大坊峠のツッチー さん プロフィール

  •  
大坊峠のツッチーさん: いわて町はドンと晴れ
ハンドル名大坊峠のツッチー さん
ブログタイトルいわて町はドンと晴れ
ブログURLhttp://iwatetsuchy.blog.fc2.com
サイト紹介文岩手県の中山間地での生活から湧き出る喜怒哀楽を伝えます。農を営みながらの創作小話も笑えます。
自由文昭和26年生まれが過去を振り返りながら語ります。方言の訛りが出ますんで、宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2012/03/02 22:15

大坊峠のツッチー さんのブログ記事

  • K友の会
  • 昨日は、K友の会に参加してきた。場所は八幡平ハイツだった。T氏から誘われて今期から参加。各種の会があって、大変だから逐次脱会をしないといけない。と、思って行動して辞めたのもあるのだが、今度は別な誘いを受けるのだ。で、断われないのが、どうもね。まあ、しかし負担がなく、夜に飲めるのなら・・、いいかと。まあ、それぞれに特徴がある。私とは違う世界を歩いてる人、歩いた人と出会えると云うのがいいのだね。人の歩 [続きを読む]
  • 雨の日はドライブに
  • 朝から雨振りだった。それで、近場をドライブすることにした。九戸村に行ったことがないとSが言うので、場所が決定し、出発。葛巻町から抜けるコースで行く。九戸村らしき所を発見。東屋か浄屋か、何やらお出迎え。キツネ・タヌキ・馬?鹿?超大型のでんでんむし。「よく来たなっす・・・・」二戸方面行く途中で、立派な家を発見。空き家なそうだ。二戸から一戸へ。此処は、地切とか言う所で、御所の遺跡のすぐ近く、女房の親戚の [続きを読む]
  • 読書「敗残の記」から モロ族を知る
  • 戦記物を久しぶりに読んだ。「敗残の記」 玉砕地ホロ島の記録フイリピンにある島での戦闘での記である。米軍との戦いであったのだが、この島ではモロ族のすさまじい襲撃に悩まされて、さらに過酷な日々になった。写真では、今でも同じように存在しているような感じがする。旧軍の敗残は各地で悲惨な状態となったのだが、この島の戦いは、特殊である。6千人の日本軍が80人ほどしか生きて帰れなかった。米軍との闘い、飢えとの闘い [続きを読む]
  • 気になる後方からのライダー
  • 産直へ行く途中の国道を走っていると、バックミラーに、近づくオートバイ・・。どうも、おかしい。なんだろう。どこかおかしい・・・。よく見ると、頭が違う。角か耳か・・・、ヘルメットの上についていた。猫ライダー?キツネ ライダー?考えてる間に、追い越して行った。ああ云うヘルメットもあるんだな。仮面ライダーとか、派手なものもあるから、こんなものは普通か。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 町の健康診断、肺がん、胃がん検診を受ける
  • 今日は、町の健康診断で肺がんと胃がんの検診を受けた。受け付け早い人は5時10分頃から並んだらしい。私は5時40分頃に並んだ。20人ほどがいた。5時45分頃から受付を開始して始まった。天候は曇りで、風なし気温は18度くらいだったろうか。まずは、肺がん検診車へ今は男女混用で順番で受けるんですね。私の前は70代の婆さんでした。顔見知りですけど。上着は薄い下着一枚で順番待ちしてました。胃がん検診車胃がんの検診車は、真ん [続きを読む]
  • 岩手町川柳会、6月秀句の紹介
  • 6月の川柳の定例会は12日(月)に、行われました。今月に1名新規加入者がありまして、減少傾向にあったのが、少し賑やかになりました。それでは、今月の秀句を紹介します。席題 「おもてなし」ゆずられた席もおもてなしと思う          MS餅とそばおもてなしの代表作            SM強要のように椀コのおもてなし           YKほっといて欲しいお世話もして欲しい       MS何かを [続きを読む]
  • ああ!  電気柵の線が、外れている
  • 本日の朝、田んぼに行ったら、電気柵に異変が・・・。下の段の所の真ん中辺に線が無い・・・。近づいてみると、下にずり落ちている。切れてはいない。何者かが、侵入しようとしたか。それにしても、線を支えるグリップが地面まで下がっている。タイミングよく踏まない限り下がらないとは思うのだが・・・。線が切れていなかったので、張り直した。通電もOKだった。他に異常は見当たらなかった。この分で行くと、今後もこのような [続きを読む]
  • 久保小学校のプール清掃
  • 昨日の、午後の事。いわて町EM研究会は、岩手町立久保小学校のプールの清掃を、手伝いました。午後1時20分からの開始です。生徒は、7名で、新1年生は1名でした。「よろしくお願いします」EM研究会からの参加者は11名でした。かなりの年配なのですが、子供達にはまだ負けません。汚れたピールも、EMの活性液を入れたりして、すっかりと、きれいになりましたね。最後に隅まで水で流して、完了です。プール清掃主担当の [続きを読む]
  • 電気柵の設置、一夜明けて
  • 電気柵を設置して一夜明けた。朝起きると気になって、早速行った。当たりは静か。そして田んぼの周りに佇む柵。線もしっかり張っていた。動物が侵入したような形跡はなし。実際、鹿等が来たかどうかは、分からないけど。まあ、侵入防止の効果がないと意味がないから。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 電気柵の設置
  • 本日の午前中に、電気柵の取り付けを行った。資材はJAからの調達。で、JAの担当者と農業普及センターの職員がやってきた。普及センターの若い人たちの電気柵の設置の実習を行うとかで、人数が多くなって、助かった。資材を準備します。設置作業の開始。若い女性もいました。普及センターの職員ですかね。いずれも、熱心に作業をしています。ポールの次は、いよいよ電気の線を張ります。最終段階は、太陽光発電のパネル式の取り [続きを読む]
  • カモシカが家の裏に出現
  • 今日の午後、家の裏(北側)に、カモシカが現れた。岩を削った急斜面で、そこに、一匹が下りてきて、見下ろしていた。角がまだ生えていないようなので、まだ子供だと思われる。以前(6〜7年前)、成獣のカモシカが2匹降りてきて、その下にいた飼い犬と衝突し交戦した事がある。カモシカの角が犬の首付近にささり、出血した。急いで、カモシカを追い出すようにしたが、怖かったな。子供のカモシカとはいえ、挑発しないようにした [続きを読む]
  • 農作業の事
  • ジャガイモの葉が広がってきた。で、土寄せをすることに。管理機で、やろうかなとも思ったが、鍬でする事に。完成。今年は4畝だけだから・・。よそでは、もう花が咲き始めていた。私んとこは、あと1週間くらいかな。さて、こちらは田の状況。上の方下の方田植えから3週間が経過しようとしている。まだ、根がついてないところもあるようだ。電気柵の設置を計画しているから、柵の経路上を整備しておかなくちゃいけないけど、どう [続きを読む]
  • 岩手町の史跡巡り
  • 今日は、岩手町の史跡を巡る企画に参加をした。今回は、岩手川口地域の史跡である。まずは、川口の住宅地の中心部にある明圓寺、この寺は、結構古い。川口城址この辺からは、天気予報通りの雨となった。戦国時代までの城で、一寸小高い所に居を構えていたようだ。今は、鉄道とか道路が通って分断となっている。素人では、全体像が浮かんでこない。春風亭昇太さんにでも、見てもらったら面白いかも・・。秋浦の浄屋浄屋は、かつて部 [続きを読む]
  • ピーマン苗の定植、縛着
  • ピーマンの苗を植えて支柱を差し込んだ。次は、支柱と苗を縛る作業である。で、こんな器具を使う。白いテープで縛る。うまい具合にできている。定植の作業を終了した。昼を挟んで、約6時間の作業でした。手の指が真っ黒になってた。昨年と比し1週間ほどの遅れかな。よその畑を覗いたら、かなり成長していた。根をしっかり張って、追い付いてもらいたいな。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • びっくりしたな〜・・・
  • 実に気持ちの良い季節になってきた。新緑に包まれて空気はうまいし、ほんのり吹く風もまた清々しい。町を走行中、オートバイの音が近づいて来た。若者が、また格好をつけたオートバイに乗ってくるのだろうと、見ていたら、なんと・・・、おばさん・・、いやお婆さん?いや〜・・・、  ビックリだったねー。やるもんだね。いややれるんだよな。やるなら生きてるうちにやらないと。気持ちいいだろうな。気分爽快だろうな。爺さんは [続きを読む]
  • 地区の運動会準備は3区域合同のチームで
  • 6月末に沼宮内地区の運動会がある。我が大坊は、城山新町と民部田の3地区の合同チームとなっている。毎年チームリーダーを交代で受け持って行っている。今年は民部田が担当である。ちなみに昨年は城山新町だった。で、来年は大坊となる。で、昨日は合同役員会議で、担任・担当、選手の選考をおこなった。まあ、それで、そのあとは、懇親会である。毎年の事である。これもチームの結束というかコミニュケーションにはかかせないの [続きを読む]
  • ピーマン畝のマルチに穴あけ
  • ピーマンの苗を受け取って、今度は植え付けの準備だ。今朝は冷えた。10度を下回っていた。ハウスで育ったピーマン苗、慣れてくれたろうか。で、植え付けの準備をしなくちゃいけない。午前中は、雨模様だったが午後は回復し曇りとなって、畑に行って作業をする。畝マルチに穴をあける。間隔は50?だ。この穴あけ缶を使う。これで、一個一個開けて行く。まあ根気がいるね。今年は、500本の苗を注文した。昨年は400本だから [続きを読む]
  • 本日は、河川清掃の日
  • 6月4日(日)は、町の一斉河川掃除の日である。朝5時半からの作業開始で大坊川に入る。入るといっても、川の傍に家がある人達が主である。それぞれに持ち場があって、私の所は、およそ100m位を4件の家で受け持っている。一家から一人出るのが基準だから3〜4名が川に入ってごみとかを処理して歩く。概30分ほどで川の掃除は終わる。拾ったごみは、環境係の担当者が、軽トラで回収しに来る。そのあとは、花壇の作成組と公 [続きを読む]
  • 甥の結婚式が仙台で!
  • 甥の結婚式が仙台であった。仙台に行くのは、何年ぶりだろうか。東口の風景。随分変わった。人の往来も多い。土曜だからか。駅から1分とかいうホテルでの結婚式に参列。女房の姉の子(3男)で、甥になるとか。時折は、見ていたが何時の間にか、こういう年代になっていた。立派に成長したね。親としても、一安心だね。結婚式も、数年ぶりだ。久しぶりに、礼装などとなると、ネクタイがない、白いハンカチがない、靴が・・、靴下が [続きを読む]
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その6(最終回)
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その6(最終回)亡くなったタケ蔵は、花子に関する記事を集めたりして、いたんだな。それで、奥様は、私ぃに教えてけだんだな。梅ちゃんも教えてけだよ。タケ蔵は、中学3年になってから、「オラ、勉強する」て、言い出してな。ふんで、頑張って、高校に受かったんだ。みんな、どでんしたんだ。「本当かい・・」て。それを先生に伝えに行ってなや。「先生・・、オラ、高校に受かったぜ、ほんでさ、 [続きを読む]
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その5
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その5学校を卒業して、60年も経っていたが、タケ蔵の事はすぐに思い出した。イタズラの過ぎる男だった。そのタケ蔵が亡くなったと、奥さんから知らせがあった。私の事を色々語ってたと・・。私ぁ、同級生の梅ちゃんと埼玉さタケ蔵を拝みに行ったよ。写真のタケ蔵は、いい男になってたなや。たまげたなぁ。奥様は、笑って話してけだ。「うちのタケは、ずーっと、花子さんの事を思ってたんですよ」 [続きを読む]
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その4
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その4あのイタズラばっかりしてだタケ蔵は、結婚して、埼玉で働いてたんだ。タケ蔵の奥さんは、話してけだよ。生前タケ蔵は、「オラ、しっかりすねばなんね、ふんでねば、花子に叱られる、花子と一緒になれな」と、言ってたそうでがんしたって。「ありゃ〜・・まあ・・まあ、どでんしたよ」私ぁ、思い出したよ。タケ蔵のイタズラが、あまりにもひどいから、先生に「何じょにかすてけろ」いぇ、喋っ [続きを読む]
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その3
  • 方言小話:イタズラワラスの恋 その3ある日の事だった。タケ蔵の奥さんという人から電話があってなや。私ぁ・・、びっくりしたよ。何せなぁ、学校出てから50年も過ぎてたからな。埼玉に住んでたんだな。「主人が亡くなりました」てな。私ぁ、何のことか分からなかったんだな。タケ蔵の奥さんは、しゃべってけだぁよ。【続く】にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]