スベルべ さん プロフィール

  •  
スベルべさん: 畑に吹く風
ハンドル名スベルべ さん
ブログタイトル畑に吹く風
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yukiguni01-47
サイト紹介文 雪国魚沼生まれの魚沼育ち。生粋の田舎人です。愛犬マックスと共に畑仕事や魚沼の自然を紹介しまします。
自由文 早期退職をして早六年。細々と始めた個人経営の農産物直売所の営業も五年目のシーズンを無事に終えています。
無農薬、減農薬を主体とし、減化学肥料、有機主体の農業に挑戦しています。
石の上にも三年。徐々に畑の趣旨も知られるようになり、長岡の「越後の台所 すずきち」は大のお得意さん。なんと、お店には私たち夫婦と私の畑の写真が沢山掲げられていますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供506回 / 365日(平均9.7回/週) - 参加 2012/03/02 21:57

スベルべ さんのブログ記事

  • 山菜「ミズナ」を久しぶりに採った
  •  山菜の「ミズナ」が食べたくなり、久しぶりで川の源流部を訪れた。一昨年亡くなったマックスが大好きな場所で、良く連れて行ったものです。 この辺りで言うところの「青ミズナ」は「ヤマトキホコリ」が本当の名前。中々の希少品で、先日山古志を訪れた際は、客の一人が長岡では小さな一束が800円だったと言っていた。 強く引っ張ると根まで抜けてしまうので、右手の親指と人差し指の爪で摘んで取ります。大きくなっ [続きを読む]
  • 山古志へツーリング(その2アルパカ)
  •  「郷見庵」で休憩し、地元の方と雑談を交わしてスタートです。ジーパン、ジージャンスタイルのスベルべママ。いえスベルべも同じスタイルですよ。 真っ直ぐ帰ってもつまらないからどこか見ようと言うことに。有名な闘牛「牛の角突き」の開催日でしたが、それはすでに終了時刻。では「アルパカ牧場」へ。 初めてのアルパカとのご対面でしたが、夏スタイルで毛が刈り込まれていて愛嬌のある姿。餌をねだるのか、見物客に近寄 [続きを読む]
  • 山古志へツーリング(その1震災遺構)
  •  本当に久しぶり、そう10何年ぶりかに山古志を訪れました。あの、忌まわしい中越地震から12年半余り。ようやく行く気持ちになったのでした。 観光気分、物見遊山で行くのは失礼に思う気持ちが強く、訪れる勇気が無かったのです。畑仕事も落ち着いた日曜日、「父の日」にスベルべママとオートバイで山古志を走ったのでした。 地震により川が堰き止められてダム状態になり水没した家屋が震災遺構として残されています。何回も [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その13終わり)
  •  旅館に泊まった翌日は、前日午後からの雨も止んで涼しい初夏の空気。「手わっさの里祭り」の通りは歩行者天国になっているので三島中学校の駐車場に車を止めて再び散策。 気になって仕方なかった、衣料品の店に再び入りゆっくりと点検。女性客のお召し物も素敵ですね。ここは古い木綿をリフォームした品物がたくさん並べられているのです。 聞くと店主は仙台からお越しだという。東北人らしい朴訥なお人柄と見ました [続きを読む]
  • 父の日赤いカーネーション?
  •  おっと、タイトルを間違いますねー。カーネーションは母の日でした(笑)。父の日はやはりこれ、これですよ。って事でスベルべママのプレゼントはこのお酒。 先日の「第31回ふるさと会津工人祭り」で求めてきた片口に酒を移し静々とぐい飲みに注ぐ。ところがですねー、これはスベルべの見立て違いで、注ぎ口が少し上過ぎてホント静々と注がないとこぼれちゃう。 二人の夕食テーブルにはご馳走がずらりー。うふふ、お皿は日 [続きを読む]
  • パクチーは双葉より臭し?
  •  珍しい野菜、新しい野菜に興味津々のスベルべは昨年もいやその前も試験的に作っていた「パクチー」。ブーム到来と聞き、そして「越後の台所 すずきち」も需要が有ると聞き本格的栽培に挑戦。 好きな人はこの独特の香りがたまらないらしい。もうこの苗からさえ香りがしますよ。でも、スベルべママは「カメムシの匂い」って嫌う。「栴檀は双葉より芳し」どころじゃありません。 今年は、こちらでも毎日低温注意報が出され [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その12宿泊編)
  •  工芸品ばかりご覧いただきました。少し趣向を変えて宿のお食事の紹介です。「第31回ふるさと会津工人祭り」も回を重ねるごとに人々に知られ、今では宿の確保は至難なことだとか。 出かける前々日の9日まで悩んで会津行きを決定し、宿に申し込んだが「三か月前から一杯」なんて言われた。最後に申し込んだこの温泉旅館は、当初考えた9日はダメだったが10日にキャンセルがあり予約できたのでした。 温泉旅館と言うより [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その11)
  •  木工作品のお店。色々なミニチュアが並べられています。スベルべママはどうもこんなものが趣味に合うらしく、足を止めては覗き込みます。 雨脚が強くなってきたので、会津地鶏の焼き鳥を買い求め無料休憩所のテントの中へ退避。さりげなく周囲を見渡すと、これまたさりげなく高価な買い物をテーブルの上に置く人も。 傘を一つしか持参せず、仕方なくしばらく相合傘だったけれども小さな傘で濡れてしまう。「もう一つ [続きを読む]
  • 連載116「早起きの効能(2)」
  •       早起きの効能(2) 除雪車が、冬仕事の締めくくりとして切り開いた山道の散歩も回数を重ねると、マンサクの花は満開。そして、急斜面の雪が早く消え、周囲よりいち早く地面の出たところには、ショウジョウバカマ、そしてカタクリのつぼみも姿を見せ始める。時には幸運に恵まれ、水を被るほどの川の近くで、フキノトウを見つける事もある。それは長い間、雪の下で暮らす雪国の人々には心を躍らす喜びなのだ。ポケッ [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その10)
  •  一休みした後、再び会場へ。やはり雨のために人通りは少なくなりましたね。そこで、聞こえてきたのはオカリナで奏でる、聞き覚えのある「マシュケナダ」の軽快なリズムです。 吹いているのはこの愛知からお出での「原木工房」横沢さん。カセットから流れる伴奏に合わせ木製オカリナで、軽快にリズムを奏でます。 聞き惚れたスベルべトーちゃん。なんだか簡単に更けそうな気分になってアルトの製品をゲット。 名前を [続きを読む]
  • ジャガイモで花見です
  •  可笑しな話ではあるけれど、いつもの年よりも農作業は順調に進んでいる。天候不順で毎日「低温注意報農作物の管理に注意」なんて出るけれど、4月並み5月並みの気温が続く。 そのためか野菜類の成長が遅く、スベルべ夫婦の歩調にあったようです。寒い年はジャガイモが良く、暑い年はさつま芋が良いとも言われるが、今年のジャガイモは絶好調。 例年の事ながら、それぞれに個性を見せてくれるジャガイモの花を紹介しましょ [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その9)
  •  思わず笑みがこぼれてしまいました。(い)と(え)の発音区別が分からないと言われる魚沼とはある意味良い勝負かな。 なぜ、どうして?人はどうしてこんな風に手間暇をかけて細工物を生み出すのでしょうか。  いやー、遠く「遠野」からお越しの団体のお店。きっと材料は根曲がり竹だと思うのだけれど、これも配色の妙です。 このころからかな、雨がポツリポツリ当たり始めました。スベルべ夫婦は小さな折り畳み傘を一つ [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その8)
  •  スゲ「ヒロロ細工」です。網目の紋様、色使いの配列どれをとってもため息の出るような作品です。 午後一とあり、昼食中のお客さんやすでにお帰りの方もいたのかな。なんとなく会場全体の空気が落ち着いてきたようにも感じられます。 行き交う人々の足取りも何だかのんびりと言う風にさえ感じられ始めました。あ、先にも触れた会場内の木の切り株が見えますね。これで転ぶ人がいないのは不思議なほど。 シンプルな [続きを読む]
  • 写真と絵画(白象展に誘われて)
  •  奥会津、三島町宮下地区で「手わっさの里祭り」を見物中に同級生から電話が入った。魚沼市小出で、市内の絵画愛好家、画家たちのグループ展へのお誘いでした。 事前に彼からの連絡もあり、その後新聞でも報道されていた。9日、初日に時間を作っていこうと思っていたが叶わず、11日の帰りに寄ろうかと考えていた所でした。 特に彼が強く誘ってくれたのは、スベルべが昨年の晩秋に写した写真を画材したからです。彼は近隣で [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その7)
  •  根曲がり竹細工の実演です。時間がたっぷりあったならば、じっと見ていたいと思いました。 「スゲ細工」の伝統工芸士、舟木さんです。魚沼でもこのスゲの名前を「ヒロロ」と呼び、「蓑(みの)」の材料に使っていました。 アケビ蔓細工のお店です。奥の奇怪に組まれた編み方は「乱れ編み」と言うそうですが、独特の味ですね。 どうしたら、こんな編み方、紋様ができるのか不思議です。少し大げさな言い方かも知れないけ [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その6)
  •  おや、亡くなったマックスの晩年に似たようないぬのおきゃくさんも。吠えることも無く、おとなしくご主人に引かれて散策していました。 桐の木細工と、竹細工かな。丁寧な良い仕事をされていますねー。大きな網目の籠なんて興味ありますねー。 これも、ユーモアはあるんだけれど何だかもったいないような作品です。古い段ボール箱と思いきや、なんと木彫で段ボール紙の断面の孔なんて何という器用さ。 これも同じ [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その5)
  •  場所にもよるけれど、会場の土の表面はご覧の通り、落ち葉が積もったフワフワの感触。楢やクヌギなどの大きな木が中心だけれど、落葉低木、雑木はこの会場のために切り開かれた様子。 そのために、小さいけれども曲者の切り株が沢山隠れている。若者?スベルべでさえ、転びはしなかったけれども何回もよろけてしまったほど(笑)。 こんな素敵な細工物、金属製のオートバイも。こりゃ旧車のBMWかなー。もう亡くなられ [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その4)
  • シャトルバスを降り、勇躍会場へと急ぐスベルべ夫婦。向こうには昨秋に訪問した際に内部の展示物を見学した「生活工芸館」が見えます。 昨年の、誰もいない静寂な空間とは大違い。9時オープンでも、7時から待つ人も多いというたいそうな人込みです。 この石作りの看板も懐かしい。なにやら難しい事業名が記されていて国が応援していることが分かります。 入口付近から、もう買い物を下げていらっしゃる方も。い [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その3)
  •  この会場「手わっさの里祭り」のお客さんはご覧の通りの客人が多い。もう、歩く「手作り工芸品」って感じでもあります。 床屋のご主人に勧められ、昼食にと入った「のんびり館」の玄関に飾られていた「ツルウメモドキ」。我が家の吹き抜け玄関ホールに飾ったと同じような「ツルウメモドキ」で嬉しくなります。  何年か前に、空き家だったこの家を何人かの女性が協力して店舗にしたと言います。古い作りを模しているけれど [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その2)
  •  このコーナーにも引き付けられました。工芸品と言うよりも古布、ぼろ切れに近い使い古された「ゼンマイブウトー」では無いか。 朴訥な雰囲気を醸し出す、オジーさんのコーナー。スベルべママは何個か購入です。どんぐりヘタなどを使い、色々な楽器を操る動物たちの姿を表現しています。 素朴な木工製品です。スベルべママは一つの菓子器に心を奪われてしまった。ある、近在の神社の神木でも有った古い杉の木を使ってい [続きを読む]
  • 第31回ふるさと会津工人祭り(その1)
  •  足掛け2日、延べ230キロの旅を終えて帰宅しました。奥会津三島町で開かれる「第31回ふるさと会津工人祭り」の案内の葉書きが届いていました。 9日の開催日ぎりぎりまで悩みましたが、畑仕事を猛烈な動きで消化し行くことに。そして、地元の皆さんにも驚かれたのだったけれど、なんと10日に宿のキャンセルが出て予約できたのでした。 朝の7時過ぎにじたくをしゅっぱつして2時間半ほどで三島町宮下地区に到着。工芸館 [続きを読む]
  • 「さわ」ちゃんの畑訪問
  •  午前中は授業参観日で午後は下校になったという「さわ」ちゃんがお母さんと山の畑に。オシャマでなんにでも興味津々な「さわ」ちゃんは山の畑も格好の遊び場で、学びの場所です。 ジャガイモが種類によって花の色が違うと話して聞かせると、「じゃ、これはなーに?」なんて質問の嵐。6種類のジャガイモの花の違いをすべて説明してあげました。 お母さんと、スベルべママとそして二人共通の友人も一緒です。スベルべも入り [続きを読む]
  • 「インカのめざめ」に土寄せ
  •  午後、里芋を植え終えてから山の畑に向かいました。スベルべは一人でせっせとさつま芋を植え、スベルべママも一人でカボチャの畝を作りそして植える。 朝からの重労働に疲れ果て「夕飯前に温泉に行こうか」と誘うと意外な反応。「トーちゃん、最後のお願いだけど雨が降り出す前にジャガイモの土寄せを・・・」なんて。 そうです。この日はニュースで「関東甲信」の梅雨入りが報道されていましたから。ま、「関東甲信越」 [続きを読む]
  • 連載115「早起きの効能」(その1)
  •        早起きの効能(その1)       三月も末近くなり、山の畑に行く農道も何時の間にか除雪車により開けられた。 雪に覆われた道を割ったばかりは、まだ一メートルを超える残雪だった。ようやく「マンサク」の花も開き始め、可憐な姿を見せてくれる。 つい先日まで、暗い中の散歩だったが、ようやく日も長くなり、早朝の散歩も明るい道を歩ける様になって来ている。 文字通り「春は曙」の気分を満喫しつつ、犬 [続きを読む]
  • 里芋植え新方式(その2)
  •  さて、掘り起こした里芋の種イモです。スベルべママが準備していた種イモに加え、発芽を心配したスベルべが追加したから結構大量です。 種イモを掘ったばかりの穴の脇に配置します。葉っぱばかりか、根も成長し過ぎたほどの発根状態。 この種イモを掘った穴の奥底深く植え付けるのが新方式。今まで、平鍬で苦労して土寄せていたが、新方式は成長に合わせ穴に土と追肥を足すだけ。  里芋は結局5畝に27個ずつで [続きを読む]