もりたひでみ さん プロフィール

  •  
もりたひでみさん: 大阪でカウンセリングならアビエルト
ハンドル名もりたひでみ さん
ブログタイトル大阪でカウンセリングならアビエルト
ブログURLhttp://ameblo.jp/kaunseringu-osaka/
サイト紹介文恋愛、家族、職場の人間関係、将来の夢など、あらゆるお悩みに心理カウンセラーがお答えいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2012/03/10 23:20

もりたひでみ さんのブログ記事

  • カフェと音楽。
  • アジサイが見頃です 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ 以前、福岡出身のお客さまから、「福岡にはオープンカフェが沢山あって、私は大阪に住んでいてもオープンカフェに行きたくなるんですが、大阪はなかなかなくって…」な声を聴いて、今さらながら共感!です。 ここ最近、カウンセリングの合間にオープンカフェに足を運ぶようになったんですが、(その時の気分もありますが)室内のカフェでは物足りな [続きを読む]
  • こだわりは無いようで、あるもので。
  • いまはなき、最高のライブハウス 心理カウンセラーのもりたひでみです。 ここ最近、カウンセリングにおいてお客さまから「(何事においても)こだわりが強い方ですか?無い方ですか?」と聞かれたのですが… うーん…こだわりはあるような?無いような?(笑) 確かに、とある師匠からは「こだわりを持たないことに、こだわりを持っている。」と言われたことがあるので、まぁ、そんなことを言われた時点で、 [続きを読む]
  • カウンセラーと遊ぶ、あれこれ♪
  • (以前に頂いた)米国の写真 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ ここのところ「阪神タイガースが絶好調◎」ということで、テンションがアガる私です♪ 「え?じゃあ阪神ファンですか?」と思われそうですが、そうでもないですねー。(おいおいww) …というか単なるミーハーです(笑)「阪神が優勝すれば、大阪が盛り上がる!」という、まぁ、そんな発想でウキウキする訳であります。 ですが、 [続きを読む]
  • 感受性が豊かな人には、温かく、正直に。
  • 造花を写真撮影 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ 好きな人がいたとして、例えばその人が「とても傷つきやすい人」なケースでございますが。 すると、そんな人に対しては「正直な気持ち」を言いづらくなるものですが、だからといって、そんな「100%優しい態度」がOKか?と云えば、そうでもなかったりするんですよね〜。((+_+)) 「傷つきやすい」ということは、すなわち「感受性が豊か」というこ [続きを読む]
  • 恋は直球、変化球。
  • 音楽ライブで撮った写真♪ もしも、恋する誰かしら…「二人っきりで会ってみたい人」がいたら、ぜひコンタクトを取ってみましょう え?「断られたら、ショック」ですって? しかしながら、その人がもしも恋愛対象でも何でもなかったら…きっと…何も考えないで誘えるはず! (そして、落ち込まないじゃないですか?相手にも所要とかありますしね。) 私だってこれまで、色んな人を誘って「…無反応…」 [続きを読む]
  • 聞き役と話し手の調和のとれた関係性。
  • 靭(うつぼ)公園のバラです♪ 人によっての「おしゃべりの度合い」や「自己開示の度合い=自分のことを話す度合い」というのは、まるで違うものでありまして。 また、心理カウンセラーにおいてもこの度合いは、人によって全く違ってくるかとは思います。 たとえば、日常において「自己開示の度合い=自分のことを話す度合い」が大きい人は、面談カウンセリングというよりはセミナー講師に向いていると思うのであ [続きを読む]
  • 何で時間とお金を消費して、楽しみ♪ましょうか?
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は、書籍「パギャル消費 女子の7割が隠し持つ「ギャルマインド」研究」 著:電通ギャルラボの感想になります。(^^)/ こちらは図書館で借りて読んだのですが、2011年に発売された本ですが、おそらく絶版になっている?かな…と。 (本って、売れるもの以外はどんどん絶版になっていきますね) 内容は、「女子=ギャルの心や、彼女たちの消費欲」についてなのですが [続きを読む]
  • 「母性」より「女子力強化」で恋に勝利しよう。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は、岩井俊二監督の映画「ラブレター」の感想です。(^^)/ ちょっと前までに観ていた韓流ドラマ「もう一度ハッピーエンディング」の中で、この映画の一部分がパロディ(その箇所はセリフも日本語なのです。)として出てきたので、気になって観ることになったんです。 あのドラマを観つつ、「あ、(邦画の)ラブレターやん?」と思いつつも、私自身この映画を観たのは初め [続きを読む]
  • 愛情と「生きがい」と「ありのままの私」
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は、映画「ジュリエットからの手紙」の感想です。(^^)/ こちらは、ラブストーリーなのですが「今まで観た映画の中で一番、単純かつ陳腐(ちんぷ)すぎるかも」と個人的には思いつつも… もしも、児童文学や童話であればとても美しいお話だとも云えます…まるで、「白馬に乗った王子様的な」単純明快なストーリーなので しかしながら、やはり映画…「本当にそうよね [続きを読む]
  • ラッキーの基準は、人それぞれであるもので。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ 私自身の仕事は言うまでもなく「心理カウンセラー」であり、なぜ心理カウンセラーになれたのか?と云えば、それは「訓練を積んできたがゆえ」で、当たり前と云えば当たり前なのですが、それでも「自らの意思で訓練を積むことができた」という意味では、なんだか恵まれているようにも思えます。 恵まれている…とはいっても、かつては分割ローンで心理学の勉強をしてい [続きを読む]
  • 心理カウンセラーによっての手法、あれこれ。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ 私自身「何故カウンセリングをすることが好きか?」といいますと、単純明快にも「悩み事に関する質問に対して、答えることが好き」という理由であったりはします。 あとは、何よりも「ぶっつけ本番の、アドリブ勝負」が大好きというのもありまして。 なんせ、小学生の頃好きだったお遊びは「ままごと」と「ラジオ番組ごっこ」なのでありました。 どちらの遊 [続きを読む]
  • 恋のきっかけと、あなたの才能と役割。
  • 心理カウンセラーのもりたひでみです。今回は、映画「そんな彼なら捨てちゃえば?」の感想です。(^^)/ そんな衝撃的な(笑)タイトル通りに、お話はどんどん進行していくのかな?と思っていたものの、実際のところはそうではなかったりもしまして。 この映画においては、悲しい恋もあればハッピーな恋も存在するのですが、私自身はストーリーにおける複数の登場人物たちの「恋のきっかけ」が一番、気になったので [続きを読む]
  • 自分自身の性分と「お客様年齢層」は一致するもので。
  • 靭(うつぼ)公園の写真です。 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ 思うに、うちのカウンセリングを受ける方は、比較的若い人が多い方かも?しれません。 もちろん、いらっしゃるすべてのお客様が若いというわけでもないですし、私の親世代である70代の方などがいらっしゃることもありますし、私と同世代(40代)以上の方も多くいらっしゃいます。 そして、40代である私からすりゃ30代以下の方は「み [続きを読む]
  • 売れる、モテる理由は「その人のファン」に聞くべし(笑)
  • 過去に撮った音楽ライブ写真♪ 心理カウンセラーのもりたひでみです。(^^)/ 私自身、以前の仕事がらみや学んでいた心理学の学校を通して、それぞれの業界における「(全国的な)売れっ子さん」を間近に見てきた方だとは思います。 そしてですね、実力で云えば「同じ学校で学んだ人たち」はたとえその業界をあきらめて違う仕事へ移った方にしろ、超売れてる方にしろ「実力に大差はないんじゃない?」と、今だにそう [続きを読む]
  • フリーランスは「企画力」で声がかかる。
  • 靭(うつぼ)公園のバラを撮影。 ここ最近「図書館通い」を再開してます。 とはいっても図書館じたいはずっと通っているものの、公(おおやけ)の図書館は久しぶりで。 ここ最近までの3年間は、(非常勤で)勤務していた私立高校の図書館にて本を借りていました。 割とですね、勤務していた学校においては、図書館以上に最新の書籍やビジネス書が充実しておりました しかも、学校の司書さんいわく、私が [続きを読む]