沖縄フォトグラファー さん プロフィール

  •  
沖縄フォトグラファーさん: 気ままな沖縄暮らし
ハンドル名沖縄フォトグラファー さん
ブログタイトル気ままな沖縄暮らし
ブログURLhttp://masaonedayonepohoto.blog.fc2.com/
サイト紹介文沖縄・福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・熊本・鹿児島の写真をアップしたり、日々の出来事を綴っています
自由文沖縄の独特な空気感に魅せられて、とうとう移住までしてしまって10年余の中年オヤジ。
フリーランスのフォトグラファー&ライターとして、沖縄と九州を行き来しながら、気ままに写真撮影や執筆活動を精力的に展開中。
また夏場は、沖縄本島南部にてウミガメの保護活動もしたりしています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/03/02 14:24

沖縄フォトグラファー さんのブログ記事

  • 自ら火中より飛び出した薬師如来(第六十六番 東前寺)
  • 参拝日 2011.4.16『概略』亀井山 東前寺長崎県東彼杵郡波佐見町岳辺田郷1102(地図)東前寺のある波佐見町は、焼き物の里として、とりわけ普段使いの器の産地として人気を集めています。氏神様の波佐見神社に隣接した高台に東前寺は建っています。この東前寺の歴史は古く奈良時代に行基菩薩を開祖として波佐見村金谷山に薬師如来を安置して一寺を建立したのが始まりです。そして弘法大師も入唐に際して海上安全を祈願されたそう [続きを読む]
  • 修験の道場(第六十九番 西光密寺)
  • 参拝日 2011.4.16『概略』佐賀県武雄市山内町宮野黒髪山中腹(地図)御本尊 薬師如来坐像ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか御本尊 阿弥陀如来坐像ご真言 おん あみりた ていぜい から うん御本尊 十一面千手観音坐像ご真言 おん ばざら たらま きりく山号の黒髪山は修験の道場です。延暦23年、弘法大師が入唐に際し登拝し海上安全と大願成就を祈願しました。大同元年帰朝後、弘法大師は再び黒髪 [続きを読む]
  • 全国陶磁器フェアin福岡2017
  • 日曜日に第19回全国陶磁器フェアin福岡2017に行ってきました。お天気も良くけっこうの来場者でした。今回も「ぐい呑み」を物色するのが目的です。ただいつもは持った時にしっくりくる感じの物を探すのですが、今回は、持った時にいい意味で少し手のひらと少し喧嘩するような存在感のあるものを探してみました。そこでゲットしたのは次の二点です。「唐津焼 古賢窯」(福岡県)「うつわ工房」(福岡県)これでまた旨く酒が呑めま [続きを読む]
  • 春めいた陽気に誘われて第二弾
  • 春めいた陽気に誘われての第二弾として「油山登山」に頑張ってみました。スタート地点は「油山団地口」バス停。バス停より登り道を30分以上歩いてまずは「片江展望台」へなぜこれから山を登ろうというのに展望台かって?それこそ素人の浅はかさ・・・ある程度高いところからなら山頂まで尾根づたいの道を歩けると思ったのでした^^;でも登る前からいい景色でした(^^)v案内に従い登山道に入るといきなりの急な登り!加齢に伴う衰え [続きを読む]
  • 三人寄れば文殊の知恵(第四番 文殊仙寺)
  • 参拝日 2017.3.4『概略』峨眉山 文殊仙寺大分県国東市国東町大恩寺2432(地図)ご本尊   文殊菩薩ご真言   おん あら はしゃな霊場御本尊 不動明王(仙の不動)ご真言   なまく さまんだ ばざらなん せんだ まかろしゃな そわたや うんたらた かんまん諺の「三人寄れば文殊の智恵」の発祥地とされている文殊仙寺は日本三大文殊のひとつです。ご本尊文殊菩薩は智恵第一の仏様として学業はもちろんのこと、 [続きを読む]
  • 修正鬼会「しゅじょうおにえ」を守り伝える(第三番 成佛寺)
  • 参拝日 2017.3.4『概略』龍下山 成佛寺大分県国東市国東町成仏1140(地図)霊場御本尊 龍下不動明王ご真言   なまく さまんだ ばざらなん せんだ まかろしゃな そわたや うんたらた かんまん国の重要無形民俗文化財にも指定されている六郷満山で約1300年前から続く「修正鬼会(しゅじょうおにえ)」とは一年間の国家安穏や無病息災、五穀豊穣を祈願するため赤鬼の災払鬼(さいばらおに)と荒鬼(あらおに)、 [続きを読む]
  • 春めいた陽気に誘われて
  • 昨年末に新年初詣に際して、神社用のご朱印帳を用意しようと思い立ち太宰府天満宮で購入し、太宰府天満宮をはじめ福岡県内の神社のご朱印もだいぶいただきました。 ふと見返すと太宰府天満宮のすぐ裏手の天開稲荷社と竃門神社のご朱印を未だ頂いていなかったのでウォーキングをかねて出かけてきました。西鉄大牟田線の都府楼駅よりスタートし、まずは竃門神社を目指します。竃門神社は大宰府政庁の鬼門に当る宝満山に大宰府鎮護の [続きを読む]
  • 火難もくぐりぬけ(第二番 神宮寺)
  • 参拝日 2017.3.4『概略』大嶽山 神宮寺大分県国東市国東町横手8378(地図)霊場御本尊 大嶽不動明王ご真言   なまく さまんだ ばざらなん せんだ まかろしゃな そわたや うんたらた かんまん養老元年(717年)宇佐八幡関係の神宮寺として仁聞菩薩により開基され、寺号もそれにより名付けられたであろうと言われています。この仁聞菩薩という人物は諸説ある謎に満ちた人物で、今日では実在の人物ではなかったと [続きを読む]
  • 六郷満山総持院(第六番 両子寺)
  • 参拝日 2017.3.4『概略』足曳山 両子寺(ふたごじ)大分県国東市安岐町両子1548(地図)御本尊 千手観世音菩薩立像ご真言 おん ばざら たらま きりく護摩堂での参拝を済ませ、参拝順路に従い大講堂へ。一段高いところに平成3年に復元再建された五間四方(10m×10m)宝形造でご本尊として鎌倉時代から南北朝時代の作といわれる阿弥陀如来坐像が安置されています。平安後期の定朝様式に鎌倉時代の新しい様式も取り [続きを読む]
  • 六郷満山 総持院(第一番 両子寺)
  • 参拝日 2017.3.4『概略』六郷満山総持院 天台宗別格本山 足曳山 両子寺(ふたごじ)大分県国東市安岐町両子1548(地図)霊場御本尊 大聖不動明王立像ご真言   なまく さまんだ ばざらなん せんだ まかろしゃな そわたや うんたらた かんまん走水観音堂から檀信徒の墓地(浄土苑)を左手に見ながら無明橋を目指します。全国森林浴の森百選にも指定されている鬱蒼とした杉木立の中ひときわ色鮮やかな朱色が映える [続きを読む]
  • 六郷満山の総持院・両子寺、霊水走水観音
  • 九州四十九院薬師霊場の49札所、九州三十六不動霊場の番外札所を含めた38札所、九州西国霊場の33札所、九州三十三観音霊場の特別霊場を含めた35札所そして九州二十四地蔵尊霊場の24札所と九州7県にまたがる延べ179寺院にも及ぶ巡礼の旅が本格的にスタートしました。福岡ベースから近いところから少しずつ始めていましたが前回の「英彦山」に続き比較的距離のあるお寺も回り始めました。薬師霊場、西国霊場、九州三十 [続きを読む]
  • 暦は「啓蟄」
  • 未だ北寄りの風が冷たく感じられる日々が続いていますが、暦はもう「啓蟄」早春の光を浴びて温もりを帯びてきた土の中から虫たちも這い出してくる季節だそうです。確かに福岡ベース近辺の私の散歩コースの御笠川の川べりでも少しずつ春が近づくのを感じられる光景が目に入ってきます。そんな微妙な季節となった先週末、ちょっと足を延ばしたお遍路に「国東半島」方面へ出かけてきました。とある寺院では早咲きの桜が見ごろでした。 [続きを読む]
  • 温泉の反映を見守る(百二番 光明寺)
  • 参拝日 2011.2.5『概略』遍照山 光明寺佐賀県武雄市朝日町字甘久2622(地図)御本尊 薬師如来坐像ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか武雄温泉は嬉野温泉と並んで佐賀を代表する温泉地のひとつです。そんな華やかな温泉街から少し離れ田園風景が広がる朝日町に光明時はあります。光明寺の歴史は古く、天平年間(729〜749)聖武天皇の勅願によって行基菩薩が創建されたと伝わっています。薬師如来をご本尊 [続きを読む]
  • 3月3日といえば
  • 3月3日いえば「ひなまつり」ですよねぇ今日私は福岡ベースへの移動日なんですが、空港について指定の搭乗口に行くとこんな張り出しが・・・なんと搭乗便が「ひなまつり」に因んで出発までの地上作業を女性だけのスタッフで行う「ひなまつりフライト」だそうです。搭乗するときには搭乗口でひなあられが配られました。そして手書きのメッセージカードも添えられ、ちょっとだけホッコリ気分。出発に際してはいつものお見送りも女性 [続きを読む]
  • 数少ない定朝様式の仏像(第六十三番 蓮厳院)
  • 参拝日 2011.2.5『概略』金剛勝山 蓮厳院佐賀県鹿島市大字山浦甲1476(地図)御本尊 阿弥陀如来坐像ご真言 おん あみりた ていぜい から うん一見おだやかな田園風景の中に佇む民家と見紛うような素朴な建物ではありますが、かつては後白河天皇が一国一伽藍の創建を発願し当地には慶照上人を開基として金剛勝院が建立され、この蓮厳院はその一院だったのです。金剛勝院は壮大な寺院だったようで鹿島志によれば「仏殿を作り [続きを読む]
  • 覚鑁聖人(興教大師)誕生の地(第六十二番 誕生院)
  • 参拝日 2011.2.5『概略』密厳山 誕生院佐賀県鹿島市納富分2011(地図)御本尊 錐鑽身代不動明王坐像ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん覚鑁聖人は当時荒廃していた高野山を復興されたため真言宗中興の祖といわれ、また高野山内で新たな教義を打ち立て、僧侶の堕落停滞による真言宗没落の危機から宗派建て直しの緊急策を敢行。しかし現状維持を望む保守派と覚鑁派 [続きを読む]
  • 肥前の高野山(第六十一番 高野寺)子宝観音
  • 参拝日 2011.2.5『概略』普明山 高野寺佐賀県杵島郡北方町志久3245(地図)御本尊 十一面千手観音立像ご真言 おん ばざら たらま きりく長崎自動車道・武雄北方インターを下りて北方の役場方面へ国道34号線を進むと「シャクナゲ寺 高野寺」という大きな寺標を目印に進むと目指す「高野寺」があります。弘法大師空海が唐より帰朝後、九州各地を行脚していた折、この地が紀州の高野山に似ていることから「肥前の高野山」と [続きを読む]
  • 開運厄除け・道中安全(第八十一番 大聖院)
  • 参拝日 2010.11.27『概略』中台山 大聖院佐賀県唐津市西寺町1369(地図)御本尊 不動明王立像ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん唐津は海洋交通の要衝であったためわが国の交易の玄関口としても栄えました。とくに唐津焼は有名な有田焼きよりも百年も早く始まった工芸品で豊臣秀吉の朝鮮出兵の折には、戦場で茶を楽しむ習慣から急速に発展しました。大聖院さ [続きを読む]
  • 昨夜の酒とアテ
  • 昨晩のお酒は福岡県八女市の喜多屋さんのその名もズバリ!「喜多屋」純米吟醸。筑後で開発された酒造好適米の「吟のさと」を100%使用し、それを精米歩合58%まで磨いた純米吟醸酒です。血統の3/4が有名な山田錦という「吟のさと」を地元の契約農家さんや自社田で栽培したものだそうです。華やかなフルーティな吟醸香もでしゃばり過ぎず、程よい芳醇さがアテと喧嘩しない素晴らしい食中酒でした。そのアテのメインは「おで [続きを読む]
  • 昨夜の酒とアテ
  • 週末のお楽しみ・・・美味い酒昨夜の日本酒は福岡県飯塚市にある酒蔵、瑞穂菊酒造株式会社の「一鳥万宝(いちょうまんぽう)純米吟醸」ラベルには合鴨自然酒と謳っていました。極端な主張がなく、ほのかに香る吟醸香とともに淡麗でバランスの良い口当たりが食中酒にぴったりと感じました。その酒に合わせたアテは「鯖の竜田揚げ」「サンマの刺身」そして「鶏モモ肉と鶏団子鍋」さてさて今宵の酒とアテは何にしようか・・・ [続きを読む]
  • 子供の成長を守る寺(第八十番 鶴林寺)
  • 参拝日 2010.11.27『概略』吉原山 鶴林寺(子安大師)佐賀県唐津市和多田百人町3−88(地図)御本尊 薬師如来立像ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか唐津は古より大陸との海洋交通の拠点でした。その玄界灘を望む高台に「鶴林寺」はあります。地元では「子安さん」として篤く信仰をあつめています。石段を上りきったところに庫裡を兼ねた信徒会館があり、その右手のゆるやかな宝形造の二重屋根で向排がつく [続きを読む]
  • 人魚伝説が伝わる寺(第三十二番 龍宮寺)
  • 参拝日 2017.2.7『概略』冷泉山 龍宮寺福岡県福岡市博多区冷泉町4−21(地図)霊場御本尊 聖観世音菩薩ご真言 おん あろりきゃ そわか九州最大のターミナル駅、博多駅より大博通りを十数分歩くとビルとビルの谷間に龍宮寺はあります。通りを挟んで向かい側には東長寺がどっしりとした伽藍を構えています。山門をくぐると正面には三宝大荒神のお堂があり、その奥に近代的な建物の本堂に向かい合うように観音堂があります。 [続きを読む]
  • 観光地の間近に(第九十五番 明王寺)
  • 参拝日 10.11.20『概略』遍照山 明王寺大分県日田市淡窓2−3−25地図)豆田町の古い家並みや日田温泉で観光地となっている地域の程近くに明王寺はあります。明治21年四国遍路により病を癒された水島安兵衛翁により豆田町に創建されたのが始まりで、大正15年に現在の淡窓に移転して、現在も「淡窓不動尊」として地域の方々に親しまれているお寺です。重厚な入母屋造の本堂に祀られているご本尊の不動明王像は第2世住職の [続きを読む]
  • かえる寺(第五番 如意輪寺)横隈観音
  • 参拝日 2017.2.8『概略』清影山 如意輪寺(にょいりんじ) 横隈観音福岡県小郡市横隈1729(地図)御本尊 如意輪観音立像ご真言 おん はんどま しんだ まに じんばら そわか霊場ご本尊は、如意輪寺さんのご本尊でもある「如意輪観音立像」です。多くの如意輪観音さまは片膝を上げ、そこに肘をかけて指先を頬に当てている思惟の姿で、足裏は両方を合わせており、輪王座と呼ばれる姿勢のものが多いのですが、こちらのご [続きを読む]
  • かえる寺(第十番 如意輪寺)
  • 参拝日 2017.2.8『概略』清影山 如意輪寺(にょいりんじ) 横隈観音福岡県小郡市横隈1729(地図)霊場御本尊 道守地蔵尊ご真言 おん かかかび さんまえ そわか九州八十八ヶ所百八霊場の巡拝以来今回は九州二十四地蔵尊、九州三十三観音の巡礼のため久しぶりに如意輪寺さんにお参りに伺いました。以前同様たくさんのカエルの石像たちが迎えてくれました。その境内の模様は過去記事をご参照ください。さて今回のお参りの [続きを読む]