諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ) さん プロフィール

  •  
諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ)さん: 笑わせたい お父さんのブログ
ハンドル名諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ) さん
ブログタイトル笑わせたい お父さんのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/1414213-5656/
サイト紹介文次の世代によりよい環境を残してあげるのが、おとうさんの世代の責任だと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1157回 / 365日(平均22.2回/週) - 参加 2012/03/13 22:59

諧謔亭千流(カイギャクテイ センリュウ) さんのブログ記事

  • 豊洲問題・森友学園問題の 信仰的解釈
  •  東京都の築地から豊洲への市場移転問題 ・ 大阪府の森友学園問題 この二つには共通した土壌があると思います。 文字通り 土壌問題 だということです。 比喩でもあり、現実でもあります。 単なるこじつけに思う人もいるかと思いますが、信仰的には次のような解釈ができると思います。 汚染された土とか、ごみのある土というのは、人間に譬えると堕落性に該当します。 汚染された土を取り除いてしまい、そこにきれいな土 [続きを読む]
  • 第三の奇跡
  •  第三の奇跡は、川の水を陸地に注いで血となるようにしたことである(出エ四・9)。 これは、無機物(水)に等しい命のない存在が、有機物(血)に等しい命のある存在として復帰されるということを、象徴的に見せてくださったのであった。 水は堕落して命を失った世間一般の人間を意味するのであるから(黙一七・15)、この奇跡は将来イエスと聖霊とが来られて、命を失った堕落人間を、命のある子女として復帰されるということ [続きを読む]
  • 3月24日のニュース 稀勢の里、左肩付近を負傷
  • 転落し 痛い一敗 病院へ〜【大相撲春場所】稀勢の里、左肩付近を負傷 患部固定、病院へ搬送〜 大相撲の新横綱稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が春場所13日目の24日、横綱日馬富士戦で初黒星を喫した際に左肩から胸部にかけて負傷した。 取組後に三角巾で患部を固定し、救急車で大阪市内の病院へ搬送された。北朝鮮 我が道を行く 核実験〜【北朝鮮情勢】北、数日内に核実験か 新たな坑道完成 [続きを読む]
  • Carmen - Ouverture
  • 転落し 痛い一敗 病院へ〜【大相撲春場所】稀勢の里、左肩付近を負傷 患部固定、病院へ搬送〜 大相撲の新横綱稀勢の里(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が春場所13日目の24日、横綱日馬富士戦で初黒星を喫した際に左肩から胸部にかけて負傷した。 取組後に三角巾で患部を固定し、救急車で大阪市内の病院へ搬送された。北朝鮮 我が道を行く 核実験〜【北朝鮮情勢】北、数日内に核実験か 新たな坑道完成 [続きを読む]
  • 認める 認めない
  •  A社 と B社 があるとします。 このたび、B社がある行事を計画しました。 それに対してA社は、その行事を認めるとか認めないとか口出しをするでしょうか。 独立した別の会社に対して口出しするなら、余計なお世話というものです。 A社が認めようが認めまいが、B社は予定どおり行事を行うでしょう。 B社 は A社 の子会社だったとします。 A社はB社が自分の意向に沿うよう、指導をすることでしょう。 自分の [続きを読む]
  • 第二の奇跡
  •  第二の奇跡は、神の命令によって、モーセが最初に手を?懐に入れたときには、その手がらい病にかかっていた。 しかし、神の命令によって、再びその手を?懐に入れたときには、らい病にかかっていたその手が完全に快復して元の肉のようになっていたのである(出エ四・6、7)。 この奇跡は、将来イエスが後のアダムとして来られ、後のエバの神性である聖霊(前編第七章第四節(一))を送られることによって、贖罪の摂理をされ [続きを読む]
  • 本流か 分派か の基準
  •  聖書は、イエス様を証しする書物でした。 原理講論は、再臨のメシヤを証しする書物です。 文鮮明先生は、再臨のメシヤであり、真の母として韓鶴子様を探し立てられ、真の父母となられました。 原理は真理であり、文鮮明先生は再臨のメシヤである。  これが信仰の原点です。 原理を学ばなければ、きっとこの道には来ませんでした。 信ずるか信じないかはその人自身が判断し、選択することですが、これを信じた人が信仰の道 [続きを読む]
  • 第一の奇跡
  •  それでは、三大奇跡は、復帰摂理路程において、何を予示したのであろうか。 第一の奇跡は、神が命令して見せてくださったとおり(出エ四・3〜5)、モーセの命令によって、アロンがその手に持っていた杖をパロの前に投げつけたとき、それが蛇となったというものである。 これを見たパロは、自分の魔術師を召し寄せてその杖を投げさせたところ、これもまた、蛇となったのである。 ところが、アロンの杖の蛇は彼らの杖の蛇をの [続きを読む]
  • 3月22日のニュース セウォル号、引き揚げへ
  • 戦略的 忍耐なんて まっぴらだ〜【湯浅博の世界読解】THAAD配備の韓国に報復措置を講じる中国に「地域大国のすることではない」 沈黙の国務長官が積極策のワケ〜 トランプ外交の中軸をなすティラーソン米国務長官の東アジア歴訪は、米国の「過去20年の北朝鮮政策の失敗」を明確にし、ティラーソン外交の存在を内外に印象づけた。 これまで長官は大物ビジネスマンとして注目を集めたものの、政権内の影の薄さが心配のタ [続きを読む]
  • Strauss - Unter Donner und Blitz - Karajan
  • 戦略的 忍耐なんて まっぴらだ〜【湯浅博の世界読解】THAAD配備の韓国に報復措置を講じる中国に「地域大国のすることではない」 沈黙の国務長官が積極策のワケ〜 トランプ外交の中軸をなすティラーソン米国務長官の東アジア歴訪は、米国の「過去20年の北朝鮮政策の失敗」を明確にし、ティラーソン外交の存在を内外に印象づけた。 これまで長官は大物ビジネスマンとして注目を集めたものの、政権内の影の薄さが心配のタ [続きを読む]
  • 第二次民族的カナン復帰路程を出発
  •  モーセは、ミデヤン荒野の四十年をもって、「四十日サタン分立基台」を再び造成し、「信仰基台」を復帰すると同時に、再び「堕落性を脱ぐための民族的な蕩減条件」を立てるに当たってのアベルの位置をも確立したのである。 したがって、第一次民族的カナン復帰路程の場合と同じく、カインの立場にいたイスラエル民族が、アベルの立場にいたモーセを絶対的に信じ、かつ、彼に従ったならば、神のみ言のとおりに、彼らは乳と蜜の流 [続きを読む]
  • 3月21日のニュース 朴槿恵氏VS検察の攻防 逮捕に踏み切るのか
  • 不訴追の 特権失い 出頭へするしない 逮捕どうする 検察は〜【朴政権崩壊】朴槿恵氏VS検察の攻防 収賄容疑が焦点、検察は女性前大統領の逮捕に踏み切るのか〜 韓国検察は21日、国政を混乱に陥らせた疑惑の発覚から5カ月たってようやく「疑惑の中心」とみてきた朴槿恵(パク・クネ)前大統領の事情聴取にこぎ着けた。 一方で、大統領選が目前に近づく中、罷免された初の前大統領の逮捕に踏み切るかという困難な判断も迫 [続きを読む]
  • ファクト が大切
  •  米本さんの3月17日の記事の中で、次のような指摘がありました。 ○引用開始 「43双婦人有志の会」が声明文を出したという。 なお、何人かがこの声明文を論評しているが、肝心の声明文の出典が明記されていない。 したがって、オリジナルを読むことができない。 よってスル−するしかない。 オ−ル統一さんの悪い「統一癖」である。 「森友学園問題」とか「南ス−ダンの日報問題」が話題になっている。 これらの問題の [続きを読む]
  • 第二次民族的カナン復帰路程
  •  イスラエル民族の不信により、第一次民族的カナン復帰路程は失敗に終わり、モーセが彼の「信仰基台」のために立てたパロ宮中の四十年期間は、サタンの侵入を受ける結果となってしまった。 それゆえに、モーセが第二次民族的カナン復帰路程を出発するためには、サタンの侵入によって失った、パロ宮中の四十年期間を蕩減復帰する期間を再び立て、「信仰基台」を復帰しなければならなかったのである。 モーセがパロを避けてミデヤ [続きを読む]
  • Strauss - Voices of Spring- Battle, Karajan
  • 注目の 女芸人 現れる〜“美人すぎる”として人気急上昇中 衝撃のお笑い芸人、現る〜 “美人芸人”と言われることに関しては「かわいいと思ってネタを見てくれる人がいたら、それはラッキーです」と、美貌も芸の肥やし。 子供のころからお笑いのことで頭がいっぱいで、チャップリンに近づくべく毎日ネタを考えている。 物欲はなく、恋愛にもまったく無関心で、彼氏いない歴25年。 決して不思議ちゃんなのではなく、突出して [続きを読む]
  • 第一次民族的カナン復帰路程の失敗
  •  もしカインの立場にいたイスラエル民族が、アベルの立場にいたモーセに従順に屈伏し、カナンの土地に入ることができたならば、彼らは「堕落性を脱ぐための民族的な蕩減条件」を立てて「実体基台」をつくり得たはずであった。 ところが彼らは、モーセがエジプト人を打ち殺すのを見て、むしろ、彼を誤解し、そのことを口に出して非難したため、パロはこのことを聞いてモーセを亡き者にしようとしたのである(出エ二・15)。 そこ [続きを読む]
  • 家庭連合 と UCI は 補完関係
  •  師観のブログ 3月11日記事 「真のお母様を支える1800双婦人有志の会」声明文と師観の感想より 「真のお母様を支える1800双婦人有志の会」声明文が紹介されていました。○引用開始 UCIの路線を取る人は、子女様をアベルとして、カインの子女である祝福家庭はそのアベルを通して指導をいただくことで、初めて真の父母の伝統を相続出来ると主張しており、いずれにせよ子女様を真のお母様より優位に置き、真のお母様から離れて [続きを読む]
  • 紅海を渡り、荒野を迂回していくように導かれた
  •  モーセの、このような行動を目撃していたイスラエル民族が、神と同じ心情をもって、モーセの愛国心に感動し、彼を心から尊敬し、心から信じたならば、彼らはモーセを中心として、神の導きにより、紅海を渡ったりシナイの荒野を巡るようなことをせずに、すぐペリシテの方へ行く近道を通ってカナンの土地に入り、「実体基台」をつくるはずであった。 そして、この路程は、ヤコブのハラン二十一年路程を蕩減する二十一日路程となる [続きを読む]
  • Strauss - Fledermaus Overture - Karajan
  • おそ松くん シェーっと驚く 記憶違い〜【WEB編集委員のつぶやき】蓮舫さん、「記憶違いで済まされない」のはあなたも同じでは? 国会の体たらくに国民はあきれています〜 「記憶違いで済まされない」、これは誰あろう蓮舫さんの言葉だ。 学校法人「森友学園」の訴訟をめぐり、稲田朋美防衛相が国会答弁を撤回し関与を認めたことへの発言だったが、台湾籍と日本国籍のいわゆる「二重国籍」問題はどうなったのか?  「記憶 [続きを読む]
  • お詫び
  •  徳野会長がマルコさんに糾弾されています。  徳野会長を糾弾する! (その1、嘘つきなのか?阿保なのか?) 徳野会長を糾弾する! (その2、裏切りが得意?) この二つの記事の糾弾の根拠として、私の書いた文書が引用されています。 この記事です。 徳野会長の分派認識  この記事は、自分なりにこのように理解しました、という内容を表現したものです。 こんな内容を話されました、という印象を伝えようとしたもので [続きを読む]