コウ さん プロフィール

  •  
コウさん: 救国と愛国と幸福実現ブログ
ハンドル名コウ さん
ブログタイトル救国と愛国と幸福実現ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/adgjmptwadgjmpuwadgjmptw/
サイト紹介文日本の危機に止むに止まれず立ち上げました。あらゆる視点から日本を守ります。
自由文救国と愛国と幸福実現ブログは、日本の危機を憂い、止むに止まれず大和魂で立ち上げました。
日本を守りたい。日本を救いたい。日本が好きだ。という方、是非ブログを見てください。
こんな視点もあるのかと目から鱗が落ちるでしょう。
少しでも見て頂けたら幸いです。
政治思考は、保守愛国、富国防強です。
日本人の心も美しくしたいと思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2012/03/05 23:11

コウ さんのブログ記事

  • なぜ、女系天皇は、絶対に絶対にダメなのか
  • 人気ブログランキングへ「なぜ、女系天皇は、ダメなのか?」の過去記事の再掲です。なぜ、許されないか?許してはいけません。なぜ、ダメか?最後まで読めば、理由は分かります。説は、いろいろあります。1 万世一系でなくなる。万世一系とはと言うと主に伊藤博文が定義しています。皇位継承における万世不変の原則として、万世一系を以下のようにしています。第一 皇祚を践むは皇胤に限る第二 皇祚を践むは男系に限る第三 皇 [続きを読む]
  • 人生の帳尻は必ず合う
  • 人生の帳尻は必ず合う代償の法則は「縁起の理法」と呼んでもよいのですが、「得られるもの」と「払った代価」は、きちんと釣り合うようになっていて、最終的に帳尻は必ず合うことになっているのです。『生命の法』 P.40より今世だけ見ると、帳尻が合わないこともあります。しかれども、来世、来来世、前世、前々世を見ると、今世や来世等で代償の法則が働き、必ず帳尻が合うようにできてるのが、今、私たちがいる仏神が創られた世 [続きを読む]
  • 正直で誠実に生きること
  • 正直で誠実に生きること「自分にとって一時的に有利になるか、不利になるか」といった計算を度外視し、人間として正直で誠実に生きること、自分の思想に忠実に生きることは、非常に大事なことだと思います。自分の信念を曲げてまで、世間に迎合したり、この世的に偉いと言われる人に迎合したり、政治家やマスコミ、経済人、教育者など、今の時代において権力を持っている人々に迎合したりしてはならないのです。『国家の気概』 P.1 [続きを読む]
  • 不幸から抜け出せない理由
  • 不幸から抜け出せない理由不幸の取り越し型の人は永遠に幸福になれないのです。先のことを考えて不安を数えたら、それはいくらでも降ってきます。このように、自分の心の傾向で不幸を呼び寄せている人がいます。心理学で、「潜在意識にあることは現実に起こる」とよく言いますが、見ていると、おもしろいことに、ほんとうにそうなのです。いつも不幸をつぶやくかたちの人は、ほんとうに失敗するのです。『繁栄の法則』 P.179より [続きを読む]
  • 皆さんは、誰が本当にいじめてるか分かりますか?
  • 誰も言わない! いじめ問題解決の急所!【第1回】[HRPニュースファイル1744]https://info.hr-party.jp/2016/3909/2016年8月の青森県での2件のいじめ自殺や、11月には横浜市での福島から避難してきた子へのいじめ問題が発覚するなど、全国的にいじめに関する事件が無くなりません。今回は、2006年からいじめ問題の解決に取り組んできた矢内筆勝 党総務会長 兼 出版局長に、現行の法律の問題点などを語ってもらいました。以下、三回 [続きを読む]
  • 理解できないからこそ、その人を責めるようになる
  • 理解できれば許せる他人がすべて理解できる人であれば、すべての人を許してしまいます。すべてを知ることは、すべてを許すことにつながっていきます。理解できないからこそ、敵と思えるのです。理解できないからこそ、その人を責めるようになるのです。『愛の原点』 P.29より人を責めてる人を見ると、理解できてないんだなと思います。理解できる人であれば、すべての人を許し、すべてを知ることは、すべてを許すことにつながって [続きを読む]
  • 嘘をつくな
  • 人間は神の子だから尊い人々よ背伸びをするな嘘をつくな見栄をはるなそんなことをせずともあなたは神の子その身そのままで光っているうわべをつくろうな虚栄を排せ神の子はそのままで尊いのだ―「人生に勝利する詩」より抜粋―『光ある時を生きよ』 P.57より [続きを読む]
  • 真理とは鏡
  • 真理とは鏡心が平和であり、精進のために、日々、忍耐のなかを生きている人たちに対して、どのような悪口雑言、悪口や批判を浴びせかけても、その批判は、批判をした人たちのほうへ返っていきます。真理とは、そのようになっているのです。真理とは鏡です。鏡に映っているのは、他人ではなくて、自分自身の姿であり、自分たちの国の姿でもあるのです。『智慧の法』 P.45より [続きを読む]
  • 好感を呼ぶ意見の伝え方
  • 好感を呼ぶ意見の伝え方人間は、自分に対して好感を持っている人や、自分から何かを学びたいと思っている人に対しては、心を開くものです。したがって、相手に好感を持ち、「学びたい」という気持ちで接しながら、相手の話を聴いているうちに、「私は、こういうことを発見しました」というような話をする方法もあります。 『感化力』 P.28より意見を伝えるにも方法があると思います。何も気にせず、皆が分かる形で、公の場で、例 [続きを読む]
  • 自由を得るためには
  • 自由を得るためにはもう一度、自由をこの手にしたいものだ。「先入観」や「常識」で、がんじがらめにされる前の状態に、戻りたいものだ。それはそんなに難しいことではない。「原因と結果」の法則を受け入れることだ。人間の複数性を受け入れることだ。人に個性の違いがあることを受け入れることだ。心の指針145「自由であるということ」 より『月刊「幸福の科学」2017年1月号』 よりこれは、アプリの格言の内容ですが、これだけを [続きを読む]
  • 霊的な自己認識
  • 霊的な自己認識「霊的な自己」を認識している割合が五十パーセントを超えると、人生が変わってきますし、周りにも、今までと違った現象が起きてくるようになります。それは、その人の世界観が変わってきたことを意味しているのです。『繁栄思考』 P.106よりこれは、まずできないのでは?と断念する感じがあります。肉体を持った生活をして、50パーセント霊的であると自分自身が感ずるのは、非常に難しいものです。食欲もあります [続きを読む]
  • 憎しみを克服する方法
  • 憎しみを克服する方法私はみなさんに言っておきましょう。「憎しみに対するに、愛をもってせよ」と――。憎しみを消すのは、やはり愛なのです。憎しみに対して、憎しみをもってしても、その憎しみの炎が消えることはありません。愛とは、その人を真に生かす道です。真に人を生かす道、それこそが愛です。それが、ほんとうに憎しみを克服していく道なのです。『愛から祈りへ』 P.153より普通は憎しみに対しては、憎しみをもって対峙 [続きを読む]
  • 『正見』の反省法
  • 「正見」の反省法呼吸を整え、心を調律し、みずからの内に深く深く入っていく必要があります。そして、「みずからが仏と一体になった」「大いなる光のパイプからエネルギーが流れ込んでいる」と感じられるようになった段階で、その日一日を生きた自分をまったくの他人だと考え、その他人が見てきたことを、第三者の眼で批判的に検討してみるのです。『釈迦の本心』 P.67よりなかなか、社会人で正見の反省を持てる時間は少なく、実 [続きを読む]
  • 人を許すために必要なこと
  • 人を許すために必要なこと成功者は人を生かすことができます。しかし、人を許すためには、成功と失敗の両方をくぐり抜ける必要があります。その両方を学んだとき、人間は大きな愛の器となり、すべての人を許していける気持ちになるのです。そして、仏の心もまたここにあるのです。このことを忘れてはなりません。『人を愛し、人を生かし、人を許せ。』 P.63より成功者でも、人の欠点がよく見えて、人への許しに至らない人は数多く [続きを読む]
  • ”「天皇」は 職業ではありません!”
  • ギラさんは、幸福の科学の信者でも何でもないのに、皇室や国防関係の判断は的確です。むしろ、幸福の科学の判断より早くダメなものはダメと言ってます。まさに、的確です。私は、天皇の考えを尊重したいとブログで言ってしまったので、少し恥ずかしいぐらいで、ギラさんのブログを見て考え方を変えました。その後にドゥテルテ大統領の霊言があって、生前退位はダメに決まってるとの発言があって、この前の講演会で、大川総裁が、教 [続きを読む]
  • 【皇室】 隠し事
  • ギラさんは、幸福の科学の信者でも何でもないのに、皇室や国防関係の判断は的確です。むしろ、幸福の科学の判断より早くダメなものはダメと言ってます。まさに、的確です。私は、天皇の考えを尊重したいとブログで言ってしまったので、少し恥ずかしいぐらいで、ギラさんのブログを見て考え方を変えました。その後にドゥテルテ大統領の霊言があって、生前退位はダメに決まってるとの発言があって、この前の講演会で、大川総裁が、教 [続きを読む]
  • 成功者を増やす方法
  • 成功者を増やす方法「成功した人が次の人を引っ張り上げていくカルチャー」をつくっていったほうが、全体としては、豊かになるし、成功者も多くなります。『心を癒す ストレス・フリーの幸福論』 P.97より組織として、きちんとこれに取り組まなければ、その組織は衰退するばかりです。まだまだ、日本はバケツの中の蟹のように、成功者や上へ上へと登ろうとする人の足を引っ張る文化があるようです。あるブログコミュニティでは、 [続きを読む]
  • 笑顔に敵なし
  • 笑顔に敵なしとにかく、人間は、笑顔の人を見て敵意を抱くことは難しいのです。これは鉄則です。笑顔の人を見て敵意を抱くと、よほど自分の性格が悪いように思えるのです。ニコニコ笑っている人を見て、その人に悪口を言っていたら、自分のほうが、よほど悪いように思えます。それでも顔色を変えずにニコニコされたら、もう、かないません。ギブアップになります。したがって、「笑顔は敵意を抹消する最大の方法である」ということ [続きを読む]
  • ”【皇室】 生前退位は 皇室を危機にさらす「パンドラの箱」”
  • 笑顔に敵なしとにかく、人間は、笑顔の人を見て敵意を抱くことは難しいのです。これは鉄則です。笑顔の人を見て敵意を抱くと、よほど自分の性格が悪いように思えるのです。ニコニコ笑っている人を見て、その人に悪口を言っていたら、自分のほうが、よほど悪いように思えます。それでも顔色を変えずにニコニコされたら、もう、かないません。ギブアップになります。したがって、「笑顔は敵意を抹消する最大の方法である」ということ [続きを読む]
  • 修行の目的
  • 修行の目的真理というものは、より多くの人への慈悲と愛の上に成り立っているものです。また、智慧というものは、人々を生かして、より幸福にしていくためのものです。『大悟の法』 P.44より真理の探究を想うに、上記に書いてあるとおり、より多くの人の慈悲と愛を探すことかなと思っています。その上に成り立っているのですから、神仏の人類への愛の想いを探ることが真理の探究でもあるのかなと思います。智慧も、人々を生かし、 [続きを読む]
  • 慈悲の力に目覚めよう
  • 「慈悲の力」に目覚めよう「不惜身命」は、言葉だけではありません。一人でも多くの人に、法を届けたい。一人でも多くの人に教えを届けたい。一人でも多くの人に愛の心を届けたい。その実践行為こそが、慈悲の力なのです。みなさんのなかに眠っている、その「慈悲の力」に目覚めてください。多くの人たちが待っています。その愛の光が、日本中に、そして世界に届くことを、心の底よりお祈り申し上げます。『伝道の法』 P.282より幸 [続きを読む]