もりたひでみ さん プロフィール

  •  
もりたひでみさん: 大阪でカウンセリングならアビエルト
ハンドル名もりたひでみ さん
ブログタイトル大阪でカウンセリングならアビエルト
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaunseringu-osaka/
サイト紹介文恋愛、家族、職場の人間関係、将来の夢など、あらゆるお悩みに心理カウンセラーがお答えいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2012/03/10 23:20

もりたひでみ さんのブログ記事

  • ヒーローは“コミュニケーション”を置き去りにするかも?
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は映画「ツーリスト」の感想になります。 こういう “アクションムービーの王道★” みたいなものを観るは久々でしたね〜 14年程前は、香港アクションムービーにハマってて、ひたすらレンタルしまくってたのが懐かしいです そして、アクションムービーの王道といえば、“男性が悪と戦い、ヒロインを救う” という典型的なものがありますが。 そうそう…特に男性は、小さな頃からそんな [続きを読む]
  • 心から望まない恋と結婚。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は映画「上流社会」の感想になります。 なんとも、キャスト陣が豪華であります! 主演はグレース・ケリーであり、ジャズ歌手であるフランク・シナトラとルイ・アームストロングも出てくる、ミュージカルなのですから♪ そして、グレース・ケリーが出てくる映画を観たのは今回が初めてなのですが、多くの女優さんというのもは美しいものでありますが、この映画を観て、彼女は特に別格で [続きを読む]
  • 時間が空くと、人は行動するもので。
  • カフェにて。 心理カウンセラーのもりたひでみです。('ω')ノ 早速、毎週日曜日&毎週土曜日&祝日の定休日を実行することになったのですが…とってもイイカンジです なんせ、“ああ、今日はあれしよう!今度はあそこに行こう!”とわくわくする計画が思い浮かぶものだし、そういうことは結果、私自身の新たな世界が広がることにもなり、お仕事へのいい影響にもなりそうです。 わくわくしていると、仕事中とはまた違った角度での [続きを読む]
  • 定休日のお知らせ。
  • カフェにて。 心理カウンセラーのもりたひでみです。('ω')ノ このたび、毎週日曜日&祝日のお休みに加えて、毎週土曜日もお休みとさせていただくことになりました ここ3年ちょい程は、毎週日曜日&祝日のお休みのみで突っ走ってきましたが(…その前なんて、アルバイトしながらの、ほぼ休みなしで運営してましたから…)、そろそろまたもや転換期かなと感じてきました。 カウンセリングルームの場所がらもありますが、平日のお仕 [続きを読む]
  • 目指すは、ラテン的バランス計画。
  • カフェにて。 心理カウンセラーのもりたひでみです。('ω')ノ カウンセリングにおきまして… 「私と仕事、どっちが大事なの?」なーんてことを言われてる男性や、そのようなお悩みを抱えてる女性の声は、よく聴くことでありますが… そう…ですねぇ。人生というのは、全てのことを手にしようと思えば、“バランス感覚” が大事なのかもしれません。 (あらゆる生活だけでなく、これは物欲を含む消費も関係してきますね。) “び [続きを読む]
  • ありのままの私自身を愛さないと “愛は受け取れない” もので。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回はフランス映画「みんな誰かの愛しい人」の感想になります。 主人公は、著名な作家を父に持つ、若い女の子なのですが… 著名な方や偉大な方がご家族にいらっしゃると、こんな気持ちになってしまうのでしょうか。 『私に近づいてくる人は、私自身に興味があるのではなく、父親目当てなのよ!』って… 実際のところ、人によっては “私のお金目当てなのよ。” とか “しょせん身体目当て [続きを読む]
  • 狂わせられたい、刺激が欲しい、フツーじゃ嫌だ!?
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。 本日はふらっと、映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を1人で観てきました★ ナント、映画を劇場で観たのは、超久々…しかも、1人で観に行ったのはもっと久々のように思えます。 (それだけ、注目していたのです★) こちらは、ラブストーリー?と思いきや、妻夫木聡さん演じる青年の、青春ストーリーだと感じましたね。 (私には、内容は全然違うけど、映画 [続きを読む]
  • カウンセリング的会話方法。特に女子向け。#頑張れ男子
  • 人形を撮影 思うに、多くのカウンセラーというのはカウンセリング中に “直接的な心理分析” をしてしまうのかもしれません。 例えば… >> 家族関係はどうですか? お客さまからすりゃ、そんなことはともかく、本題(=失恋など)に関する問題のテーマについて “会話をしたい” ものなのかもしれません。 そしてそんな流れから、自然と家族関係の話に流れるのかも(?)しれませんから。 確かに、家族関係は関係してるかも?し [続きを読む]
  • 「心の距離感」と「心の根っこ」「信じあえる人」
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は映画「カサブランカ」の心理分析になります。 愛する夫をとある事件により失った女性は、そんな傷心から “心の拠りどころを求めるべく ” 新たに現れた男性と愛し合うものですけど… >> この女性は恋せずにはいられないタイプでありましょう。 なんと失ったはずの夫が戻ってきたことにより、今度は新たな彼が愛する女性を失ってしまい… >> 映画の設定により、新たな彼と女性はお互 [続きを読む]
  • 心境と体内時計の変化
  • 音楽ライブ鑑賞 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ お盆休みを過ぎた頃から、私自身の体内時計がくるっていて、やっとそこから復活しました 何があったとか、そういうことはないのですが、ここのところ夜が寝れなくって、朝の目覚めも悪く… 『ひょえー、このまま戻らなければどうしょう?』 なーんて思っていたのですが、数日前から自然とあっさり元通りの体内時計に復活し、ほっとひと安心です。 人が眠れない時の理由 [続きを読む]
  • セレブとお金。結婚と価値観の一致。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は1938年のアメリカ映画「素晴らしき休日」の感想になります。 内容としては前回のブログでご紹介した映画「或る夜の出来事」と “ちょっぴり” かぶっていますねぇ。 今回も上流階級にまつわる、結婚の話が出てきます。 そして、そんなセレブな人びとの “楽しさなど” よりも “世間体” や “お金” で生きているさま をたっぷり皮肉っているといいますか…現代の映画で云えば、ウ [続きを読む]
  • 自由というのは、自分の意思で生きること。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は映画「或る夜の出来事」の感想になります。 内容としては “ほんのちょっぴり” ですが、名作映画「ローマの休日」とお話がかぶっていますねぇ。 それは何処か?といいますと、VIPなお嬢様が家を飛び出す…などにおいて共通点があるからなのでございます。 *    *    * 内容には “結婚を反対される” といったことがあるのですが、日々のカウンセリングにおいて感じているこ [続きを読む]
  • コンプレックスとプレイガール
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は映画「パリジェンヌ」の感想になります。 こちらのDVDは1961年のフランス映画でして、4つの短編映画で構成されている作品となっております。 どれも、“超名作!” と大げさに語るほどではないのですが、ですが個人的には面白くって、エンターテイメントとして楽しめました♪ だからといって、コメディーである訳ではないんですけどね。 私は1作目である、大スターになることを夢見る [続きを読む]
  • 第9回:アビエルトのイベント
  • ダンサーの人々 心理カウンセラーのもりたひでみです。本日は第9回目になる、お客さまがたと共に楽しむ「フィエスタ・メヒカナ(メキシコのお祭り)」を実施いたしました♪(^^)/ 今回はぷちラテン好きなカウンセラーに、お付き合いしていただいたという形ではありますが(…“ぷち”というところがこれまた、中途半端ですが…)予想していた以上に楽しんでいただいたようで、とても嬉しかったです メキシコのダンスはこのように [続きを読む]
  • キサス・ラテン・キサス(たぶん・ラテン・たぶん)
  • プリン(フラン)は大好物です ここ最近、仕事がノッている心理カウンセラーのもりたひでみです。('ω')ノ さらに…ここのところ、仕事終わりには日々、日課のごとく某スペインバルに寄っております。 実は言いますと…そのバルの存在は前職(広告デザイナーをしていたのです)にての勤務先にて、同僚の方に教えてもらったんですけどねー また、私が心理カウンセラーになった理由も、その勤務先でやはり別の同僚の方から “FMコ [続きを読む]
  • 恋はハートでするものだから。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回はとっても素敵なフランスの恋愛映画「恋するパリのランデヴー」の感想になります キャー恋はやっぱりこうでなくっちゃ!な、上っ面でお付き合いするのではない “真実の恋” を描いているとは思いましたね。 さすがフランス人!相手の肩書や何たら…ではなく “直感で恋する” ものですから! …という意味で、私はこの映画自体 “恋って何?” といったことを説明している、教科書的 [続きを読む]
  • 移動おみくじ −吉か凶か?−
  • 今年6月の旅路 心理カウンセラーのもりたひでみです。('ω')ノ  ここ最近、自分自身の “仕事のあり方” というのが、よりはっきりしてきたように思えます。 今年の春より現在まで、“移動する仕事=講演など” は一切行ってないのですが… そういえば不・思・議?なんですよねー。 話は変わりまして、遠方=関東方面からのオファーはこれまでに色々ありましたが、これまで実現したことは全くナシでございます。 そういうことも [続きを読む]
  • 音楽は私にとっての最高の楽しみ♪
  • 音楽ライブにて 心理カウンセラーのもりたひでみです。昨夜は、大阪市内に新しくオープンしました50〜60年代の古き良きアメリカ的なライブハウスに行ってまいりました♪ 聞いてみると、おそらく大阪にこのタイプのお店は、今日足を運んだ1件だけみたい?です。 京都には数件あるみたいなんですが…というか、ダンスとか音楽の分野は関西圏だと、京都が一番盛り上がってるとの声を、ダンスのインストラクターさんから聴いたことも [続きを読む]
  • 幸せになるために、“好かれる勇気” も。
  • グリーンを撮影 心理カウンセラーのもりたひでみです。(/・ω・)/  そうそう…人には…たとえどんな人であれ “コンプレックス” というものがありまして。 たとえば時おり、『私(僕)は、恋愛に関しては困ったことがないんです!』な人もいらっしゃるのだけど、そういう人にだってもちろん、コンプレックスはあったりするのです だからして、意外と人間というのは平等?というか、『え、あなたみたいに完璧で恵まれている人に [続きを読む]