しろ猫 さん プロフィール

  •  
しろ猫さん: カンチャン狂騒曲
ハンドル名しろ猫 さん
ブログタイトルカンチャン狂騒曲
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sironeko1944
サイト紹介文日常のいろいろを気の向くままに綴ります。読書・川柳・家庭菜園・謡曲・ウオーキングが趣味。
自由文大山鳴動して鼠一匹も出ずがコンセプト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2012/03/19 16:50

しろ猫 さんのブログ記事

  • 熊本地震の水平地動変位グラフを見た
  •  昨日図書館の本を返しに行ったら休館日だった。 私が「ありゃ〜」と言うのと、生涯学習課の女子職員が部屋から出てきたのが同時だった。 「そうなんですよ。今日は休館日なんですよ。その本は私が預かって返しておきますから・・」と預かってくれた。 世の中はまだまだ捨てたもんではない。 親切な人は沢山いるのだ。 地震で役場が被災し、各部署はあちこちの建物に分散していたがこの春仮庁舎が完成してほぼ同一場所に移動 [続きを読む]
  • 情報弱者になりつつある
  •  この頃耳の聞こえが悪くなった。 大勢の会話の中で特定の相手の会話を聞き分けるのが難しくなった。 以前はガヤガヤの中でも何とか対応できていたのだが、最近は近くに寄って再度聞き直さないと分からない。 一年中ジ〜ジ〜♪と鳴いている耳の中のセミが更に追い打ちをかける。 耳だけかと思ったら最近はオツムの方の劣化も著しい。 文章で理解出来ないものがかなり出てきて、「説明を聞かないと分からない」と言いたいのと [続きを読む]
  • 江津湖の夏
  •  同人誌の編集作業に出かけた折り、駐車場が競合するので近くの江津湖公園の駐車場に駐めて歩く事にした。 江津湖はほぼ阿蘇の伏流水で出来上がっているようなものなので、とにかく付近は湧き水は豊富な土地である。 その地下水を水源にして100万人ほどの都市圏の上水道をまかなっている。 町の名前は昔から水源町といっていた。 大きな水のタンクが幾つか立っているが見えるが、その付近に目的地が有るので、のんびりタンク [続きを読む]
  • 言葉を使うということ
  •  今日は72回目の終戦の日である。 72年前、泣き崩れて地面にひれ伏した人も居たろうし、天を仰いで眺めた空の青さを今更ながら感じた人もいただろう。  知る由もない身としては、自分ならどうしただろうと思いを巡らしたりしてみる。 当時の写真や残された文章から時代の空気を読み解くしかないので、多分同じようなリアクションをとっていただろう。 この頃言葉で伝えることの重要性と難しさを感じることが多くなった。  [続きを読む]
  • はい、うっかりミスですね、わっかりました!!
  •  公共の施設の庭に一本の大きな木が植えてある。 別に珍しくもない種類の木だが、その木だけが周りの木々と違って根元がブロック状のもので囲ってある。  何となく曰わくが有りそうな設えだし、直ぐ傍には標柱らしきものも設置されている。 付近はよく通るのだが、いつもは車で素通りしてしまっていた。 今日は歩きだし、それに暇だしと云うわけで標柱の文字を見に近寄ってみた。 頑丈な鋼製の標柱には、ぐるりと四周を廻っ [続きを読む]
  • 電子辞書
  •  川柳の同人誌の校正を2回ほど手伝った。 誤字や読めない字、意味不明の字などもあろうかと国語辞典と漢和辞典の分厚く重い奴を鞄に押し込んだ。 例外なく皆さん「すごい!」と言いながら、半ば呆れたような顔をしていた。 皆さん全員「電子辞書」を持って来ていることを現物で示してくれた。 そして昨日は、とうとう13日の編集会議にも参加して欲しいと電話があった。 いよいよ「電子辞書」が必要になる雰囲気があたりに [続きを読む]
  • ダニの熱処理作戦を発動!
  •  ダニの好みが変わったのか、食われる側の体質が変わったのか不明だが今年の私はよくダニにやられる。 一方的に相方だけが食われて、私は平気という時代もあったのだが年と共にダニに対する耐性が変化するのかも知れない。 煙とか、匂いとかダニ退治もグッズがいろいろあるようだが、手っ取り早く熱による対処を考えてみた。  今日は朝から既に温度計は30度を超えている。 ダニは50度異常になると死ぬそうなので、黒いビ [続きを読む]
  • 今日は山の日?ビールの日!
  •  新聞に日の丸がなかったら、忘れているところだった。 今日は「山の日」で国民の祝日だ。 ささやかに「国旗」を掲揚する。  地震前までは国旗の置き場所に困って、長男が学生の頃創った陶器の壺に投げ入れられて玄関の靴箱の上に鎮座していた。 組み立て式なので、外したり畳んだり仕舞ったりを一年に十数回するのが煩わしくなった。 玄関脇なら直ぐ取り出せるし、仕舞うのも簡単だという単純な理由である。 訪れた人は玄 [続きを読む]
  • 遠花火
  •  ここ2日ばかり花火を見聞した。 花火を「見聞」としたのは、見た日と聞いた日が別々だったからだ。 もちろん音の方向と見えた方向は違うので別の町での催しだったのだが・・。     何処の町の会場なのか判らないが、音がほとんどきこえない文字通りの「遠花火」である。 町並みの屋根越しに見る花火なので、大きく打ち上げられる花火しか見えない。 閃光だけが見える時は、きっと低い場所で仕掛けられた花火の光なのだ [続きを読む]
  • 何ということでしょう♪
  •  「何と云うことでしょう!」の決めぜりふというか、決めナレーションの番組がある。 古い住宅がリフォームされて、あっと驚く高機能の住まいに早変わりする。 ただアイディアに走っただけの珍奇な改装も時々見かけるが、依頼人はいつも感激で目頭を熱くするというシナリオだ。 昨日河川沿いを歩いていて「なんと云うことでしょう」の風景を見た。  (アフター(現況)) 護岸工事などで立ち入りを制限していたが、工事は終 [続きを読む]
  • 星に願いを短冊に
  •  7月7日はひどい雨で七夕どころではなくて、準備した短冊も仕舞い込んだ。 月遅れの8月7日なら梅雨も上がっているし、星に願いを込められる天候かもしれないと延期を決め込んだ。 台風一過でスカッと晴天とはいかないものの、取り敢えず雨は降りそうにないので取って置いた短冊を鉢植えの竹に飾った。  相方と共にそれぞれ願い事をしたためたが、年と共に願いの規模は段々と小さくなって行くと思いきや、なかなかどうして [続きを読む]
  • 台風一過の猛暑
  •  台風5号の進行方向によっては、甚大な影響を受けるので台風対策はそれなりに気を使った。 特に九州の西を通過するコースは最悪で過去にも被害が大きかった。 段々と鹿児島付近から北東コースをとる公算が強くなったので、我が家へ影響を与える強風は東風と想定し、鉢植えの類は全て家の西側の地上に移動した。 スダレや葦簀、物干しや家の周りの飛散する恐れの有るものは全て撤去したり、場所を移動して重しを乗せたりした。 [続きを読む]
  • 光が見えてきたぞ!ロアッソ熊本
  •  滞在日数のやたらと長い迷走台風5号も、屋久島〜種子島あたりで止まって次なる進路を決めかねている。 台風から吹き込む強烈に暑い風を受けて曇っているのに気温の高い毎日が続く。 そんな中で、ロアッソ熊本VSレノファ山口のJ2第26節がアウエーの山口で行われた。 熊本19位・山口20位という残留へ向けた戦いになった。  (前節名古屋グランパス戦では赤い風船も登場) 4月第6節のアウエー戦で名古屋に完敗している [続きを読む]
  • 何処のお墓か?誰が建てたか?
  •  台風5号が南方海上をウロウロしている。 南西諸島から九州を伺う姿勢だ。 発生からの寿命は現在までのところ1951年以降では8番目に長いという。 台風の影響もあるのだろう、やや風もあるもののとにかく暑い。 36〜37度が連日となれば、夏バテもやむを得ない。 久々に雲の有る内に歩いて見たが、流石に解体工事などは以前に比べて少なくなっている。 広い庭のある大きな家が解体されて、銅像だけがポツリと佇むお [続きを読む]
  • 風景を見て「帰り着いたと思う」とき
  •  先日県外まで出かけた帰りの車中で、隣町を通過中に遠くに見える我が町の里山を見て相方が「こういった風景を見ると帰り着いたと思ってホッとしてしまうね」と言う。  飯田山・船野山など400m前後の里山だが登ったこともあって親しみはある。 相方とは同郷なので見慣れた風景も、故郷の山もほぼ一致する。  鞍岳という千メートルちょっとの山で頂上が馬の鞍のように二つに分かれている。 校歌にもちゃんと歌詞の中に登 [続きを読む]
  • 体温より高い夏が来た!!
  •  梅雨が開けるといきなり入道雲がモクモクで太陽がカンカンでが通例だったが今年は少し変だ。 湿気を帯びた暑さは強烈で、空全体が霞んでいてスカッとした青空は見えない。  入道雲も何となくモクモク度に迫力が無く、白い雲と青空とのコントラストがぼやけている。 それでも局地的には大雨洪水警報が出るほどの雨が降ったりもする。 夏は暑いのが正しいと言えばそうなので、少しでも涼しい写真でも写そうとグランド横の用水 [続きを読む]
  • とても変化に富んだ一日だった
  •  今日は癌の定期検診日だった。 昨年の12月の検査で数値が再発ラインより上昇していたので今年の1月にMRIやCT等の検査を受けた。 結果は特に異常は認められず様子見となって、3月にPSA値を検査したら更に上昇していた。 3ヶ月前の細部の検査結果をふまえ、あと3ヶ月の様子見を担当医に要望した。 その検査が今日だったのだ、ある程度覚悟して検査結果を待ったが、前回の数値より僅かだが下がっていた。 結果が予 [続きを読む]
  • ウクレレに挑戦してみようかな
  •  ちょっと嬉しいものを貰ってしまった。 ウクレレである。 小型で、手軽で、弦の数が少なくて、ギターの陰でちょっぴりマイナーなところが私の感性にピッタリ。    取説にはCDも付いていて、デジタルのチューニング機器も同梱されている。 初心者のためのウクレレ入門書も一緒にプレゼントしてもらって、早くも頭の中は浜辺の椰子の木陰である。 こうした楽器は、欲しいと思ったり弾いてみたいと思ったりしてもなかなか [続きを読む]
  • 百日紅と金柑の花
  •  今日も暑い。 ほぼ曇りの状態なのにムシムシと暑い。 予報は36度だから、曇りの状態でそこまで気温が上昇するというのなら相当に異常だ。 とにかく湿った暑すぎる空気が支配している。 そんな感じだ。 庭の百日紅が最高潮の状態にある。  これからしばらくは暑い日差しの中で次々と咲き続けるのだが、反面咲き終わった花が萎れて残ったり、丸い実がついたりしてややみっともなくなりながら、延々と咲き続ける。 萎れた [続きを読む]
  • 工事の音と静けさと・・・
  •  ギラギラと太陽が照り付け、今日は36度以上になりそうな予報だった。 東西南北どちらにカメラを向けても、必ず工事中の現場が映る我が町の暑い夏の午後である。  (堤防工事) 台風で堤防沿いの桜がなぎ倒されて、撤収もしないままに豪雨に見舞われ、倒れた桜の樹に流れて来たものが巻き付いたりして、知らない人が見たら桜の樹を押し流すほどの洪水になったのかと見誤るかもしれない。 雨は台風とは無関係に、しかも梅雨明 [続きを読む]
  • 開かずの窓が・・・
  •  夏の定番に怪談モノやお化け屋敷がある。 どちらも最近はあまり流行らないような気もするが・・・。 怪奇ドラマなどでは開かずの部屋とかいうジャンルもあったが、いま断捨離風に考えると随分ノンビリした話とも言える。 我が家にも開かずの出窓といべき窓が3箇所あったが、地震による周りの家の建て替えで様変わりしてしまった。  1階東方向には隣の台所・洗面所・風呂場などがあってほぼカーテンは閉め切ったままにして [続きを読む]
  • 台風が持っていった車庫の屋根修理が終わった
  •  前回の台風の直撃で屋根の半分が吹っ飛ぶ被害があったが、今日やっと修理が完成した。 彼方こちらで被害が多発し、やっと今日になって業者が対応可能になったのだ。 朝から来てくれて良かった。 午後からは雨になったのだ。  屋根の色は元の色とは違うが多少厚手の材質と、止め金具をこれまた多少頑丈なものに替えて貰った。 あまり頑丈にすると本体とのバランスを崩し、むしろ飛んで行くべき屋根が踏ん張って本体毎痛める [続きを読む]
  • 1年・変わるもの変わらないもの
  •  朝からセミがガシガシ鳴いて、外にいる相方と網戸越しの会話に苦労する。 直ぐ隣は家の新築中でネットの向こうでは作業をする人達の大声が聞こえてくる。 セミや工事に負けない声で外の人間と会話をするには、こちらも負けない大声が必要。 今の時期には決まってセミの鳴き声について書いた記憶が蘇る。 毎年こうなのに、性懲りもなく。セミの鳴き声が順不同 連日猛暑が続いている。 暦の上では大暑の頃でとにかく正真正銘 [続きを読む]
  • 九州女子サッカーリーグ、熊本ダービー
  •  今日は九州女子サッカーリーグ第10節、熊本ルネサンスVs秀岳館の試合を応援に行った。 ホーム戦は0:0で引き分けた相手だ。 今日はアウエー戦だが、会場は県民総合運動公園の補助競技場で家からは近い。   暑さは覚悟の応援だったが、いやはや13:30キックオフの暑いこと・・・。  円陣を組んで気合いを入れて、今日は勝ち点3を目指す。 前半ふわっとキーパーの頭を越えるロングシュートが決まって1点を先取。 サ [続きを読む]
  • 猛暑と音と
  •  昨日から夏休みに入ったのか家の前の通学路に子供達の元気な声が聞こえなくなった。 ぐずついた天気が続き、時折猛烈な雨が降るという繰り返しだった梅雨が明け、途端に35度以上の猛暑日になって、しかも当分猛暑日や25度以上の熱帯夜が続きそうだというから、いきなりの真夏モードに人間の方は戸惑っている。 去年はとっくに咲いていた百日紅も、いきなりの猛暑にビックリしたのか咲き始めた。  百日草もキバナコスモスの中 [続きを読む]