廣田リカ さん プロフィール

  •  
廣田リカさん: インテリアとカラーの豆知識
ハンドル名廣田リカ さん
ブログタイトルインテリアとカラーの豆知識
ブログURLhttps://www.color-house.jp/blog
サイト紹介文インテリアとカラーの雑学を紹介しています
自由文廣田リカ

兵庫県神戸市生まれ。 宝塚市在住
色彩心理を活かした住空間をプロデュースするインテリアプランナー。
心身の健康を考えた『7色の家』の企画と施工、また、他社では見られないユニークな住空間提案方法「色彩心理診断」を用いて「本当に癒される空間」のプロデュースを得意とする。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/02/29 14:27

廣田リカ さんのブログ記事

  • 暑さを遮るには遮熱カーテンよりもシェードがいい
  • 部屋内の暑さ対策に、「遮熱カーテン」は効果があるのでしょうか… 全くないわけではないですが、部屋外で日差しを遮るほうが効果は高そうです。 窓辺に遮熱カーテンを用いて、太陽熱の侵入を妨げたとしてもカーテン生地自体が熱を持って室内側へ熱を放出するので、結局お部屋は暑くなります。 何の機能も持たないカーテンよりは効果があるようですが、カーテンを使って遮熱するよりオススメの遮熱インテリアがあります。 ご提案し [続きを読む]
  • 天井高を心理的かつ少しおしゃれに高く見せる方法
  • 昔の家の天井と比べて、 “空間の無駄を少なくしよう” とする考えから、現代の住宅天井は低くなりました。 マンションなどは、構造上、部屋の中に梁が出ていることは珍しいことではなく、それがさらに圧迫感を感じさせています。 天井高があることによって、空間を広く見せることができたり心理的にも開放感を感じて気持ちにゆとりを持つこともできるので、できることなら天井の高さはあったほうがいいですよね。 成長期のお子様 [続きを読む]
  • 桐のタンスは衣類保管の優れもの
  • 主流となってしまった衣類のクローゼット収納。 住居を新しく購入しようとすると、必ずクローゼットが備え付けですよね。 衣類の保管のことを考えると、本当にクローゼット収納が良いのか疑わしいです。 日本はとても湿度の高い国です。 その湿度から衣類を守るには、クローゼット収納では難しいのです。 昔のタンスは「桐」で製作されています。 桐は調湿機能がある優れもの! 保管する衣類は、この桐によって高湿度から守られて [続きを読む]
  • 「朱赤」には魔物を寄せ付けない効力があるようです
  • 「朱色」は、「基本色は赤」ですが「少し黄みを帯びた橙寄りの赤色」をしています。 神社で見られる鳥居の色や、印鑑を使う時の朱肉の色がその色です。 なぜ、鳥居や朱肉は「朱色」が使われるのでしょうか… 「朱色」は、古代から神社仏閣に多く用いられているのを見かけますが、それは「魔物に対抗できる色」と考えられていたからだと言われています。 「朱色」の原材料は水銀で、日本では昔「朱」・「丹(赤土という意味)」と呼 [続きを読む]
  • 空はなぜ「青色」なのでしょう!?
  • 無色透明に見える太陽の光には、大きく分けると紫・藍・青・緑・黄・橙・赤の7色が含まれています。 「七色の虹」と同じです。 この7色が合わさると、白色光と呼ばれる太陽光となります。 「物」の色の見え方は、その「物」がどの色の光を「反射」するか「吸収」するかで決まります。 例えば、赤いリンゴは赤の光を「反射」して赤く見えていて、他の6色は「吸収」されています。 すべての色光を「反射」すると白く、すべての色光を [続きを読む]
  • 愛犬と暮らすためのフローリング選び
  • 愛犬と共に暮らすには、工夫が必要です。特に注意したいのが床選び! 股関節脱臼などケガの原因になるので、先ずは防滑タイプが必須です。 中でもフローリングは、色々な防滑タイプが出ているので、本当に滑らないのかどうかサンプル品をチェックしてよく調べてみましょう。 そして、フローリングは強敵アンモニアにも要注意です! 水に強いとされているフローリングでも、アンモニアについては例外です。 キレイに掃除しても、粗 [続きを読む]
  • 昆虫は人間には見えない「紫外線」が見えています
  • そもそも昆虫は、私たち人間のことが見えてるのでしょうか…? 昆虫の可視範囲は、人間と違って紫外線の領域まで見えているようです。 もちろん私たちの存在も見えているはずです。 紫外線の範囲まで見えるということは、彼らが見る景色は、全体的に青っぽく見えているといこと。 私たちは全身青っぽーく見えているようです…。 顔には青色が重なり、かなーーり怖い顔に見えてると思うけど… 気持ち聞いてみたいですね(笑) [続きを読む]
  • カスタネットの配色 何故赤と青なのでしょうか
  • 日本の小学校で、教育用の楽器として普及したカスタネット。 決まって赤と青の2色配色ですよねー(^^) 何故赤と青なのでしょうか… 昔から、「男子は青色・女子は赤色」という概念がありますよね。 今でも、例えば出産祝いを用意するときなど 男の子なら青系のもの・女の子なら赤系のもの・どちらでも使ってもらえるように黄色 など、性別で色分けをします。 実は、カスタネットも色分けして「男子用・女子用」と区別したかったらし [続きを読む]
  • Men’s日傘は無地かストライプ、ペイズリーもおすすめ
  • 街中で、日傘をさす方をちらほら見かけるようになりましたね〜 暖かくなると、紫外線が気になり始めます。 最近では、男性用日傘も売れているとか…。でも実際さしてる方を見かけたことがありません。 日傘=女性のアイテム というイメージが強いので、男性はやはり周りの目が気になるのでしょうか…。 「面倒臭い」も大きな理由でしょうね〜(笑) 昨今の夏の暑さの中では、熱中症や日射病を避けるためにも、男性の日傘はありだと [続きを読む]
  • 「肌色」や「空色」は実際の色より鮮やかに記憶しています
  • 「記憶色」という言葉をご存知ですか? 「記憶色」とは、人がある対象物に「イメージ」として記憶している色のことです。 実際の色とは違って記憶している場合があって、その場合「鮮やかな傾向色」に記憶してしまうのです。 アニメに登場する女の子の肌は、決まって色白で頬がピンクに描かれていますよね( ^ω^ ) 桜の花を色塗りしてもらったら、桃の花ほどの鮮やかなピンクに仕上がってきます。 このように、肌の色や桜の色、空 [続きを読む]
  • キッチンコンロ周りで気をつけたいインテリア
  • キッチンのコンロ周りは、調味料入れなど小物が多く色が煩雑になりがちです。 色が煩雑になると、見た目にうるさくてきれいに並べてあったとしても「片付いていない感」を感じさせます。 なので、小物類は「動線を考えた場所」にしまい込んで、煩雑な色を消してしまいましょう。 頻繁に使うものだからとキッチンの天板に並べてしまうと、常に散らかっているように感じるほかほこりや油などで容器も汚れてしまいます。 コンロの前壁 [続きを読む]
  • 関西人の「派手」は関西の文化!
  • 関西人は派手好み?   もちろん全ての方がそうではありませんが、関東のファッションと比べると…(゜-゜)そうなのでしょう(笑) 「関西のおばちゃん」 が、面白おかしく取り上げられることが多いですが、彼女たちの服装を見ていると ●ビビッドカラーを好み ●きらきらのアクセサリー身につけ ●そしてアニマル柄の洋服 のような間違いなく派手なスタイルで、その辺りが面白おかしく言われるポイントのような気がします。 はい [続きを読む]
  • ガスコンロ vs IH
  • プライベートでは、ガスからIHにかえて今はまたガスに戻しています。 理由は 「ガスの方が使いやすくて美味しくできるから」 と、いたってシンプルです(^^) 火力調整はガスのほうがしやすいと感じます。 IHは見た目で火力がわからないので、使い慣れるまで火力調整が難しかったように思います。 卵料理が大好き?なのですが、特にフワトロ卵はガスの方がうまく作れますし、卵焼きなどフライパンを傾けながら料理する場合は断然ガ [続きを読む]
  • 食卓テーブルを丸型にしようかと悩んでいる方へ
  • 日本の住宅やインテリアは、直線と四角で構成されていることが多いですよね。 そんな中に、丸みのある曲線の家具を置くとインテリアが個性的になりオシャレ感がアップしますよ。 シャープさの中にやさしい雰囲気をもたらします。 特に食卓テーブルは大きな家具なので存在感も有り、丸みを帯びた形は住人の気持ちを和やかにしてくれるのではないでしょうか。 また、丸テーブルは座っている人全員の顔が見渡せて会話がしやすいという [続きを読む]
  • 暗くて狭い洗面所を明るくおしゃれ空間に変身させるポイント
  • お宅の洗面所の空間に満足されていますか。 狭くて暗いのがほとんどですね。 「もっとおしゃれな空間にならないかなぁ」とお考えの方に簡単におしゃれな洗面所に変身させるコツをご紹介しましょう。 洗面所は基本狭いスペースなので 大きなインテリアやスペースを活用したコーディネートをすることはできません。 そこで提案は「インテリアの色を統一させる」ことを心がけてください。 簡単におしゃれに変身させる手順は… ・壁紙 [続きを読む]
  • 「青春」…なぜ青い春なんでしょう?
  • 中国には「陰陽五行思想」といって、古くから伝わる思想があります。 「陰陽五行思想」は、「陰陽思想」と「五行思想」を組み合わせた思想です。 後者の「五行思想」に、「年の若い世代」という意味でつかわれる「青春」の、語源・由来が隠されています。 そもそも「五行思想」とは 「木→火→土→金→水の順で影響をもたらし、万物はこの五つの要素で成り立つ」 とされる思想です。 「木は燃えて火になり、火が燃えた後は灰となっ [続きを読む]
  • 運命の「赤い糸」で繋がった人は必ずいます?
  • 何故 「運命の赤い糸」は「赤」なんでしょう… 色々な説があるそうですが、その中から1つご紹介しましょう。 中国の伝説です…。 縁談に失敗し続けている韋固という青年がいました。 そんな時、月光の下で不思議な老人と出会います。 聞くと、その老人は、 「冥界で婚姻が決まると赤い縄を持って現生に現れ、男女の足首を赤い縄で結ぶ」 と韋固に教えました。さらにそうすることで、 「どんな境遇であろうと必ず二人は結ばれる」 [続きを読む]
  • 日本人に「黒色」は似合わない!?
  • 黒色の洋服好きですか? ほとんどの方が1〜2枚黒い洋服を持っておられると思います。 おしゃれに着こなせてますか?(笑) 「はい!」という方には申し訳ありませんが、私、「日本人に黒は似合わない」と思っています。スミマセン…(つд⊂)エーン 白人は肌が透けるように白いし、黒人は茶褐色の肌に濡れたような瞳がキラッと素敵です。 そしてどちらの人種も目鼻立ちがハッキリしてメリハリがありますよね。 このように、コントラスト [続きを読む]
  • 高い声を何故「黄色い声」と呼ぶのでしょうか
  • 色々説はあるようですが、そのうちの1つをお伝えしましょう。 絶対音感を持つ人が救急車のサイレンさえも「音符」に変えれるように、音によって「色」を見極める才能を持つ人がいるのです〜(^^) 心理学者はこのような人たちのことを「色聴所有者」と呼んでいます。 このように視覚や聴覚などの五感だけでなく、異なる種類の感覚をもつ特殊な能力のことを「共感覚」と呼びます。 この「共感覚」を持つ方々に甲高い声を聞かせると、 [続きを読む]
  • 「好きな色」が「似合う色」とは限りません
  • 服を買うときは「好きな色」を選びがち。 でも、服選びをするときは、「好きな色」より「似合う色」を優先させた方がいいんです(^w^) 「似合う色」は、肌の色を構成する ・カロチン ・メラニン ・ヘモグロビン の割合によって肌色を分析することの他、目や髪の色で決定されます。 これが「パーソナルカラー」と言われるものです。 似合わない色を合わせると、 ・肌の色がくすみます ・目の輝きがなくなります ・びっくりするくらい [続きを読む]