logos さん プロフィール

  •  
logosさん: 勉強で困らないために〜非公式ガイドブック〜
ハンドル名logos さん
ブログタイトル勉強で困らないために〜非公式ガイドブック〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/logos-7116/
サイト紹介文成績が上がらない。そもそもやらない。どうすれば?よりもどうあるべきか?正しく学習するための考え方。
自由文「勉強の仕方」「優れた勉強法」「読書のススメ」「競争のススメ」など、「教育」の本質が分かります。意味が分かれば、成績は上がります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2012/03/13 07:10

logos さんのブログ記事

  • 勉強は早いうちに・・・
  • ようやく届きました!!logos専用テキスト(小学生用)↓↓↓内容は・・・小学生の内容を土台にしつつも、中学生レベルまで掘り下げています。頭の柔らかい時期に、吸収する力の強いうちに、興味を持ったそのときに、徹底的に掘り下げ(詰め込み)ます!(笑) [続きを読む]
  • 思考力を育む。
  • では、いまの子どもたちは考える力を失ったのか?というと・・・まったくそんなことはない!考える「材料」がないだけだ。テーマを与えると、何時間でも考えて答えを出そうとする。算数、数学では、公式をうまく使えば、早く答えを出せるケースは多い。しかし、それを押しつけてしまうと、「思考」は「暗記」になってしまう。これをやれば早く解ける・・・ことを知っていても、その不器用なやり方を最後まで見守る必要がある。すご [続きを読む]
  • 平成29年度全国学力・学習状況調査
  • 先日18日に、全国の中学3年生、小学6年生が一斉にテストを行った。算数、数学に関しては、国が求める数学的リテラシーの方向性がよく表れていたように思う。良い問題。県の入試もこれくらいの量とレベル配分がなされていると、生徒個々の数学的能力が明確にできて良いだろうな・・と率直に思う。A問題、B問題に分かれており、一般的にはA問題が基本、B問題が応用というイメージである。しかし、内容を見る限り、A問題でもかなりの [続きを読む]
  • 英語から学べること
  • 中学生の英語の授業をしていると、すぐにわかることがある。それは、彼らの日本語力の低下、いや変化を感じることだ。たとえば、He plays tennis .(彼は「日常」テニスをする。)He is playing tennis.(彼は「今」テニスをしている。)との区別がなかなかできない。それはなぜか?彼らは、日頃から、この2つを区別していないのだ。つまり、すでに日本語の段階でコトバの緻密さが失われているので、英語を「文法から」理解するこ [続きを読む]
  • 英語に必要な力
  • このブログで何度も書いてきたが、英語は学問ではない。外国人とコミュニケーションがとれる。という1つのスキルである。しかし、勘違いして欲しくないのは、コミュニケーション=会話ではないということ。特にビジネスシーンにおいては、むしろメールのやり取りや諸々の連絡ごとなど、文面のやり取りの方が多いのではないか。文部科学省は、英語を習得するために、聴く、読む、書く、話すの4技能をバランスよく鍛えることが必要と [続きを読む]
  • 大学入試(英語)捕捉
  • 続きになるが、大学入試を変えたいというのは、高大接続の在り方を変えたいということだ。大胆な私見になるが、大学の入学時期を「年1回」ではなく、年に2回、いや3回にしてはどうか。大学というのは、自分の興味のある専門的な学びを高める場所である。18〜19というもっとも成長すべき年頃で、1度失敗したからといって1年も浪人させておくのは如何にも勿体無い。1年を一括りで考えなくても良いのではないか。また、海外の新学期は [続きを読む]
  • 大学入試(英語)
  • どうやら、思っていた通り、大学入試の英語は民間試験を採用する流れになりそう。↓↓↓https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000028-asahi-soci英語の民間試験とは、主に英検、TOEIC、TOEFLを指す。英検は、実用英語技能検定の略で、日本でもっとも有名な英語の民間試験。英検Jr.(小学生向け)から、5級(中1程度)4級(中2程度)3級(中3程度)準2級(高校基礎)2級(高校一般)準1級(大学中級)1級(大学上級)とい [続きを読む]
  • 塾の効果
  • 入学式を終え、旧小学6年生たちは中学生になった。小学7年生になるのか中学1年生になるのか。この1年間がとても重要だ。さて、多くの中学校で、入学後すぐに学力テストが行われる。日常20時からの授業なのだが、生徒が1人、19時に自習に来た。お!?どうしたの?いや、明日テストなんで・・・。あ、先生、1問分からないところがあったので、おしえてください。ここなんですが・・・。ほう!どれどれ?そこを教えてあげ、1問どころ [続きを読む]
  • 働き方改革の前に
  • コンビニでモノを買うと、レシートをくれる。それを軽めに会釈して受け取る。飲食店で何かを食べると、テーブルをある程度整理し、ナプキン(お手拭きなど)があれば、ちょこっとふいてそこそこキレイにした上で、必ず「ごちそうさまでした〜」と言って、外に出る。日頃、温かいお客様(保護者様)に恵まれて仕事をしているだけに、自分自身もそれを見習い、そういうお客でなければならない。お金を払い、必要なものを得る。そこに [続きを読む]
  • 学習習慣の定着
  • 果たして成績は「いつ」「どこで」上がるのか。学校にせよ塾にせよ、話を聞いたり解説されればよほどのことがない限り意味は分かる。実際、塾で授業をしていても、その場の理解度に差があるとは思えない。ところが翌週、そのまた翌週と時間が経つにつれて少しずつ差がつき始める。それは演習量の差が個々で違うからだ。基本となる理屈は1つだけなので、それに対して様々な角度から問題を解くことで、理解が深まり、その単元が「で [続きを読む]
  • 合格基準の見方
  • 今回は新学期に向けて、logosに関わるエリアの各高校の合格基準について書いておく。筑紫丘 450 (42) 260春日 420 (36) 240筑紫 380 (32) 210筑紫中央 380 (32) 210武蔵台 300 (29) 160太宰府 250 (2 [続きを読む]
  • 公立エリート
  • いよいよ今年度からlogos小学生クラス授業を開始する。この春休みを利用して、現在の個別コースの生徒さまにクラス授業に移行してもらった。算数は基本的には小学生の内容だが、理科と社会、そしてもちろん英語は中学生の内容。レベル的には私立中学受験にも対応するものだが、主旨としては「公立エリート」コース。中学受験に向けてそれ用の準備を始めれば、勉強に対する意識や、自分を取り巻く世界が変わる。「下剋上受験」で語 [続きを読む]
  • さあ!中学生へ!
  • 新中学1年生たちへの授業が始まっております。「算数」から「数学」へ。なんか難しそう〜〜。全然そんなことはありません。小学生のほうがはるかに難しいよ。ただし、数学になると、9割以上「文字」を使うことになります。ここで一番大事なことは、美しい文字を書くこと。「x」が汚い生徒で、数学ができる人はいません。何度も書いて、美しい「x」の書き方を練習しようね。(笑)と言ったら・・・演習の合間に↓↓↓↓と練習する生 [続きを読む]
  • 割合=比べる量÷もとにする量
  • 割合=比べる量÷もとにする量小学生の算数の山場の一つ。割合といえば、23%=2割3分 → 0.23しかし、ここで一番大事なことは、60gは80gの何%ですか。という問題を正解すること。60gは80gの何%ですか。を、まずは数式にする。60g は 80g の 何%ですか。↓ ↓ ↓ ↓ ↓60 = 80 × ??「は」→「= [続きを読む]
  • これから受験を迎えるみなさまへ
  • これから受験を迎える新3年生、または新1年2年生、或いは小学生のお子さまがいらっしゃるご家庭の方々へ。地域に関わる各高校の合格者の点数を「logos過去5年調べ」で分析してみる。《筑紫丘 》得点率のもっとも高い教科が英語。 次いで理科。どちらも50〜55点近辺。逆に50そこそこ、或いは50を切っている教科が国語・数学。これが意味するところは、国語や数学などの「問題次第」の教科は、それなりに苦戦するが、理科や社会 [続きを読む]
  • このタイミングで?!
  • 今日は公立高校の合格発表。受験生たちが来るかと思ったら・・・「3年前の」受験生たちがぞろぞろやって来た。(笑)3年前の受験生だから、つまりは今年も受験生なのであるが、どうやらその報告らしい。なんで今日なん??(笑)いやー、今日なら先生いるかと思って・・。なるほど。高校生に動きを読まれるのはオトナとしてとても悔しいが・・・正解だ。何しに来た?(笑)いやー、ボク達も受験だったんで・・確かに。まさかのタイ [続きを読む]
  • 3.11
  • 今日で東日本大震災から6年。いまだに3万人以上の方が仮設住宅での生活を強いられ、避難されている方々は合わせて12万人という。世界銀行の試算によると、直接被害額は約16〜25兆円らしい。世界でも屈指の大災害であり、現在進行形であることは知っておくべきと思う。昨年は熊本地震が発生し、福岡県民としても災害の恐ろしさに直面した。一晩中ケータイの警報が鳴り続けたのを覚えている。学習塾logosは、周辺地域の皆様と協力し [続きを読む]
  • 資料の分析
  • 今回の入試問題で、一番興味深いのは「社会科」である。地理や公民では、問題のほとんどが資料問題だった。資料①と資料②から分かることを書け・・・。多くの生徒が、何のことを聞かれているのかは分かったはず。あとは、それを如何に表現するか。ここで一番大事なことは、資料①と資料②に関連付けて書かなければならないこと。ほとんどの受験生を戸惑わせた資料問題だが、PISA(OECD先進国の学力調査)を研究していたので、logo [続きを読む]
  • 福岡県公立高校入試分析⑥
  • まとめると、大きなサプライズのない入試であった。関係地域としては、筑紫丘 250〜255春日 230筑紫 205 筑紫中央 190〜195武蔵台 145〜155辺りがボーダーラインになりそう。これを見ても分かるように、本当に日頃の模試と同等のレベル。受験生諸君にとってみれば、模範解答と照らし合わせても、作文をはじめ、論述問題が多く、部分点などを考えても、正確な点数が把握できない。心配は尽き [続きを読む]
  • 福岡県公立高校一般入試分析⑤
  • 《 英語 》ほぼ例年通り。ただ、リスニングのスピードが速かったと、生徒は言っていた。予想平均点「33点」大問2 は、恒例の対話文。英語が苦手な生徒にとっては、超貴重な得点源。落としたくないところ。問題も普通だったので、取れているでしょう。大問3 も例年通り会話文。問1は、How about you ? ではマルはもらえないでしょうね。scienceという返答にきっちり嚙み合う質問文を解答したいところ。並べ替えは、例年通り2問。man [続きを読む]
  • 福岡県公立高校一般入試分析④
  • 《 理科 》昨年、かなり易しくなった印象だったが、今年は、ほぼ同様に易しい問題が多かった。予想平均点「33点」という新聞が正しければ、logosに限らず、5教科型の塾に通う生徒はかなりのアドバンテージが得られたはず。logosで言えば、ほぼ全員40以上、半分以上は間違いなく50を超えているでしょう。昨年に続き、理科が大きな武器になりました。光、音、浮力、天気、蒸留、ヘモグロビンなど、予想はすべて的中。湿度や振動数の [続きを読む]
  • 福岡県公立高校一般入試分析③
  • 《 社会 》これは・・・ほとんどの生徒が「社会がダメだった〜〜」と言って、おウチに帰ってきたのではなかろうか。(笑)内容自体は、例年とさほどの変化はない。「先生!!顔が出てました!顔が!!」と言って、血相を変えて報告に来てくれたが、よく見ると「顔の問題」ではなく(笑)、普通の問題。顔って・・写真が載ってるだけやんか(笑)名前も下に全部書いてるしー。いや〜〜。雰囲気的にヤバかったです。(笑)というコト [続きを読む]
  • 福岡県公立高校一般入試分析②
  • 《 数学 》ほぼ例年通り。昨年の衝撃?(笑)からすると、若干肩透かし感。大問1は、安定。多くの生徒がここは落としてないでしょう。大問2、3も、昨年と比べて比較的イージー。大問4も一次関数の定番。大問5では、証明問題が易しくなり、(2)は相変わらずのレベル。大問6も例年通り。あらかじめ大問5(2)、大問6(3)を捨てて45オーバーを基準にしている生徒は、「こんなんでいいの?」くらいに狙い通りだったはず。(笑)予想 [続きを読む]
  • 2017年度福岡県公立高校入試分析①
  • 《 国語 》昨年同様、「説明的文章」「古典」「文学的文章」「作文」の大問4つ。漢字や画数、文法などは例年通り出題。予想平均点は「35点」。漢字は見事なまでに、日頃、普通に勉強していれば書けるもの。「漢字」というよりは「日頃」。理科や社会などでよく遣われるコトバ。ここはきっちり取れているはず。全体的には他の教科と同じく、論述させる問題が増加。大問1 では、問6が難しいかも。入試独特の緊張感、焦りを考えると、 [続きを読む]