ヨコスキー さん プロフィール

  •  
ヨコスキーさん: 中年から始める剣道 - 下手でもいいじゃん
ハンドル名ヨコスキー さん
ブログタイトル中年から始める剣道 - 下手でもいいじゃん
ブログURLhttp://kendo-monologue.seesaa.net/
サイト紹介文100%初心者の中年が、思いつきで始めた剣道の事について「生ぬるく」語っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/03/12 16:43

ヨコスキー さんのブログ記事

  • 今日の稽古 2017-04-21
  • 形の復習:- 帯の結び目が正面向いているのはおかしい。結び目の背(?)の部分の四角い布が正面に来るように。- 立っている姿勢が背中の筋肉に寄りかかっていて腹が出ている。顎を引いてやや前傾、かつ骨盤は少しへそに向かって「入れる」くらいの角地をつけると真っすぐになるとの事。- 形でもきちんと左手主体で振る。五本目:- 打太刀のヤーの面は上体を直立させたまま顎まで斬る感じで、一本目のように深く切り込まない。五本目 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2017-04-12
  • 人数が少なめの稽古で、珍しく稽古の全てを面付けなしで立ち方、構え方、振り方の基礎に集中して稽古しました、よその先生は『本当は地稽古までやるつもりだったのに、色々とお前さんたちの問題を指摘していたら時間が無くなった』と苦笑していましたが、こちらとしては人数が多いと出来ない本当に細かい所を詳しく説明してもらえて(しかも体力的に消耗が無かったので)やや物足りないのは確かですが、貴重な学びの機会となりまし [続きを読む]
  • 今日の稽古 2017-04-09
  • 久しぶりの記事アップです。自分の仕事関係と先生の都合で、稽古は大体出ていましたが特筆する内容がありませんでした。形:本気で何年もサボっていたのでいまだに三本目もかなりアヤシイです。でも次の昇段は今年のどこかで受けたいと思っているので、形の集中稽古がある時は真面目に出るようにしています。まだ五本目止まりであちこち修正中です。四本目:- 八双の構え左足を前に踏み出しつつ→中段から→上段まで手を挙げ→刃は [続きを読む]
  • 間違っていた蹴りかた
  • 前回の稽古でよその先生に蹴った時に右足の膝はある程度曲げているべきなのに自分の飛び方はバレエのように両足が伸びた形になっていると簡単に指摘されて、その後何度か修正を試みた所、コツがつかめたようでそれ以降は蹴り始めに膝を曲げて飛ぶようになったんですが、それに切り替えてから突然着地の踏み込み音が本当にドーンと大きな音で鳴るようになり、また気合いも大きく、姿勢も無理なく状態を垂直に保てるようになりました [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-12-16
  • 久しぶりによその先生が出席しての稽古でした。今日は人数が少なめだった事もあり、みっちり胴一色の稽古となりました。2時間近く胴だらけです。出だしでは「胴は殆ど左手主体で打ち右手は仕上げの冴えを出すために最後の最後で使うだけだ」と説明があり、その後は暫く「左手で打っていない」と何度もガミガミ指導されました。出だしは胴の基礎打ちで、元立ちが静止した状態で、掛かり手が一歩入って胴、一歩下がって抜き銅を交互 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-11-04
  • またもや模擬試合で同じ人との試合に駆り出されましたが、今回は引き分けに終わりました。今回は「また?」というのがあった事と、この人に本気出してかかって行って試合前に怪我をさせたり、そうでなくてもうっかり試合に出ないこっちが一本とって相手の自信を傷つけたくないと言う思いもあって(試合は面倒くさいってのが実は一番大きかったりします)取りあえず相手に一本取られないように気をつけて、もし空きがあったら打つぞ [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-10-26
  • よその先生に加えて来賓の高段の先生方が参加しての稽古で、人の入りが多めの稽古でした。来賓の先生に最初の基礎打ちで出小手の踏み込み足が打ちと連動していない事を指摘されました。今までにもこれをやっていたのか、たまたまこの日は打ちのタイミングが悪かったのか、自覚は無いですが、言われた事の要旨は即座に理解できたので、その後は注意して打ちました。同じ来賓の先生に、自分の竹刀は身長に対して束が長すぎる点も指摘 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-10-21
  • 地域の大会が近い事から、抜き打ちで模擬試合がありました。自分は試合に出ないので他人事と高をくくっていましたが、人数の関係で同じぐらいの実力で出場する人の相手で図らずも一試合に駆り出されてしまいました。よその先生の判定は非常に辛いので、ひたすらこの人の練習相手になればと思いつつ、内心では若干渋々ながら試合場に立ちます。他の人の試合も含め、よその先生は試合だからと興奮して闇雲に「暴れる」のを物凄く嫌う [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-10-14
  • 人数が少なめだったので、稽古の半分以上を素振りに費やしました。残り三分の一だけ面付けをして、素振りの復習と切り返しをしました。個人指導:- 振り上げの左腕が低い- 肘が開いている- 足が先に出る打ち方(上級!)- 面を打った時にめーんーと休んでいる- 相手の鼻まで切り込む勢いで振り、打った位置からすぐ引き上げない全体指導:- 胴の打ち抜けは刃筋を胴を打った時の角度まで戻して向き直る。剣先を正面まで真っすぐ振り [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-09-29
  • 今回も人数が少なめだったこともあり、面付け無しでの素振りの練習でした。幸い自分は前回指摘された事の大半を覚えていたようで、出だしの基礎部分で大きな指摘は受けませんでした。今回の個人的な指摘は、面を振り終わった時に手首の角度が「伸び手」になっていると言う部分で、振り切った時も「切り手」の角度を保つように、振り上げた時の両腕で作る三角形は振り切る直前まで崩さない事、三角が細くなるのは最後の一瞬程度でよ [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-09-22
  • 久しぶりによその先生が稽古に出られて、相変わらず色々と注意されました。有難いことです。今回特に練習したのは腕の裏側の筋肉と肩甲骨の使い方で、主に素振りの練習をしました。自分も今週は仕事の関係で睡眠不足と言うこともあり、激しい稽古が無くて願ったり叶ったりです。個人指導:- 振り上げた時に腕の裏側の筋肉(手を下げた時に体の側面に接する腕の筋肉)に力が入っていない。- 振り上げた時に剣先の角度がダラッと下が [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-08-08
  • 稽古は続けていましたが、よその先生が出張だったのでノートは取っていませんでした。久しぶりに先生が稽古に来て、地稽古でも先生にあたったのでかなり色々言われましたが、前回ボコボコに言われた「腰が曲がっている」は小手の基礎打ちで一回指摘された以外は無かったので、先生が留守にしている間姿勢を意識して稽古していた効果があったと思いたいです。以下個人指導:竹刀を振るときに剣先がグラついている基礎打ちでの面は正 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-05-19
  • 払いと擦り上げの差について復習。- 払い:水平に相手の竹刀を横から打つ。動かない相手に対する仕掛け技。- 摺上げ:上向きに弧を描く。入ってくる相手に対する応じ技。(面)抜き胴の振り方復習。- 骨盤の回転を出だしに使って振り始める。- 手首の回転を使って剣先の軌道を決める、上体や腕全体で大きく振り回さない。- 左手は体の中心にとどまる、左右の腕が打った時に交差しない。- 打ち終わりは右手の力で押し込む。- 打ち抜け [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-05-12
  • 久々に先生も面付けしての元立ち稽古、掛かり稽古と地稽古がありました。個人指導 - 面打ち:- 打ちが打突面で「一休み」している- 相手が「開いて」から打ち始めるまでが遅い- 打って当たった瞬間(もしくは振り下ろしの終盤から当たるまで)の部分でギュッと脇を絞る 先生には「脇の絞りが甘い」と叱られるのですが、この「脇を絞る」感じは自分がコソ練で発見した「両肘の関節を肩幅より狭い紐の輪で束縛するような」力の入れ方 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-04-20
  • 稽古は無かったのですが一人でコソ練をしていて気付いたこと。久しぶりによその先生に稽古を付けてもらった時に「振って弧を描くペースが一本調子で、振りの強さにメリハリが無い」事に加え「振った時に剣先がグラついている」と言われていたので、自分でも分かる剣先のブレに注意しながら素振りをしていました。今までにも「脇の筋肉を締める、体の側面の筋肉を緊張させて振る」と言う感じの説明はされていましたが、これに加えて [続きを読む]
  • 2016-04-07 今日の稽古
  • 用事などで少し開きましたが、久しぶりによその先生の稽古です。今回は払いを主に、擦り上げとの違いなど技の微妙な所を多く説明してもらった稽古でした。要点のみ。・払い直線的で水平の動き仕掛け技払う→中段→打つ(払った後いったん戻して打つ)二段階・摺上げ上向きに弧を描く動き応じ技摺上げ→打つ(摺上げて挙がった手を下ろすだけで打てる)一段階=早い左手の柄頭の位置は動かさないで払う入り込んで相手の竹刀の胴張り [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-03-07
  • 指導者が来られないので有志の稽古会…だったはずなのですが、若者組が「地稽古やりたい」とリクをしてきて、基礎打ちの後は普段より長めの地稽古でした。が、若者組は(おっかない先生が居ないので?)調子こいて飛ばしたらしく、あっという間に8人居た若者組のうち3人が足の皮や故障の再発で離脱してしまいました。主に自爆型の怪我でしたが、目を光らせる人が居ないとこの有様ですw [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-03-03
  • よその先生の道場も地域の大会に向けて稽古は専ら出場者の模擬試合だったので、これと言った要点がありませんでしたが、その試合も終わり通常の稽古に戻りました。個人指導の要点:- 腰が弱くて打つ時に折れている。- 竹刀が打突部位で休んでいる。- 竹刀を引き寄せるので姿勢が屈んでいる。- 中段の手元が低い(先生より背が高いのに手元は先生より低いと指摘;)- 竹刀が正中で当たっていても打つ時に骨盤と面金の中心が相手の正 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-02-11
  • 模擬試合を始めたのですが、設備に不備があって今回は何もしない時間が長かったです。今回新しく教わったのは引き胴の残心の仕方で、今まで何となくやっていた引き胴を打ってすぐ中段に戻すのは正しい残心ではないと言う事でした。引き胴を打ったらその跳ね返りを受け止めた状態で竹刀を斜めに傾げたまま(小手が開いた状態)の姿勢で出来るだけ遠くまで下がり、本当に下がりきった所で中段に戻すのが引き胴「基本の」残心と言う事 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-04-04
  • よその先生の稽古です。本日の稽古は人数が多く、あまり個人ごとの指導は入りませんでした。唯一基礎打ちの面体当たりで「体当たりは傾れ込まない」と注意されました。おそらく相手に思い切り当たってやろうと意気込みすぎて、打った後に腕で「押す」格好になっているからだと思います。骨盤から「当たり」に行くような姿勢を保つように心掛けたいと思います。今回も経験者の人の元立ち稽古が空いていたので相手をしてもらい、ひた [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-01-28
  • 人数は少なめのよその先生の稽古です。未だに腰が浮ていると叱られます。はっきり自覚できることは殆ど無いですが、勘としては脇が緩んで腹がリキんでいる時に姿勢がおかしくなりやすいようです。 両脇を絞め、肘を開かないように注意していますと言ったら、これらはすべて筋肉で行い、肘や肩の関節は突っ張らず常に自由にさせておく必要があると言われました。これは聞いた記憶がありましたが自分の意識からは抜けていました。 体 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2016-01-21
  • よその先生の稽古です。今日は参加人数が多く、大入りの稽古となりました。基礎打ちは三人組で練習を行いました。普段行わない並び方で、道場の両端と道場の中央にそれぞれ位置し、中央に居る人[1]が片方の人[2]に打ちに行き、一本打った後に元立ち[2]と掛かり手[1]の位置が入れ替わり、新たな掛かり手[2]が中央となり残りの元立ち[3]に打ちに行く、そして再び掛かり手[2]と元立ち[3]が入れ替わり、新たな掛かり手[3]が中央から元 [続きを読む]
  • 2016-01-14 今日の稽古
  • 2016年に入って初の稽古です。年始めという事もあって、よその先生が手拭いの巻き方を何種類か見せてくれました。手本を見せた後先生に「お前さんも今までやっていたのが間違っているのに気付いたか」と言われ、やはり何だかんだ言ってよその先生は生徒一人一人の細かい事まで本当によく見ているなと、日頃はボロクソに言われてばかりですが、有り難いなと思う瞬間でした。ちなみに、自分のが間違っていたのは頭に巻いた手拭いの二 [続きを読む]
  • 今日の稽古 2015-12-17
  • よその先生の稽古です。参加人数は少なめでしたが経験者が多く、前半はみっちりと基礎打ちを先生の個人指導も交えて行い、後半は先生も防具を着けて回り稽古でした。さて稽古自体は非常に面白く充実した内容でしたが、切り返しの時の左右面では手を返す高さが低すぎると言われ「返すのは左手の底が視界に入らないように」と指導されました。基礎打ちの時は「打ち始めに腰が浮いている」「跳ぶ時に重心が前すぎて残りの姿勢が前のめ [続きを読む]
  • 今日の稽古 2015-12-10
  • よその先生の稽古です。相変わらず稽古は定期的に出ていますが、仕事が忙しかったのと暫く自分の日取りが自由稽古の日だけだったり、先生が出張だったりでこれと言った内容が書けませんでした。今回特に注意されたのは「小手の蹴りが上に弧を描いて跳んでいる、前に水平に跳んで下に打ち落とす感じで」と言う部分でした。おお、暫く先生の稽古に出ていなかったら変な癖がついていたようです。こう言う事があるから稽古はただ量をこ [続きを読む]