蒼黒の歯科医 さん プロフィール

  •  
蒼黒の歯科医さん: ガンバサポ歯科医のブログ
ハンドル名蒼黒の歯科医 さん
ブログタイトルガンバサポ歯科医のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/amelo_blastic
サイト紹介文ガンバ大阪をこよなく愛する歯科医のブログです。それと旅行記も少々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2012/03/10 20:37

蒼黒の歯科医 さんのブログ記事

  • vs柏レイソル また完封負け
  • セレッソ戦いらい久しぶりの更新です。というのも、仕事の方で非常に面倒な事務仕事があったため観戦すらできていないからです。大阪では開業後半年で厚生局から新規指導があり、その書類を作るのに時間をとられました。磐田戦は行ったのですが流石に感想を書いている暇はありませんでした。久しぶりにのんびりと憂いなく見ることができた柏戦ですが、これは長谷川監督の限界かなと思わなくもないです。手腕や能力が問題なのではな [続きを読む]
  • アデミウソン選手&ファビオ選手一日店長イベント
  • 事前に応募していた一日店長イベントに行ってきました。前半組で当たっていたので休憩時間に入るとすぐに車に飛び乗って吹田スタジアムへ。着いた時には締め切り時間の12時20分ギリギリでした。レジで買い物をしてからその奥に設けられた撮影コーナーで写真撮影。小さな子供連れの方も何組か来られていて夏休みだったことを思い出しました。アデミウソン選手、ファビオ選手ともにとてもフレンドリーで握手をしたあとに撮影。小 [続きを読む]
  • vsC大阪 ガンバこそがOSAKA
  • 久しぶりのホームでの大阪ダービー。惜しくも直前でカードフェスタのクジが終わってしまいましたが、それでも買い込んだパックに野田のサインカードがあり気分を上げてスタジアム入り。仕事のストレスかお金の不安からか十二指腸潰瘍になり揚げ物が食べられないのでスタジアムグルメは食べられません。普段何気なく食べているフレンチフライが食べられないのは痛いです。スタジアムはほぼ満員で上から下まで観客が入っているのをみ [続きを読む]
  • 今年もファン感に行ってきました
  • 今年も子供を連れて親子3人でファン感に。高校野球の予選があり南駐車場は昼の段階で満車だったので、東駐車場にとめて歩き。ゲート4からの入場なので東からでもかなり近い感じです。入場してすぐにバックスタンド側のVIPルームへ。プレミアム会員特典の選手とのなりきり撮影会に行きました。最初は倉田選手との撮影。シチュエーションはフランス料理店での2ショットということなんですが、この暑い中でフレンチに行くような服装 [続きを読む]
  • vs清水 劇的につまらないサッカーになった
  • 優勝争いから一歩後退の痛い敗戦だった以上に内容が劇的につまらなくなりました。ボール支配率から考えると前半は奇跡的ともいえるシュートの少なさ。つまり攻撃の形が作れなかったと言えると思います。原因の一つはFWの力不足か戦術に合わない起用ではないでしょうか。このシステムでいくならパトリックを残しておくべきでした。また中盤の選手でドリブルで切れ込める選手が少ない。倉田くらいでしょうか。井手口は中盤の底にいま [続きを読む]
  • 丹羽選手のお別れサイン会
  • すでに発表があり丹羽選手は完全移籍で広島へ。徳島、大宮、福岡と期限付き移籍で回ってきてセホロペの時に帰ってきた丹羽選手。サブでも常に準備を怠らない選手で日本代表にまで上り詰めました。ルーキー当時から応援していた選手、もっと言えばユースから観ていた選手が完全で出ていくのは寂しいです。しかし三浦ファビオが盤石で年齢も30を超える今となってベンチを温めるのは選手生命を短くするでしょう。三冠の功労者でもあ [続きを読む]
  • ECvsV大分 市丸トップデビュー それだけ
  • 今日は所用の帰りに吹田スタジアム入りしたので開始から試合観戦。天皇杯で3つ下のカテゴリーのクラブとの対戦という特殊な環境での試合です。試合開始から前半最後まではほぼ9割近くを相手陣内で試合をしているので、選手がちょっと遠い位置にずーっと張り付いています。シュートを打つものの枠外が多く、前線がハーフウェイラインよりやや下がり目、中盤以後はアタッキングサードから後ろに張り付いている大分の人海戦術の前に [続きを読む]
  • vsV神戸 スコア以上に内容は良かった
  • 今日は年に一度のアウェー観戦(長居は気が付いたらチケット完売でした)。着いたのは開始15分前でしたのでスタジアムグルメは買えず。選手紹介の時は当然のことですが大森に大ブーイングでした。スタメンには今月で解雇となるパトリックが名を連ねます。試合は開始早々は神戸ペース。相手の鋭い出足に我慢の時間が続きます。尻上がりに調子を上げる=スタートはペースが上がらないといういつものガンバ。早々に受け身に立ってし [続きを読む]
  • アカデミー激励会
  • 今日は誘われてアカデミー激励会に行ってきました。クラブハウスに入るのは初めてですが、エムボマ選手のサイン入りユニやサインで埋め尽くされたユニが飾ってあります。初めて入ったので当然初めての光景。アウェイ側VIPフロアから見たピッチ。ユースとジュニアユースの選手の激励会なんですが、ジュニアユースは今日の試合を落としていました・・・普段はアカデミーの選手とお話をする機会が無いので非常に新鮮で面白かったで [続きを読む]
  • U-23vsC大阪 新たな才能
  • スタメンを観たときにびっくりしました。パトリック、金がOAとして入っていて、トップに昇格していた呉屋もスタメンに。大阪ダービーで負けられないということもあるのでしょうが、なぜこのタイミングなのか。完全に分けるというシーズン前の話はどこにいったんでしょうね。結局完全に分けないのであれば、市丸、高木、井出(怪我もありますが)といったところをもっと早く出すべきです。特に市丸はシーズン開始から3か月近くプ [続きを読む]
  • vsサガン鳥栖 圧巻のファビオ
  • 故障者続出という報道のあった鳥栖との一戦。相手が調子を落とせばガンバも調子を合わせてしまうという悪癖があるので心配な試合でした。予感は的中し、ミスが多く波に乗れない鳥栖を相手に序盤はボールを持ちながらシュートまでいけないガンバ。パスや連携が少しずつずれているのか、最後の最後にひっかかりフィニッシュにもっていけません。徐々に精度が上がりシュートを打てるようになりますが枠外ばかりで苦戦の予感がしますが [続きを読む]
  • vs清水エスパルス また下位相手に取りこぼし
  • 広島戦に続きまた下位相手に痛い取りこぼし。ほぼ主力メンバーで固めた陣容での戦いだっただけにダメージの大きい引き分けでした。勝てば首位という戦いで内容の悪い戦いではちょっと心配になります。この日はボランチに入った倉田にミスが目立ち、攻撃で良い形が作れませんでした。ボールを受けてルックアップして次の動作に移るまで少しドリブルで一呼吸入れる、という癖を意識的に狙っていたのかわかりませんが、清水の選手に同 [続きを読む]
  • vs横浜FM 最高の週末
  • 優勝争いをしている浦和と神戸がともに下位に沈んでいるクラブに手痛い敗北を喫し、なんとしてもここで勝利を挙げておきたいガンバ。前半からアグレッシブに動き決定機こそなかったもののペースをつかんでいました。大宮戦同様にあまり出場機会が無い選手が猛烈にアピールをする姿が印象的でした。堂安の決勝点は歯車がかみ合った素晴らしい連係から生まれたナイスゴールでした。最後は4バックを3バックに試合中に変更というある [続きを読む]
  • ACL アデレードU かみ合わない歯車
  • 今日は仕事明けなので前半40分くらいからの観戦。入った途端に左サイドを破られて失点シーンを目にしました。後半は完全にガンバペースだったにもかかわらず、チャンスに決めきれずPKまで外すという攻守にちぐはぐな状態でした。後半ですが、どうも遠藤のところでボールを狙われていた気がします。そしてなぜか細かいミスが多く、ペースは掴んでいたもののギアを上げきれず。そしてアタッキングサードでの攻撃のパターンが同じ [続きを読む]
  • 大阪ダービー
  • 久しぶりの大阪ダービー、いつの間にかチケットが発売されていて買いそびれてしまいました。今野に続いてアデミウソンまで離脱という非常事態での一戦。遠征の疲労のためか動きがやや鈍いガンバ、前線からのプレスはまずまずですが、ボールを奪ってからのパスの精度を欠き形を作れません。やはりアデミウソンの不在は深刻で、ガンバはシンプルに裏を狙ったロングボールを多用します。ダービーなので同じ条件で戦いたいところですが [続きを読む]
  • vsアルビレックス新潟 羨ましいスカウト力
  • Wシルバを強奪されて一からチームの立て直しをしている新潟との一戦。毎年のように主力を強奪されながらチーム力があまり落ちない新潟の強さの秘訣は日本人、外国人を問わず獲得してくる選手がしっかりと活躍するスカウト力にあるでしょう。特に今年の新戦力の中ではホニに手を焼きましたね。羨ましいくらいとってくる選手が日本にフィットして活躍します。三浦、ファビオが五分の条件でこれほど劣勢に回ったのは今季初(済州戦は [続きを読む]
  • 緊急事態
  • ガンバでの好調さそのままにあれだけ圧倒的なパフォーマンスを見せた今野選手が骨折・・・。代表にもガンバにも衝撃的なニュースでした。部位的にあまり長くはかからないという噂もありますが、それでも4月は厳しいでしょう。井手口選手の復帰がありますが、怪我明けで絶好調今野選手と同じだけの動きを期待するのは難しいかも。代表としてはあれだけのプレーを見せていれば次の予選ではおそらく招集されるでしょうが、ガンバとし [続きを読む]
  • 緊急事態
  • ガンバでの好調さそのままにあれだけ圧倒的なパフォーマンスを見せた今野選手が骨折・・・。代表にもガンバにも衝撃的なニュースでした。部位的にあまり長くはかからないという噂もありますが、それでも4月は厳しいでしょう。井手口選手の復帰がありますが、怪我明けで絶好調今野選手と同じだけの動きを期待するのは難しいかも。代表としてはあれだけのプレーを見せていれば次の予選ではおそらく招集されるでしょうが、ガンバとし [続きを読む]
  • 泉沢をどう使う?
  • 江蘇蘇寧戦で久しぶりに起用された泉沢。相変わらず左サイドでの起用でしたが、連携に問題があるのか全く機能しませんでした。最初のクロスをあさっての方向に飛ばしたのはいただけませんが、藤春との連係プレーが壊滅的で機能しないのは仕方ないのかもしれません。藤春が行けば泉沢は停まり、泉澤が行けば藤春が停まり、結局ノッキングを起こしていました。倉田と藤春のコンビの時はお互いに追い越したりスペースを作ったりしてい [続きを読む]
  • 泉沢をどう使う?
  • 江蘇蘇寧戦で久しぶりに起用された泉沢。相変わらず左サイドでの起用でしたが、連携に問題があるのか全く機能しませんでした。最初のクロスをあさっての方向に飛ばしたのはいただけませんが、藤春との連係プレーが壊滅的で機能しないのは仕方ないのかもしれません。藤春が行けば泉沢は停まり、泉澤が行けば藤春が停まり、結局ノッキングを起こしていました。倉田と藤春のコンビの時はお互いに追い越したりスペースを作ったりしてい [続きを読む]
  • ACL vs江蘇蘇寧 怖さを感じないまま負けた
  • 去年相手にした上海上港、広州富力とは違い、相手に全く怖さを感じない江蘇蘇寧。前線のブラジル人に速さも強さも感じませんでした。速さはファビオ上回ることは無く、高さでは三浦が圧倒していました。中盤の構成力でも連携力でもガンバが完全に上回っていました。しかし終わってみれば0−1、サッカーの怖さは感じる試合でした。この相手に勝ちきれないどころか負けてしまっては勝ち抜けは難しいです。この日も3バックは上手く [続きを読む]
  • ACL vs江蘇蘇寧 怖さを感じないまま負けた
  • 去年相手にした上海上港、広州富力とは違い、相手に全く怖さを感じない江蘇蘇寧。前線のブラジル人に速さも強さも感じませんでした。速さはファビオ上回ることは無く、高さでは三浦が圧倒していました。中盤の構成力でも連携力でもガンバが完全に上回っていました。しかし終わってみれば0−1、サッカーの怖さは感じる試合でした。この相手に勝ちきれないどころか負けてしまっては勝ち抜けは難しいです。この日も3バックは上手く [続きを読む]
  • U-23vs鳥取 
  • U-23の開幕戦、やや肌寒い中ですが好天に恵まれ絶好のコンディションでの試合でした。鳥取のスタメンには福森や原口といったガンバユース出身の選手もいて選手紹介で拍手がありました。ガンバはU-23登録の選手がもともと少ないのですが、今日はその中でも半分が欠場。トップに昇格といった感のある高木はともかく、平尾、一美、食野、妹尾がベンチにも入らず林はサブ。両SBに二種登録臼井足立、CBにぺと野田、中原と高がボランチ、 [続きを読む]
  • U-23vs鳥取 
  • U-23の開幕戦、やや肌寒い中ですが好天に恵まれ絶好のコンディションでの試合でした。鳥取のスタメンには福森や原口といったガンバユース出身の選手もいて選手紹介で拍手がありました。ガンバはU-23登録の選手がもともと少ないのですが、今日はその中でも半分が欠場。トップに昇格といった感のある高木はともかく、平尾、一美、食野、妹尾がベンチにも入らず林はサブ。両SBに二種登録臼井足立、CBにぺと野田、中原と高がボランチ、 [続きを読む]
  • vsFC東京 無茶苦茶な主審すら引き立て役
  • 3バックの真価が問われる好調FC東京戦。試合前には日本初のフィールドプロジェクションマッピングを行いましたが・・・下層フロアでは角度が無さすぎて全く何をやっているのか分かりませんでした。これには周囲からも苦笑が漏れていました。そして3.11の黙祷。何年経ってもあまりの痛ましさに胸がつぶれる思いです。試合は開始から攻守の切り替えの早い白熱の試合を展開しました。ガンバは前節で素晴らしいパフォーマンスを披 [続きを読む]