つる姫 さん プロフィール

  •  
つる姫さん: つる姫の本の舘
ハンドル名つる姫 さん
ブログタイトルつる姫の本の舘
ブログURLhttp://ameblo.jp/kaguya294/
サイト紹介文本専用のブログです。ファンタジー・妖怪もの・ミステリー・SFものなど
自由文好きな作家の方々 香月日輪さん・高階良子さん・篠田真由美さん・小野不由美さん・荻原規子さん・上橋菜穂子さん・高里椎奈さん・宮部みゆきさん・畠中恵さん・恩田陸さん・雪乃紗衣さん・沖田正午さん・高橋由太さん・仁木英之さん・和田はつ子さん・神永学さん・
桜庭一樹さん
本で言うと「トワイライト」大好きです。
まだよく読む作家の方の名前書ききれないので
ブログを見てください
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供502回 / 365日(平均9.6回/週) - 参加 2012/02/28 13:23

つる姫 さんのブログ記事

  • 私の春からの目標・・・
  • 7月までに−3キロあなたへのエールはどんな言葉!?エールカードもらうなるほど・・・これは、納得しますね。あまり落ち込まないので、何度でもやり直ししたらいいやんと思っています。 失敗は成功の元とか言うしね。 息子が高校生の時によく言っていました。資格試験に何度も落ちてもあきらめずに何回もチャレンジすればいいよ。1度で合格した人よりも何回も勉強するから忘れないしね。と(ただ・・・お金 [続きを読む]
  • 今年2度目の熱‼
  • 先週から喉の痛みと声が出なくなり昨日、鼻水は止まらないし咳、くしゃみ、喉の痛み、頭痛、節々の痛みに熱が出ました。平熱が35℃ぐらいなので37℃だと、普通の人の38℃夜中には、38.3ってまた、インフルにかかったのか‼今日病院に行って検査したら陰性だった。結果がでるのに10分以上かかったわ。インフルとよくにた症状は、咽頭炎⁉ですが抗生剤の薬出されたから。インフルと診断されたら5日は外出禁止だけど、同じ症状あるの [続きを読む]
  • 東京ノスタルジック百景 失われつつある昭和の風景を探しに
  • 「東京ノスタルジック百景 失われつつある昭和の風景を探しに」を読みました。 東京の下町(昭和の)を訪問する本。これは、プロ友さんが下町散歩されてる場所もあるんじゃないかな・・と思っていました。 東京ノスタルジック百景 失われつつある昭和の風景を探しに Amazon内容紹介2020年を見据え再開発が進む東京。ノスタルジックな「昭和の風景」が続々と消えるなか、今もわずかに残る猥雑でエネルギッシュ [続きを読む]
  • 積読注意報!
  • 家にある積読本が何冊あるか確認しました。 やばい・・・以前読みたいと購入したはずなのに・・・ もう興味が薄れている・・・・ 小野不由美さんの「十二国記」の一番新しい本買ったのはいいけれど内容が・・・どう展開したか・・覚えていない・・・・ 興味の亡くなった本が4冊ほど・・・・ 好きな作家さん辻村深月さんの本5冊ほども、もったいなくて読めてない・・・ 早く読まないと・・・・&nbs [続きを読む]
  • ビジュアル資料 明治・大正・昭和 西洋館&異人館
  • 「ビジュアル資料 明治・大正・昭和 西洋館&異人館」を読みました。 建物の写真集です。外観だけではなく内部の写真もあります。辰野金吾設計の建物や桜の通り抜けに行った時に見た洋館や大阪の綿業会館の内部も掲載されていました。 キンキラな内部の建物・・・普段使いには落ち着かないなとか・・ 見ごたえのある写真集です。 図書館で借りることをおすすめします。 定価2800円(税抜) ビジ [続きを読む]
  • 東京たてもの伝説  森まゆみ 藤森照信
  • 「東京たてもの伝説」を読みました。今はもう取り壊された古いアパート・団地などの内部を実際に見に行って会話式で書かれている。写真も掲載されているので楽しめます・ 個人のお宅訪問や・江戸東京たてもの園など。で、思い出した大阪の服部緑地に「日本民家集落博物館」というのがある。実際に建物があります。今度ここに行く事にしよう。前から行きたかったし。 最近建物の本にはまっています。(江戸関係にもはまっ [続きを読む]
  • ぼくらの近代建築デラックス! 万城目学
  • 「ぼくらの近代建築デラックス! 」を読みました。レトロな建物巡りをよくするのでこの本に掲載されてる建物・・この間行ったなとか・・・この本の楽しみ方はGoogleのマップを見ながら探すこと。そして行きたいところに星マークを入れビューで建物を確認する・・・ってことをやってたら何時間もかかる・・・時間があるときにおすすめ。 昨日夜そんなことをしていたら、この本には載っていないレトロな建物を見つけるんですよ。 [続きを読む]
  • THE百年宿
  • 「THE百年宿」を読みました。いいなぁこんな宿に泊まりたい・・・建物が見たいです。http://www.kanaguya.com/index.htm↑旅館木造4階建て・・金具屋 館内文化財巡りってのがあるそうですよ。行きたいな・・・ 内容紹介“いまだからできる大人の旅をしよう! "をテーマに、我儘なアクティブシニア層が求める、趣味を満喫するマニアックな旅のモデルプランを紹介。「ワンテーマトラベル」をコンセプトにしたこのシ [続きを読む]
  • 異人館画廊 当世風婚活のすすめ
  • 「異人館画廊 当世風婚活のすすめ」を読みました。絵にまつわるミステリーですが、 見ると呪われる絵を解釈する能力をもつ「主人公千景」絵の解説がややこしくて・・・もうリタイアしようかと・・・ 異人館画廊 当世風婚活のすすめ (集英社オレンジ文庫) Amazon 内容紹介成瀬家は、代々“禁断の絵"を守ってきた旧家だ。その絵が盗まれた。現当主の美津に絵をさがしてほしいと頼まれた千景と透磨だが、件 [続きを読む]
  • リバース 湊かなえ
  • 「リバース」を読みました。今までの「夜行観覧車」や「Nのために」のような怖さはありません。主人公の深瀬のネガティブさに・・引き気味でした。自分から何も行動を起こさず、ある意味自意識過剰な所が・・・(自信がない事での) 大学時代のゼミ仲間5人(その中で、悔やんでいる人は・・・)ひどいよね・・・ その深瀬が親友だと思っていた広沢(亡くなった)の事を自分は、何も知らないことに気付く広沢を知 [続きを読む]
  • 桜の通り抜け
  • 昨日(4/15)に大阪造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。 天気が曇りだった 谷町線の東梅田駅から人でいっぱい・・・そして天満橋駅凄い人 その周辺の商業施設のトイレ状況もすごい・・・・ 桜の通り抜けは一方通行なので入口に近いのは谷町線の天満橋駅・・・ この橋も人で埋まっていた・・・ そして入口あたりは出店が並んでいる。 去年はあっちこっちウロウロできたんだけど、今年 [続きを読む]
  • リバース1話
  • リバース1話見ました。玉ちゃんのメガネが似合ってました。ちゃんと教師に見えましたよ。こんな先生いたら良いよね原作でも、深瀬のダメぷっりがどん引きしてしまいましたがそれを上手く演じられていましたね。美穂子は、原作の美穂子と性格が違うような、原作とドラマは、別やなと思いました‼でも、面白くなりそうです。 [続きを読む]
  • 4月12日のカラオケバトルを見て・・・
  • 今日カラオケバトルを見てて、優勝は逃したんですけど気になる人を見つけました。キャチフレーズが「雑草魂平成の女ギター流しおかゆさん」とかおっしゃる方で声が気にいりました。検索したところ・・・ カバーのCDとか出されていました。ライブとかもされてるんですって・・・まだお若いですよ。25歳 カラオケバトルでの映像はまだでていませんね・・・また出たら出します。 アメブロでブログされ [続きを読む]
  • 金曜ドラマ「リバース」見てくださいね。
  • 4月14日(金曜日)夜10時〜4チャンネル(大阪)毎日放送です。 なんで見てって言うのかと・・・ キスマイの玉ちゃん(玉森裕太くん)が出演しているからです。 今回の役どころは32歳の教師役なんです。 実年齢は1990年の3月17日生まれなので27歳なんですが・・5つも年上の役は初めてですね。 原作は「リバース」湊かなえさんの作品です。 楽しみやな・・・夜行観覧車・Nの [続きを読む]
  • 狐霊の檻 廣嶋玲子
  • 内容紹介富と権力をほしいままにする阿豪家に囚われた狐霊あぐりこ。解放され、美しい故郷の森へ帰ることをせつに願うあぐりこを助けるため、千代は命をかけて阿豪家に立ち向かう。二人は無事に逃げ出すことができるのか…。狐霊の檻 (Sunnyside Books) Amazon 「狐霊の檻」を読みました。図書館で借りれました。 人間が家の繁栄のために「神」を封じ込め、その神を助けるために一人の少女が立ち向かうそんな内容。 [続きを読む]
  • 桜めぐり
  • 昨日やっと雨が上がったので桜めぐりをしました。 桜のトンネルになってた。道路の真ん中で撮ってる人もいたわ。あぶないで・・・ 満開です。 望遠で撮ったけどまぁ写ってたな。 川に鯉・・・それも高そうな・・・ 桜の綿菓子みたいでした・・・きれいやったな・・・&n [続きを読む]
  • 3月に読んだ冊数は
  • 3月に読んだ本の冊数は本12冊+電子書籍2冊(マンガ)=14冊でした。びっくりへぇ〜そんなに読んだんだ・・・今年最高です。印象に、残った本は電子書籍で読んだマンガの「能面女子の花子さん」かな・・・おもしろいのでおすすめ。ちょっとシュールな・・・やはり江戸関係の本はおもしろい。あとは・・鵺の家著者 : 廣嶋玲子東京創元社発売日 : 2015-06-22ブクログでレビューを見る?今月の面白かった本は↑ですね。ふくちゃ [続きを読む]