諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ) さん プロフィール

  •  
諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ)さん: 笑わせたい お父さんのブログ
ハンドル名諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ) さん
ブログタイトル笑わせたい お父さんのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/1414213-5656/
サイト紹介文次の世代によりよい環境を残してあげるのが、おとうさんの世代の責任だと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1164回 / 365日(平均22.3回/週) - 参加 2012/03/13 22:59

諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ) さんのブログ記事

  • 赤とんぼ
  • 次の世代によりよい環境を残してあげるのが、おとうさんの世代の責任だと思います。まぬけなことをやっているのを見ると血が騒ぐ『政治』を斬ります!since 2012.2.21 [続きを読む]
  • 真の父母と真の家庭の実体的定着
  •  このような天の願いをご存じだったお父様は、この摂理の目的を成し遂げて、神様の心情を解放するために、揺るぎない孝行心で人生の全てを捧げてこられました。 平和神経第一章の「神様の理想家庭と平和理想世界王国」というタイトルに表現されているように、お父様は、永遠の平和のための勝利的基台として、この地上に真の父母と真の家庭の実体的定着を神様に捧げる道を追求してこられました。 それと同時に、神様の実体的主権 [続きを読む]
  • 6月25日のニュース パキスタンでタンクローリー炎上、123人焼死
  • 油もれ もらおうとして 命取り〜パキスタンでタンクローリー炎上、123人焼死〜 パキスタン東部パンジャブ州のムルタン近郊の幹線道路で25日朝、タンクローリーが横転して炎上し、ロイター通信などによると、政府当局者は123人が焼死し、約80人が負傷したと明らかにした。 パキスタン国営ラジオによれば、タンクローリーが横転して停止し、付近の大勢の住民がタンクローリーからもれた油を回収するために集まっていた [続きを読む]
  • 粗大ごみ アウシュヴィッツに 送られて
  • 粗大ごみ アウシュヴィッツに 送られて 「人格障害」と呼ばれたのは、生まれて初めてです。 私は取柄のある人間ではありませんが、一般的・平均的な人間であると思っています。 私は同じことを2回も3回も言わされると、怒ってしまうところがあります。 そんな時、感情的な子供の対応になってしまったと、後で反省します。 その点、政治家が、国会の議論で何回も何回も同じ答弁を繰り返しているのを見ると、辛抱強いな、と [続きを読む]
  • 神様の本来の理想を実現しなければならない時代
  •  私は、基元節に近づいている今、非常に深刻、かつ切迫した思いで、この手紙を書いています。 私達は、既に先天時代を過ぎて、後天時代に入りました。 それは、神様の本来の理想を実現することのできる時代、また実現しなければならない時代です。 基元節は、創造原理に説かれている神様の夢が、地上に最終的に実体化するという、神様の摂理と人類歴史における新しい時代を宣布する日となるべきでした。 神様は人類歴史を通し [続きを読む]
  • 6月24日のニュース 改憲案、臨時国会中の提出明言 安倍晋三首相
  • ハッキリと 憲法改正 意志示す〜【神戸「正論」懇話会】改憲案、臨時国会中の提出明言 安倍晋三首相「自衛隊合憲・違憲議論は終わりにせねば」〜 安倍晋三首相(自民党総裁)は24日、神戸市の神戸ポートピアホテルで開かれた神戸「正論」懇話会の設立記念特別講演会で、憲法改正について「来たるべき臨時国会が終わる前に衆参の憲法審査会に自民党の(改憲)案を提出したい」と述べ、来年の通常国会で衆参両院で3分の2超の [続きを読む]
  • 力説する人
  • 「誰が何と言おうと! …」「誰も何も言っていないよ」「そうだね」「かわいそうだから、誰か何か言ってあげなよ」にほんブログ村 [続きを読む]
  • 息をして 感情のある 粗大ごみ
  • 息をして 感情のある 粗大ごみ 「破壊分子」と呼ばれたのは、人生で初めてです。 私って、アベル的な人間だと思っていたのに! 当ブログは、それほど嫌われるようなブログではないと自負していたのですが、そういう目で見ている人もいるのだなと認識しました。 顯進様シンパという理由だけで敵味方と区別して、攻撃されてしまうのですね。 一度敵と見做したら礼節は不要。 「真の愛を中心として」という言葉は、呪文でしょ [続きを読む]
  • バラが咲いた
  • 息をして 感情のある 粗大ごみ 「破壊分子」と呼ばれたのは、人生で初めてです。 私って、アベル的な人間だと思っていたのに! 当ブログは、それほど嫌われるようなブログではないと自負していたのですが、そういう目で見ている人もいるのだなと認識しました。 顯進様シンパという理由だけで敵味方と区別して、攻撃されてしまうのですね。 一度敵と見做したら礼節は不要。 「真の愛を中心として」という言葉は、呪文でしょ [続きを読む]
  • 神は、人間の責任分担に対しては干渉されない
  •  つぎに神は、人間の責任分担に対しては干渉されず、その結果だけを見て主管されるということを見せてくださった。 洗礼ヨハネやイスカリオテのユダが不信に陥ったとき、神はそれを知らなかったはずはなく、またそれを止め得ないはずもなかったのであるが、彼らの信仰に対しては一切干渉されず、その結果だけを見て主管されたのである。 つぎに、大きい使命を担った人物であればあるほど、彼に対する試練もまたそれに比例して大 [続きを読む]
  • ボーナスは どこに行ったか 粗大ごみ
  • ボーナスは どこに行ったか 粗大ごみ楚さんから、一度コメントをいただいたことがあります。熱心に、み言を研究されている方だと思います。申し訳ありませんが、楚さんの記事、あまり読んでいません。楚さんも私の記事は、ほとんど見ていないと思います。たまに注目記事が上位にランクインしたときぐらい読まれるのかと思います。私は、最近、注目されるような記事を書いていません。gildong さんなんか、ここ最近、あまり更新さ [続きを読む]
  • 「遅いのよっ!」と怒鳴るおばさん
  • ボーナスは どこに行ったか 粗大ごみ楚さんから、一度コメントをいただいたことがあります。熱心に、み言を研究されている方だと思います。申し訳ありませんが、楚さんの記事、あまり読んでいません。楚さんも私の記事は、ほとんど見ていないと思います。たまに注目記事が上位にランクインしたときぐらい読まれるのかと思います。私は、最近、注目されるような記事を書いていません。gildong さんなんか、ここ最近、あまり更新さ [続きを読む]
  • み旨とみ旨成就に対する予定
  •  第一に、ここにおいても、み旨に対する神の予定が、どのようなものであるかということを見せてくださった。 神はいつでもそのみ旨を絶対的なものとして予定され、それを成就していくために、洗礼ヨハネがその使命を完遂し得なかったとき、メシヤとして来られたイエス御自身が、その使命を代理されてまでも、その目的を達成しようとされたのであったし、またユダヤ人たちの不信によって地上天国が立てられないようになったとき、 [続きを読む]
  • 6月22日のニュース 【イスラム国(IS)】モスルの象徴モスク破壊
  • 唐突に 暴言を吐く この人も〜【豊田氏「暴行」報道】豊田真由子衆院議員が入院 精神的に不安定になり…〜 自民党の下村博文幹事長代行は22日、豊田真由子衆院議員の離党届提出について「非常に残念だ」と記者団に述べた。 豊田氏が精神的に不安定となり、入院したことも明らかにした。ISは 自分で自分 壊す群れ〜【イスラム国(IS)】モスルの象徴モスク破壊、イラク軍の市内制圧迫る〜 イラク北部モスルの攻略戦で [続きを読む]
  • 粗大ごみ 地球に優しく リサイクル
  • 粗大ごみ 地球に優しく リサイクル 楚さん、何かあったのでしょうか。 急にキレてしまった感じがします。 私は2012年にブログを始めて、毎日欠かさず更新しています。 原理は万人に必要。 ニュースは常識として知っておいた方がベター。 音楽を通して心が安らいだり、芸術的感性も必要。 感動する話は、非原理での出来事であっても心が動かされ、涙が出てくることもあります。 日課のようになっています。 8割以上 [続きを読む]
  • エーデルワイス
  • 粗大ごみ 地球に優しく リサイクル 楚さん、何かあったのでしょうか。 急にキレてしまった感じがします。 私は2012年にブログを始めて、毎日欠かさず更新しています。 原理は万人に必要。 ニュースは常識として知っておいた方がベター。 音楽を通して心が安らいだり、芸術的感性も必要。 感動する話は、非原理での出来事であっても心が動かされ、涙が出てくることもあります。 日課のようになっています。 8割以上 [続きを読む]
  • 「メシヤのための基台」を家庭的、氏族的、民族的、国家的、世界的、天宙的に
  •  それゆえに、イエスは、すべての人類を、神の血統を受けた直系の子女として復帰するために、再臨されなくてはならないのである。 したがって、彼は初臨のときと同じように、肉身をもって地上に誕生され、初臨のときの路程を再び歩まれることによって、それを蕩減復帰されなければならない。 それゆえに、先に既に論じたように、再臨のイエスは、み言を中心とする「出発のための摂理」によって、「メシヤのための基台」を実体的 [続きを読む]
  • 6月21日のニュース 【藤井聡太四段28連勝】AI時代の申し子
  • 藤井四段 強さの秘訣 AIか〜【藤井聡太四段28連勝】AI時代の申し子 21世紀生まれの初の棋士 詰め将棋も怪物〜 昨年12月のデビュー戦から無敗を続け、ついに公式戦最多連勝記録の「28」に並んだ将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)。 21世紀生まれ初の棋士である藤井四段の強さの背景には、人工知能(AI)の活用があるとみられる。 藤井四段は奨励会三段のときから、気になる棋譜をAIで分析し、正確な [続きを読む]
  • 霊的メシヤとして立たれるようになったイエス
  •  イエスは、原罪のない、神の血統を受けた直系のひとり子として来られ、堕落したすべての人類を彼に接がせて一体となることにより、彼らが原罪を脱いで神の直系の血統的子女として復帰することができるように摂理しようとしてこられたのである。 イエスと聖霊とが、人類の真の父母として、このように堕落人間を接がせ、原罪を脱がしめることにより、神との創造本然の血統的因縁を結ばしめる摂理を、重生というのである(前編第七 [続きを読む]