hiro さん プロフィール

  •  
hiroさん: ジャーナリスト・久保田弘信公式ブログ
ハンドル名hiro さん
ブログタイトルジャーナリスト・久保田弘信公式ブログ
ブログURLhttp://kubotahironobu.blog53.fc2.com/
サイト紹介文世界中で活躍しているフォトジャーナリスト久保田弘信のブログ。世界の人々の表情が伝わる写真は迫力。
自由文海外ルポのブログだけでなく日本国内でおきた日常の記述もあり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/03/03 14:24

hiro さんのブログ記事

  • ブリスベン到着
  • 4月20日シンガポールからブリスベンへのフライトはお隣の席が空いていたので、ゆっくり寝ることができた。羽田〜シンガポールが殆ど眠れなかったので、ブリスベンまでのフライトで休息できたのがありがたい。7時間ちょいのフライトで無事ブリスベンに到着。そして、初のオーストラリア入国。先に書いてしまったブログ参照 初オーストラリア入国日本の成田空港は都心からとても遠いが、海外の空港は都心まで近いケースが多い。 [続きを読む]
  • 20数年ぶりのクラークキー
  • オーストラリアへ取材に行くのにシンガポール航空を利用した。せっかくのチャンスなので取材帰りにシンガポールに立ち寄った。2年前、ピースボートでシンガポールに立ち寄ったが、セントーサ島とマーライオンを見ただけですぐにチャンギ空港に向かい、そこからカンボジアへ飛んでしまった。今回、本当に何十年かぶりにシンガポールの街中を訪れた。安宿をボートキーにとり、屋台飯でラーメンを食べた。そこから昔懐かしいクラーク [続きを読む]
  • To Singapore
  • 4月19日予定より40分程遅れて離陸。日本の領空を出るどころか九州にもたどり着かない場所で20日、僕の誕生日を迎えた。久しぶりに利用するシンガポール航空は満席。機内食が、、なんとメロンパンだけ。ワインを頂けたのが唯一の救い。誕生日を迎えた最初の食事はメロンパンとワイン。ちょっと寂しい機内での誕生日となった。シンガポールトランジットトランジットのセキュリティーチェック。荷物をX検査機に通した後、係官 [続きを読む]
  • 初オーストラリア入国
  • シンガポール経由でブリスベンに到着した。羽田からシンガポールは満席だったが、シンガポールからブリスベンは空席があって、ゆっくり眠ることができた。僕が初めて訪れた南半球の国はパプアニューギニア。そして7〜8年前にようやくニュー・ジーランドを訪れた。なぜか日本人旅行者が最も多いオーストラリアへ行く機会がなかった。今回、ようやくオーストラリアを訪れる機会が巡って来た。オーストラリアの入国はちょっとドキド [続きを読む]
  • 4月19日 誕生日前日
  • 4月19日諸々日本でやることを済ませ羽田空港に向かう。フライトが22:55のため八王子を18時に出る。新宿経由で品川から京急で羽田空港国際線ターミナルへ。成田空港に比べると近くて楽なんんだけど、通るルートが旅行とは関係ない普通のサラリーマンが利用するルートなのが大変。ラッシュアワーを迎えた新宿はいつもの通り戦争状態。大きなスーツケースを持った僕など「なんでここにいるんだ!」って目で見られる。京王線 [続きを読む]
  • My Birthday
  • 海外で誕生日を迎えることは何度もあった。これは、意外と日本で迎えるより良いかもしれない。むか〜し、昔。パキスタンのラーワルピンディーで誕生日を迎えた時、ゲストハウスのオーナー、サイードがbirthday cakeを買ってきてくれ、その時宿泊していたゲストと一緒に祝ってもらった。アフガニスタンでの誕生日は、、ちょっと寂しかった。イラクでは当時いた日本人が集まってお祝いしてくれた。今年は、生まれて初めて飛行機の中 [続きを読む]
  • 高尾山、薬王院
  • 4年連続でお正月初詣に訪れた高尾山、薬王院。毎年、世界平和を祈念するも、未だ世界に平和が訪れることはない。占いとかおみくじが嫌いな僕だが、何故か毎年高尾山では天狗さんが付いてくるおみくじを引いている。いろんな色の天狗さんがあるはずなのだが、3年連続で赤色の天狗さんばかり。もしかして、他の色ってないのかもと思っていた2017年。おみくじはなんと!大吉。そして天狗さんは初の白色。良いことだけは信じたい [続きを読む]
  • 22歳の友
  • いろんな縁が重なり合って出会った友がいる。その友は22歳。って最近知った。年下とは思うが、僕の感覚で5歳くらい年下な感じ。彼の年齢を知った後でもそう思っている。不思議な、邪気のない友。何故か落ち着いていて、大人の雰囲気を感じる友。彼と出会うきっかけになった人より,彼との付き合いが深くなっている不思議。そして、彼からの繋がりで新たな出会いが生まれてくる。人の縁に感謝。この数年、多くの友を亡くし、僕自 [続きを読む]
  • 我が家の河津桜。
  • 我が家の河津桜がようやく咲き始めた。今年も濃いピンクの花が咲いた。メジロさんだろうか、桜の花の蜜を食しに来てくれた。ちょっと田舎な八王子だけど、こんな場所に住めること、幸せと思う。久保田ショップ [続きを読む]
  • 鳥取、意外な鳥取、面白い鳥取
  • 鳥取を訪れてみて、あ〜、これって鳥取だったんだ〜!と思うことしばしば。誰もが知る因幡の素兎。鳥取が伝説の地だとは知らなかった。兎さんの強い思いで、今では恋人の聖地となっている。海岸通りを通っていると、なんだか面白い石が。。ここから覗くってこと?そして、ちょっとお茶目な撮ってちょ〜台。われは海の子、この童謡も鳥取だった。めっちゃ細いお家も。何かと興味を惹かれる鳥取。久保田ショップ [続きを読む]
  • 湯村温泉へ
  • 鳥取の大自然とサンセットを満喫した後は湯村温泉へ連れて行ってもらった。関東に住んでいるとあまり実感がわかないが、鳥取から兵庫の県境へはあっという間だった。温泉卵を作る場所があったが、残念なことにご近所のお土産物屋さんが全て閉まっていて、温泉卵は作れなかった。湯けむりの向こうに見えるお地蔵さんが良かった。湯けむりとまんまるお月様。久保田ショップ [続きを読む]
  • 鳥取の夕日
  • 友人の案内で海岸線をドライブ。狭い路地の漁港がとても素敵な雰囲気。夕日が見れる絶景ポイントに連れて行ってもらった。僕の友人は元バックパッカー!感と運がいい。別に時間を気にして動いていないのに、ちょうどいい時間にスポットに到着し、サンセットを見ることができた。雲に邪魔されず、水平線に沈む太陽を見れるのは久しぶり。沈み始めたら早い。こんなとき、地球の自転速度がとっても速いと実感する。鳥取の大自然を満喫 [続きを読む]
  • 鳥取の大自然
  • 鳥取砂丘の先端からみた海は碧くてとても綺麗だった。日本でもサーフィンを始めた僕、サイズはないがきれなブレイクの波に見えた。もちろん、サーファーは一人もいなかった。鳥取の友人曰く、他にいいサーフポイントがあるそうだ。近年、砂丘ではサンドボードというものが流行っているらしい。が、いつか、鳥取砂丘をサーフボードを持って横断して、誰もいない海でサーフィンをしてみたい。まだまだ続く鳥取シリーズ久保田ショップ [続きを読む]
  • 羽田から鳥取へのフライト
  • 4〜5年ぶりだろうか、講演のため鳥取へ行くことになった。久しぶりに窓際席を確保。お天気も良く、羽田〜鳥取便だからこその風景を満喫する。離陸してすぐ、ディズニーランドとディズニーシーが見えた。写メ撮ろうかと思ったけど、ちょいと恥ずかしくて遠慮した。ウトウトしかかった頃前方左手に富士山と富士五湖が見えてきた。10数分ごには我が故郷に近い木曽三川が見えてくる。30000フィートの高度からだと日本列島の横 [続きを読む]
  • コスタリカ写真from google photo
  • 最近、Facebookで過去の思い出が出てくるサービスがあり、海外渡航が多い僕としては懐かしいな〜!と思うことが多い。そんな中、google photoでも過去の思い出写真が突然出てきた。軍隊を持たない国がどんな国か見たくて訪れたコスタリカ。そのまま南米に下るつもりが、コスタリカの自然と人に魅せられ一ヶ月以上コスタリカに滞在してしまった。僕がもう一度訪れたい国リストのかなり上位に位置づけられている国だ。久保田ショップ [続きを読む]
  • 岐阜駅での写真展
  • 岐阜駅隣接のハートフルスクエアGにて写真展とトークセッション開催します。写真展は3月17日から3月26日まで、ハートフルスクエアG一階、岐阜市立図書館分館前。3月24日19時から1時間トークセッションハートフルスクエアG、中研修室。大垣東高校の恩師による企画で、写真展とトークセッションを開催します。今回は15年目にして初めて恩師とのトークセッション。恩師が僕から何を引き出してくれるのか楽しみ。写真展 [続きを読む]
  • CP+ ベルボンの新製品
  • この10数年の技術革新は写真界にとって大きな影響を及ぼした。デジタルカメラの進化によって撮影の方法、撮影できる環境、撮影に持って行く物など大きく変化した。僕のように海外取材がメインのカメラマンにとって、毎回100本近くのフィルムを持参しなくて済むのは大きなメリット。そのぶんノートパソコンや、バッテリーが必需品となってきた。今回CP+を訪れ、進化したのはデジタルカメラだけではなく、周辺機器も大きな進化 [続きを読む]
  • 我が故郷大垣市
  • 我が故郷大垣市、先日写真展と講演をさせてもらった文化センター近くを走っていると、中央分離帯に鳥の置物を発見。こんなところにデコイを置いて、お友達の鳥を誘っても意味ないのにな〜と思っていると。鳥の置物が動いた。つまり、鳥の置物は置物ではなく本物だった。街中にサギがいる。大垣で暮らしていた頃は当たり前だったことなのに、東京に住んでいると奇跡のように思えてしまう。そこそこ大きな街なのに、まだまだ自然が残 [続きを読む]
  • 足立区母親大会&バレンタインデー
  • 2月26日、足立区の母親大会で講演させたもらった。母親大会は青森、奈良に続いて3回目。子を持つお母さん達は命の大切さを最も感じてくれる人たち。無事講演を終了し、お弁当を頂いていると、「久保田さん、遅いけど、バレンタインデーのチョコレートあげます」と一人のおばさまがチョコレートをくれた。今年は義理チョコさえ一つも貰えてなかったので、ちょっと嬉しい僕。今はなき僕の母親に近いお年の方々が、あれこれプレゼ [続きを読む]
  • 神楽坂のネコ
  • 滅多に訪れない場所、神楽坂。会合があり久しぶりに訪れた。携帯のマップを頼りに目的のお店に向かう途中、マンションの前にネコさんを見つけた。ポケットからiPhoneを出し、シャッタ音を消して一枚撮影。都会のネコなので、すぐに逃げてしまうかと思ったが、そのままお座り。回り込んで、もう一枚。待ち合わせの時間には余裕があったので、5分ほどこのネコちゃんと遊んだ。久保田ショップ [続きを読む]
  • 戦場カメラマン、モモクロのライブへ行くの巻
  • Pちゃん(久保田のこと)モモクロライブのチケットあるけど、行かない〜?とダーツ仲間から誘われた。この数年、何度か誘われていて、興味はあったものの行く自信がなく、なおかつタイミングが合わず断り続けていた。3月12日横浜アリーナでバレンタインイベントがあるんだけど、普通のライブと違ってイベントだから初めてでも行きやすいと思うよ。と。その日はお勉強のために某講演会に参加する予定だったが、諸事情のため行か [続きを読む]
  • 我がブログ初の犬話
  • ネコ好きの僕。ブログのカテゴリーに「ネコ」があるくらい。でも、実はネコに限らず動物全般が大好き。子ども頃、我が家には犬、ネコ、ニワトリ、ウサギ、うずら、カラス、ハト、インコ、熱帯魚、などなどたくさんの動物が一緒に暮らしていた。ニワトリとうずらはお祭りで買ったひよことうずらのひな。大体、すぐ死んでしまうのが定番だが、我が家はなぜか大人になってしまい、近所からうるさい!とクレームが来るくらいだった。今 [続きを読む]