建築工房ケイスタジオ さん プロフィール

  •  
建築工房ケイスタジオさん: 建築工房 K studio
ハンドル名建築工房ケイスタジオ さん
ブログタイトル建築工房 K studio
ブログURLhttp://kstudio.petit.cc/
サイト紹介文富田林の一級建築士事務所です。 住宅建築設計・監理・リフォーム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 298日(平均0.2回/週) - 参加 2012/03/08 09:02

建築工房ケイスタジオ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 眠りと食事の灯り、色温度
  • 眠りメカニズムというものが研究により見つかっています。人は暗くて暖かい光が睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促すそうです。なので寝室等の眠りを求める空間は、色温度の低い電球色等を推奨します。一方、料理時は自然昼光に近い方が味覚を高め、美味しい料理が作れるようです。キッチンの流し元灯のみ色温度を高めても良いかもしれませんが、どちらの色温度に慣れたら良いか迷い、余計な負担を目にかける恐れもあるの [続きを読む]
  • 図面枠
  • 一級建築士事務所への変更登録が完了すると同時に名刺作成建築確認申請書類の変更看板製作等少し手間が掛かります。CADデータも手直しを掛けていますがその中でも図面枠はちょっと時間をかけ作ってみました。性格上、変なところに凝り性なんです。。。見栄えの判断は誰にもしてもらってませんが(笑) [続きを読む]
  • 一級建築士合格発表時間
  • H28年度一級建築士合格発表がありました。例年9:30〜10:00頃HPに掲載されているようですが、今年は5:30頃掲載されたようです。・遊戯室に柱有り・事務室②を1階に及び受付を一体・ゴミ置き場が外部・断面図の一部寸法なし・幼児用便所の名称に①と②なし・記述が図面と不整合部有り・庇一部記入漏れこれだけの漏れがありましたが”合格”してました^^何故合格したのか未だにわかりませんが、敢えて言えることはとにかく図 [続きを読む]
  • 疲れないキッチン寸法
  •  食材置き台、シンク、作業台、レンジを個々のスペースとして考えるとまず、シンクのサイドの食材置き場として最低でも30cm以上は欲しいところです。食材の泥も後でふき取ればよいでしょう。シンクは使い勝手に合わせて標準が75〜80cmくらいと続けて作業台は80cmはあったほうがよく、シンクの幅がこれ以上になると作業動線が少し長く感じます。レンジが続き、レンジの横は壁になることが多く、このレンジと壁 [続きを読む]
  • 効率のよいキッチン
  •  キッチン計画に当たり、今、依頼者の中での要望はダイニングが見わたせる対面キッチンが多いようです。キッチンの後ろに冷蔵庫、食器棚が置けるのでキッチンスペースとしては効率よさそうですが、デットスペースがあったり、暗く、使い勝手が悪く、スペースがあるにもかかわらず、狭く感じたりしませんでしょうか。もっと効率よく、使い勝手がよさそうなキッチンとはどんな配置のものかI型キッチンW=2550mmの対面 [続きを読む]
  • レンジまわりの収納
  •  レンジの真下がなべ等を入れる収納、サイドに調味料入れ収納、反対サイドに3段くらいの引き出し収納が備わっているものが多いですが、調味料入れ収納は引き出しとなっていて、引き出すと調味料のキャップしか見えません。即座に欲しい調味料が取れず、掻きあさる事になり勝手が悪そうです。調味料はレンジの近くですぐ出せる場所がよさそうです。レンジの横は壁なのでニッチ(くりぬいた壁)を何段か設け、調味料置き場にす [続きを読む]
  • スイスイ上れる階段
  • 建築基準法では踏面(足を置くスペース)15cm、蹴上(次の段までの高さ)23cmが住宅の階段として法的にクリアする寸法です。これははしごを基準に考えられた寸法なので、人が上り下りする勾配としては急でかなり危険なものです。  住宅内で起こる事故のうち、浴室についで多いのが階段です。そのため国も法改正で階段には手すりをつけるよう義務づけました。ただ、この手すりも年齢層によって使い勝手のよい位置の [続きを読む]
  • 狭くても敢えて、、、吹抜
  • リビングへの採光を採り入れるには吹抜がウッテツケです。プランをさせていただく時は吹抜を必ずと言っていいほど提案しています。窓は高い位置に取り付けた方がお部屋を明るくできます。 隣地が2階建であれば隣棟間隔があまり取れていなくても意外と1階に光が降り注ぎます。昔は吹抜と設ける場合は床暖房とセットで提案をしていましたが、高断熱住宅が主流になり、その中でもサッシの断熱性能が向上しましたので冬場のコー [続きを読む]
  • 過去の記事 …