夢原銀河 さん プロフィール

  •  
夢原銀河さん: 美少女夢世界
ハンドル名夢原銀河 さん
ブログタイトル美少女夢世界
ブログURLhttp://www.yumeharaginga.com/
サイト紹介文創作アダルトライトノベル連載中です。 18禁。ハーレム・口淫メイン。
自由文妄想を忘れたくなくて書き留めていったものがエロラノベっぽくなりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2012/03/01 12:51

夢原銀河 さんのブログ記事

  • 【定期更新日記】今後の予定が
  • ☆ みんなのお口で装備ガチャ 【射精ガチャ〜魔法アイテム具現化ハーレム〜 2】射精ガチャの物語、二回目です。装備を揃えるために、みんなにお口でしてもらいます。夏のコミケ、コミティアと終わりました。来て下さった方々、ありがとうございました。本当に本が多くなってきたので、展示のやり方も考えねば。小説関係だけでも、色々とやりたいことが多くなってきました。整理のために列挙。1:現在の物語を書き進める2:コ [続きを読む]
  • 【定期更新日記】新しい物語はダンジョンから
  • ☆ 封印の淫術師 【射精ガチャ〜魔法アイテム具現化ハーレム〜 1】新しい物語が始まりました。【射精ガチャ〜魔法アイテム具現化ハーレム〜】です。ソシャゲのガチャアイテムをイメージした訳ですが、主人公本人は提供する側です。この物語はかなり先まで書いてあります。でもヒロインたちの影がちょっと薄くなってるので、活躍させる方向で書き直してみたいです。もうすぐコミティアです。日曜日です。メニューは夏コミと同じ [続きを読む]
  • 【定期更新日記】次の物語は
  • ☆ 僕たちのハーレムの始まり 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 9】【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯】この物語は、これで終わりです。ありがとうございました。物語的には、前回で終わらせても良かったようです。でも、いきなり切れるのも何なので。コミケが終わりました。来てくださった方、ありがとうございます。そしてすぐ、コミティアです。またビッグサイトです。さて、次回からはまた新しい物語 [続きを読む]
  • ☆ 僕たちのハーレムの始まり 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 9】
  •  僕はやっと出来たハーレムが嬉しくて、ちょっとやりすぎたりもして。一人八時間ずつ咥えさせるのは、ちょっとやりすぎでした。かなり待たせてしまうことにもなるし。 適度の良さ、大切さ。やっと実感として解って。 今の僕たちなりに丁度良い愛戯を目指そう。もっとレベルアップすれば、凄いことも愉しめるかもしれないけど。ゆっくり歩いて、気がついたらそこに居る、それくらいが丁度良いのだろう。 それからは、ある意味あ [続きを読む]
  • 【定期更新日記】終わりそうな物語、次は
  • ☆ ハーレムでやりすぎる彼 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 8】覇夜斗がハーレムを愉しんでいます。彼は快感を愉しむことにも未熟であるようで、ちょっとやりすぎてしまいます。でも、そんな失敗も良いものです。物語なのですから。この物語も次回あたりで終わらせたいです。そして次はどうするか。やはり【射精ガチャ】の物語かなあ。でも、コレはかなり書き進めてあって、小出しに載せるのはもったいない感じも [続きを読む]
  • 【定期更新日記】夏コミ近い
  • ☆ やっとお嬢様の満足に着くこと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 7】やっと彩陽花お嬢様を堕とします。覇夜斗の目的は達成です。この後は、彼のハーレムです。愉しんで欲しいです。戯れに書いている新しい物語、【射精ガチャ〜魔法アイテム具現化ハーレム〜】は、三回目の書き直しに入りました。たぶん、最初のバージョンより面白くなってるはず。コレを書くのが愉しすぎて、他のことが疎かになっている感じもあ [続きを読む]
  • 【定期更新日記】新しい物語に心囚われること
  • ☆ メイド長と競うこと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 6】覇夜斗が秘撫に挑み、堕とします。性愛師として勝利します。次は彩陽花お嬢様です。それで全員攻略したことになります。第七回で一通りの攻略が終わってしまって。ハーレムプレイをもちろん書きたいのですが、三回分も必要かどうか。十回の予定でしたが、少し短めでも良いのかなあ。今回は更新が少し遅れました。いつも前日には予約投稿しておくのですが [続きを読む]
  • ☆ メイド長と競うこと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 6】
  •  紫良羽お嬢様、そして魅舐恋、愛舐の双子メイドを堕として。残るは秘撫と彩陽花お嬢様です。ここまでできたなら、そんなに難しくは無いかと思っていたけど。 でも僕は今また、椅子に拘束されていて。黒髪のメイド美少女がオチン×ンを掴んでしごいていて。凄い快感。 少し先では白髪の美少女が、拘束された黒髪褐色肌の美少女のオマ×コを貪っていて。 ピンク髪ツインテールの双子メイドもオマ×コを開いたポーズで拘束されて [続きを読む]
  • 【定期更新日記】物語も半ば
  • ☆ ピンクの双子メイドを堕とすこと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 5】覇夜斗が魅舐恋と愛舐を堕とします。彼には余裕が出てきたみたいです。物語も第五回、予定の半分になりました。後、秘撫と彩陽花様も堕として、そしてハーレムを愉しんで。ちょうど良く収まるかな。まだいまいち活躍していない、覇夜斗の感覚接続能力も活躍させたいです。この物語は半ばですが、新しい物語の構想が愉しいです。ファンタジー [続きを読む]
  • 【定期更新日記】一人目の陥落
  • ☆ 褐色の妹お嬢様を堕とすこと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 4】覇夜斗の逆襲が始まります。まずは紫良羽お嬢様からです。褐色肌の美少女には、白髪が映えるだろうとは思います。でも、黒髪です。姉である彩陽花の白髪白肌との対比のためです。それに、これも良いとも思います。覇夜斗は少し変わりました。ただのハーレムでなく、笑顔のハーレムを求めています。これからの彼が愉しみです。 [続きを読む]
  • 【定期更新日記】ここまでは序盤
  • ☆ メイドたちに搾られて 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 3】覇夜斗がメイドたちに一方的に搾られます。何だか一方的に搾られる様子は、【エルフの森が僕のハーレムになった理由】のトーヤを思い出します。でも、覇夜斗はそのことに納得していませんけど。ここまでは序盤です。10回くらいの予定で、3話までが序盤。良いペースです。次回からは、覇夜斗の逆襲?を書く予定です。でも、彼は迷ったりもします。堕と [続きを読む]
  • ☆ メイドたちに搾られて 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 3】
  •  彩陽花様と紫良羽様とセックスして。いや、されて。 次はメイドたちが相手みたいです。性愛師でもあるらしいメイドたち。手強い相手が続くなあ。 普通のお嬢様やメイドたちなら、とっくに僕の虜にできているだろうに「覇夜斗、あなたの役目の一つは、私たちのために精液を出してくれることです。彩陽花様、そうですよね」「ええ。秘撫、魅舐恋、愛舐は精液が必要な体質なのよね。もちろん私は出してあげられないから、覇夜斗、 [続きを読む]
  • 【定期更新日記】二回目ではまだ
  • ☆ 初めての彼女たちと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 2】新しい物語、二回目です。覇夜斗が御主人様と結ばれます。三回目くらいまでは、弄ばれる彼を書くつもりです。全部で十回として、何処で逆転するか。それともしないのか。今回の物語は、一回あたりの分量が少なめです。三千文字に満たないくらいです。これによって短めにまとめられるか、やってみようと思っています。 [続きを読む]
  • ☆ 初めての彼女たちと 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 2】
  • 「あなたの最初の女になる権利は捨てられないわね。オマ×コでしてあげようかな」 彩陽花様はすっかり発情してて。でも余裕もあります。強いな。手強い。 そんな彼女がドレスを脱いで。綺麗なおっぱい、お尻、オマ×コが露わになって。「あの、それなら僕が動きます」「ダメよー。私が御主人様だってこと、教え込んであげなきゃ。覇夜斗は寝てて」 まるで僕が奉仕されるかのように押し倒されて。ああ、でも、オマ×コに入れられ [続きを読む]
  • 【定期更新日記】新しい物語
  • ☆ 拘束された少年と笑顔のお嬢様 【堕としたい彼と手強いお嬢様のハーレム遊戯 1】新しい物語を始めました。下克上を狙う性愛師の少年、覇夜斗の物語です。タイトルにかなり迷い、でも時間切れでこうなりました。まあいいか。いずれ覇夜斗にはハーレムを用意してあげたいです。でも、まだです。色々と障害も用意してあげて、乗り越えて欲しいです。その先のハーレムが素晴らしくなるために。 [続きを読む]
  • 【定期更新日記】また一つの物語が終わって
  • ☆ そして僕のハーレムは 【落ちこぼれハーレム〜僕の低級ハーレムをいつか極上に 10】落ちこぼれハーレムの物語、終了です。ありがとうございました。次は、下克上を企む性愛師少年の物語にしようかと思っています。お嬢様に買われて、でも、彼女を従えて彼自身のハーレムを造ろうと企む少年です。お嬢様もそんな彼の企みに気付いて、でも彼のことは好きで。ハーレムを用意してあげたいけど、彼自身の力でやらせてもあげたく [続きを読む]
  • 【定期更新日記】そろそろ終了
  • ☆ 再びのコンテスト、そして 【落ちこぼれハーレム〜僕の低級ハーレムをいつか極上に 9】再びハーレムコンテスト、そして聖螺さんたちを受け入れます。予定通りなら、次回で最終回になります。少し残念なような気分でもあります。燐夜と秘撫たちの物語をもっと書いてゆきたい気もします。でも、次の物語も始めたい、それもあります。色々書いてみたいのです。次作のイメージはまだ漠然としています。ヒロインキャラそれぞれの [続きを読む]