マッキー『人生のシフト』著者 さん プロフィール

  •  
マッキー『人生のシフト』著者さん: 自分を変える旅から、自分に還る旅へ☆人生のシフト
ハンドル名マッキー『人生のシフト』著者 さん
ブログタイトル自分を変える旅から、自分に還る旅へ☆人生のシフト
ブログURLhttps://ins8.net
サイト紹介文翻訳家の山川紘矢・亜希子ご夫妻、あさりみちこさんとの共著『なんだ!こんなふうに生きればよかったのか』
自由文となりのアルケミストからの手紙
https://ins8.net
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2012/03/04 21:40

マッキー『人生のシフト』著者 さんのブログ記事

  • 僕たちの意識は5次元にある?
  • 僕たちが一枚の写真を眺めるとき、その写真の2次元世界は、すごい近くにあるともいえるし、めっちゃ遠くにあるともいえます。その写真の中のどこを探しても、それを見ている自分は存在していないからです。それでは、自分はどこにいるのか? [続きを読む]
  • 自分の位置があるー自分が何処かに在るーという思いこみ。
  • あたらしく提示されたアイデアは、還元主義的な考え方、機械論的な考え方、つまり「物質によって宇宙ができているのだ」という思いこみへの往復ビンタのようなもんです。物質はそこにあり、時間の経過で例えば移動して、別の物質にぶつかったら、それが原因となって結果、ぶつかった物質が弾かれる……というような、あくまで時間と空間(TSI)の中に確固として存在している物質……これは当たり前の見え方でした。 [続きを読む]
  • タオとキーボード(太極の意味)
  • 僕は英字でこの文をタイプするので、文字入力のために30に満たないキーが並んでいます。そのキー情報はバラバラに配置されていて、あらかじめ固定された前後関係を持っていませんし、あらかじめ決められた意味もここには存在はしていません。そして、こうやって順番に画面に映ったキーに触れていくと、そこに関係と言葉と意味が生まれていくわけです。 [続きを読む]
  • 世界を客観的に観ること。
  • 人は「世界を客観的に観ること」などできない。なぜなら、見ること、それ自体に自分も参加しているから。人は「世界を中庸な見方で観ること」などできない。なぜなら、自分との差異から生まれる意味を使って、はじめて見ることができるから。 [続きを読む]
  • アテンションの解放と自我の回収法。
  • コントロールが「いけない」わけじゃないんですよね。コントロール「しなくちゃ」という「思いこみ」を手放せ、という意味です。本質的にコントロールできているときを思い出してみてください。きっと、その状況からコントロールは消えているでしょう。逆に、コントロールしよう、と思うときは、コントロールを失っている状況です。 [続きを読む]
  • 引き寄せない法則。
  • つまり、引き寄せようと思ったら、引き寄せたいものの「欠乏」と、なかなか引き寄せ「られない」世界が前提となっているわけで。もし、その反対を前提とするなら、引き寄せる必要自体がありません。むしろ、引き寄せなくていい。 [続きを読む]
  • ビッグバンの瞬間に運命は決まっていた?
  • 選択がひとつの結果であれば、その原因は「自由意志による選択」ということになりますよね。そこで、よく考えてみると……その原因ですら、何かの結果にしか過ぎませんから、あらゆる意志選択は無限後退しがちです。 [続きを読む]
  • ビッグバンの瞬間に運命は決まっていた?
  • 選択がひとつの結果であれば、その原因は「自由意志による選択」ということになりますよね。そこで、よく考えてみると……その原因ですら、何かの結果にしか過ぎませんから、あらゆる意志選択は無限後退しがちです。 [続きを読む]