かんなみちよ さん プロフィール

  •  
かんなみちよさん: 赤坂より
ハンドル名かんなみちよ さん
ブログタイトル赤坂より
ブログURLhttp://akasakanoblog.blog20.fc2.com/
サイト紹介文江戸期漂流民、近場を歩く、江戸名所花暦歩き、コミュニケーション行動などについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/03/06 08:34

かんなみちよ さんのブログ記事

  • ピースボート南半球の旅(104) おわりに
  •  ピースボートの特徴は、スタッフと水先案内人と乗船客がみんなそれぞれの立場で主体性を持つ機会があることだと思います。 水先案内人の講座では、各国の歴史と伝統文化を学ぶことができました。また水先案内人以外でも、人間の命の尊さを学問として確立させ、大きな会場でわかりやすく解説してくださった方もいます。また全体を通じて、ピースボートスタッフのアイディアと行動力には感嘆しました。若者の活動を見る機会ができ [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(103)
  • ピースボート南半球の旅(103)2017年3月22日(水) 横浜帰港 昨日と打って変わってきれいに晴れました。東には房総半島の鋸山の端から昇る朝日、西には富士山を見ながら東京湾に入り、いつも一緒の人たちと9階のパノラマデッキで朝食。昨日からの強い向かい風のため入港が遅れましたが、8時半、無事横浜港に着岸しました。 船内で出会った方たちと別れを惜しみ、10分ほど残っているインターネットカードを使ってくれる人を探し [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(101)(102)
  • ピースボート南半球の旅(101)2017年3月20日(月) お天気は良いのですが、波の高い一日でした。時折、注意を呼びかける放送がありました。 今日はパッキングデーでプログラムが少なくなっています。もう自主企画は終了しているのですが、「5つのパンと2ひきの魚」はいつもの部屋を使えるということで、今朝も集まりました。木村恵子さんの司会で、それぞれ自分の好きな聖書の箇所とそれについての思いを語りました。「道」「時 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(99)(100)
  • ピースボート南半球の旅(99)2017年3月18日(土) 相変わらず波の高い一日、まだ黒潮の流れまでは行っていないはずですが。風は涼しくなってきました。 昨日に続いて、カルチャースクールの発表会。今日は社交ダンス、中文教室、太鼓でした。 朝の「5つのパンと2ひきの魚」は私が司会当番。聖書と聖書テキスト「何をしてほしいのか」と、讃美歌は「2ひきのさかなと」。昨日の発表会では劇の最後に1番と4番だけを歌ったので、 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(97)(98)
  • ピースボート南半球の旅(97)2017年3月16日(木) 船の揺れにすっかり慣れてしまって、船酔いする人はほとんどいない感じです。ここ数日の話題は、下船してから社会復帰できるかどうか、若い人は就活をしなければいけない、という心配のほか、次のクルーズを楽しみにしている人も多いようです。1000人の船客のうち200人がもう申し込んだとのことです。目玉は99回の北回りでオーロラを見る、101回の南回りで皆既日食を観測する、2 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(95)(96)
  • ピースボート南半球の旅(95)2017年3月14日(火) 昨晩9時に東経に入り、今朝4時に赤道を越えたので北緯になりました。船の位置は、昨日の正午:南緯04度09分、西経178度39分今日の正午:北緯01度10分、東経178度09分ということで、いよいよ日本が近くなったことを実感します。ジャパングレイスでは荷造り用のダンボールやワインケースを売り出しました。また売店では新たに補充しないので品数がどんどん少なくなっています。「 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(93)(94)
  • ピースボート南半球の旅(93)2017年3月12日(日) サモアで日付変更線を越え、船は北西に向かって16.5ノットの速さで進んでいます。正午には南緯09度42分、西経174度43分。今までにも2回ありましたが、今日も太陽が真上に来たとき影が消えました。横浜までの距離は304海里(3776キロ)ということです。 聖日礼拝は木村利人先生のメッセージ。生命倫理という分野を開いた動機や経験の話でした。村田さんの「日めくり万葉」は8回 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(91)(92)
  • ピースボート南半球の旅(91)2017年3月10日(金) 昨日は濃紺の海でしたが、今日はいくらか灰色がかっています。ところで、日付変更線のことで、一昨日は日付変更線を越えるイベントがあり、時刻は日本時間プラス5時間(夏季時間)となったのに、世界地図ではまだこれから行くサモアの東端になっているので不思議に思い、挾間事務局長さんに尋ねてみました。するとやはり「まだ日付変更線は超えていません」との答え。船の航路で [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(89)(90)
  • ピースボート南半球の旅(89)2017年3月7日(火) 穏やかな海を西北西に向かって進んでいます。タヒチ寄港の忙しいスケジュールが無事済んだので、今日はゆったりデーというわけで、プログラムは少なく、自主企画もありません。 出席したのは、昼間は「5つのパンと2ひきの魚」、パペーテから乗船した水先案内人4人の紹介プログラムだけでした。あとは船室で机仕事(自主企画の準備、頼まれた名簿作り、GETの準備、万葉集のメモ作 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(88)
  • ピースボート南半球の旅(88)2017年3月6日(月) ボラボラ島(タヒチ) 朝6時ごろから大小の島影が見え、7時にボラボラ島沖に投錨しました。118の島からなっているタヒチの島の中でも一番美しく、「最後の楽園」と言われているそうです。8時に放送があり、下船許可が出たとのこと。ここからはテンダーボートで上陸します。晴れて、今日も暑そうです。 私が参加したツアーは「グラスボトムボートでラグーン海底探検」という1時 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(86)(87)
  • ピースボート南半球の旅(86)2017年3月4日(土) パペーテ(タヒチ) 外は暑くなりました。 「5つのパンと2ひきの魚」はレント第3日のテキストでした。その後午前中は『地球の歩き方 タヒチ』の予習、『完訳フロイス日本史1』に出ている総目次のコピー取りをしただけで、あとは部屋で休んでいました。右目が赤いと言われ、見たらなるほど少し赤くなっています。 11時半ごろから、右にタヒチ島、左にモーレア島を見ながらゆ [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(84)(85)
  • ピースボート南半球の旅(84)2017年3月2日(木) 昨日から「5つのパンと2ひきの魚」は、レントについてのテキストに変わりました。今日はその2日目。時間が終わったあとで、最後の発表会に出るかどうか相談。出る方向で考えることになりました。讃美歌の「2ひきのさかなと」と寸劇を組み合わせて、イエスが5つのパンと2匹の魚を祝して5000人の群衆に分け与え、そのあとでもかご12杯分のパンくずが余ったという奇跡の物語を演じよ [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(81)(82)(83)
  • ピースボート南半球の旅(81)2017年2月27日(月) 雲が低く、一日中雨で、うねりの大きい海面が霞む中、船は真西よりわずかに北向きに航行しています。 船内は3月1日の運動会に向けて熱気を帯びてきました。レストランの前には、各団の色の法被を着た団長や応援団の人が立って呼びかけ、競技の練習が始まり、パノラマデッキでは団旗や応援用小物の製作が進んでいます。 今日出たプログラムは少なく、「5つのパンと2ひきの魚」 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(80)
  • ピースボート南半球の旅(80)2017年2月26日(日) イースター島 イースター島2日目。快晴。今日は昨日と違うツアーの人たちが上陸する日で、私は船でのんびり過ごしました。 今朝の一大イベント?は部分日食。イースター島の向こうに太陽が姿を現した8時20分ごろには最高の4分の1ぐらいが欠け、近くにいた人から専用のメガネを借りて見ることができました。 今日のツアーは8時半ごろから順次テンダーボートで出発するはずで [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(79)
  • ピースボート南半球の旅(79)2017年2月25日(土) イースター島 朝7時、まだ真っ暗な中、イースター島ハンガピコ沖合に到着しました。目の前には街の明かりが見えます。この島には村は1か所しかないので、島の南西部のハンガロア村なのでしょう。予定通りの投錨地だったようです。8時ごろ島の向こうから朝日が昇りました。お天気は大体晴れでしたが、午後は時折にわか雨もありました。 イースター島は、南米のチリから3800キロ [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(76)(77)(78)
  • ピースボート南半球の旅(76)2017年2月22日(水) 船は一路イースター島に向かって航行しています。このクルーズも余すところあと1か月、気ぜわしくなってきました。 午前中は「5つのパンと2ひきの魚」、阪根博さんの最終講座「イースター島とモアイ〜アンデスとの意外な繋がり〜」。午後は、自主企画申請広場で村田さんの「日めくり万葉集」の申請、中西正さんの自主企画「植生から自然を知る⑨」(里山の調査について)に出席 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(74)(75)
  • ピースボート南半球の旅(74)2017年2月20日(月) 私にとっては船による初めての太平洋横断が始まりました。今日はペルー海盆を西南西に向かって航行しています。フンボルト海流のときは、青い海と言っても、プランクトンが豊富なためか多少茶色っぽかったのですが、今度は濃紺の海です。少し波が高くなってきて、船は揺れています。 今日はゆったりデーということで、プログラムも少なく、一日中映画の上映がありました。それ [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(72)(73)
  • ピースボート南半球の旅(72)2017年2月18日(土) 今日は休養日とし、船を降りませんでした。 船内はがらんとしています。何しろ乗客1000人のうち500人はマチュピチュへ行っているのです。この前の寄港地バルパライソから5泊6日でウユニ塩湖とマチュピチュ、ここカヤオからは3泊4日でナスカ地上絵とマチュピチュ、2泊3日でマチュピチュ、その上1泊2日でマチュピチュというのまであります。その他日帰りのツアーもあり、自由行動 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(70)(71)
  • ピースボート南半球の旅(70)2017年2月16日(木) カヤオ 朝7時半、カヤオ港APMターミナルに着岸しました。ここは首都リマの外港で、大きな港です。「NYK」と書かれた船など、大型のコンテナ船が何隻も見えます。埠頭には早くも土産物屋が9軒、小さな店を出していました。3階の舷門付近には8時半ごろから自由行動の人たちがたくさん待機しています。けれども9時過ぎに、「港のゲートへのシャトルバスは入構手続きが遅れています [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(68)(69)
  • ピースボート南半球の旅(68)2017年2月14日(火) 昨晩時計を1時間巻き戻し、今日は日本との時差が13時間となりました。 海は朝のうちは穏やかでしたが、お昼ごろからゆったりした大波になり、それにつれて船もゆるやかに揺れています。波頭も見えず、大きなうねりというのは不思議な感覚です。正午は南緯22度40分。真夏なのに、気温も水温も23℃でちょうど良い暖かさです。 朝は「5つのパンと2ひきの魚」、今日は私が司会当番 [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(66)(67)
  • ピースボート南半球の旅(66)2017年2月12日(日) バルパライソ  朝7時半、バルパライソ港(通称VTP)に着岸しました。6時半ごろから街の明かりが見え、着いてみると、街には高いビルが多く、海から丘に向かって住宅でいっぱいになっています。湾内にはコンテナ船、軍艦、小さな船などたくさん停泊したり動いたりしており、陸地側にはコンテナが山積みになっているという活気のある港です。ターミナルビルの外には列車の駅があ [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(64)(65)
  • ピースボート南半球の旅(64)2017年2月10日(金) 朝のうちは雲がありましたが、午後はきれいに晴れました。フンボルト海流という寒流に乗って北進しています。 チリでは大規模な山火事が起こっていて被害が大きいとのこと、支援のため船内でも募金が始まりました。 「5つのパンと2ひきの魚」の後、月に1度の避難訓練がありました。決められたステーションに行き、点呼、ライフジャケット装着、扉の開閉、離船の段取りなど、み [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(62)(63)
  • ピースボート南半球の旅(62)2017年2月8日(水) 朝6時半、南米大陸最南端のフォワード岬を右舷に見て通過しました。山々がだんだん低くなってきて海に落ち込んでいます。一つの山の頂上に、白い十字架が立っているのが見えました。午前中、次第に両岸に山が迫ってきて、山肌には雪が見えます。午後4時ごろ、マゼラン海峡が太平洋に出る直前に北へと針路を取り、パタゴニアに向かうという放送がありました。海図を見ると、島々の [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(60)(61)
  • ピースボート南半球の度(60)2017年2月6日(月) 朝から午後まで、海面は霧に覆われていました。夕食中の6時前に、マゼラン海峡に入ったという船内放送があり、早々に食事を終えてオープンデッキにかけつけました。まだ雨は残っていましたが、西の海面は明るく、次第に青空が出てきました。左に遠く見えるのは多分フエゴ島でしょう。右手は多分南米本土。GPSを持っている人に聞くと、左右どちらも20キロぐらい離れているそうです [続きを読む]
  • ピースボート南半球の旅(58)(59)
  • ピースボート南半球の旅(58)2017年2月4日(土) 明け方に外を見ると、すでにドレーク海峡を航行していました。雲は多いのですが、朝日は見られました。午後になって揺れが大きくなってきて雨も降り始め、海上は霧で煙っています。正午の位置は、南緯61度29分、西経64度27分、外気温は5度、海水温度は3度。 「5つのパンと2ひきの魚」では、木村恵子さんが司会、新しくシンガポールの男性が来ました。シャリーンさんの友達です。 [続きを読む]