Ushisann さん プロフィール

  •  
Ushisannさん: のーてんき夫婦のログハウス狂想曲
ハンドル名Ushisann さん
ブログタイトルのーてんき夫婦のログハウス狂想曲
ブログURLhttp://log2771.blog6.fc2.com/
サイト紹介文田舎暮らしをしようと花泉の原野を買い、整地からログハウスのセルフビルドに向けた廃屋での生活日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/03/20 15:49

Ushisann さんのブログ記事

  • 夏祭り
  • 今年は8月に入ってからも夏らしい日が続かないそれでも夏といえば夏祭り一関市内の町や地区でも大小様々な夏祭りが開催される早いところは7月の下旬から祭りが始まり先週は花泉のお祭り「日本一の餅祭り」が開催された今年の開会式では餅まきの餅を4個もゲットした当日はこの夏にしては珍しく結構暑かったが餅つきパフォーマンスが始まると続々と見物人が集まりお目当てのお餅のブースに並ぶ今年の奥ちゃまの一押しは「担々餅」 [続きを読む]
  • 冷夏
  • 7月の中旬過ぎまで暑い日が続いたのだがここのところ日中の気温が30℃いかないというかせいぜい25℃くらいの日が続く梅雨は空けたはずなのに雨も多いおかげで日中はそんなに暑くなく汗まみれになることもなく作業ができるそんなわけで風呂小屋作りも細かい作業が進んでいる脱衣所と浴室の間の扉の枠を入れてみた枠に添わせるように柱などを入れるまた浴室のはめ殺し窓の枠も出来たあとは押縁を固定すればガラスを注文できる釜を置 [続きを読む]
  • 上海雑技団?
  • 渡り廊下の三段目の階段が出来上がったこれで作業中、母屋との行き来が楽になったところで木材を加工していると様々なことがある反っていたりねじれていたり節のところがえぐれていたりと様々真っ直ぐで問題ない木材のほうが圧倒的に少ない今回見つけたのは節のところが抜けてしまう木材一見なんとも無いようだったが持ち上げて加工していると節がポロッと取れてしまい穴が空いてしまった慌てて接着剤を付けて押しこむこういった面 [続きを読む]
  • 進みは遅いが
  • 風呂小屋作りは少しずつだが進んでいる屋根裏の断熱材が全て入った天井と屋根の間の狭いスペースで天井裏に這いつくばっての作業で大変だったがこれで天井板も張れるようになった断熱材は奥ちゃまの仕事だがオトーちゃんは渡り廊下の階段づくり床板三枚を繋いで二段だけできた三段目は床板六枚をつなぐ階段を作りながら外壁張りもする東側の外壁を張りだしたのだがそこで問題が東側は大きなはめ殺しの窓を作るのだがその窓の横梁の [続きを読む]
  • ちょっとは先が
  • 日中はものすごく暑いのだが朝晩は気温がぐっと下がり過ごしやすい風呂小屋作りは渡り廊下の柱が組まれた風呂小屋は母屋より低い位置にあるので渡り廊下は三段の階段になる一段目と二段目は踏み面が24cmだが渡り廊下の距離の関係で三段目は踏み面が40cmほどになってしまった四段にすると段差が15cmなくかえって降りづらいし各段の踏み面を30cmほどにするのも歩きづらいという訳でちょっと変則的だがこれで我慢することにした実はこ [続きを読む]
  • 薪の風呂釜
  • 少しづつしか進まない風呂小屋作りバスタブをセットする準備に入るバスタブは深さが二段階あり浅い方は深い部分より広さがあるまずはバスタブの外側の深い方のみに断熱材を巻くバスタブの壁面はアールがとってありそれに合わせてスタイロホームを巻くのだが硬いスタイロホームをアールに沿わせるのはむずかしい何とか巻いて貼り付けるのに結構時間がかかったここまで出来たところでバスタブを置く場所にセットしてこんどは浅い部分 [続きを読む]
  • 作ってみたが
  • 乾かしておいた山椒は種がはじけてきたのでいよいよ粉山椒を作ってみるただ湿度の高い日が続いたためか乾燥状態が良いとは思えなかったはじけてきた種を摂るのだが実が小さいので結構取るのが面倒だ実の中の半分以上が種のようで種を取ると果肉状のものはほんの少ししかないように見える電動ミルサーがあれば早いのだが家にはないそこで登場手動式ペッパーミル大きめの皿にうらごしをのせるその上に粉が落ちるよう観るを動かすと粉 [続きを読む]
  • 陶器市
  • 新聞に大陶器市のチラシが入っていた怠けぐせというか休みぐせというか遊びたくなったので行ってみることにした場所は北上市の展勝地展勝地は県有数の桜の名所でまだ行ったことはないのだが車で一時間強と近い高速には乗らずナビに従って裏道を走る1時間15分ほどで展勝地に到着かなり広い会場にテントが並び陶器だけではなく漆器や和家具、金物に袋物旨いものを売る店など50店舗ほど出てるだろうか早速店を見て回る21cmサイズのお [続きを読む]
  • 山家荘あれこれ
  • 6月も半ばを過ぎやっと梅雨入り暑い日が続くようになってきた確かこの前草刈りをしたばかりなのにまた雑草がぼうぼうと伸びているこれからは草刈りに明け暮れることになる草刈りをしながらあちこち眺めると何やら赤い実が成っているグミだ今までグミの木があるなんて気が付かなかったまだそんなに大きな木ではないが実が20粒ほど成っている他にもなにかあるのではと見まわると2年ほど前に植えたプラムの木にたった1粒実が成って [続きを読む]
  • 骨休め
  • 6月は奥ちゃまの誕生月**歳を祝って(高齢になると祝うのもねぇ)温泉へ行ったことがない蔵王へと出発蔵王ではお釜を観る予定だここのところ車の運転にも慣れ一人で街まで車で行くこともできるようになった奥ちゃまがまずは高速近くまで運転することになったお天気は曇り天気予報では雨が降るとは言っていなかった車は順調に走り初めて通る道も何のその高速道路はまだ自信がないのでオトーちゃんに交代する高速に乗ると雨が降りだ [続きを読む]
  • 天気に依って作業は変わる
  • 東北はまだ梅雨入りではないが雨の日も多い雨の日のひと仕事和室の入り口には障子を入れようと思っているのだがログを支える通しビスが開口部の真ん中に飛び出ているセトリングでビスは緩むので締める必要がありちょうど和室の入り口にもそのビスがあるというわけだ障子を入れるための枠を作るのだがビスが飛び出ているのはちょっと目障りだ外す訳にはいかないのでナットのすぐ下でビスを切り飛び出ているナットの部分をカバーでき [続きを読む]
  • あっという間
  • なんだか毎日のように忙しいが気がついてみると外壁の色がかなり落ちているそういえばここを塗装したのは3年半前だ忙しいのに今年は外壁の塗装もしなければならないようだ足場を掛けないと上の方は塗装が出来ないが今は風呂小屋づくりで足場は邪魔になるとりあえずはげちょろけになった西側と南側の足場を掛けずに塗れる所を塗ることにする最初に塗装をした時は塗りムラが気になりかなり慎重に二度塗りをしたが今回塗ってみると壁 [続きを読む]
  • かれこれ1年
  • 妹夫婦が山家荘に来てくれた数年ぶりで、前回来たのはまだ家が建つ前だったのであまりの変貌ぶりにあちこち写真を撮っていた泊まるのは風呂場が完成してからと(申し訳ない)ホテルを取ったそうだということで風呂小屋作りを急がねばと作業をする間仕切りの壁は張れるようになったし外壁も張り始めた外壁はログ材と一緒に来たログパネルの余り物余り物なので量は限られている図面を書いて無駄が出ないようにカットする長さを決める [続きを読む]
  • 花盛り
  • 移住仲間のSIさんから桜草が咲いたと連絡を頂いた3日間降り続いた雨が上がったのでSIさんの山荘へ広大な敷地なのにきれいに整備されている山荘の斜面には色々な色の桜草にツツジやマツバギク、ナルコランにマーガレット他にもオダマキやテッセンなどなど百花繚乱ここ数日は知り合いの人たちが桜草を見に訪れるそうだまた東屋が昨年とは別の場所に移っていたり新しい休憩用デッキができていたりなんと囲炉裏を切った東屋まで出 [続きを読む]
  • 強行軍
  • 実は奥ちゃまは歌舞伎が好きであるもう40年近く観ているので年季も入っている先日東京に行く用があったのでそれに合わせて大阪まで歌舞伎を見に行こうと計画をたてた追っかけはやりたくないと思っていて地方公演にはたまーにしか行かないのだが今回久々に行く気になったのだったそしてその計画がちょっとハードなのだ東京に行くにしても新幹線は高いのでもっぱら夜行バス乗り物の揺れですぐに眠たくなってしまう奥ちゃまには時間の [続きを読む]
  • 黄金週間
  • 昨年秋に引き続き友人の娘さんのTさん一家が来てくれた次回までにお風呂は完成させるなどと言っていたのに未だ完成ならずそれでも遠いところよく来ていただけたちょうどワラビも出始めたし蕗も伸びているそれに今年もタラノメが次々食べごろになっているさっそくタラノメを採っての天ぷらは「美味しい美味しい」と大好評都会で売られているタラノメしか知らないので山家荘のように巨木なタラノキにあっちの枝、こっちの枝とボコボ [続きを読む]
  • 収納づくり
  • この家には収納場所があまり無いというか作っていないそこで洗面所の天井裏を収納場所に出来ないかと考えた洗面所には奥行き約50cmで幅が1間半ほどの空きスペースが有りそこには戸棚を作る予定ではあったただそれだけでは収納に十分とは思えなかったその空いているスペースの天井をくり抜き天井裏に上がることができれば三畳ほどの収納スペースが確保できるただ天井高が一番高いところで140cm足らず低いところは30cm程で屋根の傾斜 [続きを読む]
  • 春はのどかに
  • 山家荘の枝垂れ桜もソメイヨシノも満開春だ−!!なんだか浮き浮きしますねとSさんと共にお花見に行くことになった市内には釣山公園というお花見に適したところがあるそうだが混みそうなところは外し車で20分ほどの公園に行く北上川沿いのとても広い公園で桜も色々な種類があり他にも梅や藤棚と整備が行き届いて綺麗なところだった適度な感覚でベンチやテーブル東屋もあるちょうどお昼時Sさんに作っていただいたお弁当を頂いた( [続きを読む]
  • 春が来た
  • 日差しが暖かくなってきた桜の便りも聞かれるようになり山家荘の桜もほころび始めた一昨年植えたソメイヨシノ3本とも数輪の花がつき紅枝垂れは10ヶ所ほど花が付いている今まで花をつけたことがない椿も綺麗な花を開かせていたが外からは見えないように後側に花をつけていた(何故だ?)他にも水仙やムスカリが花開き春を実感するそれでも朝晩は冷えるのでまだまだストーブの出番は続く北上川の河川敷から頂いた薪用の桑も太いも [続きを読む]
  • 練習あるのみ
  • 実は田舎暮らしをするにあたって懸念があったそれは生活に車が必須だということなぜって奥ちゃまは40数年前に免許を取って以来ずーっと車なんぞ運転したことがないゴールドカード保持者なのだ!おまけにオトーちゃんが選んだ車はサンバーマニュアル車だし軽なのにでかい数年前思い立ってサンバーで運転の練習を始めたがなんかしっくりこないって言うか無理っぽいそこで2年前に奥ちゃま専用に使う軽パジェロ君を買ったのだ中古で [続きを読む]
  • 春は浮かれて
  • そろそろ山も春の気配うぐいすもだんだん歌がうまくなっている家々の庭先には水仙が芽を出し日当たりの良いところではもう花が開いているまだ風呂小屋作りも中途なのだがなんとなく家の周りに花を植えたくなった奥ちゃま借りている小屋の水仙をいただこうとSさんにお願いしたところ好きなだけどうぞとOKがいただけた借りている小屋の周りには水仙があちこちに群生しているなるべく蕾が出ていないものをふた塊いただきさっそく家 [続きを読む]
  • 同じことばかりやってると
  • 実は和室の入り口と寝室の入口の扉がまだできていない風呂小屋プロジェクトの途中なのだがオトーちゃんが突然和室の扉を作りたくなったようなのだその和室の扉は障子にしようと思っていただがひとつだけ扉を入れるのに邪魔なものがあるそれはログを結合させるための通しボルトセトリングで家が下がった時締めるためのボルトなのだそれが和室の入り口部分中央に頭を出しているのだいくら何でもみっともないので出ている頭部分を短く [続きを読む]
  • 7年半、よく働きました
  • お彼岸も過ぎたのにまだ雪がうっすら積もる日がある日差しは結構暖かいが冷たい北風が吹くそんな中でも健気にネコヤナギの花が咲いている風呂小屋は浴室と脱衣所の天井根太が張り終わった根太が入ったので点検口の扉を作る有り物の角材で枠を作りMDFの余りを張るできるだけ材料のムダが出ないことと余り物ももれなく使わないとならない脱衣所と火屋の間には扉がつくのだがその扉のためにVレールを入れるので床に溝を掘っている [続きを読む]
  • 進んではいるけれど
  • まだまだ朝は氷点下、北風が強く吹く日も多い寒い中、少しづつだが風呂小屋作成プロジェクトが進んでいる壁の断熱材がほぼ入れ終わり浴室と風呂釜を置く火屋との間の壁は石膏ボードで壁を張り脱衣所の壁はMDFで張り始めた脱衣所の壁には電気のスイッチやコンセント配電盤も取り付けが終わった次は脱衣所と火屋の間に扉をつける作業扉はログ材と一緒に来た扉で使わなくなったものを流用する扉を取り付けるには袖壁を作り扉の枠を [続きを読む]
  • 6年
  • あっという間に3月に入ったそしてあの大震災から6年になろうとしている復興関連のニュースも目立ってきた南三陸町で仮設だった商店街が造成が終わった高台に完成し3月3日から営業を始めたというニュースがTVで何度も紹介され3月5日にはそのさんさん商店街オープン記念として牡蠣わかめ復興祭りが開催された引っ越してきてから1年が過ぎたにもかかわらずどこにも出かけずひたすら作業の毎日たまにはと思いたち南三陸町にでかけた市 [続きを読む]