マツモト さん プロフィール

  •  
マツモトさん:  学習舎シオンのブログ
ハンドル名マツモト さん
ブログタイトル 学習舎シオンのブログ
ブログURLhttp://g-sion.sblo.jp/
サイト紹介文香川県高松市にある個人塾の塾長ブログです。塾のブログなのに勉強のヒントが殆ど無かったりします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2012/03/17 19:18

マツモト さんのブログ記事

  • テスト対策授業終了
  • ほぼ2ヶ月間続いたテスト対策授業がようやく終了。 今回は何時になくとても熱心な子が多かったような気がする。 なんとか結果は出してほしいなあ。 ぜひ明日は頑張ってほしい。 その明日までまだ8時間あるし。 [続きを読む]
  • 宣言効果
  • ネットで調べ物をしている最中、 「宣言効果」 という言葉が目に入った。 調べてみると 「宣言効果とは、周囲の人たちに目標を宣言することによって、 目標を達成できるようになるという心理効果のことです。」 とある。 なるほど、 確かに同じ目標をたてて勉強する場合、 目標を周りの人に知ってもらって取り組むのと そうせずに取り組むのとは結果が違うようなきがする。 昔から不言実行という言葉があり [続きを読む]
  • 極秘プロジェクト
  • 前からなんとかしなきゃならんと思っていたことがあって、 何かいい方法がないかと考えていて、 とりあえず方法が見つかったので実行に移したい。 完成したら、多分それなりの成果が上がるのではないか。 ○○くんや△△さんの喜ぶ顔が目に浮かぶようだ。 ま、途中で投げ出してしまう恐れもあるので、 完成するまで言わんが。 乞うご期待。 [続きを読む]
  • チラシ
  • この時期になると、あちこちの塾のチラシが舞い込んでくる。 「センセー、学校の前で配ってましたー。クリアファイルだけ使おっと」 一生懸命考えたチラシも、結局大半はゴミになるばかり。 まあ、お金を払ってゴミをばらまいていると言ってしまえばそうだったりするが、いくらネット社会だからといって、チラシはなくならない。 今日持ってきたチラシはとある個別指導塾のチラシ。 「3人一組が一番いい」 とある。 みんな [続きを読む]
  • 英語教育について真面目に考えてみた
  • 先日新聞に2020年の指導要領改定の記事が掲載された。 塾の勉強でも大きく影響あるのはやはり小学生英語だろう。 教科として扱われるからには、成績もつけなきゃならないし、 そうなるとテストもしなければならないし。 今までみたいにお遊び程度の英語ではだめということになる。 日本人は英語に対するコンプレックスが強く、 英語を話していると言うだけで 「おおっ、すげえ」 と感じてしまう。 大事なのはその中身 [続きを読む]
  • 本文テスト
  • 診断テストが終わり、すぐにテスト発表になったため、テスト対策授業が引き続き行われている。 診断テストで一応勉強もしたし、 だいぶ重なっているところもあるということで今週は全て英語。 しかも「本文テストのみ」という授業内容である。 単語も、熟語も、基本文も、教科書の内容も一気に覚えられるので時間のないときはこれに限る。 ただし、どうしてもどうしてもどうしても苦手な子には無理強いしない。 本文テス [続きを読む]
  • 秘密兵器
  • 今日は年に一度の診断テストの日。 中2のTさんが 「やばい、社会がやばい」 と入ってきた。 何があったのか聞いてみると、自己採点ではあるが高得点を出したらしい。 先週、とある秘密兵器を導入。 その秘密兵器をひたすらやったらしい。 そのおかげだけとは限らないが、それでも嬉しい報告である。 その直後、中2の○さんが 「やばい、ほんとにやばい」 と入ってきた。 本来の意味の「やばい」はこう使うんだ [続きを読む]
  • 目標設定
  • 何かを行おうとする場合、やはり目標というものが必要になってくる。 「−3キロ減」 とか 「県大会出場」 とか。 そういったものがないと、人間はだめな生きものだったりする(自分に言い聞かせているわけではない。) ということで、勉強の目安を作って貼り出してみた。 データをもとに大体の目安の順位も一緒に出してみる。 それまで漠然としていた高校というものがいきなり間近に感じるらしく、 「うそやん…」 [続きを読む]
  • 宿題
  • 診断テストが近いということで模擬テストを宿題に出していたりするのだが、提出締め切りが過ぎているにも関わらず、出さない。 2年生に 「なあ、宿題の模擬テスト、出した?」 と聞いてみると 「なんですか?それ?」 という返事が返ってくる。 「じゃあいい。提出するまで毎日来い。 そんでもって、 ずっと出さなくていいから、 ずっと来い。」 「じゃあ、明日家でやってきてもいいですか?」 「わかった。月曜日の持 [続きを読む]
  • 先人たちの教え
  • どの道を進むにせよ、初めて行く道は不安がつきまとう。 そんな時、道に明かりをともしてくれるのは常に先人たちの教え。 今日もそんな心温まる場面に出くわした。 4月から中学生に上がるK君に対して 「英語はきちんとやっときなよ」 「数学は分数ができないかんで」 「社会もちゃんと覚えるんやで」 と、受験生から温かい言葉がかけられた。 それを聞いて、思った。 「自分に言い聞かせとんやな」 と。 心が痛 [続きを読む]
  • 先ずはできるところから
  • 2年生の模擬テストの結果を返した。 「あのな、来年の今頃この調子だったら、どこの高校も行けんで」 これからの一年が本当に大きな一年になってくる。 受験勉強が始まってからでは遅い、そんな子にとっては本当に貴重な一年である。 今までと同じやり方では良くないわけで。 先ずはできるところから始めてほしい。 机の前に座ってみる。 それだけでも未来が変わるんやで、子どもの場合。 [続きを読む]
  • 中学準備講座
  • 今年も中学準備講座の季節がやって来た。 数学はとにかく計算の仕方を 英語はとにかく単語や文の覚え方を 徹底してやっていきたい。 結局それが中学校の勉強の基礎となるわけで、 何にせよ基礎は時間をかけたほうがいいわけで。 しっかりと準備をしていきたいと思う。 只今受講生募集中。 どっからでもかかってきなさい。 [続きを読む]
  • 自己推薦入試
  • 今日は自己推薦入試の日。 入試を終えたYさんとTさんが早々と勉強しにやってきた。 いろいろ疲れただろうが、それでも次の目標に向けてすぐに歩きだそうとしているのは偉いと思う。 もう、その姿勢だけでも合格なんだが。 さ、次いってみよー(いかりやっぽく) [続きを読む]
  • ほんまやな?
  • 教室の壁に成績優秀者を掲示することにした。 それを見た中1のM君がぼそっと。 「よし。ここに30枚は貼られるようにしよっと」 貼られる条件は 90点以上 20点アップ 10番以上アップ 10位以内 としたい。 あと28枚。 [続きを読む]
  • 国語の公式
  • 今日、1年生のM君がやってきて 「センセー、国語をどうやって問いていいのかわかりません」 と聞いてきた。 たしかに、今度行われる「学習の診断」のようなテストは、解いたことのない子も多いだろう。 ということで数年前に作成した 「国語の読解問題を解くための公式」 を引っ張り出して、レクチャー。 あとは、あれとあれをああすれば、おそらく30点くらいはいくであろう。 まあ、公式も覚えるだけでは点は取れんが [続きを読む]
  • 卒業生登場
  • 昨日登場したのは高3のK君と○君。 おそらく2年ぶりの登場である。 センター試験の報告にやって来た。 最初に来たのはK君。 中学の時は定期テストの前日に草野球をしながらも 常に学年でトップクラスをキープしていたという、変わりも強者。 「センターで失敗した」 といいつつも、彼の失敗は他の連中の大成功だったりする。 その後にやって来たのは○君(イニシャルも書けない)。 もうすでに悲壮感が漂っている。 [続きを読む]
  • 応用問題
  • 現在、受験生には入試レベルの問題に取り組んでもらっている。 先週 「センセー、入試ってこんな難しい問題をやらないかんの?こんなん、無理。」 とTさんがぼやいていた。 確かに解ける問題とそうでない問題が混在していて、 半分も解けなかったときには落ち込んでいたりしたが、 今週取り組んでもらったのは香川の過去問。 「センセー、何か知らんけどできる」 とうれしそうに報告にやって来た。 普段からレベルの [続きを読む]
  • 損得勘定
  • 将来看護士になりたいAさん ケース1 普通科高校→専門学校→看護士 年数:最短7年 費用:500万くらい ケース2 私立高校看護科→看護士 年数:最短5年 費用:250万くらい(無償化分を除く) ケース3 公立高校看護科→看護士 年数:最短5年 費用:無償化のため、実費のみ。 今苦労するか、将来苦労するか。 さ、どれでも好きな道をどうぞ。 [続きを読む]
  • 残業中
  • いろいろなことが詰まってしまい、ただ今残業中。 プリンタくんは一生懸命働いているし、 提出しなければいけない書類はまだ残っているし、 チラシやさんからはレイアウトがナンダーカンダーと、 テストも印刷しなきゃならないし、 予定も立てなきゃならないし。 朝起きたら小人たちが全部やってくれているんだ、きっと。 [続きを読む]
  • 中学準備講座を準備
  • いよいよ2月が目の前。 ということで中学準備講座の準備に取り掛かっている。 今年のテーマは 「基礎基本の徹底」 英語は勉強の方法を 数学は正負の数の計算を とにかくひたすらひたすらやって貰う予定である。 ただいま受講生募集中。 詳しくはこちらから。 あ、別に中学生が受けてもええんやで。 [続きを読む]
  • 第二の勉強部屋
  • 今日の夕方、学校帰りの小学生がやって来た。 N君とH君。 「センセー、宿題やってっていい?」 「ええよー、でも、家に連絡しときなよ。」 おもむろに宿題を広げてわずか10分。 「終わったー、さいならー」 と帰っていった。 たった10分だけでも、塾は使ってもらえるうちが華だったりする。 自分の勉強部屋だと思ってくれるとありがたい。 あ、だからといってゲーム、マンガは禁止だが。 [続きを読む]