亭主の好きな赤烏帽子 さん プロフィール

  •  
亭主の好きな赤烏帽子さん: 智笑ポエム
ハンドル名亭主の好きな赤烏帽子 さん
ブログタイトル智笑ポエム
ブログURLhttp://ameblo.jp/akaeboshi/
サイト紹介文「3.11」以降、思い立って詩を書き始めました。祈ることは忘れないためだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/03/14 15:06

亭主の好きな赤烏帽子 さんのブログ記事

  • ★智笑ポエム「春の雪」(歌つれ)
  • 相撲取り肩痛めれば吾が肩も痛くなりぬる不思議と云へば/ばーさんの墓から帰り休みぬる土蔵の框日向ぼこする/ばーさんの日向ぼこするじーさんの真似して両手膝に翳せり/鯛カマを煮付けて祝ふ勝相撲歯無しであれば身をほぐしつゝ/勝つ度に人は大きくなれるらし、惻隠、斟酌、忖度は無し/号泣す、隣の人も号泣す、日本全国泣きたくなった/黒黒とフレコンバッグの帯続く北国の春辛夷花咲く(飯館村)/春の雪若き命の無残やな心肺停止那 [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「春一番稀勢の里」(見えない力)
  • 春寒や雨の音聞く背を丸め/これはこれはと座敷の花開き/潦にわたずみ行き過ぐ車春の雨/音つれて昔話を枕花/うやうやしく花の一枝を飾りけり/ノラ坊菜野良には置かず春の宴/線香の春剥落の一炷いっしゅかな/犬空や春は嗅ぐほど空朧をぼろ/仏の座群がり寄れり放棄地に/地に低く顔寄せ見れば仏の座/タンポポの花一輪や仏の座/勝ち名乗り身は痛々し春の場所(稀勢の里)/吶喊とっかんと春一番や稀勢の里「泣かないと思ったんですけれど [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「線量計を立てる」(まだ原野にゐる)
  • さあ、これからはいつも自分に線量計を立てやうととほほ、なのかのほほなのかなははなのかアハハハ───なのか分からない 気まぐれなのか気のせいなのか気迷いなのかさへ分からない或いはひょっとしたらとんでもないことになってゐるのかだから容易に眠れないのかいや、眠れないどころかなかなか身体を横にも出来なくてそのことを云ったら中央の人に怒られたが変な人だ とほほ、のほほ、なはは云い訳はスンナ帰れない [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「花毟り」(花粉採取)
  • SSが行くよ朝早くからもう村々は目覚めて椋鳥むくどりが電線で大騒ぎしてゐる花叢をつける木には花粉が満ち満ちて来るのだおはやうと云ひ、こんにちはと云ひむくむくと枝枝に満ちて来た花芽ににわかにときめいてさあ、受粉の季節がやって来た こんな時にも百姓の顔は活き活きとして来て皺深い日に焼けた顔をほころばすはたはたと花芽花芽を木々に叩いて廻ればあゝ、なんと喜ばしいことだ雄蕊と雌蕊が出会ってもう少し立てば [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「リディア」(春のそびら)
  • リディア、おまへの嘆きよ春の親し気な吐息空は蒼く、しかし、はだらにうるみものの芽のみな芽吹いてくる背のそびらに一片の風を載せてやって来る、村への一本道を 教へてくれ去る者はなぜに去りて伝へてよ生まれるものはなぜに生まれる リディア不思議娘よ渓谷の上に佇って流水を欲しい儘におまへの嘆き人を悩ます魂それだからみな真実を知りたがるのだ 魂の空高く飛んで雲を捉まへやうとして宙のうへに出たリデ [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「よいとまけの唄」(ありていのありったけ)
  • ありていのありたけよいとまけは何処までもゆくありていはありったけこんな小さな手をして一輪車をぎりぎり走らす有体のことは日輪に聞け振り上げた鶴嘴を土深く打ち下ろすよいとまけだなぁガツンと火花が散る大きな石は石だとても大人じゃあなければだから泣くな泣くな悔しがるなよ 有体はみんなかばってくれて肩寄せた大人たちの日影に陽だまりて小さく傾ぎ日の丸の弁当をあゝ、やっとうれしかったなぁ大人たちのごっつい [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「出棺」
  • じーさんは鳧けりを付けたり享年に97歳それで了おはんぬ 冬にかへるかけふの寒さよ腰に荒縄ちょいと結んでみるよ外に見えるは紅梅ぢゃないか雨に打たれて霞んで見えるガラス障子の家の内ではうから同士がみなうな垂れて遺影に黒いリボンが下がり妙法蓮華経手を合はす白い天干てんかん△に着け手甲脚絆は長き旅路の草鞋履かせる冷たい足にあなたどこどこどこまで行ける古き家には古き先祖が古色蒼然座敷を見下ろすいまさらな [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「死者の書」
  • とまれ、死者の書そこに書かれることにたとへば大正生まれの損耗率の高さよ出征の、ほころびた日の丸の旗よ死未然に血が茶色に乾く前に切れ切れにはためく端にやっとカタカナで読めるのだった 兄さん、生きて帰って来てねそれはとっても嫌だから あゝ、うるさき人達よこれでやっと静かになれる私が逝くところは武漢河のほとりをなんと重慶を目指して長い間黙ったままですまない戦友を荼毘に付して赤々と、あの火の色を [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「死者は故郷の山へ」(骨壺の底に揺られて)
  • この故郷の山に向かい村へと入って来る一本の道を今度は必ず冷たくなって帰って来るんだねまた次にはからからと音に軽くなって骨になって帰って来るんだねそして最後には思い出になってみんなのところ帰って来るんだねたとへば残された者たちがどんなに一人ひとり遠くに離れていても抱かれる故郷の畑や、社や、寺院の甍の辺りを一通り彷徨ひ、漂ひ満たしやがてひっそりと安堵する 思い立って故郷の眼の前の櫛形山へと還って [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「通夜ふるまい」(歌つれ)
  • ハリウッドに花点け始め受粉季節どき/ばーさんも髭をあたりしじーさんのひげ剃り出してけふに懐かし/母と娘の声にぎやかにキッチンで酢飯づくりにお稲荷さんの/ドライアイス替えてじいさん冷えまさり褥瘡のこと少し気になる/葬儀花名前立てたりいそがしく場所取りもありかにもかくにも/枕花線香燻くゆるデスマスク明日はお骨に胸急き立てる/明日ならばほらほらこれが骨だよとけふのあなたは顔ばかりある/読経の声108回数珠の数妙 [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「通夜へ」(歌つれ)
  • 兄妹は順番通りに逝きにけり春三月はお彼岸の頃/メモリアルホールの人の出張す人の生き死に日は淡々と/チューリップの花片はなひら落ちて北枕/お彼岸や死者に弔うあんころ餅/ぼた餅を入り口で売る彼岸かな/桜には少し早くて富士の山/生前は内気でありし義父のこと家に戻るも夜や闇にして/笑点の笑ひ明日は通夜の席じじは笑へず床に延べたり/香奠帖古きの中に古き名のこんな日が来るけふは覚えず/有線にかかる『家路』のなつかしや [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「逝去」(歌つれ)
  • あはれとも不思議なものと境なる毛は伸びしまま死にゆく人へ/あさなゆうな唱へることの称名のいにしへひともかわるものかは/これやこの五臓六腑にしみわたるこんな時にも不思議ビールの/かくかくとしかじかせしも世の中はじじの命の運ばれし行く/お揃いで経帷子を作りぬる春剥落の続きぬるかな/メレンゲを掻き回すがに春の鬱/ビオラ咲く春諧調を整へし/潮に退く小磯の子貝さざれ石豈忘るるな母の海なる/世の中はつれなかるべし旺 [続きを読む]
  • ★智笑国の形「生前退位」(特例法)
  • ■天皇制の"一体不離"崩御すなわち継承。 1946,11/3日本国憲法公布1946,11三笠宮崇仁親王が枢密院に意見書を提出───「『死』以外に譲位の道を開かないことは新憲法の第18条の『何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない』という精神に反してないか」「(退位の)自由をも認めないならば天皇は全く鉄鎖につながれた内閣の奴隷である」。新皇室典範が議会に提出される前のことである。1946,12GHQより「新皇室典範」の作成が求め [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「インフォームド」(歌つれ)
  • あれやこれ雄時おどき雌時めどきも花粉季節どき/故郷の「ずぐ」の訛りのなつかしや夜間瀬河原の水音しげし/夜間瀬川集ひし宿にふり仰ぐ北信五岳古稀に耀かがやう/行く春や娘こは一人身のミソサザイ三十三才/佐保姫の来る田圃道かぎろひぬ/病院へ目の驚きや仏の座/痰取りて苦しき中にじいさんの手はさ迷ひて顔の上なる/じいさんに刹那刹那の呼気があり娘の呼びかけに微かに答ふ/じいさんに上腕筋の消えちまって骨の腕出すベッドの [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「老衰」(歌つれ)
  • ■放棄地の梅林。花盛りである。日がな吹く八つの颪のいやだなぁ医院に上るじじの酸素の/とろみつけポカリ吸い口差し出せば窄すぼむ口唇辛うじて飲む/これならばどうだとプリン一匙を口に入れたりすぐ吐き出しぬ/食べぬことこのまま続けば老衰で後は萎れるままになるてふ/認知から食に興味が無くなって食べ物忘れ咀嚼も忘れ/老衰の一足ずつにやって来る顔少しずつ小さく成りぬ/じいさんにポテトサラダはと妻聞けばからうじてじじ [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「早贄それと同級会」(歌つれ)
  • 早贄はやにえを生贄にしてとんだこと/荊棘けいきょくを忘れて贄を針金に/晴天にモズ早贄の誇らしげ/葡萄棚蔓枝まんしの翳や土乾く/しつこいねどうもいやだね冬の蠅/五月蠅うるさいと書いてうるさし冬の蠅/来てみれば机の上に梅の花/花ばかり花瓶も冷えて梅の花/世の中は三日見ぬ間に梅咲きぬ/いい人ねは百万遍の梅の花/盆地では午後突然に八つ颪/虎落笛もがりぶえ有線の声村奥に/冬眠に覚めて林檎のあからひく/両班ヤンバンの国の [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「飾りじゃないのよ」(アッキーこと)
  • 井上陽水「飾りじゃないのよ涙は」作詞、作曲───飾りじゃないのよ涙はHAHAN好きだと云ってるじゃないのHO HO真珠じゃないのよ涙はHA HANきれいなだけならいいけどちょっと悲しすぎるのよ涙は HO HO HO・・・首相夫人は飾りじゃないのよ好きだと云っているるぢゃないの教育勅語を真理は真珠にまがうものなのよきれいなだけならいいけどちょっと悲しすぎるのよその饒舌は魚心ありて即ち水心惹かれ引き合うものがあったのよ機心あ [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「春の息吹」(歌つれ)
  • 珍しきおもたせのあり春の餡(ば様の妹さんがお泊りにおいでになった。)/花活けて褒められもせず紅李べにすもも/剪定枝せんていし積み上げられて春の畑/角つのぐむはまずめでたくて手を打ちぬ/そも似たる姉妹であれば春雛ひいな/しばらくは姉妹仲良き風呂にまで話し持ち行き風呂の中でも/風呂にまで仲良きことも姉妹雛/寝所には春の夜の夢姉妹雛/PSA春光一閃がん摘出/行きて能よく帰れよと義父のストローの唇くち激しくポカリを飲 [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「雪降る降る」(歌つれ)
  • 雪付けて赤い鉄橋千曲川/霏々ひひと降る深雪に槙の木の折れぬ/雪ん子の木にまつわりて遊びける/降る雪や落ちると見せて舞い上がり/朝風呂や雪降ることも窓の外/降る雪や味付け海苔のぱりんぱりん/ザンと降る千斗の雪の底抜けて/罪障の色隠し行く雪降る降る/せっかくの柳の綿毛雪帽子/降る雪の魚野河原を?くして/東倉里トンチャンリ小雪も人の冷え心/そっと置く雪に紅葉の残しける/かまくらや雪だるましておさなどち/かまくらや少 [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「滑るスキーの」(歌つれ)
  • 雛祭り雪燦々さんさんと晴れにけり/繭玉やはや3月を手の平に/こぶ斜面思ひ出ひとつふたつみっつ/とかくして栂つがの林にリフトかな/白樺のせり上がり来るクワッドかな/陽の箭柄やがらゲレンデにみな笑ひ出す/和田小屋に粽ちまきも出して春スキー/和田小屋に1300円のソースカツ/スノボーに尻ぺた乗せて行きにけり/カービングいと鮮やかに雪を切り/小さきは声ゲレンデに雪まろげ/カラフルやまたゲレンデに神游ぶ/ゲレンデに耳欹そば [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「ムッシュ―」(歌つれ)
  • 男雛むかし女難の相のあり/内裏雛その一対を楽しめり/ひいなひいな桜ばかりか桃の花/白酒を飲んでひいなを祝ひけれ/スーパーに寿司の賑わひ雛祭り/春雨を厠に聞きし雨んだれ/案ずるな酸素は軽い心不全それが取れたら自宅介護も/チューリップの花開きゆき相部屋に花の置処の注意されたり/内裏雛Ancien regimeこの人に(「復古」安倍夫妻)/かび臭き嘘臭き嘘加齢臭子供の領分越えてヒトガタ/ばーさんの後追いかけてクレームす後追いか [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「請戸港」(歌つれ)
  • ■(2/26朝日新聞)請戸港に春が来たかと大漁旗に陽のはためくよ/小女子こうなごの春告げに来る陸奥みちのくの魚寄り来る請戸港に/(Csセシウム)半減期ならずともよし海光る/SALEして春の靴音とABC(マート)/をちこちに初春はるの口上つくちんこ/雛祭りひいなはここに年老けて/柳の芽出たか今年ももやもやと/うれしさはこんなとこにも蕗の薹/蕗の薹地の香奠こうでんを奉る/かたわらを春の風らしポストにも/陽も濡れてビルの谷間の弥生 [続きを読む]
  • ★智笑ポエム「よいとまけの唄」(ありていのありたけ)
  • ありていのありたけよいとまけは何処までもゆくありていはありったけこんな小さな手をして一輪車をギリギリ走らす有体のことは日輪に聞け振り上げた鶴嘴つるはしを土深く打ち下ろすよいとまけだなぁガツンと火花が散る大きな石は石だとても大人じゃあなければだから泣くな泣くな悔しがるなよ有体はみんなかばってくれて肩寄せた大人たちの日影に陽だまりて小さく傾ぎ日の丸の弁当をあゝ、やっとうれしかったなぁ大人たちのごっつ [続きを読む]