nishiki さん プロフィール

  •  
nishikiさん: おいしい果実ができるまで
ハンドル名nishiki さん
ブログタイトルおいしい果実ができるまで
ブログURLhttp://nishikifruits.blog16.fc2.com/
サイト紹介文熊本の果樹園&養鶏園である錦自然農園から、イチゴ、桃、葡萄、柿、卵、ジャムを生産する日々
自由文熊本で無農薬と減農薬フルーツを栽培し、加工し、おいしいものを全国にお届けするため日夜奮闘する農園(www.fruitshop.jp)のバタバタゆるゆるな毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/03/08 21:36

nishiki さんのブログ記事

  • いちごの未来
  • ここまで、まああっかに、なってから収穫するイチゴは、とても稀です。うちはこれが普通ですが、一般的にはこうじゃありません。収穫後に赤くなっていくので食卓につくときの色は同じですが。ここまで完熟まで収穫しないので、とても高リスクですが、それゆえ美味しくもなります。いちごは、かなり高い確率で、今季がラストイヤーとなりそうです。つまり、来年以降は作らないということ。ひのしずくの生産者が、本当に、言葉どおり [続きを読む]
  • 何かをするために生まれてきたような気がするのに
  • 30代の女性のおともだちが、こんなことを言いました。「何かをするために生まれてきたような気がするのに、それが何なのかわからない」前半部分は、工藤直子さんの詩にそのフレーズがあったので、彼女のせりふをよく覚えているのですが。私がその場で彼女に返した言葉は「できることをすればいいだけじゃない?」でした。「何がしたいかがわからないんです」「したいことは、探すものじゃないよ。今からおうちに帰ってあなたがする [続きを読む]
  • 農家の嫁が幸せになりがちな理由
  • 昨日の夕食。リビングで栽培している「スーパーブロッコリースプラウト」をたっぷりのせた、米粉でつくったチヂミ的なもの熊本に来てからというもの、ほぼ毎日、しあわせだなあーと加山雄三のように思っているのでした。ひょっとしてその原因は、職業が農家だから? と思いつきましたのでめもっておこう。農家の嫁がしあわせになりがちな理由1 人にギブする仕事だからそういう気持ちがねっこにあります生産量をもっと増やせば、 [続きを読む]
  • 佐川急便LOVE
  • というわけではないんですが、ヤマト運輸だったらよかったのに〜〜〜と、これだけお客さまから言われていながら佐川急便をメインの配送会社にしているのは、よほどラブなんだと思われてもしかたありませぬです。まず、お知りおきいただきたいのは、ヤマト運輸や郵便局をつかいたい、というお申し出がありましたら、それはもうぜったいに、そのようにさせていただいております。ですので、佐川にうちの敷居は跨がせないと、思ってい [続きを読む]
  • クレジットカードの●●●●をやめることにしました
  • ネットショップを始めたのは2002年なのですが、ずっとしてきたことを、この週末に突然やめましたのでごほうこくしますです何をやめたかといいますと、クレジットでお買い物の際の、ポイント発行をです。定期注文コースを購入されている方へのポイント発行は、これまでどおりに行います。お買い物の際の自動発行されているポイントのことですので、誤解なきようお願いします。これまでお買い上げの方には、お買い物ごとに1%の [続きを読む]
  • 元「東京タラレバ娘」
  • 友人に漫画の「ワンピース」の大ファンがいて、私は聞いたことがあります。ワンピースのおもしろさを一行で教えて、と。その人は、間髪おかず言いました。日本語が読めるのに、作者と同時代に生まれたのにこれを読まないで死ぬなんて、人生がもったいない国家公務員(独身・男・44歳)が、めったにみせない真顔で言うのでしたがまだ、読んでないですいま、たのしみに読んでいるのは、「ブルージャイアント」(石塚真一)・・・ジャ [続きを読む]
  • 7年目の・・・・・・・
  • 昨日、熊本人になって7年目に入りました熊本にきてよかたなーーと思うことしかありません。今では、「よく、あなたみたいなのが東京で何年も暮らせましたね」と、しばしばいわれるくらい「熊本人」な私ですが、東京を出るときは、「やっぱりねーとかいわないから、嫌だったらいつでもかえってくれば」「来年ここに帰ってきてないことをいのるよ」とか、私が熊本にいったって、さっさと戻ってくるだろうという予測が周囲の大半だっ [続きを読む]
  • 田舎暮らしとノマド
  • お手製の燻製器で、燻製中。田舎暮らしのキーワードのひとつが「燻製」ですね先週、東京時代の友人と、海の見えるカフェでお茶していました。証券業界→出版業界→音楽業界と仕事を渡り歩いてきた彼のキャラをひと言でいえば「誠実」もうひとこと付け加えれば「義理がたい」そういうタイプだからできる仕事を、業界をまたぎながら、ていねいに、やってきた人ともいえます。敵はいないけど、味方はものすごい数でいそう。各界の有名 [続きを読む]
  • ADHDといちご
  • 変形でいびつないちごは、何度もみたけど、このパターンは珍しいです。昔、グルメガイドブックの編集長をやらされたことがありました。長がつくのが苦手で、子供のときから逃げ回っていました。編集長になるのも、「絶対拒否」というかんじで会社員生活を逃げ切りました。フリーランスの編集者になって、最初にうけた仕事がなんと苦手の「長」で、苦手の「ガイドブック」。当然、拒絶したのですが、そのときは、どうしても、だと、 [続きを読む]
  • 燻製にこってる人
  • このごろ、うちのかれがめちゃくちゃ凝ってくれてるのが燻製づくり。作ることじたいは、何年もしていましたが、最近、「これだ」という作り方にたどり着いたようで、前よりずっと、プロっぽくなってきました。ハムとかソーセージのたぐいは、オーガニックにこだわる派にとっては、いちばん鬼門ですよね「ソーセージなんか買ったことない」と、言う人けっこういますよね。実母もそう。添加物のはいったのもらったら、うちにもってき [続きを読む]
  • 錦自然農園の野菜セットが春をつれてきてます♪
  • 無農薬無肥料のブロッコリー。こんなにブロッコリーを食べるのはひさしぶりってくらい食べてます。だって免疫力高いっていうから〜アブラナ科(大根、白菜、キャベツ、菜花、レタス、チンゲン菜など)の野菜は免疫をあげる優秀野菜が多いですが、ブロッコリーが特にすごいらしいときいてサプリメントものんでいたけど、続かなくてやめちゃいました(続けろよ)続けられるのはやっぱり、熱意ある農家が誠実につくってくれた、まじめ [続きを読む]
  • ちぇっく★
  • 自然栽培の大根、ブロッコリー、有機栽培のレタス。がっつりおいしい。塩と亜麻仁油と胡椒で食べました。今週の野菜セットは、みなさまの反響が非常に大きいので、うれしいですアタシだってちょっとはがんばってるんですから〜♪今日はちぇっくのひ結果を医師からきくのは金曜だけど、スタッフに「血液検査の結果みたい」といったらプリントしてくれましたもろもろの数値をしっかりチェックここ数年でいちばんいいじゃん、という数 [続きを読む]
  • 小豆とかいちごとか
  • 豊永さんの小豆は、サイトにアップした何時間後かわかりませんが、あっというまに在庫切れになりました。ありがとうございます。体に、ちょーーーっといいかんじだと思いますよ私、自分が食べるより誰かにおすすめしたくて買ったのでこういうものに反応してくださるお客さまでとてもうれしいです最近の私はとっても元気です去年は秋〜年末が暗かったんですがやっとトンネル抜けたですこの二日くらいできづいたのですが私は仕事して [続きを読む]
  • 不耕起栽培のいちご
  • 以前、都会でカフェを営んでいる方から電話をいただいたことがありました。いちごを注文されて、食べたということです。もう3月も半ばになって温かくなってきていたので、「おいしくない」とか言われちゃうのかなあ・・・と身構えておりましたら「いろいろなイチゴを頼んできたけどうちのがいちばんおいしかった」とのことでした。うちのイチゴがおいしい理由は、ボイラーを使わないせいだとそのひとは思ったようでした。「だって [続きを読む]
  • いちごがよいかんじです
  • いちごを毎日発送しています。少しはスピードもついてきましたが、遅いのはかわりません。一日の発送は、多くて5軒ですどれくらい遅いかわかりますよね。お待ちいただく長さは、長い人では、すでに二ヶ月に達していますが、お怒りになることもなく、待ってくださることに感謝です。待つのは、おたくじゃ、そんなのあたりまえでしょと最近お客さんにいわれて、わーー、そんなことを言ってもらえるようになったのか、と驚きました。 [続きを読む]
  • キムチと白菜
  • 白菜が、どんどんいい感じになっています。そりゃもう、気候の変化で作物のできは、微妙に変化しますからいつもそう思うわけではないです。でも、今回の白菜は、ちらっと見ただけで「あ、いい白菜だ〜」と思いました。柔らかい、みずみずしさ。これはいちばん寒い時期が過ぎた、ちょっと春が入っている白菜。白菜に包丁をいれると、ほらね! 思ったとおり。水がじゅわっと包丁の脇からしみあがってきます。光を反射してきらきらし [続きを読む]
  • かわはぎのお刺身とか剪定とか
  • 先週桃の剪定が終わりましたいえ、やったのは私ではないですが次は葡萄の剪定ですねそして柿柿は今年、できると思われます去年は注文も受けられませんでしたがそして朗報は、イチゴのひのしずくが来年も作れるかもしれない・・・いえこれはまだ、確実ではないですが、いいお話が最近聞こえてきただけです野菜セットは明日水曜の正午までにお申込みください四回セットと定期コースは、割引率が同じですそして私どもに仕事上の負荷が [続きを読む]
  • 愛情の排出
  • 最近、とつぜん玄関が開く音がして、私を呼ぶでもなく、トイレに走る人影が目の前に見えるでもなく、3分後にふたたび玄関が閉まってしまうんん?なんだろうと思いましたら、園主が、玄関で人待ち顔でくーくーいってるあやつを抱きあげてすりすりして体温補給してまた桃園に帰っていくみたいです私も家の中でぱちぱち仕事しているときにときどきくーくーしにいくと、めちゃくちゃ癒されます一生子犬でいてください、というのはいけ [続きを読む]
  • 2017 キムチづくり
  • 料理が大好きで、気合と愛情でキムチを手伝ってくれるスタッフに恵まれています。近所の主婦のみなさまに、とても助けられております。先週は素材カット班 タレ仕込み班 仕上げ班の三つに分かれて順次入替制でやりました。つくりながら、各場所でいわれるのが、素材のよさに対するおどろきの声です。「この大根すごい。切りながら水が飛び散っている!」「生姜が強い」「この昆布の糸ひきのすごさ。たぶん、この昆布が味の一番の [続きを読む]
  • ゆきちくんのこと
  • 江戸末期の日本人はかっこいい人が多かった。福沢諭吉をかっこいいなあと思うようになったのは、「福翁自伝」を読んでからこれが座右の本になってしまい、いつまでも本棚に戻らなかった時期がありました。ほかの諭吉本も、もれなくおもしろいです。competitionという英語の日本語訳に、「競争」ということばをあてたのは、諭吉くんらしいですそれまでの日本には競争がなかった!商人は、よそよりたくさん売ろうという考えをもたず [続きを読む]
  • 「Gになって何がよかった?」
  • いちごの順番進まなくて申し訳ないです。でも確実に順番は近づいてますので! お取り寄せいちごは自然派より断然早いです。5years というお客さんが教えてくださったがん患者のコミュニティサイトでがんになってよかったことは? というアンケートがあったので、友人に質問をしてみました。元がん患者の友人がいいました。「老人とか体の不自由な人の席に、若いふつうの人が座っているのを見ると、外にはそれとわからないだけで [続きを読む]
  • 四次元パーラー あんでるせんにいってきました
  • いったいそりゃなんだ? とうんざりする人とついにいったか、えみこさん・・・・・・という反応の二手に分かれると思いますが。ご存知でしょうか。友人のアーチスト(男)が言葉少なに、いったほうがいい、というのでこれまで何人かからその話を聞いていても、心が動かなかったその店に、彼にはまったく詳細を聞かないまま、いくことだけ決めました。長崎のサイハテにある、古い、クラシックな喫茶店に。ミートソースやミックスサ [続きを読む]
  • 国産杉材使用・オーガニック犬小屋
  • きょうもクーちゃんネタです玄関のなかに、明日で生後二ヶ月になるくーーちゃんのおうちがあります。われらのおうちは、地元材木をつかって、オットがつくってますがくーーのおうちも、地元の杉をつかって、オットがつくりました両者の違いは、上のはそれほど経年変化がないがくー’sハウスは、つめの引っかき傷と噛み傷で傷だらけ。写真はおとなしいように見えますが噛みはじめると犬格一変、悪魔のような悪人顔に豹変。でも日に [続きを読む]
  • 「ほかのもおいしいんでしょうね」
  • なんの苗でしょう? またまた仕事増やして〜。植えつけは他にも別プロジェクトが待機中。やりたいことを行動に移すのが何よりしあわせな人。したいことが次々でてくるのはサガです。桃園にいきまして中をトコトコ歩いていってOTTOが剪定しているとこまでつきまして、そっと背中に近づいていきますと「なに?」とOTTO「あのね」(暗〜い、低い声)「うん」「お客さんの●●さんからさっき電話があってね」「うん」「イチゴ [続きを読む]
  • キムチつくりはじめました
  • 写真ではたまたまマスクしてないですが、作業中はマスクしてますここ3週間くらい、ウツモードで暮らしていました薬の副作用がひと段落して、余裕がでてきたらかわりにもやっとし始めた。もともと小学生のときから、もやっとしている人間で10歳以降、人生の基本は厭世体質です。厭世って辞書ではどうなっているのかとウエブのそれをみると「生きているのが嫌になっているさま」。ウツが嵩じて、この一週間くらい、禁じている「米た [続きを読む]