Mo-Gu さん プロフィール

  •  
Mo-Guさん: 我徬徨台北的夜世界
ハンドル名Mo-Gu さん
ブログタイトル我徬徨台北的夜世界
ブログURLhttp://taiwanesegirls.doorblog.jp/
サイト紹介文台北の酒店で出逢った小姐たちやそこに生きる夜の住人たちとの心の交流の物語。
自由文私は台北で駐在生活を送り、五木の街あたりを彷徨っています。そこで私は数多くの天使達と悪魔に出逢いました。ほとんどの日本人が深くかかわることが難しいと思われる台北の夜世界の様子とエピソードの紹介が中心です。これは心優しい台妹たちを愛し、そこで出逢った人達とのかかわりや心のつながりをとても大切にしながら、これからも彷徨い続けていく私の軌跡です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/02/28 20:11

Mo-Gu さんのブログ記事

  • Take Me Out to the Ball Game(日本的職業棒球)
  • いやあ、この週末は日本プロ野球の優勝で盛り上がりました。一時はダブル同日優勝?の期待もあったのですが、福岡ソフトバンクホークスが一足先に16日・土曜日にパ・リーグ最速記録で優勝、ここ8年間で5度の優勝という強さを見せました。 女性ファンが多いことで知られるホークス。タカガールサイトもあり、ピンクのアイテムでカープ女子に対抗!女子高生デーやレディースデーなどを設けて多くの女性向けイベントも実施していま [続きを読む]
  • 奥的小道(大陸的夜世界)
  • 相変わらず、上海の夜は死んだように眠ったままです。上海の夜の実力者3名の逮捕(安全という風評のあった私人会所だったのでその余波は大きいですよね)を発端に彼らは日式のKTV(まあ、既報ですが818とかですね)なども手がけていたこともあり、ほぼすべての夜世界が今だ復活していません。9月に入ってBarなどが少しずつ開き始めましたが、営業許可の区分や公主の夜?IC卡(KTVなどで働く子は届けを出して取得したこの身分証を [続きを読む]
  • 相信自己〜我們會找到希望(2017羽毛球世??)
  • 感動した。心から感動しました。バドミントン世界選手権の決勝戦。奥原希望選手が日本人初の金メダルを獲得しました。 大陸でも放映されていて、LIVEで見ていましたが、相手はインドの長身選手のプサルラ選手でした。157cmの奥原選手と180cm近い彼女との身長差は20cm以上。どこにシャトルを打っても届くような手足の長さと強烈なスマッシュ。リオオリンピックでは準決勝で完敗、いいところなく破れていました。 奥原希望選手の [続きを読む]
  • 出川哲朗的妹妹〜Rola的流儀(我的意思)
  • 出川哲朗さんは「充電させてもらえませんか?」などの旅番組をよくやってますが、同じテレビ東京の番組で「ポンコツおじさん旅に出る」という不定期のスペシャル番組もやっています。さまぁ〜ず・三村マサカズさんとその場で行き先を決めて行き当たりばったりで旅に出るという企画ですが、この8月18日にもOAされていました。(写真:テレビ東京)この番組の前身はウッチャンナンチャンの内村光良さんがMCを務める「そうだ旅(どっ [続きを読む]
  • 你會做夢〜You may dream(我的意思)
  • 昔、"Back to the future" という大ヒットした映画がありました。もし、時代を行き来することができたら、皆さんはどの時代に行かれますか?これから先の未来へ懐かしい過去へしかし、時代を超えることができないからこそ、今を生きようとする私達がいます。デジタルな時代はもちろん便利。でもコミュニケーション・ツールが十分ではなかったFace to Faceの時代にはアナログの良さがありました。 今の若い世代の方々にはわからな [続きを読む]
  • Florida (我的意思)
  • アメリカに住んでいた頃、夏に最もよく行ったのがフロリダ。Key West から始まる Route1 をレンタカーで疾走するのが気持ちよくて、有名な Seven Mile Bridge は海の上を滑るような爽快感があります。フロリダの夏は本当に熱気があって、ここは南米か?と思うようなラテンの雰囲気が溢れています。もちろん州都のマイアミは皆さんも御存知だと思いますが、キューバー人街などもあって、ホテルのメイドさんなどはスペイン語の方がよ [続きを読む]
  • 走過夏日街頭〜我覚得「?」與「愛」是不一様(我的意思)
  • いよいよ夏の終わりも近くなりました。 ガラケーすらなかった時代。でもSNSじゃなくて Face to Face だったコミュニケーション。本日もLINEでこのお盆休みにベトナムに行かれたSinさんから連絡が届き、現地の写真や様子を伝えてくれました。本当にブログという糸口から多くの方との新たな出会いがあり、つながりをもつことができるのは嬉しい限りです。「お盆休みはベトナムのホーチミンとフーコック島に行って来ました。スポーツ [続きを読む]
  • 失業了(大陸的夜世界)
  • 大陸の「寛政の改革」が止まりません。従って、現在、多くの関連業種の人が失業あるいは収入が激減しているとのこと。客服はもちろん、働いていた公主DJや技師、清掃や片付け、調理などの阿姨さん(おばさん)、酒販や飲料納入業者、消耗品などの関連業者は多岐にのぼります。さらには周辺地域の来客がなくなったことによる餐?や超級市場はガラーンとしています。大陸の場合は「自分たちさえ良ければ人のことは考えていない」とい [続きを読む]
  • 共享単車 Vol.2〜電動自行車(世界情勢)
  • 大陸を中心とした共享??の現状は前記事でお伝えした通りですが、僕が今、最も利用するのが共享??自行?(シェア電動自転車)です。最近は雨の日以外はバスやタクシーにほぼ乗りません。世界のコンプライアンス化が進み、マナーも向上してきていますが、大陸ではまだ公共機関やタクシーのサービスは日本のようにしっかりしていません。まず、バスですが時刻表は基本的にありません。始発と最終の時刻が書いてあり、何分間隔で来 [続きを読む]
  • 共享単車 Vol.1〜Mobike ofo Xiaoming(世界情勢)
  • 大陸で2016年の初頭あたりから、急激に普及し始めたのが共享??(共享單車:繁字体)です。上海市内では「最后1公里(最後の1km)」問題というのが以前からあり、地?站(地下鉄の駅)から自宅や勤務地までの1〜2kmの交通を何とかしようとする動きは以前からありました。現在はすっかり普及したmobike(摩拜??)とofo(小黄?)ですが、それ以外のXiaoming(小???)を始めとする共享??も次々と参入し、とても便 [続きを読む]
  • Part-time Lover(泰国的夜世界)
  • 夏に入ってから、新カテゴリーの「特派員Report」をこのところ、お伝えしてきました。このブログは台湾を中心にした僕の世界各国での体験を元に綴っていますが、当然、それだけでは成り立たちません。今回の台湾南部やタイの現状についてなど「現地社会に対する温かい視点」をもったReportを送ってくれる方々、夜社会の黒子とも言える幹部や経紀人、客服などのこのブログへの理解をしていただいている方々によるところが大きいです [続きを読む]
  • Like a Vergin & We look for Diamond (特派員Report~泰国的夜世界)
  • いつものパタヤを感じて深い眠りについた後は、少し遅い朝を迎えてまずは Breakfast 。今日は天気がとてもいい。僕らがとるホテルはいつも Beach Road のOcean View 。やっぱり南の海風を感じていたいじゃないですか。カーテンを開ければ海。少なくとも気分は大切にしたいですよね。Kさんから早速「夏を感じる」PATTAYAの動画と写真が送られてきました。8月の風を 両手で抱きしめたら イマジネーション 飛び立つのサヴァンナへ輝 [続きを読む]
  • Material girl (特派員Report〜泰国的夜世界)
  • 8月中旬、タイの特派員Kさんが友人とパタヤに行かれて、今の "Crazy Town" の様子を伝えてくれました。バンコクから当然、バスで出発。わずか110バーツ(現在の為替相場:350円ぐらい)ほどです。日本からの皆さんは普通、タクシーで行かれることが多いようですが、パタヤまでのバスはとても快適です。僕らは無駄な経費は削るのは基本中の基本ですから、安全とある程度の快適さが確保されれば当然ながらバスをチョイスということ [続きを読む]
  • Dance! Dance! Dance!(泰国的夜世界)
  • 特派員のKさんが今日11日にパタヤに到着、早速、彷徨っているようでいろいろな報告がLINEで届きます。夏休みということもあって、泰国夜世界の特集をもう少し続けたいと思います。タイというと日本人の場合はタニヤのカラオケかクラブ、MP関連、GOGOというのが三本柱ですが、非常にローカルな小箱のローカルなKTVやDJクラブ、それと大規模なDJクラブやLIVEがあり、非常にエネルギッシュな雰囲気が満ち溢れています。僕は当時、よく [続きを読む]
  • ”You are so stupid" but "You are so excellent and the best person!"(我的意思)
  • 河北麻友子さんが自身のInstagramにイッテQのオフショット写真をアップして話題になっています。「いろいろ厳しい事は言うけど、本当にてッちゃんが心からだーいすきなんだー」 河北麻友子、出川哲朗が「心からだーいすきなんだー」 “てっちゃんお嬢”ツーショットに「最高」の声(写真:Mayuko Kawakita Instagram)このブログでこのところ、プロフェッショナルな笑いの仕事師・出川哲朗さんと出川ガールの河北麻友子さんなど [続きを読む]
  • ?????〜PATTAYA(特派員Report〜泰国的夜世界)
  • バンコクのGOGOでコヨーテの導入が進み、多くの店が小奇麗になってきており、摘発が仮にあったとしてもすでにほぼ健全化?されてきていることは前回、お伝えしました。では、パタヤの今はどうなんでしょうか?パタヤにはいろいろな選択肢があって、ソイ3やソイ7・8あたりのバービア(Beer Bar Complex)でゆったりとすることもできるし、海岸でちょっとしたバカンス気分を味わうこともできます。海岸沿いには危ない感じのフリー [続きを読む]
  • Standardized a Go-Go bar in BangKok(特派員Report〜泰国的夜世界)
  • バンコクでGOGOと言えば、パッポン、ナナ、ソイカ、スティサンになります。しかし、タイのGOGOもここ数年で随分、変化が出てきたようで、Kさんからも最近の状況の報告をいただきました。 ソイカ、パッポン、ナナ、2017。いつもながらのバンコク。でも少しずつ変化が・・・・。  台湾のニュースでレポされているタイのGOGOの紹介。日本からの観光客の話題も・・・・。 タイの政治状況は目まぐるしく変化していますが、世界の [続きを読む]
  • 溝通能力〜出川&河北的流儀(我的意思)
  • 約半年ぶりになるお嬢こと河北麻友子さんが出川ガールで登場。このところの河北さんのスキャンダルもあってコメントなどの反応はどうかな?と思っていましたが、やはり出川ガール=河北麻友子と思っている人は多いですね。河北さんのInstagramの放送直前直後の3枚の写真にも「いいね」が放送後にあっという間に合わせ23万アクセス越え。他の河北さんの写真の「いいね」とは格段の差でいかに河北さんの出川ガールに人気があるかわ [続きを読む]
  • Compliance(特派員Report~泰国的夜世界)
  • 世界的なコンプライアンスが進んでおり、ここ数年で台湾・大陸、そして泰国夜世界の在り方も大きく変わりました。タイ駐在のKさんは特派員としては格段の眼力がある方で、僕がタイにいた頃から変わってきている「今のタイ」をよくご報告いただきます。昨年6月のナタリーの摘発から始まったMPをはじめとする広い範囲での摘発は断続的に続いているようで、タイ警察や軍も一過性ではなく、どうやら本腰を長期的に入れているようです [続きを読む]
  • 癡情玫瑰花 Vol.2(特派員Report~高雄的夜世界)
  • 高雄の夏。夜は蒸し暑さと熱気もあり、そんな夜は制服酒店で小姐ともども涼しい格好(意味がわかりますか?)で冷たい啤酒を飲みたくなりますね。この初夏に台湾の台北⇒高雄と実地踏査に行かれたDさんからのReportを交えて、今の高雄の夜の実情を紹介していきたいと思います。 ドメスティック台湾・高雄! まずは東方藝術團の癡情玫瑰花でオープニング。  初夏の高雄から「癡情玫瑰花」。雑貨店オープニングイベントでの歐? [続きを読む]
  • 熱的夏天風〜港都(休息一些)
  • さて墾丁や東港・小琉球から戻ったら高雄でゆっくりとというのが基本。高雄は台北とは雰囲気が違っていて、南国の趣きが強く、聞こえてくる言葉も台語や客家語、北京語の南部なまりとなかなか多彩で、コミュニケーションの感覚も台北や台中とは違います。高雄の下町は台北とはまた違った趣があります。高雄にある懐かしい風景~鹽埕埔站また、待ちゆく人も老街あたりでは上半身裸のおじさんとかも普通にいるし、基本的に女の子は露 [続きを読む]
  • 必玩 陽光大海&陽光沙灘(休息一些)
  • いよいよ8月が始まり、本格的な夏が到来しました。ここからお盆時期が終わる8月20日ぐらいまでが日本人にとっては一番の夏という感じですね。台湾の夏も今が最盛期を迎えています。台湾南部の旅というと早朝に台北を台灣高鐵で出発⇒高雄の左營⇒屏東と小琉球(1泊)か墾丁(1泊か2泊)⇒高雄に午後から夕方戻る⇒旗津島⇒瑞豊夜市(ローカル色強くオススメ)か六合夜市(万人好みですね)⇒制服酒店か禮服店で夜中までまった [続きを読む]
  • 癡情玫瑰花 Vol.1(特派員Report~高雄的夜世界)
  • 台湾にはいい曲がいっぱいありますが、ちょっと前の2016年の冬になりますが、近年の一番の大ヒットというとUnder Lover ft 玖壹壹 /春風の「痴情玫瑰花」でしょう。今でも結婚披露宴や棒球の啦啦隊の跳舞、宮や廟の祭礼時における嫩妹の跳舞などでずっと歌い継がれています。「痴情」というと日本語では何やらスケベな印象がある言葉ですが、中国語では「ひたむきな」とか「一途な」という意味です。「玫瑰」は何度もブログで紹介 [続きを読む]