aka さん プロフィール

  •  
akaさん: ドイツ釣りにんげん Angeln auf japanisch
ハンドル名aka さん
ブログタイトルドイツ釣りにんげん Angeln auf japanisch
ブログURLhttp://angelnaufjapanisch.blogspot.de/
サイト紹介文北ドイツの森の中に在住ー淡水ルアー、猟犬&元野犬の日常、きのこ、ハーブ、野生動物、ドイツの自然を満喫
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2012/03/20 09:10

aka さんのブログ記事

  • 犬に助けられる 
  • 忙しくなって、更新が途絶えていますが、みんな元気です!犬さんには大変迷惑を掛けてしまっている。留守番も多くなったり、預かりに出したり。祝日だった月曜日は一日ゆっくりできたので、たっぷり散歩に出かけようと張り切っていたのに、マイからストップ。もう帰ると。車にも乗りたくないと。それでソファでウトウトしていたら、マイもソファに上がってきて、イビキをかき始めた。そんなに疲れているのか?散歩は少なめになって [続きを読む]
  • 犬をリードに継ぐお触れ、始まる 
  • といっても、もう既に始まって1ヶ月が過ぎようとしています。こちらの州では、4月1日から、野生動物の子育て期間(Brut-, Setz- und Aufzuchtzeit)として、犬はリードに継ぐ条例があります。これがまた長く、7月15日まで続く。飼い主同士の会話では、「ああーまた始まったー。」と、嘆きの声が。確かに普段はとってもフリーなドイツでは、リードをつけて散歩などありえない、という人も多いです。それに、この条例の範囲内は、” [続きを読む]
  • マーキングは止めさせるべき? 
  • 「世界で一番美しいのは、わたし」の続きです。ヒート期間に発生する自意識過剰、他犬に対するアピールに伴って発生するのが、マーキング問題。普段も執拗にマーキングをする犬さんではあるのですが、この期間はそれも倍に。もちろん足挙げタイプです。犬を飼っていない友達には、「この犬、病気?頻尿?」と言われてしまうくらい、ヒート期間は数メートルごとにマーキングしようとするので、散歩もスムーズに進められない。猟犬ア [続きを読む]
  • 交通事故 
  • イースターにこんな話題ですみません。数週間前に友達が車で事故に遭いました。幸い、彼女は一週間ほどの入院で、今は自宅療養です。でも、一緒に乗っていた愛犬は助かることが出来ませんでした。よく知っている犬だったので、ショックです。犬との生活、車は欠かせない移動手段。私もこちらで車を運転するようになって、どこへ行くにも愛犬と共に行動出来ることの楽しみは、なくてはならない日常になっています。彼女の遭った事故 [続きを読む]
  • 飼い主のために、街中を駆け抜けた犬 
  • 4月1日土曜日、エッセン、ドイツ。複数の通報が警察に入る。犬が街中を走り抜けているという。一人の女性は犬に襲われたとも。その女性は車に逃げ込んだが、尚も犬は車を包囲するように吠えつづけたと言う。何かおかしい。回りに居た人によって、なんとか犬を落ち着かすことが出来た。おそらくその中にその犬を知る人が居たようで、駆けつけた警察と一緒に飼い主の元へ犬を連れ戻した。そこで明らかに具合の悪い飼い主が発見され、 [続きを読む]
  • 田舎の訳あり物件ー安い理由は… 
  • 春ですね〜私たち、あんまり真剣に家探しをしている訳ではないのですが、友達夫婦がとても親身になって、探してくれています(笑)。そしてなぜか物件は全て彼らのご近所。仲間を作る作戦ですかね。さて、タイトル通り、中には驚くような低価格の物件なんかもあり、土地付きなのに明日にでも一括で買えてしまいそうな値段でびっくりしてしまうことも。どういうこと?って、やっぱり猜疑心でいっぱいになる。理由1。店舗付き二世帯 [続きを読む]
  • 世界で一番美しいのは、わたし 
  • 先週末サマータイムになったこちら、北ドイツの森もようやく春の兆し。朝の日差しの中の散歩は、一年で一番気持ちの良い季節です。さて、タイトルの”世界で一番美しいのは、わたし”期間、つまりヒート期間がやっと終わりました。犬によってもそれぞれだと思うのですが、猟犬アカ姉さんは、一般的な傾向で、「ほっら〜あたし良い香りでしょ〜」とお尻をフリフリ、オス犬の前を行ったり来たりのアピール期間。マイの場合は、真剣に [続きを読む]
  • 毒エサ 
  • ウガンダからインターンで来ているN君。やっと凍えそうな冬が去って(ジャケットというものを持っていなかったので、急遽買い物に連れて行ったという過程もあって、、)春らしくなってきたのに、なんとなく元気がない。理由を他の同僚から教えてもらった。先週実家に強盗が入ったのだという。そして、強盗の入る前日、飼っていた犬が毒殺されたのだそう。その同僚もその場にいた人も、「信じられない。そんなことが起きるなんて想 [続きを読む]
  • ドイツで人気の日本のエコ商品 
  • 去年の暮れに、新しいソファを買いました。カードで支払い、領収書は後日仕事先に届いたのですが、誰が何を思ったのか、勝手に開けて、するするっと経理に渡り、流れ作業で振り込みをしてしまったという。それが最近になって、ソファを購入した会社から二重の支払いがあったと連絡がありました。向こうも言いにくそうに「どうしますか〜?」と、小声になったのにも気づかず、「あ、それは手違いですね。経理にも説明しておきます。 [続きを読む]
  • 春の窓掃除と、吠えてもいい関係 
  • すこーしづつ、春の気配が感じられるようになってきた北ドイツ。松林は冬でも緑ですが、日差しが強くなったせいか、生き生きしてきました。さて、ドイツの春の恒例行事って知っていますか?タイトル通り、窓掃除です。春だから、気持ちよくなるというのもありますが、日差しが徐々に強くなる+まだまだ日の傾きがある、ということで、ちょうど窓の汚れが一番よく見える季節なんです。 斜めからキラキラした日差しが容赦なく窓の汚 [続きを読む]
  • ハーネスは体に悪い? 
  • 犬の遊び場に通うのは、もちろん犬さまの為でありますが、飼い主同士の交流の場としても楽しいことが多いです。普段の生活では絶対に知り合いにならないような人と交流がありますから。それに苦手意識がなくなるというか、、犬の飼い主だと分かると、境界線なく話がし易くなる魔法がかけられるんですよね。たまに来るおじさんは、もの凄く高そうな車に乗っていて、冬なのに小麦色の肌。ドッグランにいる間は、始終携帯でお金の話を [続きを読む]
  • ひな祭り in ハンブルグ 
  • 週末にハンブルグの民族博物館(Museum für Völkerkunde) で開催されたその名も”Hina Matsuri"に、子供たちについて行ってきました。写真は入り口のホールに設置されたひな壇。何十年ぶりに見ます(笑)。古いものなのか、私の持っていたのとまったく同じで、懐かしい〜なんて感慨深く見ていたら、ドイツの子供たち、「高そう。」「こんな大きいのどこに飾るの?」現実的です。まあねー、うちも結局いらなくなって寄付したから [続きを読む]
  • ドイツの軍用犬とハンドラー  
  • 前回の記事に出てきた元軍人Mさんを通して、今までまったく関わりのなかった世界をちょっと覗くことが出来ました。実際に元ミリタリーワーキングドッグとも知り合いになれたんですよ!少し前までのワーキングドッグは、人間の為に”働かされている”というイメージがあったような気がします。それは、飼育下の状況で、トレーニング以外は犬だけのゲレンデで暮らし、檻の中で寝るといった犬の生活環境に疑問を持つ声が多かったので [続きを読む]
  • 強いオトコが好き!? 
  • 人に飼われていなかった保護犬は、多くの場合、男性が苦手という性質があるようです。うちの元野犬も、女性は100%大丈夫だけれど、男性で苦手な人がいます。かと言って、男性嫌いではなく、非常に好き、もしくは女性よりも好きだということが分かってきました。お馴染みのズッコケを披露。女性の場合、撫でてもらったり、「かわいいねーおいでー」なんて言ってもらったりすると、耳ペタで「ども!」と軽く挨拶するのですが、そ [続きを読む]
  • ラブラドールの神話 
  • 1年ほど前から犬を探している友達。ここでも彼の記録を書いてきたので、覚えている方もいらっしゃるかと。その彼、ここにきてやっぱり子犬から育ててみたいということになり、色々彼なりに調べた結果、ラブラドールに落ち着きそうです。初めは、もっとスポーツ系の活発な犬ということだったのですが、犬探しが難航し、ちょっと自信も低下ぎみでの決断のようです。(その間に熱帯魚に走ったり、観葉植物に凝ってみたり、色々あった [続きを読む]
  • ドイツの田舎で物件探し 
  • 去年の夏に夢のような物件が見つかって(その時の記事)、引越し直前でお断りして以来、趣味のように物件探しを続けています。田舎なので、一軒家となると売却物件ばかりなのですが、ここのところの利子を考えると、家賃を払うよりも購入を勧められます。それに加えて、エネルギー効率を良くするリノベーション資金の援助が国の法案で決まったり。家を買うなら、今でしょ、というドイツの不動産事情です。さて、風来坊な私たち、特 [続きを読む]
  • シバだー!柴犬がいた! 
  • ドイツにも結構いるみたいなんですけどね、実際に散歩で合うとか、知り合いに飼っている人がいたことは今までありませんでした。そういうのは、都会のオシャレな層に多いのかな、と思っていました。それに、会ったことのある柴犬は、「なんかなー、、、おおきい?」みたいな、消化不良な気持ちになる柴犬でして、、。 ところが、お手伝いに行っている植物園に来たワンちゃん。黒柴だぁ〜!思わず話しかけてしまいます。 そして、生 [続きを読む]
  • ムリをして猟犬は飼わないほうがいいかも 
  • 変なタイトルですが、ここ最近立て続けに二件、こんなことがありまして。一件目は、直接の知り合いではないのですが、それはそれは素晴らしい猟犬の子犬を飼い始めた方がいて、たまに散歩に連れているのは見かけていました。ところが最近見ないなぁと思っていると、その人のお友達から、「諦めたみたい。」と。ブリーダーの元へ返されたそうです。 手こずっているとは聞いていたのですが、そこまで深刻だとは思いませんでした。ア [続きを読む]
  • 二日でやめた(飽きた)趣味 
  • 北ドイツの冬、雪が積もるわけでもないので、ウィンタースポーツを楽しむこともできません。長いですからねー。冬用の趣味なるものが必要なんです。そのせいか、オランダやドイツは、熱帯魚飼育が盛んだったりして、うちにも何個も水槽はありますが、やっぱり外へ出掛けたい。ぐーぐるぐーぐると探していて、これだ!と思い立ったのが、 石探し!なんでも、北ドイツは、氷河期の影響でなんとかとかなんとかと言う(さーっとネット [続きを読む]
  • 遊ぶのが下手な犬? 
  • 犬のプレイグループでは、色々な犬&飼い主と知り合いになれることも楽しみの一つです。特に、個性的な犬が集まっているこちらでは、色々な経験(もちろん「うっそーー」という良い経験だけじゃなく。。)をさせてもらっています。その中で、気になる犬さんを今日は紹介。マイも、「うーん、ちょっと、またね!」と、ドロン。ハスキーMixのメス。こんなところに来ているのだから、飼い主さんはもちろん、他の犬との交流を求めてい [続きを読む]
  • うわさの村のディスコへ! 
  • 小さな村も華やかな12月が終わると、なんだか暗くて寒いだけの季節が到来。春まで、、、、、、、、、長そう。さて、時は遡り、大晦日、ニューイヤーカウントダウンに誘われ、行ってきたのは、25年以上も前からある噂のディスコ。クラブではなく、ディスコ。犬を飼っているのに、大晦日(花火大会)に家を空けるなんてダメな飼い主ですが、うちのお嬢さんは爆発音には一切反応しない犬でして。それでも一応、家中の電気を付けっぱな [続きを読む]
  • なぜ犬は逃げるの? ー犬&旦那用GPS 
  • マイが逃亡した話は色んなところで盛り上がり(他にもっと重要な話題はないのか?と思われるかもしれませんが、ドイツでは犬の話題は職場でも定番です(笑)こんな面白い話を聞きました。犬が人間から離れてしまうという行為は、そんなに単純なものではないそうです。例えば、よくあるのが、「獲物を追ってなかなか帰ってこない」という状況。もちろん飼い主は、獲物を追って行く犬を見たわけですから、うちの犬は獲物を追って行っ [続きを読む]
  • 積雪 + 月夜 = 脱走 
  • ここ一週間、冬らしい気温に下がった北ドイツ。降ったり止んだりの雪も、辛うじて残っています。正確にはアイスになっていますが。そんな外に出て耳がキンと痛くなる日は、この犬さんが喜びます。こんな広範囲にごろんごろんする犬は始めて見ました。しかも長い。。彼女にとっては最高の気候なんでしょう。 それに、狩り意欲も刺激されまくるようで、散歩が念入りな匂い取りに変わってしまいます。全ての匂いが凍りついて地面に封 [続きを読む]
  • ドイツの犬ビデオーどんな会話をしているの? 
  • 犬が遊んでいると、楽しそうで飼い主まで嬉しくなるものですが、ホントの所、どんな会話をしているの?というのを丁寧に説明してくれるビデオを紹介します。数年前にこちらでも紹介した犬のポジションに関する本(その時の記事:犬をより理解するための教本)を基本に、犬との会話を試みている女性がいると書きましたが、それから数年が経ち、独自で研究する中で疑問が生じ、自分のホームページで今までの考えを改めるという発表を [続きを読む]
  • 大好きな友達 
  • この犬は犬が苦手なのでは?と当初は思っていた私たち。徐々に他犬との触れ合いを増やしていくうちに、逆に犬が大大好きなのでは!と思うようになりました。でも、「全ての犬が好き」というのではなく、「ある特定の犬が大好きでたまらない」という、偏った愛、執着した愛とでも言いましょうか、独特の愛情表現を示すのです。毎週通っているプレイグループと預かりペンションで、固い友情を結んだこの犬さんは、前にも書きましたが [続きを読む]