読む]
  • センセープ運河ボート最新事情
  • 現在(2017年9月)、バンコク都で運航されている運河ボートは以下の4ルートです。それぞれ今回の見直し以前の最後のエントリーにリンクしておいたので、関連エントリー全てを見る事が出来ます。センセープ運河ボート プラカノン運河ボート クルンカセーム運河ボート パーシーチャルン運河ボート そして上記以外に水上バスとも言えるチャオプラヤー・エクスプレス・ボート(画像下)と派生のチャオプラヤー・ツーリスト・ボー [続きを読む]
  • 新編成試験路線 Y59 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月4日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも [続きを読む]
  • 孫悟空とドラゴンが現れたシーコンスクエア
  • 私は昭和のど真ん中の生まれです。そして下町の職人の子に生まれました。東京の下町・深川で職人の父に兄、戦時中の爆撃で足が不自由な母に早くから働きに出た姉、今考えると貧しさの中での暮らしでした。その生活は昭和の映画によく出て来るような・・・下町、職人、そして貧しさそのものでした。そんな映画の世界に夢中になったのは高校生の時からで、当時は昼飯代を浮かせて銀座や日比谷の映画館に通っていました。深川でも隅田 [続きを読む]
  • 新編成試験路線 G21 バンコク不完全バスガイド
  • 2017年9月2日これはバンコク路線バスについてのエントリーです。主旨は「バンコク不完全バスガイド序章」に書いてありますが、路線案内だけではなく、周辺の見所などを書いています。バンコクっ子と同じ目線で街を行くショートトリップ、路線バスの旅です。バンコク路線バスは同じ番号でも短区間運転や枝線もあり、直営と委託会社、バスの種類別、行きと帰りルートが異なるのは普通です。また変更も多く交通事情や運転手の気分でも [続きを読む]