しゅう さん プロフィール

  •  
しゅうさん: 車通勤メタル!
ハンドル名しゅう さん
ブログタイトル車通勤メタル!
ブログURLhttp://ameblo.jp/syu-box/
サイト紹介文メタル&プログレ好き保育士。その日聞いたCDの私的レビューを書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/03/05 18:50

しゅう さんのブログ記事

  • X OPUS/ The Epiphany…2011年
  • アメリカのプログレ・メタル・バンドの1stです。 マグナ・カルタ・レーベルで、アメリカ出身のバンドということで、MAGELLANとかあの辺りを期待しましたが、ネオ・クラ要素がかなり強く、これは僕にとっては嬉しい誤算(笑)。 要はSYMPHONY XやADAGIOに近い雰囲気、というかそのまんまの音と展開で、方向性としては僕にとってド・ストライク! …なんですが、肝心のクオリティはう〜ん、今一歩といった感じです。& [続きを読む]
  • FATES WARNING/A Pleasant Shade of Gray…1997年
  • FATES WARNINGの8thアルバムです。 いわゆるプログレ・メタルの先駆者として知られる彼らですが、存在は割と地味ですね…。 何かとQUEENSRYCHEやDREAM THEATERの作品と比較されたりしますが、こっちの方が元祖で、同系統のバンドのメンバーたちも認めているところであります。 80年代半ばから現在まで、地道に活動を続けいている彼らですが、今ひとつ存在感が薄いのはやはり「コレ!」という代表作が無いことかもし [続きを読む]
  • KellySIMONZ's BLINDFAITH/Overture of Destruction
  • Kelly師匠率いるBLIND FAITHの最新作であります。 1998年にリリースされた自主制作盤「Sign of The Times」の衝撃から早20年近く経つ訳ですが、全く新鮮さは失わず、輝きを放ち続ける素晴らしいミュージシャンです。 「和製イングヴェイ」なんて呼ばれることもありますが、テクニック、センス、作曲能力共に本家を超える部分も多々あります。 僕が遊びでイングヴェイの曲を弾く際、王者本人よりも、ケリー師匠のカ [続きを読む]
  • Kelly師匠の新譜買いましたよ!
  • 4/5にリリースされたKelly SIMONZ's BLIND FAITHの最新作「Overture of Destruction」を早速ゲット! 前作はうっかり買いそびれて1年遅れで購入しましたが(汗)、今回はできたてホヤホヤの新譜を聴けます。 すでに数回聴きましたが、これだけファンを裏切らない人も珍しいんじゃないですかね! まさに超絶!さて、聴き込むぞ〜! [続きを読む]
  • MAGELLAN/Hundred Year Flood…2002年
  • アメリカのガードナー兄弟率いる、プログレッシヴHRバンドの4thアルバムです。 このバンドの1stアルバムは90年代アメリカン・プログレHR/HMを代表する名盤でした。 1st、2nd共に素晴らしいアルバムでしたね〜。ドラムが打ち込みなのがちょっと味気ないなぁ、ドラマーがいたらなぁ、なんて思ってたんですが、ドラマーを入れた3rdはちょっと期待外れ…(苦笑)。 あの打ち込みドラムが逆に独特の雰囲気を作っていたの [続きを読む]
  • LIMELIGHT/Ashes to Ashes
  • NWOBHM期の1980年にリリースされた、LIMELIGHTの唯一のアルバム。 今回購入したのはオリジナル盤ではなく、1994年にMAUSOLEUM CLASSIXシリーズとして出された再発盤。 90年代メタルをリアルタイムで体験した人ならこのシリーズは見覚えある人も多いのでは?そう、この怪しげな雰囲気のシリーズ↓ 後ろはこんな感じ。内容はよく分からないまま、当時は何枚かジャケ買いしましたなぁ…。全部売っちゃったけど(苦笑) [続きを読む]
  • BLACK SABBATH/13(ブラック・サバス/サーティーン)…2013年
  • BLACK SABBATHの18年ぶりのアルバム。トニー、オジー、ギーザーの3人が揃ってオリジナル・アルバムをリリースするのは何と1978年リリースの「Never Say Die!」以来だから35年ぶりってことですかね(驚)。 どうなることやら、恐る恐る聴いてみると、1曲目のイントロからまんま「あの音」でビックリ。 そう、70年代のオジーがいたサバスそのもので、悪く言えば焼き直しなんですが、本人たちがやってるんだから問題無いで [続きを読む]
  • METALLICA/Hardwired... to Self-Destruct…2016年
  • METALLICAの昨年リリースされた最新作。前作「Death Magnetic」から8年ぶりのアルバムです。 2枚組+ボーナス1枚の計3枚組ということで、聴く前からちょっと不安(汗)…。 だって、2枚組というボリュームの上に、もし「Load」「Reload」のようなかったるい展開だったら、もうこのバンドは見切ってやる!と、覚悟して聴き始めましたが、1曲目の「Hardwired」を聴いて一安心(笑)。 速ければ良いって訳じゃないけ [続きを読む]
  • LIGHTNINGの動画を貼ってみた。
  • 先日僕の中で勝手に衝撃が走った日本の漢メタル・バンドLIGHTNING。 見方によってはキワモノだし、これをマトモに見てくれとも言いませんが、僕はハマってしまったので、このバンドの動画を貼っときます。 ↓まずは僕がこの前聴いた「Five Rings」アルバムから「Thousand Fields」のPV。 ↓こっちのアルバムはまだ聴いてないけど、4thアルバム「Raise The Sun」のタイトル曲のPV。 ↓ついでにライヴDVD [続きを読む]
  • LIGHTNING/Five Rings(ライトニング/ファイブ・リングス)…2010年
  • 今回は久しぶりに日本のバンドの作品をレビューします。 日本のメタルというと、僕も含めた「洋楽派」からすると「ああ、ジャパメタか…」と見下してしまいがちですが、これは久々に世界に誇れる日本のメタル・バンドだと思いました。 僕はこのバンドの存在は知っていて、サムライの恰好してたり、日本刀を振り回してたりと、ちょっとイロモノかと誤解してたんですが(笑)、こりゃ本物の「サムライ・メタル」ですね。&n [続きを読む]
  • 今回は気になっていたこの3枚!
  • 買おうか、買わずにスルーするか…。小遣い制なので、限られた資金の中から(笑)、今回は気になってしまったこの3枚を購入。 METALLICAとPRETTY MAIDSは昨年リリースされた新作。BLACK SABBATHはうっかり買いそびれていた、2013年リリースのラスト作(かな?たぶん)。 まあね、内容は大した期待してないです。今さらこの方々に全盛期のクオリティは期待していません。…が、気になるので買っちゃいました。嫌な [続きを読む]
  • I POOH/Un Po'Del Nostro Tempo Migliore…1975年
  • イタリアを代表する偉大なバンド、I POOH。日本では「イタリアン・プログレ」というくくりもあってか、メジャー感は無いですが、本国では超有名バンド。 でも、僕自身も何故か今までこのバンドの音楽に触れることはありませんでした。だって、どのアルバムから手を出せばよいのやら…。何しろ昨年が結成50周年って訳ですから、作品数は膨大。何かとっかかりが無くて、聴かずじまいでした。 しかも昨年の50周年で解散とい [続きを読む]
  • MANOWAR/The Triumph of Steel(マノウォー/勝利の鋼鉄)…1992年
  • MANOWARの7thアルバムです。 まさにメタルの中のメタル。メタルと言えばMANOWAR。このアルバムも当時よく聴いてたなぁ…。CDは弟宅にあるから最近聴いてなかったけど、CD店で見かけて、思わず買っちゃいました。 やっぱ、この音、この声。あれから色々刺激的なバンドが出てきたけど、今聴いても全く色あせない、本物の音です。 でもね、まあ最近MANOWARのことは全然チェックしてなかったし、2000年以降の作品は全く [続きを読む]
  • MAGNUM/Spirit a History…1998年
  • イギリスの大御所ハード・ロック・バンドのベスト&ライヴの2枚組CDです。 このバンドの初期の作品はまさにプログレ・ハードって感じでカッコ良かったですね。あ、持ってたCDは全部売っちゃいましたが…(汗)。 なので、ちょうどこんな便利なCDを見つけたので思わず購入。 あまり知らないで買ったんですが、調べてみてもこのCDの情報がほとんど無い…。1991年リリースの「The Spirit」というライヴ盤があるんです [続きを読む]
  • ASTRAL DOORS/Evil is Forever…2005年
  • スウェーデン出身の正統派様式美HMバンドの2ndアルバムです。 このバンドの聴きどころは何といってもニルス・パトリック・ヨハンソンの歌でしょう。 もともとロニー・ジェイムズ・ディオと比較されることが多かった人ですが、リチャード・アンダーソンとの作品やWUTHERING HEIGHTSでの歌唱に比べると、更にディオっぽい感じがします。 それだけこのバンドが真っ当な正統派様式美メタルを目指しているという証拠じゃ [続きを読む]
  • GONGZILLA/Suffer(ゴングジラ/サファー)…1995年
  • 先日のZONATAに続いて、悪趣味な酷いジャケット…(笑)。 それはともかく、バンド名からも分かるように、フランスのプログレ・バンド、GONGの流れをくむバンドの1stアルバムです。 このGONG関連については派生バンドが多々あり、にわかGONGファンの僕にはまだ整理しきれていないので、単純に作品として聴いた感想を書きます。 音楽性はお洒落なハード・ヒュージョンって感じで、1曲目からアラン・ホールズワース [続きを読む]
  • BLIND GUARDIAN/Tokyo Tales…1993年
  • BLIND GUARDIANの初来日公演を収めた、このバンド初のライヴ盤です。 この頃はまだ大作志向ではなく、いかにもジャーマン・メタルというストレートな曲が多いですね。ほとんどが疾走曲なので、ヘドバンしたい人にはおススメです(笑)。 とにかく押しの一手といった感じで、この時期のベスト選曲なので一気に聴けちゃいます。 ただオーバー・プロデュースと言うか、観客の声が不自然に大きくなったり、あ、昔のALCA [続きを読む]
  • ALIEN/Alien(エイリアン・炎の彼方に)…1989年
  • 北欧の伝説のハード・ポップ・バンドのデビュー・アルバムです。 本当のデビュー・アルバムはもっとダサダサのジャケットなんですが(笑)、世界デビューにあたり、再編集・リミックスされたのが、今回紹介する1枚です。 北欧メタル好きの僕は、もちろんこの最重要バンドのことを知らないはずは無く、以前は1stから4thまで当然のように持っていましたよ。1stはオリジナル盤も、このリミックス盤も、ついでに言えば、こ [続きを読む]
  • GONG/You(ゴング/ユー)…1974年
  • サイケデリック・ジャズ・ロック・バンド、GONGの5thアルバムです。 まあジャンルで言うとプログレっていうことになるんでしょうけど、サイケ、ジャズ、プログレ、スペース・ロック、カンタベリー・ロック、フュージョンと、様々な要素が絡み合い、その完成形と言われているのがこのアルバムです。 一応フランス出身のバンドとなっていますが、イギリス人とフランス人の混合バンドで、あのSOFT MACHINEのメンバーだった [続きを読む]
  • BISCAYA/Biscaya(ビスカヤ/北欧の戦士)…1984年
  • 北欧メタル界の伝説のバンド、BISCAYAの唯一のアルバムです。 長らく廃盤状態で幻の名盤と言われていました。僕もCD化する前からこの作品の存在は知っていて、CD化されてすぐに購入したのを覚えています。 当時は結構気に入っていたんですが、「結局1曲目だけじゃん」と思い、高値で取引きされていたんで売っちゃいましたね。 しかし先日手ごろな値段で売ってたんで再購入。今聴いたら印象違うかなと思ったんです [続きを読む]