Ushisann さん プロフィール

  •  
Ushisannさん: のーてんき夫婦のログハウス狂想曲
ハンドル名Ushisann さん
ブログタイトルのーてんき夫婦のログハウス狂想曲
ブログURLhttp://log2771.blog6.fc2.com/
サイト紹介文田舎暮らしをしようと花泉の原野を買い、整地からログハウスのセルフビルドに向けた廃屋での生活日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2012/03/20 15:49

Ushisann さんのブログ記事

  • 練習あるのみ
  • 実は田舎暮らしをするにあたって懸念があったそれは生活に車が必須だということなぜって奥ちゃまは40数年前に免許を取って以来ずーっと車なんぞ運転したことがないゴールドカード保持者なのだ!おまけにオトーちゃんが選んだ車はサンバーマニュアル車だし軽なのにでかい数年前思い立ってサンバーで運転の練習を始めたがなんかしっくりこないって言うか無理っぽいそこで2年前に奥ちゃま専用に使う軽パジェロ君を買ったのだ中古で [続きを読む]
  • 春は浮かれて
  • そろそろ山も春の気配うぐいすもだんだん歌がうまくなっている家々の庭先には水仙が芽を出し日当たりの良いところではもう花が開いているまだ風呂小屋作りも中途なのだがなんとなく家の周りに花を植えたくなった奥ちゃま借りている小屋の水仙をいただこうとSさんにお願いしたところ好きなだけどうぞとOKがいただけた借りている小屋の周りには水仙があちこちに群生しているなるべく蕾が出ていないものをふた塊いただきさっそく家 [続きを読む]
  • 同じことばかりやってると
  • 実は和室の入り口と寝室の入口の扉がまだできていない風呂小屋プロジェクトの途中なのだがオトーちゃんが突然和室の扉を作りたくなったようなのだその和室の扉は障子にしようと思っていただがひとつだけ扉を入れるのに邪魔なものがあるそれはログを結合させるための通しボルトセトリングで家が下がった時締めるためのボルトなのだそれが和室の入り口部分中央に頭を出しているのだいくら何でもみっともないので出ている頭部分を短く [続きを読む]
  • 7年半、よく働きました
  • お彼岸も過ぎたのにまだ雪がうっすら積もる日がある日差しは結構暖かいが冷たい北風が吹くそんな中でも健気にネコヤナギの花が咲いている風呂小屋は浴室と脱衣所の天井根太が張り終わった根太が入ったので点検口の扉を作る有り物の角材で枠を作りMDFの余りを張るできるだけ材料のムダが出ないことと余り物ももれなく使わないとならない脱衣所と火屋の間には扉がつくのだがその扉のためにVレールを入れるので床に溝を掘っている [続きを読む]
  • 進んではいるけれど
  • まだまだ朝は氷点下、北風が強く吹く日も多い寒い中、少しづつだが風呂小屋作成プロジェクトが進んでいる壁の断熱材がほぼ入れ終わり浴室と風呂釜を置く火屋との間の壁は石膏ボードで壁を張り脱衣所の壁はMDFで張り始めた脱衣所の壁には電気のスイッチやコンセント配電盤も取り付けが終わった次は脱衣所と火屋の間に扉をつける作業扉はログ材と一緒に来た扉で使わなくなったものを流用する扉を取り付けるには袖壁を作り扉の枠を [続きを読む]
  • 6年
  • あっという間に3月に入ったそしてあの大震災から6年になろうとしている復興関連のニュースも目立ってきた南三陸町で仮設だった商店街が造成が終わった高台に完成し3月3日から営業を始めたというニュースがTVで何度も紹介され3月5日にはそのさんさん商店街オープン記念として牡蠣わかめ復興祭りが開催された引っ越してきてから1年が過ぎたにもかかわらずどこにも出かけずひたすら作業の毎日たまにはと思いたち南三陸町にでかけた市 [続きを読む]
  • あれこれ
  • まだまだ最低気温が氷点下の日もあるが日差しは暖かさを増している近所からは畑や田んぼの準備らしき音も聞こえるもう春はそこまで着実に近づいているお正月に餅花用にと頂いたミズキ枝の色が赤くてきれいだったので根っこが出るかと思いペットボトルを花瓶代わりに差していたところ根っこは出ないのに芽から葉が開いてきたこのままの状態で置いたら根っこは出るのかまだまだ緑が少ないいまの時期きれいな緑色がこれまた春を感じさ [続きを読む]
  • 春の気配
  • いつの間にやら引っ越してから一年が経ったあっという間の一年間で月日の経つのは本当に早い最も歳を取るとともに時間の経過が早く感じられるようになるとも聞くがお陰様で快適に毎日を過ごしている立春を過ぎたとはいえ雪が降る日もままある最高気温が2度とか3度の日も多いのだがよくよく辺りを見回せば春の気配植えっぱなしにしてあった水仙の芽が顔を出しているSさんの庭では福寿草が花開き木蓮の芽も大きく膨らんでいるまた [続きを読む]
  • 寒さに負けず
  • 夜中に雪が降る日が続いた午前中には解けてしまう日がほとんどだがある朝起きてみると10cmほどの積雪があった日が昇るとともに枝などに積もった雪が解けはじめつらら状になったところに朝日があたりキラキラとオレンジ色に光るきゃー見て見て!と騒いでしまうほど豪雪地帯ではないこのあたりは雪景色が結構嬉しかったりするのだ2月になってもう10日以上過ぎたそろそろ風呂小屋づくりのエンジンを掛けねば床や壁のウレタンの断熱材 [続きを読む]
  • 冬景色 4
  • この頃は雪が降る日も多く寒い去年引っ越してきてのは2月の18日引っ越し以降そんなに寒い日はなかったのだがやはり寒が空けるまでの今の時期は寒さが厳しいらしい先日沢山の薪をもらい来年分が確保できた細めの薪は長さを切るだけで良いが太いものは長さだけでなく薪割りもしなければならない電動式や油圧式の薪割り機は結構値段がするそこで何かで見つけた簡易式の薪割り道具を買ったこれはオーストリアだかの女の子が母親が薪割 [続きを読む]
  • 冬景色 3
  • 晴れて青空なのにものすごい勢いで雪が降っている地面にはくっきりと樹の影が映るのにどこに雪雲があるのだろうかこんな摩訶不思議な天気もある東北の冬その冬の生活で一番重要なのは薪薪ストーブだけで家中を暖めているのとお風呂を沸かすのも薪なので薪の確保は不可欠なのだこの地を開拓した時から不必要な木や立ち枯れていた木などを寄せて立てかけ取ってあったのだがそれらを順次40cmの長さに切って使っている薪小屋にもまだし [続きを読む]
  • 冬景色 2
  • 最強の寒波が日本を襲った山家荘も雪が積り真っ白になる我が家の小さな溜池は完全に凍ってしまったそれでもここは岩手の湘南日が差せば暖かく日向の雪はすぐに解けてしまうのだが今回のこの寒波はなかなか手強い5cm程積もった雪がなかなか消えない最高気温が2度とか3度とかの日が続き解けたところは地面がグチャグチャでそのグチャグチャが夜中に凍り凍った上にまた雪が降り積もるこうやって豪雪地帯では根雪になるのかな軒や車 [続きを読む]
  • 冬景色 1
  • 寒い日が続くそれでもガラス越しの日差しは暖かくストーブも昼間はほとんど薪を入れなくて済むほどそんな中いろいろな鳥達が姿を見せる落ち葉の中をくちばしで突っつき餌を探す鳥の名前がほとんどわからないので写真を撮り名前を調べようとしているのだが餌をついばむ鳥達は動きが早い近寄るとすぐに飛んでいってしまうため南側の窓越しに写真を撮るしかないのだそれでも気配を感じるのかなかなか近くまでこないカメラを構えてと言 [続きを読む]
  • 初めてのお正月
  • ブログをサボっているうちに年が明けてしまったここで過ごす初めてのお正月元旦の朝自分の家から見る初日清々しく静かな夜明け遠くに見える山が少しづつ明るくなりオレンジ色の日が昇ったそういえば生まれてこの方、初日の出なんて見たことがなかったそれも自分の家の窓から見る初日とはここに窓を切って本当に大正解だ作った時の苦労なんかすっかり吹っ飛んでしまった早いもので昨年引っ越しをしてから10ヶ月弱2月の一番寒そうな [続きを読む]
  • やっと窓が
  • 雪がうっすら積もるなど寒い日が続く家の中は薪ストーブで快適だがそれでも室温が20℃に上がるのに時間がかかる北風がものすごく強い日もあり冬を実感する風呂小屋の窓を取り付けた北側の明かり取りは先日仮のもので塞いだが東側に作る予定のはめ殺し窓はガラスの注文など時間がかかるのでとりあえずここも仮のもので塞いだ西側は換気のための小さな窓これは樹脂サッシの市販のものそして南側はどうしても入れたかったドレーキップ [続きを読む]
  • 朝起きたら雪が積もっていた3cm程だったがあたりは真っ白そこに朝日が上り眩しいほどだったその日は快晴だったので雪は午前中に解けてしまったこのあたりは雪が少なく降ってもすぐ消えると聞いていたがその通りだった雪が解けた後は地面がぐちゃぐちゃで滑る昨年もこの時期ここにいたが雪は降らなかったよねなんぞと言っていたがその3日後、朝起きたらまた雪が積もっている今度は10cm近く積もったようだそれでも8時頃から明るく [続きを読む]
  • 何でも大量
  • 12月とは思えない暖かい日が続くかと思えば晴れているのに雪がちらついたり冷たい北風で震えるように寒い日があったり日替わりお天気が続く年内完成を目指す風呂小屋は怪しい雲行きになりつつある今年も後残すところ20日余になってしまったではないか年内は無理でもなるべく早い完成を目指して作業は進む間柱もほとんど入ったので次は床根太を切り出して加工する片側は金具で固定し反対側は欠き込みをして土台に載せる根太が入れば [続きを読む]
  • 寒い!忙しい!
  • 最低気温が氷点下になる日も出てきて毎日寒い朝起きると雑草などが夜露で凍ったのかそれとも霜が降りたのか地面が真っ白になる日が当たるとそれが溶け始め日陰とのコントラストがすごい風のないお天気の日は寒くても作業をしやすいが一度風が吹くと体感温度が一気に下がる着ているもので寒さはほとんど防げるが指先とつま先が冷え特に指先はかじかんで作業どころではないちょっと作業しては指や手をこすったりホカロンに指をくっつ [続きを読む]
  • とりあえず屋根は
  • 朝に靄がかかる日はお天気で日が昇るに連れて靄も消えガラス越しの日が温かいなんてお天気に騙されて外に出ようものなら滅茶寒かったりする晩秋というより冬風呂小屋は年内に完成とは言えなくても入れるようにはしたい後からで済むものや当面なくて困らないものは後回しにしてとりあえず年内に入れることが前提なので手作り予定の北側の明かり取り窓はとりあえずダンボールのような形状のプラスチックの半透明の板を張ることで凌ぐ [続きを読む]
  • 初雪だー
  • 野地板が上がった屋根は防水塗料を塗る奥ちゃまは間柱を入れる作業柱と柱の間に大体45cmほどの間隔で間柱を入れる換気口をつけるところはそのサイズを考慮して入れなければならない間柱は土台には金具で止め上部は妻梁などに脳天打ちする微妙に間柱の長さが違うので1本ずつ現場合わせをしながら切るまた棟木や垂木と同様間柱にする木もたわみや反りがあるので調整しながらの間柱入れが続く北側と東側一部に間柱が入ったので外扉の [続きを読む]
  • 垂木が載って
  • 奥ちゃまが垂木を固定するのに必要な金具をすべて固定している間にオトーちゃんは垂木の切り出しをする屋根は切り妻で傾斜角はログハウスと同じにするその傾斜角に合わせて垂木を切らなければならない垂木は幅が12cm程あるのでスライド丸ノコを使うスライド丸ノコは歯を倒したり台座を動かしたりできるので角度を決めて固定すれば難なく傾斜角に合わせた材料を切り出せるのだ棟木近くの足場に乗ったオトーちゃんと軒桁近くの低い足 [続きを読む]
  • 足場の上は怖いよ
  • 風呂小屋作りプロジェクトを始めてから約5ヶ月11月になってしまった夏のあいだじゅう土台以外はほとんど進まなかったのだがこのところやっと作業が目に見えて進み始めた先日柱を1本立てた後次々と合計9本の柱が立った柱の上には棟木も載せた棟木は地面から約4mくらいの高さなので一人ではとても上げられない約2mくらいの高さに足場を作りオトーちゃんと非力な奥ちゃま二人で上がりなんとか柱の上に棟木を載せることができた [続きを読む]
  • まずは一本
  • 穏やかな天気が続くただ朝晩はかなり冷え込む晴天になる日の朝は霧が湧き地表近くの霧とそれに浮かぶ山々が綺麗にみえる霧でぼんやりした風景の中にまるで花のように蜘蛛の巣を散りばめた木々があったこのところ夏が長くなり秋があっという間に過ぎていくようになった赤とんぼの飛び交う期間も短くなったよう春先に弟が来て草刈りをしてくれた場所はその後全く草刈りをすることができずにいた晴天のおかげでそこの草刈りもすること [続きを読む]
  • 頑張ってます
  • 体を動かすのにちょうど良い気候の日が続く薪小屋をいっぱいにするまでは薪づくりをしなければならない薪づくりとともに冬に向かって今年最後になる草刈りもする暑い期間中雑草が茂るのに任せていた溜池のある段や来年太い蕨ができるようにホダを刈っていいなかった蕨田も冬になる前にすべて綺麗に刈りたいと思っている草刈りをしていたら刈り払い機の切れ味が悪くなっているのに気づいたオトーちゃんに見てもらったら「歯が無くな [続きを読む]
  • 冬までには
  • この冬に使う薪の量はよくわからないができるだけたくさんの薪を用意しようと奥ちゃまは薪作りに勤しんでいる切り倒してから長いものでは6〜7年も経った木は下のほうが腐っていたりスカスカだったりと色々できるだけ無駄にしないように40cmの長さに切る細いところは風呂の炊き付け用にする木は大体がチップソーという台付きの丸鋸で切るチップソーは10cm程の太さまでしか切れないのでもっと太いものは電動のこぎりを使う電動のこ [続きを読む]