沖縄フォトグラファー さん プロフィール

  •  
沖縄フォトグラファーさん: 還暦オヤジの気ままなブログ
ハンドル名沖縄フォトグラファー さん
ブログタイトル還暦オヤジの気ままなブログ
ブログURLhttp://masaonedayonepohoto.blog.fc2.com/
サイト紹介文福岡⇔沖縄を往来しながら、ぶらぶらしたり、寺社巡りをしたりしながらシャッターを切った写真日記です。
自由文沖縄の独特な空気感に魅せられて、とうとう移住までしてしまって10年余の中年オヤジ。
フリーランスのフォトグラファー&ライターとして、沖縄と九州を行き来しながら、気ままに写真撮影や執筆活動を精力的に展開中。
また夏場は、沖縄本島南部にてウミガメの保護活動もしたりしています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/03/02 14:24

沖縄フォトグラファー さんのブログ記事

  • 鎌倉時代の阿弥陀如来像(第七十二番 光輪院)
  • 参拝日 2011.4.23『概略』櫨山 光輪院 高野山真言宗長崎県佐世保市宮地町4-5(地図)御本尊 阿弥陀如来坐像ご真言 おん あみりた ていぜい から うん中央公園、裁判所そして市立図書館が並び佐世保市の文化ゾーンともいえる一角に光輪院は伽藍を構えています。高台へと緩やかに上る道を登ると境内があります。門を入り正面が霊安堂、その左隣は木造の入母屋造妻入の毘沙門堂、そしてさらに左手奥がギリシャ神殿を思わせる [続きを読む]
  • 鎮西薬師(第七十一番 浄漸寺)
  • 参拝日 2011.4.23『概略』医王山 浄漸寺 真言宗智山派長崎県佐世保市上原町510(地図)御本尊 薬師如来坐像ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか行基菩薩が東大寺勧進のため全国を巡錫し、速来(現在の早岐)を訪れた折、楠木の霊木で薬師如来を刻み、堂宇を建立したのが、ここ浄漸寺の始まりだそうです。当時は早岐小学校近くの百段石と呼ばれているところに境内があったそうですが、火災や廃仏毀釈による廃寺 [続きを読む]
  • お綱大明神(第百六番 眞光院)
  • 参拝日 2010.11.27『概略』二上山 眞光院 真言宗醍醐派福岡県糸島市二丈福井395-1(地図)御本尊 大随求菩薩坐像ご真言 おん ばらばら さんばら さんばら いんだりや びしゅだに うんうんろろ しゃれい そわか眞光院の背に聳える山は、かつては山頂部は女人禁制で「霊峰二丈」と呼ばれ、近年では経筒も発見されている山岳信仰の霊山です。二丈浜玉ロードに沿ったところにある山門ををくぐり、回り込むように境内を進 [続きを読む]
  • 厄除け千躰大師(第百五番 金剛寺)
  • 参拝日 2010.11.27 『概略』鎮西高野山 金剛寺 真言宗醍醐派佐賀県唐津市相知町長部田718(地図)御本尊 弘法大師坐像ご宝号 南無大師遍照金剛JR唐津線の岩屋駅から徒歩10分の周囲はのんびりとした田園地帯にあります。山門をくぐり回りこむようにして進むと大きなソテツの木を前に抱えた本堂があります。ご本尊は、獅子ヶ城に代々守り本尊として伝えられていた尊像で、別名を厄除け千躰大師と称します。 明治三十年三月 [続きを読む]
  • 人吉高野山(第九十九番 高野寺)
  • 参拝日 2013.2.11『概略』青井山 高野寺 真言宗大覚寺派熊本県人吉市下青井町47(地図)御本尊 弘法大師坐像ご宝号 南無大師遍照金剛高野寺は人吉駅にも程近く、青井阿蘇神社の門前に建つ大正15年創建の比較的新しいお寺です。正面にある本堂は「御身堂」とも呼ばれ、蓮の花をモチーフにした奈良・法隆寺の夢殿を模し、その1/2のサイズにした八角形のお堂です。こちらの本堂には、高野山龍城院から移された弘法大師坐像で [続きを読む]
  • 西の高野(第百番 金剛乗寺)
  • 参拝日 2013.2.11『概略』護国山 金剛乗寺 高野山真言宗熊本県山鹿市山鹿1592(地図)御本尊 薬師如来坐像ご真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか灯籠まつりでも全国的に有名な古い町並みの残る温泉郷の一角に伽藍を構える金剛乗寺は弘法大師創建の寺と伝わり「西の高野」と呼ばれて往時は大伽藍を有していたそうです。豊前街道から少し入ると、めがね橋築造技術を生かした石門があり、くぐって境内へと参道が続 [続きを読む]
  • 弦掛観音(第七十六番 西福寺)
  • 参拝日 2011.4.23『概略』弦掛山 西福寺 真言宗智山派長崎県佐世保市世知原町矢櫃25-2(地図)御本尊 十一面観音立像ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか駐車場より鐘楼の脇を石仏の配された参道を上っていくと入母屋造の弦掛山 西福寺の本堂があります。山号は1581年、島原の有馬氏の軍勢が直谷城に押し寄せた際に直谷城主・志佐壱岐守の兵と平戸城主・松浦隆信が合流し、この地に陣を敷き、弓に弦を掛けて戦った [続きを読む]
  • 天然の奇勝・大石橋、御橋観音(第七十五番 御橋観音寺)
  • 参拝日 2011.4.23『概略』石橋山 御橋観音寺 真言宗智山派長崎県佐世保市吉井町直谷94(地図)御本尊 十一面観音坐像ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか行基菩薩が海中から見出した3本の霊木を一刀三拝して三体の観音像を彫り、開眼供養後、有縁のところに届くようにと東の浦に流しました。その内の一体が佐々の港に漂着し御橋観音としてお祀りしているのがご本尊、十一面観音坐像です。ちなみに他の二体は佐世保港の [続きを読む]
  • 花の寺(第七十三番 西光寺)
  • 参拝日 11.4.23『概略』東嶽山 西光寺 真言宗智山派長崎県佐世保市上柚木町3213(地図)御本尊 虚空蔵菩薩半跏像ご真言 のうぼう あきゃしゃきゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか西光寺に到着すると境内の向かい側の駐車場に鎮座する大きな不動明王様が目を引きます。こちらのスペースは交通安全祈願の車のお払い所ともなっていました。さて道の反対側の白壁に囲まれた山門を入ると正面に入母屋造の本堂があります。 [続きを読む]
  • 雷山観音(第八十二番 千如寺大悲王院)
  • 参拝日 2013.2.9『概略』雷山 千如寺大悲王院 真言宗大覚寺派福岡県糸島市雷山626(地図)御本尊 十一面千手観音立像ご真言 おん ばざら たらま きりく福岡と佐賀の県境に聳える山岳霊場・雷山の中腹に千如寺大悲王院の境内は広がります。千如寺大悲王院は別名「雷山観音」と呼ばれ、神仏分離令以前は大悲王院より車でさらに10分ほど上ったところにある層増岐神社(雷山は別名層増岐山とも呼ばれていました)の中宮の雷 [続きを読む]
  • 沖縄と奄美地方が梅雨入り
  • いよいよ沖縄気象台が「沖縄地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。平年より4日遅く、昨年より3日早い梅雨入りです。*画像は日本気象協会のサイトより転載これより約一ヶ月にわたって湿度の高い鬱陶しい日々が続きます。我が家などは、海のすぐ傍なので愚図ついた日には部屋が水をぶちまけた様にジトジトなってしまいます。上手にエアコン等を活用して乗り切りたいと思います。 [続きを読む]
  • 美肌の湯に程近く(第百三番 大定寺)
  • 参拝日 2011.2.5『概略』姑射山 大定寺 真言宗大覚寺派佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4129(地図)御本尊 弘法大師尊像ご宝号 南無大師遍照金剛日本三大美肌の湯で有名な嬉野温泉の程近く、そして四百数十年の歴史を持つ肥前吉田焼の窯元が軒を連ねる地に大定寺があります。苔むした石垣を割って登る石段の上に山門があります。その山門に掲げられている扁額は、東郷ターンで有名な東郷平八郎直筆だそうです。山門を潜ると正面 [続きを読む]
  • 福岡のベッドタウン糸島(第百七番 隆善寺)
  • 参拝日 2010.11.27『概略』風浪山 隆善寺 真言宗善通寺派福岡県糸島市荻浦156-2(地図)御本尊 将軍地蔵尊立像ご真言 おん かかかび さんまえい そわか隆善寺は、福岡で今もっとも注目されている糸島市しかもその中心地にあるお寺です。しかしながら、国道から少し離れているだけで、喧騒から離れた環境の中に建っています。仁王像の間を緩やかに登る参道を進むと入母屋造の本堂です。昭和32年に先代住職・隆善師が大日 [続きを読む]
  • 水は大丈夫かぁ?@沖縄
  • ゴールデンウィークも終わり、沖縄ではそろそろ梅雨入りしてもいい時期なのですが、昨日も天気予報が良い方に外れ紫外線が降り注いだ一日でした。天気が良いのは私的には非常に嬉しいのですが、それでもこう好天が続くとダムの水が心配になります。貯水率も例年より少ないようだし、そろそろ節水の呼びかけが始まるかも・・・ただでさえ、観光客も増えて使用量も増えるこれからの時期。先日は水がめのある北部の方では局所的豪雨が [続きを読む]
  • 樹齢100年の銀木犀が見守る(第九十二番 不動院)
  • 参拝日 2013.2.9『概略』大原山 不動院 真言宗醍醐派福岡県北九州市門司区吉志171-3(地図)御本尊 不動明王坐像ご真言 のうまく さんまんだ ばだらだん せんだ まかろしやだ そわたや うんたらた かんまん門司ゴルフ倶楽部に池を挟んで隣接するように不動院はあります。駐車場、境内ともに広く明るく開放的な空気に満ちたお寺です。正面にどっしりとした本堂があり、九州八十八ヶ所百八霊場第九十二番札所と九州三十 [続きを読む]
  • 第43回 那覇ハーリー
  • ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。そんなGWも終盤、5日に久しぶりに「那覇ハーリー」に行ってきました。本来沖縄でのハーリー競漕は、旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に行われますが、那覇ハーリーは観光イベントのひとつとしてGWに開催されるようになったようです。その那覇ハーリーの起源は諸説ありますが、14世紀に中国から沖縄に帰化した久米三十六姓が伝えたという説や、長浜太夫という人が南 [続きを読む]
  • 二度目の興山寺(特別札所 興山寺)
  • 参拝日 2017.4.22『概略』高野山 興山寺 高野山真言宗大分県臼杵市福良2366-1(地図)御本尊 無量寿如来立像ご真言 のうまく さんまんだ ぼだなん さんさく そわか霊場御本尊 十一面観世音菩薩ご真言 おん まか きゃろにきゃ そわか九州西国霊場の巡礼で大分県臼杵市にある興山寺さんにお参りに伺いました。実はこの興山寺さんには以前「九州八十八ヶ所百八霊場 第二十八番札所」として一度参拝させていただいてお [続きを読む]
  • 風を呼び、嵐が来た・・・
  • 沖縄県の県花は「でいご」なのはご存知だと思います。ザ・ブームの宮沢和史作詞作曲の「島唄」の歌い出しの一節に次のようなくだりがあります。『でいごの花が咲き風を呼び嵐が来た でいごが咲き乱れ風を呼び嵐が来た』この一説、沖縄では、春から初夏にかけて赤い花が咲くでいごの花が見事に咲いた年は、台風をはじめ天災に見舞われるという言い伝えがあります。(宮沢和史は沖縄戦に絡めた別の意味も含ませているそうなのですが [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク後半
  • ゴールデンウィークも明日から後半。今年の沖縄は概ね安定したお天気のようで、観光で来沖される皆さんにとっては素晴らしい休日になりそうですね。*気象庁HPより本島のビーチもすでに海開き済みですので、一足早い「夏」をお楽しみください。でも風がまだ涼しいので、海から上がると少し寒いかも・・・そして紫外線は、この時期特に強いので、対策は万全に!! [続きを読む]
  • 梅雨入り前
  • 例年ですと概ねゴールデンウィークが終わるのを待って「梅雨入り」となる沖縄です。今日はそんな素晴らしい青空が広がっています。こんな日は日課のウォーキングの足取りも軽くなります。路傍の花々も清々しさで満ち満ちています。 [続きを読む]