logos さん プロフィール

  •  
logosさん: 勉強で困らないために〜非公式ガイドブック〜
ハンドル名logos さん
ブログタイトル勉強で困らないために〜非公式ガイドブック〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/logos-7116/
サイト紹介文成績が上がらない。そもそもやらない。どうすれば?よりもどうあるべきか?正しく学習するための考え方。
自由文「勉強の仕方」「優れた勉強法」「読書のススメ」「競争のススメ」など、「教育」の本質が分かります。意味が分かれば、成績は上がります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2012/03/13 07:10

logos さんのブログ記事

  • teach と tell
  • 英語にはいくつかの要所と思しきポイントがある。teach と tell のつかい分けもその1つ。一般的に「teach」の意味は「教える」である。したがって、I teach math. (私は数学を教える。)というつかい方をする。しかし、日本語では、勉強で何かを「教える」以外にも、「明日の集合時間を」おしえたり、「道順を」おしえたり・・もする。その場合、英語では「教える」のではなく「知らせる」というニュアンスになり、teach ではなく [続きを読む]
  • 先生、ここ教えてください
  • 少しずつ、自習の生徒が増えてきた。「先生、ここ教えてください!」とても良いことだが・・・んん?これ、昨日授業でやったよね?(笑)え?こんなんありましたっけ?・・・ということもまた多い。(笑)繰り返しになるが、勉強は「頭の良し悪し」ではない。成績の良い人と苦戦する人との決定的な違いは、日頃から危機感を持ち合わせているかどうか・・だ。塾の授業だから、学校と違ってテスト中心になるし、「ここよく出るよ〜」 [続きを読む]
  • 4分の7
  • 毎年毎年、あるいは不定期的に?生徒たちに言い続けることがある。答えは「4分の7」だよー。先生、「1.75」じゃダメですか?ふむ。正解だよ。キミはもしかして7÷4を計算しちゃったのかな?見ると筆算の跡がうかがえる。ミスなくしっかり計算できているね。しかし、世の中には「分数」という便利なものがある。7÷4はすなわち7/4のことだね。だから分数をつかえば最後の計算はする必要がないということになる。してもいいんですよ [続きを読む]
  • 前期期末テスト総括
  • 嵐のようなテスト対策が終わり、結果もぼちぼち出揃った。甚だ簡単にではあるが、今回のテストを総括したい。《3年生》夏休みを経て受験モードになり、かなりの緊張感で臨んだ。生徒たちはlogos史上最高くらいの集中力だったように思う。ここに来て100超点数を上げた生徒もいるし、自己最高ということで言えばそこそこの人数がそれに当たる。しかし一番多かったのが「点数は上がったけど納得いかん!」という人。(笑)ある意味一 [続きを読む]
  • 引き続きテストのお話
  • 定期テストをがんばるのは、もちろん3年生だけではない。1年生も2年生も、テストとなればスイッチが入る。logosでは、テスト直前になれば通常よりも拘束時間が増える。予想問題に取り組ませる、補強プリントを繰り返し解く、各自の自習など、内容はさまざま。しかし、ここであろうことかヒマを持て余すような人もいる。(笑)着席。・・・10分、20分、30分・・と経過すると、ソワソワし始める。(笑)貧乏ゆすりが始まり、2分おき [続きを読む]
  • 次元の違い。
  • いよいよ前期期末テスト。それぞれの勉強の様子を観察すると、その次元の違いが見て取れる。たとえば漢字プリント。国語の定期テストといえば「漢字」。一般的には?覚えてさえいれば点になる″ということで、ここは確実に点数が稼げる・・・と思いがちだが、現実はまったく違う。いま、勉強に苦戦する人たちは、基本的に「覚える」という行為そのものを嫌う。それは、「嫌い」→「覚えられない」という風に、ただ億劫なことを、ま [続きを読む]
  • 理科・社会
  • 先日の模擬試験の結果が出た。夏休み前と比較すると成績は概ね上昇。入試まで残り半年と考えれば、まずまずのペースと言って良い。その中で、毎年のことながら、logos生が圧倒的に強いのが理科と社会。これは、模試に限らず、昨年や一昨年の入試にも言える一つの傾向である。理由は・・・分からないが、一つの仮説を立ててみると・・・年を重ねるごとに上がる通塾率。しかし、最近は「個別塾」の割合が高く、その多くは「教科を選 [続きを読む]
  • 脳のつくり
  • 昨日、ソフトバンクホークスが西武ライオンズを9-0で降し、7連勝を果たした。普段、プロ野球をそれほど見ているワケではないが、昨日、ふと気づいたことがある。得点は9-0。その中には、柳田選手の2ラン、松田選手の3ランという2本のホームランが含まれる。先発は石川投手。7回を危なげなく無失点に抑える好投。普通に考えればこの3人が、ヒーローインタビューに選ばれるところだが・・・違っていた。昨日のヒーローインタビューは [続きを読む]
  • 成長ポイント
  • 先日の模擬試験は一様に点数がアップ。20〜30点くらいは上げてきている。各教科担当がプランを練り、的を絞って徹底的に追求できた結果ではあるが、それ以上に、この夏休みを経て、生徒たちが「中3」から「受験生」に成長したことが大きい。◯◯時間勉強した!!とかは、もう考えなくなるし、自慢することもなくなる。(笑)時間など意識せず、ゴリゴリやり始める。今年の受験がようやくスタートしたな・・そんな気がする。さて、 [続きを読む]
  • 県庁所在地
  • 夏休みも後半戦、小学生のサマースクールも終盤を迎える。logosの小学生授業は、5教科を基本とし、理科社会は中学生の内容まで踏み込む。今日は、日本地理、県名や県庁所在地の確認。神奈川は・・・横浜!! おお!よく覚えてるね!岩手は・・・盛岡!!(大付)宮城は・・・仙台!!(育英)群馬は・・・前橋!!(育英)香川は・・・三本松!!んん??栃木は・・・作新学院!!沖縄は・・興南!!あれ?これ、何の話だった? [続きを読む]
  • いよいよ夏休み後半戦
  • お盆が明けて、いよいよ夏休みも後半戦に突入する。logos関連地域の学校はほとんどが2学期制なので、「前期期末テスト」が9月の初旬に行われる。夏休みが明けたと思ったら、スグに定期テストという地獄の日程である。(笑)油断すると、夏休み気分のままテストという最悪の事態に陥ってしまう。2学期制の最大のポイントがこの時期と言えるだろう。logosでは今週末に模擬テスト(入試対策)を実施し、それを以って「入試対策」の一 [続きを読む]
  • 戦争の反省
  • 8月15日は終戦の日。 個人的には「記念日」という表現にはわずかながら違和感を覚えるので、敢えて「終戦の日」と呼ぶことにしている。先の戦争により、多くの人の命が失われた。戦争で辛い思いをされたすべての方々に哀悼の意を表したい。戦争は誰も幸せにならない。世界で一丸となって、暴力による解決を徹底的に回避しなければならないと強く思う。しかし、それだけでは戦争の本質をとらえているとは言えないだろう。それについ [続きを読む]
  • 時間管理
  • 学びの姿勢にはいくつかのポイントがある。そのうちの代表的なものが「時間管理」。たとえば、授業の5〜10分前に塾に来て開始を待つ生徒、ギリギリに到着する生徒、あるいは1〜2分の微妙な遅刻を繰り返す生徒など、数ヶ月もすればある程度くっきりと分かれてくる。ただ少し早めに来て、何をするでもないのだが、明らかに5〜10分前に来る生徒の成績は伸びる。5分前行動が大事だ!などと精神論を言うつもりはないのだが、やはりこれ [続きを読む]
  • カンヅメ
  • ただいま、カンヅメ合宿中。規則正しい食事と規則正しい就寝。朝はラジオ体操で目を覚まし、的を絞った詰め込み学習。生徒・・というよりは、我々スタッフのほうが生活改善中。(笑)これ、痩せるんじゃないか??終わってからの体重計測がとても楽しみである。合宿期間中の授業は、日頃と違い1コマ90分。スタート時はかなり疲労の色が見えていたが、2日目にもなると、「もう70分も経ったの?」というカンジになる。たかが授業時間 [続きを読む]
  • まずはこういうのをやめませんか?
  • とあるコンビニで・・・という貼り紙が。そして・・・貼り紙に気づかないのか、字が読めないのか、文章が理解できないのか・・・ここには2つの問題がある。1つは「お店のお願いを無視する」ということで、この場合は貼り紙に気づかない可能性は大いにあると考えられる。それよりも大事なことは「ここに空き缶が入っている」ということ。現代において、空き缶の処理に気をつかうのはかなりなレベルで常識である。ゴミの分別は、もは [続きを読む]
  • あれ?忘れちゃったの?
  • logosの授業は、各単元の最初に理屈を一気に詰め込む。そして何度も演習を繰り返すのだ。とある演習の時間のこと。あれ?先週やったのに、もう忘れちゃったの??(笑)→いや、ボクは解きながらできるようになるタイプなので!!と、言い訳っぽく言っていたが、完璧な回答である。「分かる」のは「できる」のあとで良い。いや、むしろその方が自然だ。勉強をやっていて一番面白いのは、自分で「わかった!」瞬間である。様々な角 [続きを読む]
  • スクイズ
  • 夏と言えば!!やっぱり高校野球でしょう〜〜。今年の福岡県の代表校は東筑高校。北九州では知らない人はいない進学校だ。そして、甲子園にも複数回出場している。生徒から「東筑って頭いいんですか?」ときかれるので、この辺で言えばガオカかな〜と言うと、大概の生徒が驚く。かつて甲子園に出場した際、選手たちは宿舎に受験勉強の一式を持ち込み、試合のない日は勉強していたという有名なエピソードもある。さて、その古豪?東 [続きを読む]
  • 化学電池
  • 今日は「電池をつくろう!!」《準備するもの》☆10円玉☆1円玉☆食塩水☆キッチンペーパー☆アルミホイル☆導線☆発光ダイオード(LED)《手順》①キッチンペーパーを10円玉より少し小さいくらいに丸く型どって切る。(10枚つくる)②それらを食塩水に浸す。③10円玉の上に食塩水に浸したペーパーを敷き、その上に1円玉をのせる。↓↓↓↓これでできあがり。ただし、この電池は1つだとパワーが弱いので、④同じものを10セットつく [続きを読む]
  • 2年ぶりに・・・
  • 今年は、久しぶりに・・・塩の結晶!!食塩を溶解度いっぱいまで水に溶かして、天日干し。水が蒸発すると、小さな結晶ができていました。それを再び食塩水につけて、より大きな結晶に育つ!!はずが、なかなか美しい完璧なものにはなりません。(笑)まー、実際にやってみて、結果の雰囲気を学ぶのも大事な経験かな。 [続きを読む]
  • おおースゲー
  • 小学生理科2週目。今日はビー玉を使った衝突実験。エネルギーの移り変わりを検証してみよう。ビー玉をいくつか並べたレールの上を、ビー玉を転がして衝突させてみる。さてどうなるか?おおーースゲー。しばらく遊ばせていると、(ビー玉)2個だったらどうなるん?やってみる・・・。!!!では3個では?やってみる・・・。!!!面白い現象を目にして・・、次の課題を出す。仮説を立てて検証してみる。小学生理科としては古典的な [続きを読む]
  • よーし
  • 夏になると、小・中学生ともに新しい生徒さんが増える。え?先生、何歳ですか??→45歳だよ。えええ〜〜30歳ぐらいに見えるー!!ん。よし。では始めよう。朝から気分が良くなったので一応書いとこ・・・笑笑 [続きを読む]
  • 意味をとらえる
  • 小学6年生は、いよいよ「速さ」の単元を迎える。道のり=速さ×時間の公式を覚える前に、そもそも「速さ」という言葉の意味をとらえる必要がある。たとえば、『時速40km』をコトバで説明してごらん。と聞いてみる。???みんなでワイワイ、いろんなことを言っているが、的を射たものは少ない。自分の言葉で説明することができないのに、「それよりも公式」というのは苦手単元を量産するだけだ。1時間で40km進む(ような)速さのこ [続きを読む]
  • 加計問題
  • 国民が納得しない!!と、マスコミは報道しているが、そう感じている国民は少ないと思う。思うとすれば、この「人騒がせの原因は誰だ?」ということくらいか。なんとなく「爆弾文書?」みたいなのが出てきて、報道したはいいが、時が経てば経つほど論点は不明瞭になった。加計問題について「いま何がどこまで進んでいるか」を説明できる人が果たして何人いるのだろうか。マスコミもコメンテーターの人たちも、誰も「落としどころ」 [続きを読む]
  • 第1号!!
  • logos恒例の「宿題選手権」!!夏休み開始後6日目にして完遂第1号。一つ、また一つと終わらせていくうちに夢中になり、どんどん進んでしまう。嬉しそうにシールを貼りに来る。(笑)また、「はぁ・・めんどくさい」と、周囲から乗り遅れすぎて、むしろやる気を失う人もいる。この差はどこから生まれるか。それは、夏休みの目的意識である。宿題が終わった人は、プリント下さ〜い・・・と言って「自分の受験勉強」に入った。宿題を [続きを読む]
  • 目標あるか?
  • キミたち、授業に入る前に1つ聞くが・・・夏休みの目標って立ててる????(まーそうやろな。(笑))ものすごくアタリマエのことだが、とはいえ普通の中学生に「目標を立てる習慣」はない。でも、高いレベルの結果を出す人は、必ず目標を持っている。それも、こうやって「言われて」ではなく、自然に日常的にこの習慣がある。勉強は「中身」の前に「姿勢」である。その問題が解けるか・・よりもはるかに大切なことだ。これから [続きを読む]