F さん プロフィール

  •  
Fさん: Fの戯言
ハンドル名F さん
ブログタイトルFの戯言
ブログURLhttp://ameblo.jp/baka-zoo/
サイト紹介文フロンターレの話題を中心に、サッカー全般の話題を扱ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/03/10 21:10

F さんのブログ記事

  • 板倉が育ちそう
  • 板倉、めっちゃ頑張ってたな〜。アンカーとしてバイタルを死守しつつ、攻撃になったらビルドアップのパスを散らしたり縦パス狙ったり。そして、セットプレーではターゲットになって競り勝ち続けるという奮闘ぶり。最後足攣って交代したけど、足攣りながら全力ダッシュしてた姿には感動したわ。というか、アンカーって書いたけど一応Wボランチなんだよね?あのチームって。あの横の10番の選手は、あれはいつもあんな感じなのかな [続きを読む]
  • 第11節 ジュビロ磐田戦 〜阿部ちゃん、攻守に大車輪の活躍〜
  • 完勝だった。磐田だって7戦負けなしだったんだから、けして弱い相手じゃなかった。そこにアウェーで2−0だからね。素直に凄いと思う。リーグトップクラスの守備力を誇る磐田DFを相手に、ちゃんと真ん中崩してチャンスを作れていたので、チーム状態は確実に上向いているね。先制点の崩しなんかも完璧だったし。終盤多少押し込まれたけど、そこで腰痛持ちの憲剛&捻挫持ちのユウを一気に2枚代えして3バックに変更して逃げ切っ [続きを読む]
  • ACL予選 イースタンSC戦 〜無敗で首位通過〜
  • 1位通過は棚牡丹ではなく、負けなかったことで自ら掴み取ったもの。W杯でもそうだけど、予選グループで負けないことって本当に重要なことなんだなと再認識した。試合内容については、今さら言うことなし。4−0は当然だし、4−0になって無理をしなかったのも当然だった。連戦中だからね、当然の判断だったと思う。ただ、家長が帰ってきたと思ったら今度はユウが離脱かもしれないというのはね…。阿部ちゃんも膝に不安があるみ [続きを読む]
  • 第9節 セレッソ大阪戦 〜想定内〜
  • 完全に想定内、でしょ?だって、今日のスタメン見てちょっとでも「勝てる」と思えた?「勝ってほしい」じゃなくて「勝てる」だからね?希望的観測を一切排除して、冷静に贔屓目抜きに彼我の戦力差を見比べてちょっとでも「勝てる」と思えましたか?と。答えは「NO」。だから、想定内。日程的にもほぼ同条件だったFC東京戦と、まあ大体同じような内容&結果だったのも想定内。すべてが想定内。でも、マイナスに想定していたこと [続きを読む]
  • 旭日旗問題について簡潔に
  • 旭日旗が国際的に見てOKかどうかとかAFC的にはNGだとか、そういった思想的・政治的な問題はこの際どうでもいい。興味ない。重要なのは、ただ一点。旭日旗を掲げることに応援としての効果は微塵も無いということだ。無い、微塵も無い。でも、問題が起こる可能性は微塵でも有る。利益が一切無く、ただただ損失だけ被る可能性がある行為をやって、そして実際に損失を被る可能性が出てきている。そして、この問題を引き起こした [続きを読む]
  • 『村上信五とスポーツの神様たち』にて、プロモ部無双
  • 「圧倒的じゃないか、我が軍は」ん?試合の話じゃないよ。昨日の深夜に放送されていた『村上信五とスポーツの神様たち』での我が軍のプロモーション部の話だよ。同番組では2週にわたって「Jリーグファンサービスバトル!」と銘打って、鹿島とFC東京、そして我らがフロンターレの広報がそれぞれのファンサービスのアピール&プレゼンをするという企画を放送していた。そして”案の定”、そこでウチのプロモ部が無双していたとい [続きを読む]
  • 第8節 清水エスパルス戦 〜冷静になって再度振り返ってみる〜
  • 一晩立ったらビックリするぐらい冷静になってたでござる。8年前ぐらいは1回の負けを1週間ぐらい引きずってたもんだが、まあ随分と大人になったのね〜。もっとも、それだけ熱が下がったのだと言えなくもないが…。さて、試合。最後の終わり方を抜きにしたら、まあ札幌戦からは随分と立て直してきた感じ。2点ともしっかり崩して取ってるってところが何気にデカイ。ここ最近は点を取るどころか崩すところまでもなかなか行けてなか [続きを読む]
  • 第8節 清水エスパルス戦 〜下衆の勘繰りでゲス〜
  • タイトルを取れるだなんて微塵も思ってないでゲスけどね、それでも最低限ホームでは勝てよクソヤロー!!なんて、あっしのような底辺野郎はついつい思っちまうんでゲスよね〜。そりゃ負けないことは大事でゲスよ〜。でも、さすがに甲府、札幌、清水相手の3連戦で3引き分けってのはでゲスね、「負けない」じゃなくて「勝てない」って言うんだよクソヤロー!!なんて、あっしのような底辺野郎は思っちまうんでゲスよね〜。これは、 [続きを読む]
  • ACL予選 広州恒大戦 〜負けない!だが、勝てない!〜
  • 内容は押し気味だったけど、彼我の戦力差を考えたら、まあよく引き分けられたと思うよ。というか、広州って思ってたほど強くないよね。浦和と戦ったフッキのいるチームのほうがよっぽど強いんじゃないの?しかし、台所事情が苦しいなかでオニはよくやってると思うよ。この試合も森本だったり板倉だったり、明らかにチームのレベルを落としている選手を使ってるにも関わらず、しっかりと引き分けまで持ち込むんだから。それもこれも [続きを読む]
  • 第5節 ベガルタ仙台戦 〜気持ちの勝利だ!〜
  • 前節のFC東京戦からの悪い流れを断ち切ろうとする強い意志を感じた。ピッチがスリッピーだったこともあるけど、滑り込んだり体を投げ出したりと、球際で戦う姿が随所に見られた。その結果、2−0の完勝。今日はピッチに立った選手全員を賞賛したい。点数にしたら全員が6・5以上って感じ。本当に素晴らしい勝利だった。アッパレ!!□■□■ 選手評価 □■□■GK ソンリョン終始安定。最後のクリスランのヘッドも落ち着い [続きを読む]
  • ユウが代表に拉致られたと知って
  • 松江城からの帰途で知りました。久保の活躍でユウのチャンスが遠のいたと前回の記事に書いた矢先にこれかよ(苦笑)。ああ〜、相変わらず見る目ねぇ〜、オレ。大迫の離脱で招集されたってことは、代表予備軍のFWの中では序列が一番上ってことなんだね。まあまあ信頼されてんじゃん。タイ戦で出番があるとは思えないけど、Jリーグで結果を出し続けていたら本大会のチャンスあるよ、マジで。しかし、ユウのチャンスが広がったのは喜 [続きを読む]
  • W杯予選 UAE戦 〜今ちゃん劇場〜
  • 今ちゃんに尽きる。所々小さなミスをする蛍と不用意に飛び込む森重を介護しつつ、自らは完璧な守備対応をして、おまけに点まで取っちゃった。ベテランになって益々円熟味を増して、さらにプレーの幅まで広がってる。あらためて、今ちゃんをCBで使った城○ってクソだったなって思った。この試合の今ちゃんはWボランチというよりも一列前のインサイドハーフをやっていたけど、同じポジションで起用された香川が完全空気だったのを [続きを読む]
  • FC東京との力の差は、確実にあった
  • 以下は、FC東京戦後のユウのコメント。「3−0ほどの力の差はなかったと思うが、こっちが隙を見せてしまった。ファウルスローであったり、マイボールのフリーキックを簡単に渡してしまい、自分たちのミスから失点のきっかけを作ってしまった。そういうところを改善すれば、こんなに差のつく試合ではなかったと思っている。」――「3−0ほどの力の差はなかったと思うが…」いや、あった。確かに田坂があんなパスミスさえしなけ [続きを読む]
  • 第4節 FC東京戦 〜我慢しきれず決壊〜
  • 僕が執拗に外国人のセンターFW獲得にこだわった理由がアレですよ。ウタカが入った後のFC東京…、というかウタカ個人が放つ圧倒的な存在感(威圧感)。ああいうのがウチの前線に絶対に必要だと思ったからなんですよ。ウタカなんて、おそらく全然フィットしてないはず。それでも、個人の嗅覚だけで点を取ってしまう。パスワークとか関係なく、一本のパスやクロスに合わせて取ってしまう。風間サッカーのように、放っておけばウダ [続きを読む]
  • フロンターレ神社の位置、本当にあそこでいいの?
  • 家長は1ヶ月、マイケルは5ヶ月。家長は連休には帰ってこれそうだけど、マイケルはもう今年は戦力として計算できない気がする。イガのケガも、あれは膝の側副靭帯をやってる可能性があるので、そうなると数か月OUTだろうからCBの補強も必要か…。CBと右SBをできる選手、どこかにおらんかね…。しかし、今年のケガ人はトレーニングの内容とか環境とか関係ない、文字通り”不運”によるものばかりだ。もしかしたら、昨季ま [続きを読む]
  • ユウ代表落選でケガの心配する必要無し
  • ほほう、ユウは代表落選か。まあ、ウチとしてはユウにケガされたりしたら終わるので、これは朗報。もっとも、ユウのモチベに影響があるかもしれないので喜んでばかりもいられないのだが…。しかし、ハリルのクソな代表選考のせいで、すっかり代表への関心を無くしてしまった自分がいる。昔は絶対に勝ってW杯に行ってほしいと願っていたもんだが、今では「むしろ無様に負けてくれたほうがブログで批判する材料になるぜ、ゲヘヘ…」 [続きを読む]
  • ACL予選 広州恒大戦 〜なんだかんだで不敗〜
  • いやぁ〜、買っちゃったよねG+。1000円で1試合視聴できるというのは、ギリギリ踏ん切りがつくラインだった。広州恒大とのアウェーマッチというのは、やっぱりコンテンツとしては魅力的だし。□■□■ 試合評価 □■□■結果は引き分けだったけど、ウチは”半分控え組”みたいなメンツだったし、そのうえスタメンの選定を明らかにミスってたってことを考慮したら、上々の結果だったんじゃないかな。そのスタメンが”半分控 [続きを読む]
  • 第2節 サガン鳥栖戦 〜大宮戦の内容よりかマシ。ただそれだけ。〜
  • 内容は大宮戦よりかはマシだった。しかし、それだけである。家長という”足枷”を外して多少は身軽になったものの、敵の急所を突くような攻撃はほとんどできず。そりゃ、ボールを持っても誰も相手ゴールに向かって行かないんだから急所なんて突けるわけもないし、もっと言ってしまえば迫力がまったく無い。迫力が無い=怖くない=面白くない、である。頼みの綱の等々力劇場も起きる気配皆無だったしね。そもそも、等々力劇場という [続きを読む]