古藤凛 さん プロフィール

  •  
古藤凛さん: 凛とした何かを求めて・・・
ハンドル名古藤凛 さん
ブログタイトル凛とした何かを求めて・・・
ブログURLhttp://porcelainpaint.blog137.fc2.com/
サイト紹介文算命学の観点から今を考察するブログ。ヨーロピアン磁器絵付の作品も発表しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/03/03 15:44

古藤凛 さんのブログ記事

  • Fake
  • ずっと気になっていた映画 算命学の勉強になりました。あの騒動の時、これってこの人 ほぼ天才に近いクリエーターだよねこれってこの人 二面性あって、焦燥感の塊で、金銭的困難に陥ると、情を捨て去り理性だけで金を掴む質…と解釈していたのがほぼ的中何でもすぐに人を頼り、繊細で 傷つきやすい男性には、ひと言も小言を言わず、黙って信じ どんな人でも来てくれる人を心をこめて接待し、寄り添い続け 待ち続ける ... そ [続きを読む]
  • 生徒さん制作のデミタス
  • 生徒さんが、昔からのご友人様の為に心を込めて描かれた作品2脚制作で、ひとつはご自分用年齢を重ねると、食後のコーヒーはデミタス位が丁度いいとか。遠く離れている所に同じカップを使ってくれるご友人がいるなんて、いいですよね(o^^o)こんな素敵なプレゼントが出来るって魔法の技術?? [続きを読む]
  • プラットフォーム
  • プラットフォームと著作権ビジネスについて学んで来ましたが、近頃読んだ本と映画がオーバーラップグローバル化とは、アメリカひとり勝ちの植民地化政策未来の模索は過去から、歴史から学ぶ事でヒントを見つけよう。理由は…そこにビッグデータがあるのだから。薩長史観論ではなく、維新の時代の正しい分析 今こそ必要なのかも知れません。 [続きを読む]
  • 算命学カウンセラー協会 第二回総会
  • 皆様にお力添えを戴きながら… 算命学の発展に尽力します。 来年の今頃はどんな未来になっているのかな。今日の講義にもあったけど、未来とは今の自分が想いを語らないと生まれない。暗い想いを語ると 暗い未来… 明るくて楽しい想いを語る事で 明るい未来算命学の未来に願いを込めて…  [続きを読む]
  • 京都出張
  • 東洋史観の先生にご挨拶しに京都出張一族が眠る墓地も京都ご先祖様のお墓 始め知った実家 山脇の姓 正しくは 月の上に力3つ何か力が湧いてくるような…  [続きを読む]
  • 私の師匠は生徒さん
  • 花を教えていた時から、私が進化したのは教えるようになってから。そしてその技術能力を維持していられるのも、生徒さんがいてくれるから。生徒さんを進化させればさせる程、相対的に私も進化し、仕事全体のクオリティも上がっていく。算命学は人生最後の仕事なので、是非女性教育として大きく進化させたい。その目標に近づけるには、協会のメンバーが算命学を教えられるように成長させる事。教えることは何よりも成長し、そして経 [続きを読む]
  • クルーズ2017
  • 今年のクルーズの仕事が始まりました??毎年定期的1週間旅をする船の仲間は不思議な存在。今回は初日凄く揺れましたが、どんな環境でも仕事を極められる全くの異業種のプロの方との交流は、非常に刺激的な毎日です。24年間やっている仕事なので、24年前にやっていた仕事で依頼されている為、アート&クラフトの先生に久しぶりの変身です( ^ω^ )指先動きません^^;時代の変化を感じたのは、昔はユザワヤ行ったりあちこちで材料を仕 [続きを読む]
  • 還暦祝い
  • 主人の還暦パーティ in アンシエント軽井沢太陽にも星空にも恵まれ、友人や親戚たちに囲まれた、素晴らしいパーティでした。皆様 本当にありがとう!皆から主人へのお祝いは 素晴らしすぎるコンサート友人達が忙しい中演奏に来てくれました。 本当に本当にありがとう!https://www.youtube.com/watch?v=3mIbS9Ev9O4&feature=youtu.be [続きを読む]
  • 極の世界
  • 今週から我が家にホームスティ中のギタリストぷう吉さんは 算命学的に言う所の《最身弱》従星も数理法数値も極めて低く、 一般的用語で言うと、生態エネルギーが非常に弱いそれなのに… だからこそ… 素晴らしい曲を作る。  透明感のある音を奏でる。どうやって作曲するの?って聞いたら、ぎりぎりまで自分を追い込んで作るんだとか。極限まで追い込む… 芸術家の星 天極星の世界観つまり、エネルギーが弱いから 極限が… [続きを読む]
  • 九州 小倉
  • 生まれて始めての 北九州…小倉本州から九州に入る 入り口にある街福岡には何度も行ったけれど… 中々ご縁がなく行く事のなかった始めての地福岡のような大都会ではないけれど、整然とした綺麗な街都会なのに、人の数が少なくて すっきり広々… アメリカの街のよう人口が減るとこんな風になるのかな。 ゴミゴミしていなくて すっきり広々…福岡にも1時間交通の要所なので、人の出入りが多い割には、大都会でもなく… かと [続きを読む]
  • 陽明学入門
  • 私達の心の底に流れている倫理観・思想背景を学びたくて… 陽明学の門を叩きました。明の時代の思想家 王陽明陽明学は母国中国 隣国韓国ではほとんど評価されず、遠い日本の幕末の志士達の心の支えとなり、それが明治維新へと引き継れ、奇跡的な日本の文明開化の原動力になった思想的哲学です。学ぶ事 非常に多し。算命学が皇帝の秘儀といわれた理由が、中国古典を学ぶと良く分かります。理由は 算命学は理だから。天の学問は [続きを読む]
  • 知るということの大切さ
  • ずっと気になっていた映画を観に行きました。これ…絶対に観た方がいい。 青山イメージフォーラムですタイトルをみると、ジャンクフードを食べて人間の身体がどうなるか…のドキュメンタリーだと思うけど、大間違い《新鮮な野菜中心の家ご飯》を辞めて、《健康 ナチュラル オーガニック》と表示されている商品を 60日間食べるとどうなるか…とう映画でした。ちゃんと運動も続けていて、変わったのは自炊するかどうかの違いのみ [続きを読む]
  • 意味の無意味の意味… by 村上隆
  • 天干金性一気格宿命南方二重害戌亥天中殺玉堂2個&石門2個&牽牛1個天庫2個&天恍星オマケに41歳〜 南方四重害で 現在 二連の天剋地沖 × 同世代そんな宿命所有者の世界を知りたくて…村上隆の五百羅漢図展に行きました。全長100メートルの作品 美大生200名を集め24時間体制で1年間で作成。驚異的なチームワークとエネルギーさすが金性一気格の石門所有者そしてテーマを古典から持ってくることで、今までと違う世界観に到達 [続きを読む]
  • 孤高な白鳥
  • 趣味兼 算命学の勉強の為に… 文化村で上映されている 《ロパートキナ 孤高の白鳥》を観に行きました。知る人ぞ知る ロシアバレエの至宝Ulyana Lopatkina宿命を観ると、 えっ こんな命式だったの? と思われる命式これであの表現力 その謎を解く事で、運命の改良法が見えてくる。ロシアバレエの奥深さを学ばせて戴きました。《我が子に、バレリーナーの才能があるか》《ピアニストの才能があるか…》などの質問に、《うー [続きを読む]
  • 用心の為… クラス休講
  • 今日のコンサルタント講座昨日の天気予報で《雪が降る!》という予報があった為、本日 クラスは休講しました。交通機関は先日程 乱れないとの報道でしたが、予知学・予測学を学ぶ者として、予報が出ている以上 可能な範囲で、危険回避私の場合、自分独り 単独で動く事業は 西方半会他人様が絡まなければ 大雪でもなんのその貫索的行動は 半会で動きますが…生徒さんや クライアントさんが絡む 石門関連の事業は 東方対沖 [続きを読む]
  • 花の世界の進化系
  • 日本橋で開催中の Flower the naked展を観に行きました。http://flowersbynaked.com/光と映像と香りで織りなす花の世界白い花々にプロジェクションマッピングで仮想の花を描きだすという、今まで見た事のない花の展示会最新鋭の技術を駆使したセンスの良い素晴らしさ。天国ってこういう世界かもね!って一人夢心地白い花はどれも手作り誘ってくれた友人のお嬢様がこのプロジェクトに参加されていて、徹夜で作られた…との事手作り [続きを読む]
  • First Emperor
  • 今日は仕事が早く終わったから、ずうっと行かねばと思っていた上野 国立美術館に??算命学を学ぶ者にとって始皇帝は外せません(^。^)時期をずらしたおかげで等伯の松林図屏風も展示されてあり、見る事が出来ました。あの時代に…コレ描いたか??としばし呆然あの時代だからこそ描けたのかも知れず、色々と考えさせられる一日でした。干合 生月冲殺の世界観利休と等伯は同世代人戦国の最期の時代、日本人はこういう美意識を生み出 [続きを読む]
  • Symmetrical (左右対称)と Asymmetrical (左右非対称)
  • 昨日 曼荼羅を描いていらっしゃる方にお会いしました。素晴らしい幾何学模様のデザインの世界何と 点描で描いていらっしゃるとか!点描っていうことは 1点 1点の積み重ねです筆の動きを水で楽しむ 磁器絵付けや水墨画とは違い、点を重ねていく世界観多大なる根気とデザイン力を必要とする世界です。点描曼荼羅の面白さは何かと伺いましたら…左右対称 Symmetricalの世界を 1点1点描く事に 心の安らぎがあるのだそうです。 [続きを読む]
  • そんな事やっている時間…ないよ
  • 日本の中枢機構は、一体何を考えているんだろう?政府は世帯年収の向上を掲げていたが その目途も立たず、結局は女性の労働を促進し、ダブルインカムにより世帯年収を向上させるという《一億総活躍社会》に矛先を変更だったら女性が活躍しやすいように制度を変えるべきなのだが、明治時代から続く夫婦別姓問題もペンディング女性役員登用などで考査する 女性の社会進出度は先進国でも最下位だ。外国人の家事代行サービス就労に関 [続きを読む]
  • 増上寺サミット
  • 今日は 《丙申》年を多角的に考察する 算命学カウンセラー協会 増上寺サミット非常にアカデミックで思う存分未来について語りつくせた とても充実した1日でした。それにしても…こんな素晴らしい所 歴代の徳川将軍の墓地の真後 江戸を守る役割を担った寺院の真後ろに… 電波塔である東京タワーよく反対される事なく 許可されたものだと… ちょっと不思議 非常にシュールな光景…パワーを集めてくれているのか、邪魔して [続きを読む]