大坊峠のツッチー さん プロフィール

  •  
大坊峠のツッチーさん: いわて町はドンと晴れ
ハンドル名大坊峠のツッチー さん
ブログタイトルいわて町はドンと晴れ
ブログURLhttp://iwatetsuchy.blog.fc2.com
サイト紹介文岩手県の中山間地での生活から湧き出る喜怒哀楽を伝えます。農を営みながらの創作小話も笑えます。
自由文昭和26年生まれが過去を振り返りながら語ります。方言の訛りが出ますんで、宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2012/03/02 22:15

大坊峠のツッチー さんのブログ記事

  • ブログの再開
  • 義父の葬儀が無事終了しました。お心遣いを頂きありがとうございました。ブログを再開します。義父は89歳の生涯を閉じました。昭和3年生まれでしたから、戦後の世を、一所懸命生きた世代ですね。あまり多くを語る人ではありませんでした。今思えば、思い出話を聞いておけばよかったなどと、思っています。さて、空を見上げれば、「ピーヒョロロ・・・」の声が・・・・・・。トンビが2羽、羽根を広げて飛んでいた。近くの沢を歩 [続きを読む]
  • ブログの一時休止
  • 義父が昨夜、亡くなりました。ブログを、落ち着くまで休みます。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • (無題)
  • 今朝は、晴れ間が広がった。D家の、葉タバコ畑にマルチが張ってあった。昨日のうちに終えたらしい。行者ニンニクのポット苗苗売りできるように準備をした。6〜8本くらいに整えた。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 健康診断
  • 町の健康診断を受ける。15日の事でしたが、記述します。町の健康診断を受けました。受付後の、順番待ち。地域の指定日なので、知ってる人がやってくる。待ってる間も雑談できるから、時間はつぶせる。呼ばれた順に、離れていく。外には、検診のバスが。私は、心電図と眼底検査を受けた。毎年春の恒例行事である。まあ、健康チェックですね。今年は、体重が昨年に比して、グッと落ちて、75kg(80kg)だった。この分で行くと、 [続きを読む]
  • ウグイスの鳴き声を聴く
  • ウグイスの鳴き声を、昨夕に聞いた。友人からは、数日前に聞いたとありましたんで、この山裾も、そろそろだと、気にかけてました。そして、今朝、家のすぐ後ろから、ホーホケキョ ケキョ ケキョホーホケキョと、鳴き声が聞こえた。大きく、澄んだ声が響く。と、いう事で産直へ行って絵を更新した。お客さんも、少しいい気分になって、貰えるかな。なんてね。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 地域の総会
  • 本日は、地域の振興会の総会でした。毎年のことですけどね。私も、実家に帰って10年が過ぎました。副会長などを仰せつかって、前の方に座ったりしています。まあ、議案等の採決とか各班の役職(当番)の交代が決まると、総会は終了して、懇親会になります。来賓も、町長がきました。もしかして、重要な位置づけの地域なのかもしれません。今回は、女性の方が多かったですね。テーブルの2面を占めてました。にほんブログ村人気ブロ [続きを読む]
  • 岩手町川柳会:4月秀句の紹介
  • 岩手町川柳会、4月の句会は第2月曜の10日に行われました。今回、常連のMさんが都合で欠席。参加者は4人となり、テーブルが歯抜け状態となってました。投句の参加者が5人なので、席題を除き句の方は集まってました。さて、今月の秀句を紹介します。席題  「はしご」はしご酒 赤ちょうちんが目に浮かぶ          KM若い時 飲んだ飲んだよ はしご酒           TH駄菓子屋から 豆腐屋そして 野 [続きを読む]
  • 春一番の風の後は石積
  • 昨日は、雪が降って冷え込み、そのあとは、春一番の風なのか、風が強くて外に出れなかった。本日は、ようやく風が弱まり、作業ができるようになった。で、久しぶりに、道路整備で、石積みをやった。昨年からの続きである。自分の畑とかあった石をほとんど使ってしまったから、積み上げる石がなくなってしまった。ある程度の大きさが必要だからね。あんまり大きいと、重量で持ち上げれなくなるし、何事も、スムーズにはいかない。も [続きを読む]
  • 雪が降った〜・・・
  • 昨日の夕方から雪が舞うようになっていた。で、朝起きたら一面真っ白。道路は何とか溶けてはいた。ボケの花芽。ボケの花の芽が、少しずつ膨らんできているのだ。一昨日まで、5月中旬ころの気温だー、などと浮かれていたのに。今朝の天候で、縮み上がってるのではないか。まあ、しかし、まだ霜が降りる日もあるからな。それぞれの花芽を準備している植物は、こういうことは想定内なのかもしれない。厳しさに耐えて咲く・・・、です [続きを読む]
  • ま、こんな話
  • 呪いの藁人形というのがあるらしい。聞いたことがある。何かの本でも読んだような気がする。草木も眠る午前2時ごろ白衣をまとい髪を乱した女が頭に蠟燭をともし・・・・藁人形に五寸釘を打ち込む藁人形には、名前を書いているのだそして、その相手は、胸を押さえ苦しみ・・・と、いう事があったらしい。本当だろうか。などと、考えたりする。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 行者にんにくの収穫
  • 今朝は冷えた、−6℃。水道の水の出が、悪かった。シャーベットになって、しばらくタラタラで、やがてジャーと出て安心した。「危ない、危ない」霜が降りていたが、7時頃には気温がぐんぐん上がってプラスの5℃位までになった。で、行者にんにくを取りに行ってきた。まだ、少な目でこの位の収穫だった。産直に出荷するのがなくなってるからね。もう少し、欲しいのだけど。まあ、しょうがない。にほんブログ村人気ブログランキン [続きを読む]
  • この天気に、じっとしてられない人
  • 所用で、八幡平方面に行った。ある地点で、見たような人を発見。Kさんだった。「何してるんですか」「今から、トーモロコシの種を蒔こうかと思ってね」「えー、まだ早いんじゃないですか」「いや、もう蒔いたんだけどね・・」てな事で、しばし農業談義となった。Kさん、畑を2か所ばかり借りて、野菜等を植えて楽しんでいるのだとか。で、カボチャの種は植えたそうだ。そして、トーモロコシも、10年程前の種があったので、植え [続きを読む]
  • 山ブドウの畑を半分処理
  • 山ブドウを3列植えてたが、2列を処理した。植えてから8年程になりますか、最初のころは結構、沢山実をつけてたが、年々減少し、此処2年程はゼロに近い収穫量となった。原因はいろいろあるのだが、対策ができない。虫にやられる。気が付いたら、葉っぱが穴だらけになっている。そして、実も全滅。手がかからないと思って、やったのだが、どうやら手をかけないと、うまくいかないようだ。路地野菜をとかをやってると、果樹に手が [続きを読む]
  • 栄枯盛衰の墓?
  • 薬師山神社の近くにある墓糠森の地名を残しているので、糠森家の墓なのであろう。詳細は分からない。この付近に、古墳らしきものもあったと言うので、捜してみたこともあったが、分からなかった。墓は語らず・・・。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • タイヤ交換をする
  • 昨日から気温がかなり上がってきた。雪も、もう大丈夫だろう。と、いう事で、朝一番の仕事はタイヤ交換でした。夏タイヤにすると、やはり走りの爽快感が増すね。何処か遠くへ行きたくなるような気分になる。まあしかし、農家はこれからが休み返上の毎日になるからね。近場の走りだけど、気分だけでも良くして・・、ですね。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 春の息吹、行者にんにく
  • 4月になって雪も大分解けた。朝の冷え込みも和らいできた。やはり何かウキウキですね。さて、ハウスの中に少量植えてる行者にんにくが伸びてました。もう食べれそうです。こちらは、畑のにんにく、雪解けを待って緑の色が一段と濃くなってきました。こういうのも、成長が楽しみになります。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 畦(水路)の整備
  • 雪が解けると、雪解け水が流れる。そして、畦があふれてしまう。で、水流を確保する為の作業をする。例年、この時期にやる作業である。木の葉とか、水草とかが生えて水の流れが悪くなっているのを、早めに直してやらないといけない。この法面も、早々に灌木の処理をした。この先、少しづつ作業が出てくる。にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 方言小話:弁当交換するべ その3
  • 方言小話:弁当交換するべ その3「ほれオラのとよ、取っけこよ、なあ・・・すべ」「ああ、いいよ、うだけどオラのは、稗のマンマだじゃ」「稗のマンマ、なんに、オラのもだ、同ずだべ」てな、ふんで、弁当交換すたっけな。オラは、オメの弁当をよ、美味ぇな美味ぇなぁって食ったけな。オメも、「この、キュウーリの漬物、美味ぇなぁって食ってなや」それで、オラ、面白ぇくなってなや。ふんでさ、他の人さも、「がぁ・・、よう、 [続きを読む]
  • 方言小話:弁当交換するべ その2
  • 方言小話:弁当交換するべ その2漬物は、汁のしょっぱいのが、マンマさ、しみてな、丁度よかったなや。オラの隣は、オメだったな。なぬ! 覚えてねってか。まんず、年取ったもんだな。まあ、60年も経ってんだからしゃーねえーか。あんときゃな、オメの弁当見たら、なんたら、はあ、たまらなく食いたくなってなや。「ガァの弁当、美味そんたな、オラの弁当と、とけっこすねか」てな。「弁当?」続くにほんブログ村にほんブログ [続きを読む]
  • 方言小話:弁当交換するべ
  • 方言小話:弁当交換するべオラ達はよ昭和33年に、小学校さ入ったんだっけな思い出すなやほら・・、学校さ弁当持って行ったべ朝、マンマ食ったらさワレの弁当さ、マンマ詰めたもんだよな続く※ 同級生の新年会時に思い出話に花を咲かせた時の話です。 あそうだっけかな〜・・・て。にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 方言小話:スイカ泥棒その6
  • 方言小話:スイカ泥棒 その6スイカ泥棒に、大きなスイカを取られた爺ちゃんとセツ子は、スイカに名前を書いたのでした。そして数日後、スイカが食べごろになったのでがんした。「おおーい、皆、畑いくべー」「なんで、なんで」「スイカを食いにさー」「わーい、スイカだスイカだー」セツ子達、家族みんなで畑さ行ってなや、スイカ取りをしたんだな。「ほれ、番号書いてあるだろう1番をマンズ、取れ」セツ子達は、番号の1番を取 [続きを読む]
  • 方言小話:スイカ泥棒その5
  • 方言小話:スイカ泥棒 その5お爺ちゃんは、マジックでスイカに名前を書くのだった。「森野か・・・、いやひらがながいいな・・・もりの1 とな」「爺ちゃん、もっと太く書いたら・・・」「う、・・そうだな、よしよし」お爺ちゃんは、字を重ねて書いて一目でわかるようにしたのでがんす。「もりの8・・号・・と、これは、もりの9号・・だな」「爺ちゃん、いっぱい書いたな」「ああ・・、あとはまだ小さいから、いいか」爺ちゃ [続きを読む]
  • 方言小話:スイカ泥棒その4
  • 方言小話:スイカ泥棒 その4スイカ泥棒が又やってくるんじゃないかと、爺ちゃんとセツ子は、心配になるのだった。「そうだ、セツ子、墨と筆を持ってこい」「墨と筆・・・? 何するんだ」「スイカさ、ほれ・・、名前を書いておくんだ」「スイカに名前を書くってか」「そうだ、泥棒もよ、スイカに名前があったら取らねえべよ」「そうか、オラ、墨と筆、持ってくる」セツ子は、家さ走って戻って行ったのでがんした。「爺ちゃん、墨 [続きを読む]