パネットーネ さん プロフィール

  •  
パネットーネさん: Mayview House 5月の花ざかりを夢見て
ハンドル名パネットーネ さん
ブログタイトルMayview House 5月の花ざかりを夢見て
ブログURLhttp://mayview.blog.fc2.com/
サイト紹介文荒れ果てていた古い庭の主を経て小さな木の家で暮らし始めました。旅とアンティークが好きです〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/03/14 11:24

パネットーネ さんのブログ記事

  • ミニ紫陽花2種〜刺繍半えり
  • 花ざかりの5月も終わりに近づいてきました〜小さな山アジサイ「藍姫 あいひめ」まだ二分咲きほどです。1年目は藍色だったのに、3年目の今年はピンクが混じってきました。常緑アジサイ「蒼の瞳 あおのひとみ」コニファーの「ゴールドクレスト」と「シルバースター」寄せ植えのプランターから抜くと、針葉樹の素晴らしい芳香が‥今週末に親戚の結婚式があります。5月の末、袷(あわせ)の着物で行く予定。でも先日のような夏日だ [続きを読む]
  • 庭の白い花〜リネンのソファーカバー
  • 今日の庭のようす〜  雨上がりのひんやりとした朝でした。ブラックベリー今年初めての開花です。テイカカズラまだ三分咲きほど。フワッと香ってます。庭裏のグリーンアイス樹脂製の高鉢なので枝垂れOK!コバノズイナあとすこしで白い猫じゃらしみたいな姿になります。ポール・スミザー氏の著書「日陰でよかった」で知ったコバノズイナ。春の芽吹きから晩秋の真っ赤な紅葉まで美しい?1年目、なんだか冴えなく感じて抜こうとし [続きを読む]
  • オルセーのナビ派展〜ハゴロモジャスミン
  • 5月に入りました〜外壁のハゴロモジャスミンが五分咲きに‥雨どいにトレリスを固定して這わせています。先週はまだフューシャピンク色のツボミ姿。ジャスミンと名がつくだけあって、香りが強いので蕾の段階で少し剪定しようと思っていたのですが‥そのままにしてしまいました。せめて花ガラだけは早めに片付けなくては。気温が上がると甘ったるい香りにむせてしまうので‥連休初日、花粉の飛散が減ってきたので、久しぶりに洗濯物 [続きを読む]
  • オダマキ開花〜「LA LA LAND」
  • 先週、やっと「ラ・ラ・ランド」観てきました〜♪近いうちにもう一度行きたい‥映画館の大画面で観られるうちに。エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」が公開されたせいもあり、最寄りのシネマでは「LA LA LAND」の枠が夕方ひとつになってしまったので。最近の庭のようす〜草陰のミヤマオダマキ。オダマキは3年ぐらいで突然に枯れるらしいので、今年は種が採れたらいいなと思っています‥右側の角(ツノ)がいつのまにか欠けてしま [続きを読む]
  • 2017?イースター〜庭の植物
  • 本日はイースター(復活祭)。春爛漫の日和となりました〜イエロー系のアレンジメントを飾っています。今年は卵や小鳥、ウサギちゃんの飾りを出さなかったので少し寂しい‥イースター期間のプラハのレストランのテーブルよりウズラの卵の巣の中にキャンドル。東欧らしく素朴で可愛らしい演出。これならすぐ真似できそう♪ショーウインドーのお菓子。小さな卵のチョコレートがたくさん?いつのまにか庭も春らしくなっています〜金の [続きを読む]
  • 神宮前小学校の桜
  • ご無沙汰しております〜4月から子供が社会人になりました。空の巣(からのす)症候群なんて無縁だと思っていましたが、安堵と共に、ちょっぴり寂しさも感じるこの頃です。予報だと東京の桜は今日で終わりとのこと。明日は終日、花散らしの雨なのですって‥先週(4/5)、久しぶりの表参道。ヒルズ裏にある神宮前小学校の校門はマリン調。なんだかワクワクしてくるようなデザイン♪表参道寄りの桜が満開でした。両脇の針葉樹はず [続きを読む]
  • 昭和初期のコンパクト&モダンな雛飾り
  • 7〜8年ぶりに雛人形を飾りました。一辺が33センチのサイコロ型の桐箱。小さな段飾りにお道具、人形がすべて箱に収められます。昭和5年、亡き義母の初節句に三越で購入したというお雛様。兄嫁たちには断られ、三男の嫁の私がひと目で気に入り引き継いだという経緯があります〜雛人形はひとりの女性の厄を受けるためのもので、引き継ぐことはできないという言われもあるようです。私は気にしないたちなので娘の節句にも飾ってきまし [続きを読む]
  • クロモジの芽吹き〜庭の見直し
  • 2月も半ばとなりました。久しぶりの更新ですクロモジの芽吹き。冬枯れの枝と春の芽吹きはとても美しいです。夏以降はパッとしない雑木。紅葉もいまひとつ‥西日が当たる場所に植えてしまったから。ご近所から頂いたクリスマスローズ。首のところが爬虫類を思わせるけれど、グロテスクな部分がクリロの魅力であったりします。久しぶりの庭仕事。南側の犬走り庭。ワイヤープランツとハツユキカズラを3分の1ほどに切り戻し。レンガ [続きを読む]
  • スタバのラテアート〜奥沢神社
  • 最近、時折クラクラと軽い眩暈がすると思ったらスギ花粉の飛散が始まったようです〜やたら昼間に眠くなるし困ったものです。スターバックス奥沢2丁目店。カフェラテと青森産リンゴのアップルパイ。昨年オープンした新しいタイプのスタバなんだとか。カジュアルだけど上質な木製のインテリア、お値段はやや高め。お店の方もフレンドリーで寛げる雰囲気でした〜スタバから徒歩5分くらい‥奥沢神社年末年始以外は静かな地元の神社。 [続きを読む]
  • 今年は自分の家らしく〜クリスマスローズ
  • 今年の夏で築3年を迎える我が家。変な表現ですが、最近になってようやく自分の家だと思えるようになってきました。なじんできたということかもしれません。2階に置いた食器戸棚の上の方。白い突っ張り棒と中央ののワイヤーは地震対策。古い油絵は目障りなプラスティックを隠すため。はみ出ちゃってますが‥家具なんかも見直してより居心地の良い場所にしていきたいのに思いだけでなかなか進まないのが辛いところです。久しぶりの [続きを読む]
  • 新年〜古掛け軸に故人を偲ぶ
  • こちらは穏やかな三が日となりました〜本年もよろしくお願いいたしますこの家で迎えるお正月も早いもので3回目。玄関飾りはダークブラウンの小さなリース。リビングを和の雰囲気にしてみました。上の方‥   夫の曽祖父の作品。竹の水墨画の横に漢詩が書いてあります。年末、たまたま初めて開けた掛け軸の箱に入っていたのです。古家の納戸整理のとき、身内には貰い手がなく残されていて‥表具を入れると2mほどあり吹き抜けの [続きを読む]
  • 大晦日の自由が丘
  • 今年も1年、ありがとうございました。12月29日の4時頃の新宿都庁。明るい光が差し込んでいました。寒さの本番はこれからでも冬至が過ぎ、少しづつ日は長くなっていくのでしょうね。本日の自由が丘。ハンギングコンテナの使い方が素敵♪ローズマリー、ミント、タイム、カルーナにアイビー etc.土の量がほんの少しなのにいつ通っても植物が元気なんです。ブティクのディスプレイ。開きかけの古い洋書〜マーガレット・ハウエル簡 [続きを読む]
  • ジャンボ松ぼっくり〜ティラミス
  • クリスマスイブは例年どおり詰め物をした丸鶏を焼いて‥ デザートには、珍しくティラミスを作りました。イタリアのお菓子だけどビスキュイにはフランスのバンビーニを使用。型に並べたら濃いエスプレッソコーヒーを浸み込ませてクリームを被せること×2クリームはイタリアンの重鎮、佐竹弘シェフのヴィーガンレシピで‥卵、乳製品なしだからマスカルポーネチーズも入ってません。クリームの材料は木綿豆腐、豆乳、テンサイ糖、葛 [続きを読む]
  • ベツレヘムの星〜エディンバラ旧市街
  • またスコットランド旅行の続きです‥クリスマスツリーの星のお話〜空に明るく輝くのは「ベツレヘムの星」東方の三博士にイエス・キリストの誕生を知らせた星です。馬小屋でキリストの誕生を見守る人々。            (立体のクリスマスカード)ベツレヘムの星に導かれた三博士は幼子イエスのもとを訪れ黄金・乳香・没薬(もつやく)を捧げたと伝えられています。乳香と没薬はカトリックのミサで焚かれる聖なる香り‥大 [続きを読む]
  • クリスマス飾り〜マダム・フローレンス!
  • 12月も半ばを過ぎて、気持ちだけ焦るのは例年どおり。封切後すぐに「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」観てきました。メリル・ストリープ演じるソプラノ歌手の旦那役はヒュー・グラント。主人公は大金持ちの音痴な歌手という設定。コメディー映画に分類されるのでしょうけれど、人生の愛と哀しみが描かれている素敵なストーリー。実年齢以上の老け込み具合が心配だったヒュー・グラントですが、スクリーンに映る姿はやっぱり [続きを読む]
  • 小さな教会の冬庭
  • いつのまにか師走。自分にとってはいろいろと散々な年でありましたが、なんとか無事にここまでこれました。感謝の心を忘れないようにしなくちゃね〜フエルトやコットン製のオーナメント(エディンバラの旧市街にて)。エディンバラ郊外散策のつづき〜住宅街の小さな教会‥紅い実のついたヒイラギ。これでコックロビン(こまどり)がいたら、クリスマスカードの絵柄です♪壁に沿う大きな常緑樹はヒイラギ。白樺の幹と裸の枝ぶりも美 [続きを読む]
  • 冬庭〜植物のアーチ
  • 前回のつづきです〜 エディンバラ郊外の住宅地。タウンハウスの最上階のバルコニーやサンルーム。サンルーム+バルコニーのお宅もあります♪常緑のボックスウッド(ツゲ)のアーチ。葉の表面に照りがあるので真冬でも青々と美しい。手前のパープルの茂みはツルコケモモの一種。日本でも秋冬に実がたわわな状態の苗が園芸店に並ぶようになりました。ツルコケモモはヒースやヘザーと同様に酸性土壌を好むツツジ科の植物です。刈り込 [続きを読む]
  • ドアまわりの風景〜クリスマスセーター
  • スコットランド旅行から間もなく2年になろうとしています。もたもたしているうちに今年も間もなくクリスマスという具合‥2014年の12月末、朝のエディンバラ郊外の住宅地〜左側に連なるタウンハウスは、3階(屋根裏?)の道路に面した部分がサンルーム風の洒落た造りになっています。日差しに恵まれない土地ならではの工夫かもしれませんね。玄関先に大きな牛乳瓶が3本。 凍てつく朝でしたが、ドア脇の植込みは青々〜こち [続きを読む]
  • 庭のクリスマス支度〜ヒースと嵐が丘
  • 先日のDIYで作った花壇枠を使い冬仕様の苗を植えてみました。レイズドベットになり根元まで光が入ります。昨年の冬は段差による日照不足のため苗が成長できず貧弱なままでエントランスが寒々しかったためのひと工夫〜ガーデンシクラメンとカルーナ(ガーデンガールズ)。酸性土壌を好むカルーナだけはピートモスを多めに加えた土に単独でビニール鉢ごと埋め込んでいます。秋になると色鮮やかなカルーナの苗が出回りますが、園芸 [続きを読む]
  • フェイジョア落果〜花壇枠DIY
  • 初めて実ったフェイジョアが地面に落ちていました♪ (11/3)拾ってみると、まだ固くて香りもありません‥しばらく室温で追熟させてみることにします。柔らかくなって香りが出てきたら食べ頃なのだとか。またまたホームセンターへ4日前に訪ねた時はなかったスキミアが入荷していました。高価というイメージがあるスキミア‥ ひと株1300円。それでも昨年よりだいぶ安くなってる。並べたらシックで大人っぽい寄せ植えができそ [続きを読む]
  • コバノズイナとドドナエアの紅葉
  • お久しぶりです。なかなか更新できずにおりました〜「ブリジット・ジョーンズの日記3」がついに公開?すぐにでも映画館へ駆けつけたいところです‥数年前、ブリジット役のレニー・ゼルウィガーの顔がまるで別人になっていることに気づき驚いたのなんの‥続編なんか作れるとは思っていませんでした。今はまた昔の顔に少しだけ戻って(?)ホッとしています。表情豊かなレニーの美しい顔、大好きだったから。2年目のコバノズイナ。 [続きを読む]
  • 日本原産のタイム〜グリーンカレー
  • 昨日あたりから空気が入れ替わってついに涼しくなりました〜久しぶりに庭仕事にあけくれていました。イラガの毒毛虫が大発生して駆除に追われていたのです。シャツの上から毛虫に触れ、ビリッと電気が走るような怖い思いをしたりして。素肌で触れたらどうなってたのかしら‥でもチャドクガみたいに毒針毛が飛んだりはしないからまだよかった。四季咲きモクセイ「スイートオリーブ」。真夏と真冬を除き香りのよい白い花が咲きます。 [続きを読む]
  • フェイジョアの結実〜久しぶりの庭仕事
  • まもなく10月というのに今日もムシムシ暑かった〜クロモジの木に毛虫が大発生してしまい往生しています。ネットや害虫図鑑で「イラガ」という蛾の幼虫であることがわかりました。割り箸で300匹は捕獲したでしょうか‥毒針があるのでチュウレンジバチの幼虫みたいに「手でと〜る」は危険。何かに葉が喰われているのには気が付いていましたが、暑い日が続くものだから放置していたのです。久しぶりに苗を買いました。観賞用の唐 [続きを読む]
  • 谷根千レトロ建築〜シマトネリコ鉢仕立
  • 昨日は墓参りで根津の菩提寺と谷中霊園へ台風16号の影響もあるのか朝から小雨が降ったり止んだり。そのせいか、お彼岸前の連休にしては人出が少なめでした。お昼は根津の串揚げ屋「はん亭」さんへ建物角にシマトネリコの鉢がふたつ。ひょろりと細い株立ちだけど、それがまたいいかんじ。庭木として大流行のシマトネリコには成長が旺盛ゆえの難しさが‥だって狭いスペースで暴れてる株をよく見かけるものですから。鉢植えで日照も [続きを読む]
  • タイム&コニファーの夏ごし
  • 怪しげな天気は相変わらずですが、ようやくエアコンなしで眠れる秋がやってきました♪いろいろと生活全般さぼっており迷走中(いつものことですが)‥お月見だんご生協の冷凍品です。テラコッタ鉢の品種不明のタイム。今の新居が完成して庭を作り始めたころに植えた苗だから間もなく2年‥地植えのタイムは日本原産のイブキジャコウソウ以外全部枯れてしまい、これが最後のひと株です。猛暑を乗り越えたコニファー「ブルーアロー」 [続きを読む]