バイクLOVE さん プロフィール

  •  
バイクLOVEさん: http://profile.ameba.jp/mk-corporation/
ハンドル名バイクLOVE さん
ブログタイトルhttp://profile.ameba.jp/mk-corporation/
ブログURLhttp://ameblo.jp/mk-corporation/
サイト紹介文バイクライフ!!  with motorcycle  〜バイクと暮らす幸せ空間〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/03/10 15:38

バイクLOVE さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • From the New world
  • 静かな夜だねえ・・・・取り敢えずお気に入りの棚の上に置きました。もう死んでしまったのだからね弟は楽しいこと 面白いこと 笑えること たくさんの良い思い出で飾って大切にしていこうと思うのだよ。デイブのくれたマナティ・・・「これ見て元気出せ」 と、天才(あだ名)がくれた写真集・・・・・・未来ちゃん       ・・・・確かに元気でたわ・・・・まいにちかぞくでゆうはんをたべる母親が作った謎の食べ物美味し [続きを読む]
  • Anywhere door
  • 弟が死んでしまったと解った時。私は自分の小さな世界が崩壊してゆくのを感じて恐怖した。取り敢えず体裁を整えるため建てた藁の家はこれから長く続く冬の寒さの前ではあまりにも脆弱であった。なんて小さく弱い存在なのだろう自分は・・・・・・思えば、弟は私にとって“どこでもドア”だった。弟を通して知った新しい世界弟を通じて繋がっていった人間関係軽くドアノブを捻ればチリンチリン♪〜っと、スムーズに開く素敵なDOOR [続きを読む]
  • 寝る寝る笑い溢れ寝る
  • 大きな白い箱に入って帰ってきた海の底に沈んだ弟が帰ってきた・・・・・・・普段、私が使っていたベッドに置いてやった顔を確認するまで怖かったけどね。よくよく見たら、可愛い顔をしていてやっぱり弟だった・・・ブルガリアから丸一日以上かけて両親が到着して、大声で何度も何度も弟の名前を呼びながら泣いていてそれを見ている時私は何を我慢しているのやら、歯を食いしばってひたすら身体中に力を入れていた。父が妹の足を [続きを読む]
  • 胸が痛くても、食べるという事
  • 弟の遺体が遠い海から戻ってくるまで何時間も何時間も、私は一人で家にいたそれはそれは、怖い時間だった・・・私は、生きていない弟を見るのが嫌だった。「何か」形容のし難い、得体の知れない現実が一歩一歩此方に迫ってくるのだ。いつも、ハイボールと共に齧っている胡桃が半袋残っていたので、辛うじてそれを口にする。弟の行方がまだ判明していなかった火曜日の夜、次の日現場へと向かう予定の妹を家に送った。途中コンビニ [続きを読む]
  • 無事に戻って来るという事
  • 昨日、玄関に突然人の気配がしたので出てみると、近くに住む妹が立ち尽くしたまま泣きじゃくっているのである・・・私たちの末の弟が山口県 青海島という綺麗な綺麗な海に。潜っていったまま、半日経っても戻ってこないというのだ・・・弟夫婦や、妹たちと先日楽しい旅行に行ったばかり。一週間ほど前には、私の仕事を早朝から手伝ってくれた弟。9歳下の弟とはとても気が合い、子供の頃から大人になった今に至るまで本当によく遊 [続きを読む]
  • l’automne
  • 好きですね 秋がねこの涼しさがね 空気のキラキラした感じがねハラも減るし・・・にくにくにくにくにく おにく今日は贅沢しちゃおう、黒毛和牛のステーキモ〜モ〜♪「しりとりディナー」するか・・・牛のお肉うしのおにくくくくく胡桃くるみみみみみミリンダ          ミリンダ「・・・・・・・・」ダダダダ・・・・ダイオキシン!終わった、色んな意味で・・・今日は好きなモノだけ食べるきのこナ♪アレやろう マ [続きを読む]
  • 公民館前下車
  • 〜民館前・・・公民館前〜・・・・バスの中でハッと目が覚めた・・・・しまった! ここだ!!運転手さ〜んおりますおります〜!!・・・もやもやした頭が晴れてきた・・・ケドここどこ?つまりワタシは、普段乗りなれないルートをバスで帰ろうとしたのだが、寝ぼけて途中下車してしまったのだ・・・・しょうがないから、トコトコ歩き始めるとなるほど、夕闇の中に提灯の列が浮かびそこは公民館でキツネやら狸やらがお座敷で会合 [続きを読む]
  • へにゃへにゃへにゃ〜
  • どうもチカラが出ないのはコレのせいだべな・・・先日、背後から忍び寄ってきたわが弟の魔手によって一瞬のうちにチョン切られたワタシのポニーテール・・・コバルト合金の鋏の切れ味と植木職人の技・・・ぽけえエエエエ・・・・ まるめてみた。そのあと整えたりするのもめんどくさいので、ちょんと結んでいるがまるでシッポの短いネコ  コーギー(犬)のプリプリしたお尻みたいでバランスが悪い 〜よろよろよろワタシの小さな [続きを読む]
  • ぐるるがあと午後の死
  • 裏山の烏は夜中に寝言をいう。ぐるるるる  ぐるるがああああ・・・よし、オマエの名前はぐるるがあだ。たまに気が向いたら、ぐるるがあの意識を乗っ取り自分も烏になってみる。空をびゅんびゅん飛ぶのは気持ちが良い。見下ろすと見える、人間の丸い頭がのろのろ動いてゆくのが面白い。ぐるるがあ!と大きく鳴くと、ギョッとした顔で上を見上げるので、お腹の中で消化したばかりの爆弾を落下させる。・・・・あ、失敗だ。ゴミ漁 [続きを読む]
  • 夢のボソパソ
  • やたらと美味しそうに見えて気になるものがある。・・・バスの吊革にぶら下がり通りを眺めているとお豆腐屋さんや、駄菓子屋さんのレトロなスケルトン冷蔵庫に切り身のスイカが、がんもどきや瓶牛乳と共にならんでいる・・・・あのスイカは、たぶんスーパーや八百屋さんで買ってくるのより美味しい 真夏なのにおでん・・・某所に「おでんセンター」なるものがございまして、店内に流れる昭和の歌謡曲・・・THEスナックのごときビ [続きを読む]
  • 懐かしき素敵なブルー
  • この靴は小石や小枝を踏んで音をだすパリパリパリ ブルガリア在住の両親が我ら三妹弟に旅をプレゼントしてくれた。・・・・子どもの時分には家族でよく短い旅をしたものだ。食べるものなどは極力自前で、母が作ったおにぎり等。狭い車に家族5人がぎゅうぎゅう詰めになり、夜寝るのも車中だったな・・・今回は妹弟に加えて、弟の嫁とその弟を加えたやはり総勢5名奇妙な組み合わせであるが、子供の頃からよく遊んでいたメンバーな [続きを読む]
  • かぶとむしもがく
  • ・・・・・・ なにもするきがおきないほどあつい・・・・・日中はくちをぱくぱくあけてがぶがぶががぶみずをのみそのままあせがじゃばじゃばじゃばじゃば・・・単なる生きる濾過装置と化している。カブトムシも地面に落ちてもがもがもがいておる お食べ・・・ごはん  ウマイウマイ夜になると漸く動けるようになるのは虫も人も同じ。相変わらず、DAXは修理中なので電車でよろよろと帰るフラフラと街でホッピーでも飲みましょう [続きを読む]
  • 夏眠ingOUT
  • とぎれることなく壱週間程夢の中を彷徨っておった。・・・ねむり過ぎではないかとヒトは言うけれど、ワタシら妖怪には冬眠ならぬ夏眠が必要なのである。電車に乗り通勤し、業務をこなし、食べて寝る通常の活動をしているように見えるがアチラの世界とコチラの世界に半分づつ身を置いているアヤフヤな存在と化している。そもそも夏に限らず、普段から妖怪というのはそのような者である。目の前にあり直視している時には、窓外を通 [続きを読む]
  • よるあるく
  • 今日は歩いて帰ってみようと思い立ったのはやっと仕事の終わった午前一時・・・ぺたぺた歩く いつもは車やオートバイで走り抜けるみち見事に誰もおらん 車も一台も走っていない荒野を風がびょうびょう吹いておる・・・   遠くに街の灯り・・・・この心細さ、嫌いじゃない一歩一歩ゆっくり歩いてゆくのは、本のページを丁寧に捲っていくのに似ているな・・・夜空に浮かぶ樹のシルエット 不思議な気持ちになる    此処は [続きを読む]
  • 爆弾魔の帰星
  • 夢見が良いのが取り柄であったのだがこのところどうも悪夢がつづく・・・ 暑いからと、フローリングの床で寝ているのがよろしくないのであろうか・・・床に耳をつけ目を閉じていると色々な音が聴こえる気がする様々な情報を拾い集め脳内で再編成された新たな人生・・・・ある時私は爆弾魔だった。思想は無く、衝動もなく、只作っては爆発作っては爆発させ続ける、ドッカーン!!の「ツ」の部分を聴きたいが為の愚かな行為であった [続きを読む]
  • お嬢様たる由縁
  • 連日降り続く雨のお蔭で光合成の出来ない私の残存エネルギーは8%以下にまで落ち込み。ポニーテールの結び目から逃げ出したほつれ毛の揺らぎを利用したほつれ毛発電システムによりどうにかヨタヨタと生き永らえているのみの機械人形である・・・・・・・ ・・・ワタシの身体の構造の謎はさておき、気になるのはオジョウサマの事・・・オジョウサマというのは、最近何度か店に訪れた初老の女性に付けたあだ名である。オジョウサマ [続きを読む]
  • INパラダイス
  • myDAX70MOON号は相変わらず修理中なので、電車とバスを乗り継いで通勤も止む無し。裏を返せばたまには違う帰り道も新鮮どこかで一杯やっていくか・・・・・・お腹すいたナアなかなかピンとくるお店が無いなあ・・・・・? 薄暗い路地に出現した一枚の看板に見入る・・・BAR・・・ PARADISE 楽園かあ・・・絵と店名に惹かれるものがある小汚いビルの階段を上ると廊下の両側にスナックが連なり、一番奥の扉がこれだった。 バ [続きを読む]
  • 吹奏楽とタクティクス
  • 中学生のワタシはブラスバンド部でコントラバス奏者であった・・・一年生の時の部長、副部長はそれぞれチューバ、ユーフォニウム担当で同時に学内を牛耳る番長、副番長であり暴走族であった。中学生なのに車で登校するような人たちであったが、音楽にはまじめに取り組んでいて〜つっぱりリーゼントに長ラン・短ランで県大会にも出場したりしていたのだ。今でもワタシの瞼に焼き付いているのは、チューバをボンボン♪吹く部長にそ [続きを読む]
  • ぱんを買いに
  • ゆうはん食べた後うたたねしたら夢の中はパーティーで、ワタシは甘いパンをムシャムシャ食っていた・・どこまで食いしん坊なんだ・・・お客様は次から次へと現れるので、パンがもう一個しか無い買いに行くか・・・パン勝手知ったる夢の街、 〜あそこら辺にあったっけな「パン屋さん」小さな丘の上、ジグザグの短い階段を上るとあばら家、そこがパン屋さん・・・・・パンとは全く関係のないガラクタがアチコチに積んであり、それ [続きを読む]
  • もふもふモフラ
  • 未だしつこく使っている、半分壊れたデジカメ昨日、レンズの所の扉が半分しか開かなくなって・・・・寝起きの人みたいな感じにオイ!おきろ!!とこじ開けたらむしりとれてしまった。・・・・・・でもまだつかう。お店のオートバイを片づけていたら、ブレーキディスクの所にゴミみたいなモノがへばりついているな・・・とコイツだった。ああ・・・・なんて美しいんでしょもふもふモフラワタシは蝶々より蛾の方が好きサ身体もコロ [続きを読む]
  • 過去の記事 …