スベルべ さん プロフィール

  •  
スベルべさん: 畑に吹く風
ハンドル名スベルべ さん
ブログタイトル畑に吹く風
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yukiguni01-47
サイト紹介文 雪国魚沼生まれの魚沼育ち。生粋の田舎人です。愛犬マックスと共に畑仕事や魚沼の自然を紹介しまします。
自由文 早期退職をして早六年。細々と始めた個人経営の農産物直売所の営業も五年目のシーズンを無事に終えています。
無農薬、減農薬を主体とし、減化学肥料、有機主体の農業に挑戦しています。
石の上にも三年。徐々に畑の趣旨も知られるようになり、長岡の「越後の台所 すずきち」は大のお得意さん。なんと、お店には私たち夫婦と私の畑の写真が沢山掲げられていますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供475回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2012/03/02 21:57

スベルべ さんのブログ記事

  • ジュンベリーのつぼみ膨らむ
  •  ジュンベリーのつぼみが膨らんできました。そろそろ花が開きそうな雰囲気です。 今年は小雪だったのでしたが、春近くに一度湿って重い雪が降り大分枝折れがあった。でも、万事ずぼらなスベルべのこと、剪定だと思ってそれなりに有難いとも思っています。 昨年もそうだったけれども、一年目、一昨年に比べて収穫に力が入らなかった。ジュンと言うくらいで、6月に熟すのだけれどもその頃さつま芋植えとか農繁期真っ只 [続きを読む]
  • 連載108-2「出稼ぎ(聞き書き)」(その2)
  •       出稼ぎ(聞き書き)「そうだの、俺が中学三年生の時が38豪雪で、あの頃の冬は道も開いて無かったんがの」「そうだいの。その年俺は大目にあってのう」「そうですか」「うちのとおちゃんも冬は、東京へ何年も出稼ぎに言ってたてー」「ほう」「そしたら、その年とおちゃんはアパートで、一酸化炭素中毒で死んでしまったんだてー」途切れ途切れに話し続ける。「あの年は東京も寒くての。前の年までは、焼き芋屋をして [続きを読む]
  • 六万騎山はカタクリ満開(その2)
  •  標高が高くなるにつれ、カタクリの花の開花状態は最高に。昔、築城されていて何か所もの建物があったと思われる平地があり、特にそこが広いお花畑になっている。 遠く白く輝くやまは「巻機山」です。そして、左手前が木々に隠れて見えないけれど、南魚沼市長森の「八海山酒造」の建物群があるのです。 ご覧ください、ここも建物跡か平らなお花畑になっています。  後方は魚沼市の方向です。 「クロモジ」の [続きを読む]
  • 「八海山」みんなの社員食堂
  •  実は「六万騎山」に登る前に昼食をレストランで食べていました。うーん、レストランと言う言い方は適当ではないかな。実は社員食堂なんですよ。 ほら、入り口の目立たない、けれどもちょっと洒落た看板です。「八海山酒造」の敷地内には、蕎麦屋、うどん屋、ケーキ屋、雑貨屋と色々な店が展開されている。 そして、この社員食堂。昨年だったかスベルべママが友達と行き、気に入ったと言う。朝から畑仕事に励み、次に「越 [続きを読む]
  • 六万騎山はカタクリ満開(その1)
  •  昨年も行った「六万騎山」へカタクリの花を見に行ってきました。昨年はきっと10日位前に登ったと思います。何せ昨年は記録的な小雪現象でしたから。 周回コースになっているけれど、昨年とは反対に右回りで。その登山道に踏み入り、少し登ったところでカタクリのお花畑に遭遇。一面のカタクリ畑です。 全体が南向きの山で、日当たりの良いのがカタクリには適した条件のようです。この、登り口付近は、雪消えが早かっ [続きを読む]
  • スマッシュ!
  •  慌ててシャッターを押してぶれちゃいました。また、前期の小学生へのバドミントン指導が始まりました。 何年かコンビを組んでいるバドミントン友達と二人で教えます。4、5、6年生で合計8名。まずは丁寧な準備運動、ウォーミングアップから。 そして、基礎打ちを披露します。相棒がロブを上げたので面喰っちゃったけれどもスベルべがスマッシュ。 他にはドライブ、ヘアピン、ハイクリアーと基本的な打ち方は [続きを読む]
  • 連載108-1「出稼ぎ(聞き書き)」(その1)
  • 出稼ぎ(聞き書き) パートでお年寄りの送迎運転をして一年近い時が過ぎた。仕事を始めたばかりは、好奇心からか、生まれ年を初めに、かなり身上調査もされたものだ。しかし、時間の経過とともに警戒心も薄れ、友達付き合いになる。 還暦を迎えようかと言う男と、平均年齢は八十歳をかなり超える人達とのお付き合いだ。九十を過ぎても矍鑠とされ、毅然と一人暮らしをされている方もいる。 長い間には気をお許しに [続きを読む]
  • トラクターを試運転
  •  前日一日かけて、冬期間外していた、トラクターのバッテリーを充電。取り付けて、スターターキーを回すと元気よくトラクターのエンジンは一発で始動。 オートバイの「ロシナンテ」もこのラクターも年老いたなー。トラクターエンジンのアワーメーターは800時間をはるかに超えてしまったものなー。  いや、使うスベルべ本人はもっと急速に加齢が進んているのかも知れない。トラクターが先か、スベルべが先か。いずれ [続きを読む]
  • 「インカの目覚め」を植えてみた
  •  今年も6種類のジャガイモ種を入手したけれど、最後に登場したのは「インカのめざめ」です。ご存知の通り、種イモは40グラム前後に切り分けるのだけれど、ずいぶん小さなものもありましたねー。 ほら、小さなものは20グラムくらいしかありませんよ。種イモの主産地北海道は水害でジャガイモが不作だったと言うから、その影響かなー。 ま、不満は言わずに我慢しましょう。「災い転じて福となす」ですよ。小さけれ [続きを読む]
  • 「ウフフ」ってだーれ?
  •  「ウフフ、ウフフ」なんて忍び笑いは誰の笑い声。習慣にもなっている早朝の温室、ビニールハウスを訪れて聞いたのは幻か、幻聴か。 温室、ビニールハウスの中で種蒔きをしたのは一週間前の事。中々芽生えが見られず、正直なところ焦り始めていたのだがようやく発芽が見えてきた。 トマトの方が早く目が出ると思っていたけれど、ナスとほとんど同時でしたね。こうなるとしめたもの。もう驚くほどの速さで次々と芽が出 [続きを読む]
  • ジャガイモ仮植え支度
  •  さてと、三月の初めには、生意気に「ジャガイモ作り」を講師として皆様にお教えした。今度は実践、自分のジャガイモも仮植えの時期になってしまいました。 おー、大きな種ジャガイモー。種イモは40グラム前後にカットして植えますから、この目方だったら四等分かな。 ここのところ毎年作っている「ノーザンルビー」です。中までピンク一色の珍しいジャガイモで、サラダなどに良いかな。 今年の「ノーザンルビー [続きを読む]
  • クレソン畑の手入れ
  •  春は農作業を一斉に始めなければならず、なかなか思うようにこなせない。でも、なんとか時間を作ってクレソン畑の整備、整理に出かけた。水は先日流入口を止めてある。 水路の不陸を直し、水がスムーズに行き渡るようにスコップで土を均す。水の量が多いだけに、ワンシーズンで泥が流れて畑の形も変わってしまう。 完ぺきとは言えないけれど、一応畑の整理が終わった。あせったわけでも無いけれど、早速ゲートから水を取 [続きを読む]
  • 越後魚沼の野菜はなぜ美味い
  •  先日、下の農天市場で一仕事を終え、スベルべママに促されて山の畑へ。この先、下り坂からは除雪していないので歩きます。まだ畑の雪は50センチ以上も残っています。 我が家の畑に到着すると、土が顔を出しています。もう2週間いや、もっと前だったかな、二人でスノーシューを履いて登り消雪剤を撒いた効果ですね。 秋野菜の残りが木尾を出しています。スベルべママは持参したスコップで雪の下から顔を出したばかりの人 [続きを読む]
  • 長岡「柿川」の桜が満開でした
  •  昨日は御呼ばれで長岡へと出かけました。おりしも、「柿川」沿いの桜が満開と言うところに遭遇の運の良さ。。 まだ、蕾も少しは残っていますが、これ以上開いたら散り始める。土曜日にもかかわらず、立ち止まって桜を見上げる人はいないようです。 降り続いていた雨も上がり、青空が顔をのぞかせる。桜色に空の青。まことに似合う春の風情。 おや、どこかで見た事のあるようなご婦人が。うんスベルべの知人かな。なんて [続きを読む]
  • さつま芋の入浴(その2終わり)
  •  玉乙女の次は少量ですが「安納芋」かな。今年のさつま芋苗は、市販品で間に合うものは少なくしています。 一通り並べたら、風邪をひかないようにもみ殻の布団を掛けましょう。今では簡単に手に入る「安納芋」は少なく、そして「黄金千貫」など今年は零です。そして、実は苗としては高価な「パープルスイート」などを主体に作るという作戦です。 さつま芋が、かすかに顔を出す程度に全体にもみ殻を掛けて終了。 [続きを読む]
  • 連載107-2「星空と映写会」(その2終わり)
  •    星空と映写会 歳月は流れ、一人前に星座の解説などをするようになったのもそんな事と無関係ではなさそう。現代は夜も溢れるような光の洪水で、美しい星空を見ることは中々叶わない。 しかし、その後一度だけですが美しい星空を見た事が有った。先年三十三回忌を迎えた、山の友達が転落、遭難死した時の事だ。ザックに遺体収容のためのシュラフとザイルを詰め、八海山の夜登りをした悲しい夜の事だった。 下界の渦巻く [続きを読む]
  • さつま芋の入浴(その1)
  •  芋床、温床の温度も安定してきました。それでは、さつま芋の種イモを伏せましょうか。この品種は玉乙女です。 伏せる前に一風呂浴びて頂きましょう。温湯消毒と言う方法で、黒斑病と言う病気を防ぎ、そして発芽を促すという意味からです。 さて、一風呂浴びてさっぱりしたところで芋床へ。先ずは先ほどの玉乙女から並べましょうか。温床に敷き詰めたもみ殻の上へどうぞ。 こんな風に並べていきます。今年は、この [続きを読む]
  • 連載107-1「星空と映写会」(その1)
  •      星空と映写会と 昔の田舎の大きな娯楽に、小学校の体育館を会場にした映写会が有った。家庭ではラジオが娯楽の主役だった時代だ。映写会はテレビの普及と共に自然消滅しました。それまでは映写会の日を大人も子供も指折り数えて待ち望んでいたものだった。 そうだ、何時の頃だったか、村の鎮守様の広場でも、鎮守様の壁に貼った白布に映し出された映画を見た記憶も残っている。 この話は私が三歳前後の頃の話だと [続きを読む]
  • 農天市場はモグラの天国
  •  雪が解け、地面が出てきたと思ったら大変な光景。農天市場の畑は雪の下でモグラの天国になっていたようです。 先の場所は、堆肥を置いたところで、その後草に覆われていた。でも、普通に作った畝の横だってごらんのとおりです。 雪の下って結構暖かいのかなー。そして、堆肥をたっぷり使うスベルべの畑はミミズが繁殖し、モグラの餌がたっぷりって事。 ここまで溶けると雪も数日以内にはゼロになっちゃいます。 [続きを読む]
  • 春は名のみの〜♪
  •  10日、月曜日に4月の排水樋門の定期点検に出かけた。除雪もしないのに、もう堤防上の残雪は全く無し。日陰などに残るのみです。 排水樋門の下流方です。右の川原は雑草が断熱材となり雪が消え残っている。ここは少し変わった地形で、左から山が半島のようにせり出している。 このために、右手の山との間が狭くなり、先年の大洪水を引き起こした。このくびれた地形が大量の水を呑み込み切れず、ここから逆流してしまったの [続きを読む]
  • ネギは雪水で蒔け
  •  小型耕運機で耕し、畝建てをした翌朝です。9時ころから雨の天気予報で、それまでにネギの種を蒔こうと頑張りました。 今年のネギの種類はこの「太っ子」と言う名前。ここのところ、名前は違ってもこんな太い種類を作っています。 これがネギの種ですよ。結構粒が大きいですよね。えーと、スベルべの手相には注目しないで。女難の相が見えますから(大笑)。  ほら、まだ周りには雪が残っていますよ。この辺りの [続きを読む]
  • ピカピカの一年生
  •  三月の卒業式に続き、四月は入学式に招待されました。昨年の12月から、名誉職のような仕事を引き受けた結果の事です。 さて、今年の新入生はと言うとなんと12名!今の世相を反映してるというか、少子化現象そのものです。 何せ、この小学校が二つの小学校が統合してできた際に、スベルべの学年5年生は98名でしたから。しかし、一学年下は100名を超えていた。今は全校で70人余りですから、うーん。 でも [続きを読む]
  • 畑仕事が始まってしまったなー
  •  待ちに待ったと言おうか、とうとう来てしまったというか畑仕事が始まった。ドッコイショとばかりに小型耕運機を持ち出した。 雪は消えたばかり。もう少し土を乾燥させたいけれどもそうもいかない。ざっと簡単に耕して、さっそく畝を建て始める。ほら、忘れずに目印の糸もピッンと張ってね。 半年ぶり位の平鍬だけれども、手はちゃんとコツを覚えていますよ。とにかく、ネギの種まきとジャガイモの借り上が急務であり、その [続きを読む]
  • ニンジンから宇宙へ「赤峰勝人」講演会
  •  十日町市の「クロステン」で開催された『赤峰勝人』さんの講演会に行ってきました。エントランスホールの天井から飾り雛でしょうか、巨大なオブジェが下がっています。 著書は買ったり、頂いたりで何冊か所有していますが、今回もこの一冊を購入。赤峰勝人さんの新潟県での講演は8年ぶりだとか。前回の長岡での講演会にも行っているスベルべです。 やはり、8年前よりもそれだけ年齢を重ねられ、口調も穏やかに変わ [続きを読む]
  • ロシナンテにも春が来た
  •  「いらっしゃいませー」とリラックススタイルはオートバイ屋さんの看板犬。名前は「サラ」で、故マックスの片思いの相手でもあります。マックスは洋風美犬に弱かったなー。 先日、迷った末、いや当然のごとくかな。車検に出した「ロシナンテ」ことホンダスティードです。その、車検が終わったとの連絡を貰って受け取りに行ってきたのでした。 試乗を兼ねて乗ってきたのでしたが、調子は上々。初年度登録が平成3年と言 [続きを読む]