エスパ さん プロフィール

  •  
エスパさん: いつもオレンジ気分で(改)
ハンドル名エスパ さん
ブログタイトルいつもオレンジ気分で(改)
ブログURLhttp://spa-consul.com/spa-brog/
サイト紹介文清水エスパルスに関するブログもこちらで書くようにします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2012/02/29 15:26

エスパ さんのブログ記事

  • 惨敗 そして生き残りを賭けた戦いへ
  • 天皇杯四回戦 2017年9月20日(水)19:03KO 等々力DATA川崎清水FK146CK76PK00シュート1611警告/退場0/01/0録画もまだ見ていないので細かいことは言わないけれど、TLに流れてくる情報や試合後の更新されたいろいろな方のブログを拝見する限り、「惨敗」。この一言に尽きるかと。。。中2日で迎えるホームでの広島戦。辛うじて順位は清水が上だが最近の試合を見ていると明らかに広島の方が調子を上げてきている。もう、四の [続きを読む]
  • 天皇杯四回戦 V.S.川崎 〜意味あるゲームにできるか〜
  • 土曜日の完敗から中3日で同じ川崎と今度はアウェーで戦うエスパルス。残量争いが現実的になってきた中で、この試合を意味のあるゲームにできるかどうか。この試合の目的をどこに置くか勝ちに行くのか、リーグ戦を見据えた試合にするのか残留争いが現実的になった今、本気で勝ちに行く試合には持って生きにくいというのが本音。であれば、この試合を如何に週末のリーグ戦に向けて意味のある試合にできるかどうか。これがすべて。う [続きを読む]
  • これが現実
  • 第25節 2017年9月16日(土)18:03KO アイスタDATA清水川崎FK1513CK76PK00シュート612警告/退場1/00/0これで目が覚めた。今のエスパルスの現実はJ1に残留することを目標にするチームであること。一度J2に落ちたチーム。その前も優勝争いをできるわけではなく、なんとかJ1中位に位置していたがチームの進む方向が定まらずJ2に降格した。J2に降格してJ2で圧倒的な強さを発揮して優勝してJ1に復帰しそこで3冠 [続きを読む]
  • 上を目指せるか下と争うか 〜9/16川崎戦レビュー〜
  • 甲府との試合に勝ってなんとか残留争いから半歩抜けだした感のある状態で迎えるホーム川崎戦。目標とする9位の鳥栖は勝ち点差6の34。降格圏の16位広島は勝ち点差8の20。この川崎戦の結果次第で現実として9位を目指すか残留争いをするかの分岐点となる。そんな川崎は水曜日にACL準々決勝で浦和にまさかの逆転負け。先制して圧倒的に有利な試合をひっくり返されての逆転負けで、ACL準決勝進出を逃している。この悔し [続きを読む]
  • 最低限のノルマ
  • 第25節 2017年9月9日(土)18:06KO 中銀スタDATA甲府清水FK1515CK81PK00シュート165警告/退場1/03/0スタッツを見てわかる通り負けてもおかしくない試合だった。絶対に負けられない残留を争うチームとの対戦で勝利を手繰り寄せたのは、競り合いの中で頭をぶつけながらも感覚でボールをゴール前にヒールで送ったデュークとボールが出てくることを信じてしっかり準備をして胸トラップ一発で相手を抜き去ってシュートを決めた [続きを読む]
  • 正念場 〜9/9 アウェー甲府戦レビュー〜
  • 明日の甲府戦。そして川崎戦を挟んで広島、大宮と続く残留争いの直接対決。この4試合での最低ノルマは勝ち点9。つまり下位3チームには全勝してあわよくば川崎から勝ち点を拾ってJ1残留へ大きく前進したい。そのためにも、まずは明日の甲府戦が大事な試合になる。過去の戦績から見れば圧倒的に有利とはいえ、リンスを加えた甲府のブラジル人には要注意だ。アウェーでの試合ではあるけど、まずは先制点を取って試合を有利に進め [続きを読む]
  • 力の差〜VS浦和 レビュー〜
  • 第24節 2017年8月27日(日)18:03KO アイスタDATA清水浦和FK917CK13PK00シュート612警告/退場4/00/0 これが今の実力としか言いようがない。上位陣との試合が続いた8月の試合で1勝3敗。鹿島・柏に関しては完敗。昨日の浦和戦は水曜日にACLを戦った浦和に対して逆転負け。完全に走り負けていた。真夏に中3日でアウェーで戦う浦和に対してアドバンテージを全然感じられない試合だった。上位陣との対戦で感じられたの [続きを読む]
  • 試金石 8/27 対浦和 レビュー
  • 10年ぶりに日本平で行われる浦和戦。日本平ではセクター分離も行われ、警備員も増員されるという厳戒態勢下での試合となる。普段の試合であれば試合前はホーム・ビジターのサポーターがスタグル目当てにホームアウェー関係なく入り乱れて舌鼓をうつ姿がアイスタでの恒例の景色となっているが、今回はとにかく滞りなく試合が終わることを祈るばかりだ。そんな浦和戦で、小林監督は今までの布陣からより攻撃的な布陣への変更を示唆 [続きを読む]
  • 鹿島戦 何も出来ずに完敗
  • 第23節 2017年8月19日(土)18:33KO カシスタDATA鹿島清水FK117CK13PK00シュート104警告/退場0/03/0素人目に見ても完敗です。鹿島はボールを持つと複数の選手が動き、複数のパスコースを作りパスを出す。パスを出した選手も動き始める。だから清水の選手は相手を捕まえきれずに簡単に剥がされる。逆に清水の選手をボールを持つとまずパスを出す先を探す。受ける選手も止まってパスを受けようとする。だから簡単に相手にパ [続きを読む]
  • 再び首位叩きなるか 〜8/19鹿島戦レビュー〜
  • ホーム柏戦の完敗から中5日でアウェー鹿島戦。C大阪に続いて首位叩きなるか。残留争い組から抜け出すためにも、ここで鹿島を叩いて勝ち点を積み上げたいところ。前回の対戦では2点を先制しながらも、残り15分で3点を取られてホームで逆転負け。今回のアウェーでの試合をどう進めるか。まずは前半に失点しないことが一番のミッションになる。得点できるかどうかは試合展開次第だと思うが、0対0でも問題ない。セットした時の [続きを読む]
  • 監督交代
  • 2017シーズン中の監督交代球団日付就任解任/辞任神戸2017.8.16吉田孝行(代行)ネルシーニョ浦和2017.7.30堀孝史ミハイロ・ペドロヴィッチ広島2017.7.4ヤン・ヨンソン横内照展(代行)広島2017.5.31横内照展(代行)森保一鹿島2017.5.31大岩剛石井正忠大宮2017.5.28伊藤彰渋谷洋樹新潟2017.5.15呂比須ワグナー片淵浩一郎(代行)新潟2017.5.7片淵浩一郎(代行)三浦文丈神戸のネルシーニョ監督の解任が発表された。ポドルスキーや [続きを読む]
  • 夏の補強第二弾
  • 増田誓志に続いて、補強の第二弾が発表された。清水航平選手(サンフレッチェ広島) 期限付き移籍にて加入決定のお知らせ広島でのポジションは主に左WB。広島は3バックを採用しているので清水でいうと左SBの位置。背番号も2番ということで松原と競わせるのか、それとも白崎やデュークと同じ左SHで使うのか。清水航平 2017 選手データ プレースタイルでみると、守備面での課題がありそう。身長もそれほど高くないのでハイボ [続きを読む]
  • 終盤戦に向けて守備の再構築が急務
  • 第18節 2017年8月13日(日)18:03KO アイスタDATA清水柏FK1214CK55PK00シュート1111警告/退場0/00/0スタッツだけ見れば互角の戦いだった昨日の柏戦。結果は1対4の完敗。前半終了間際に伊東純也に柏陣内からドリブルで独走を許し先制されてしまう。前半を0対0で凌いでいればまだ後半のゲーム運びも変わってきていただろうが、これでゲームプランが崩れ、どうしても前掛かりに行かざるを得ず、そこをDFラインの裏に正 [続きを読む]
  • 首位撃破の勢いを継続できるか〜8/13柏戦レビュー〜
  • 2点を先制されながらも逆転で勝利を収めたセレッソ戦。この勢いを柏戦に継続できるか。改善すべきはセットプレーからの失点。開幕直後はセットプレーからの失点が多くなかなか波に乗れない状態が続いていたが、そこを改善して徐々に調子を上げてきてはいたが、またここへ来てセットプレーでの失点が目立つようになってきた。小林監督も言っているように、2点取られると逆転するには相当のエネルギーを要することになり、かなりの [続きを読む]
  • 本当に久し振りの逆転勝利
  • 第21節 2017年8月9日(水)19:03KO アイスタDATA清水C大阪FK1216CK46PK10シュート109警告/退場2/00/0いつ以来だろうか。逆転勝利の味は暫く忘れていた。しかも前節横浜戦同様に前半で2点を決められ、連戦の中での後半に2点を追いかける状況に。それでも横浜戦では後半に何とか追いつきアウェーで貴重な勝ち点1を取って帰ることができたが、やはり2点を追いかけるというのは首位のチーム相手に相当厳しいだろうと感じ [続きを読む]
  • 非常事態のドSシリーズ
  • 鳥栖戦での敗戦を受けて、今日は既に現在首位のC大阪をホームに迎えての連戦。しかも2種登録の滝・平墳を加えてようやくベンチメンバー18人が揃うという非常事態。怪我人が多すぎるのは本人の自覚の問題なのかチームのマネジメントの問題なのか、もう一度立ち止まってしっかり検証する必要があると思う。テセの怪我についても前日練習では違和感を感じながらもフルメニューをこなしていたという。キャプテンとしての責任感から [続きを読む]
  • キャプテンの不在
  • 第20節 2017年8月5日(土)19:03KO ベアスタDATA鳥栖清水FK2320CK27PK00シュート810警告/退場2/02/0 昨日の試合はセットプレーというか守備時の一瞬のスキというかフリーの選手を作ってしまう悪い癖が出たというか、もったいない失点だったと思う。ただし、その後、いい攻撃は出来ていたし早い段階で追いついていれば勝ち点を取れる試合だったからもったいない。レビューでも書いたけど、キーポイントになると思っていた [続きを読む]
  • 第20節 アウェー鳥栖戦プレビュー
  • 久し振りにプレビュー記事を書いてみる。最近、AIによるサッカー戦況予測サービスがリリースされた。とりあえず3試合まではシミュレーションが無料なので使ってみた。サイトはこちら。興味のある方は是非どうぞ。結果は下の通り2対1でエスパルスの負け。ただしこれを見てもわかるように非常に微妙な予想。どちらにもひっくり返りそうな得点分布になっている。シミュレーションを実行してみると、前半の立ち上がりと後半終了間 [続きを読む]
  • ご無沙汰してます
  • かなりご無沙してます。更新を休んでいる間にエスパルスはJ1自動昇格を勝ち取り、今年は戦いの舞台をJ1に移し、J1残留を目指して苦しみながらも戦い続けています。昨日の大雨の中のアウェー横浜戦をDAZNで観戦しながら、そろそろ更新を再開しようかと思った次第です。(DAZNはクルクルの多発とクルクルも発生しないで画面が表示されなかったりと散々な結果のためTL上で先に経過を知りあとからDAZNで映像を確認する始末)来週 [続きを読む]
  • エースを欠いた試合で結果をみせた
  • 第18節 2016年6月12日(日)13:04KO アイスタDATA清水横浜FCFK99CK29PK00シュート76警告/退場0/00/0清水 3 VS 0 横浜FC37分 枝村匠馬76分 村田和哉90分 村田和哉エースでキャプテンの元紀の怪我による長期離脱を受けて中3日での横浜FC戦。先制はしたものの、相手に押し込まれる場面も多くセットプレーから何度もピンチを招くが75分に交代で入った村田がいきなり結果を出して追加点を奪うと、終了間際にもカウ [続きを読む]
  • 大量得点を「RESTART」のきっかけにしたい
  • 第13節 2016年5月28日(土)14:04KO アイスタDATA清水群馬FK135CK65PK00シュート197警告/退場0/01/0大量得点で勝って得失点差は伸ばしたものの得られる勝ち点はあくまでも「3」。この勝利をきっかけにして、上昇気流に乗れるかどうか。次節から中3日中4日で続く水戸・町田・横浜と続く3連戦。いまの状況では上位に食い込むためにも3連勝が必要だろう。攻撃陣に対するプレッシャーは一段ときつくなるのは間違いない。 [続きを読む]
  • J2リーグ 第13節ホーム徳島戦
  • 第13節 2016年5月15日(日)15:04KO アイスタDATA清水徳島FK1112CK85PK00シュート1212警告/退場0/00/0公式スタッツではシュート数は同じ12本。コーナーキックに至っては徳島5本に対して清水8本。しかし枠内シュート数は清水はわずか2本。決定的なシュートも徳島のほうが上回っていたし、数多くあるコーナーキックも活かせず。右サイドの村田・川口のコンビも研究されて武器にならず。中盤はセカンドボールを相手に拾 [続きを読む]
  • ホーム初勝利後のアウェー初敗戦
  • 第11節 2016年5月3日(火)15:04KO 西京極DATA京都清水FK1014CK314PK00シュート710警告/退場1/00/0CKを相手の3倍も獲得しながら得点に結びつけられず。シュートも相手より多く放ちながらもアディッショナルタイムの航也の1点のみ。被シュート数はリーグトップでも、そのシュートが決定的なものになれば相手にとっては問題のないこと。録画を見直して確認できたことは、京都の監督が選手に伝えていた一言が今後のエスパ [続きを読む]
  • 11か月ぶりのホーム勝利
  • 第10節 2016年4月29日(金)17:04KO アイスタDATA清水金沢FK1316CK40PK00シュート144警告/退場0/02/0 去年の5月30日に川崎を相手に5対2で勝利して以来、ホームでの勝利から遠ざかっているエスパルス。そして今シーズンいまだ勝ち星のない金沢との試合。予想通り金沢は5−3−2の守備に重点をおいた布陣を敷いてきた。それでもJ2得点ランキングトップタイの元紀が躍動する。右サイドの川口からのクロスに元 [続きを読む]
  • 内定1号そしてホーム勝利へ
  • いきなりの吉報が飛び込んできた。飯田貴敬選手(専修大)来季新加入内定のお知らせ鎌田の怪我で本職の右SBは川口のみ。川口を新潟からレンタルで獲得していなかったらと思うとぞっとするような状況だっただけに、有望な本職の右SBの選手を獲得できたことは非常に嬉しいニュース。過去の例を見ると特別強化指定にしてその後に契約という流れだったけど、強化指定したからといって獲得が保証されることはないわけで、現在のカテゴ [続きを読む]