道草吾郎 さん プロフィール

  •  
道草吾郎さん: 八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)
ハンドル名道草吾郎 さん
ブログタイトル八十八(無職男・42日間歩き遍路旅からの人生)
ブログURLhttp://natsuzora303.blog29.fc2.com/
サイト紹介文とある無職男が四十二日間をかけて四国八十八ヶ所を歩いた物語とその後の人生の記録です。ありがとう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2012/03/20 16:27

道草吾郎 さんのブログ記事

  • おっさん春のおしゃれ祭り
  •  春は、おしゃれの季節なのだろうか。 基本、私は、おしゃれに関しては無頓着である。とりあえず、何か着ていればいいかと思うくらいで、見た目のおしゃれは、それほど気にしていない。 ただ、春になると、こころがウキウキしてくるからか、いつもより、おしゃれが気になってくる。 おしゃれの指南本を買ったり、ファッションサイトを毎日のように覗いたり。 見た目を格好良くして、女性にモテたいわけではない(全く、そうい [続きを読む]
  • 辞めるか。給料ダウンか。
  •  会社を辞めるか。もしくは自ら、給料減額を願い出るか。 どちらかを私は選ばないといけないのだろうか。 私が働く町工場の業績が低迷している。この春、いくつかの仕事がなくなり、その代わりと当てにしていた新規事業も期待していたほど受注数も伸びていかない。 会社に入ってくるお金が少なくなってくれば、従業員に、これまでと同じ給料を渡すのは難しくなってくる。あるいは雇用そのものの継続も難しくなってくる。 そこ [続きを読む]
  • 変わらない景色の中で
  •  通りを歩き、私は商店街にあるパン屋に向かっていた。 お彼岸の連休ということもあるのだろうか。通りにはクルマの列ができていて、運転手の視線を感じながら、私は逆方向に、のんびりと歩いていく。 多少、クルマの混雑があるだけで、通りの様子はいつもと変わらない。 酒屋があり、花屋があり、銀行があり。所々、店が抜け落ちた商店街を歩いている人間はそれほどいない。 それでも、何人かとはすれ違う。その中に、パンフ [続きを読む]
  • 期待外れと給料泥棒と
  •   私が働く町工場の会議。 相変わらず、経営状況は厳しいらしい。受注量の減少。そして最低賃金が上がったため、パートさんの人件費の増大。 この相反する財政状況を改善するため、生産性を向上させることが求められている。会社としては、一ヶ月の生産目標を早めに達成し、その結果、パートさんを休ませて、人件費を抑制する方向性のようである。 パートさんは時間給なので、仕事内容に関わらず、会社に来ればお金はもらえる [続きを読む]
  • 今日の現実逃避
  •  たぶん、それは小さな明かり。 最近、とある無料スマホゲームアプリをダウンロードして、時折、私は遊んでいる。 基本的に、私はそれほどゲーム好きではない。子どもの頃から、TVゲームはほとんどやらなかったし、ゲームセンターにも、まず行くことはなかった。 読書やレンタルDVD観賞などのインドア趣味派の私がゲームに、はまらなかった理由。それは操作を覚えるのが面倒だったからである。 現在は身体を使って、体感 [続きを読む]
  • 見捨てないでいこう
  •  少し前、新しい財布を購入し、使っているという話を書いた。 しかし、使用を始めて、一ヶ月ちょっと。早くも、この新しい財布に問題が発生した。 新しい財布は小銭入れが二つに分かれていて、真ん中に仕切り板があった。その板があるせいで、小銭を取り出しにくかったので、ハサミで、その板を切り取ったというところまで、前回、書いた。 この私の安直な発想が、どうも事態を深刻にさせてしまったようである。 一ヶ月ちょっ [続きを読む]
  • 三階は、つらいよ
  •  動悸、息切れ。やはり寄る年波には勝てないということだろうか。 新しく加入した町工場の内職さん。その内職さんの住まいは集合住宅の三階にある。この前、その三階に内職の材料を運んだのだが、非常にしんどかった。 その集合住宅は古く、エレベーターがついていない。階段は狭く、人と人とがすれ違うには、どちらかが半身になるしかない。 荷物を持って、階段を上り下りしていると、足元が見えづらく、つまづきそうで恐怖す [続きを読む]
  • 2017年、早くも挫折する
  •  2017年、早くも挫折した。 年頭に当たり、私はプライベートな時間を充実させるために、一ヶ月に一度、日帰りで、どこかに遊びに出かけようと目標を立てた。 しかし、その目標が早くも二月に途切れてしまった。 原因は町工場の仕事が、とにかく忙しかったからである。  新しく担当になった仕事を覚えるのに苦労したし、元々、担当していた仕事や不定期でやってくる仕事も重なってしまった。その結果、残業も増え、本来、 [続きを読む]
  • 出処進退を考える
  •  先日、友人たちと焼肉がメインの食べ放題のお店に行ってきた。 土曜日の夜ということもあり、店内は大混雑。家族連れ、若者たちのグループ、外国の方々。それぞれ自分の胃袋との戦いを繰り広げていた。 食べ放題。若かりし頃、私はその言葉に甘美な想いを抱いていた。 好きなものを好きなだけ食べられる。求めても思い通りにならないことが多いこの世の中で、それは一つの理想形のように思えた。 実際、何度となく、その理想 [続きを読む]
  • 女子会的な日々
  •   私が働く町工場の仕事。 以前までは、主婦パートさんたちとは同じ空間でも、少し離れた場所で私は単独で仕事をしていた。たとえ、すぐ近くで仕事をすることになっても、それは一時的なものだった。 しかし、ここのところ、状況が変わってしまった。 少し前にも書いたが、現在、新しい担当の仕事の修行中である。指導役の社長の娘さんが別の忙しい部署に助っ人として入っているので、一日中、パートさんたちに交じり、私は作 [続きを読む]
  • 新しい財布とともに
  •   先月末、新しい財布を購入した。 今回も選んだのは折り畳みタイプ。お金がたまるのは長財布というのが定説らしいが、町工場の仕事中も身につけているので、携帯性を重視した。 そもそも、仕事中、貴重品を仕舞うにも、私にはロッカーがない。 従業員に対して、必要十分なロッカールームの広さがないので、私を含め、男性陣にはロッカーが割り当てられていない。 クルマに乗り、作業着のまま、出勤するので、着替える必要は [続きを読む]
  • 小心者の験かつぎ
  •   病院での待ち時間は長く感じられる。 事前に予約をしていても、三十分以上待ち、診察は数分で終わるということも多々ある。きっと、患者それぞれ症状が違うので、時間が読みづらいということもあるのだろう。 まあ、待つのは仕方がない。多少、待ち時間が長くなっても、病気が治れば、それに越したことはないだろう。 ただ、この待ち時間の使い方が問題である。 基本、私はひとりで病院へ行くので、連れはいない。ひとりで [続きを読む]
  • プレミアム・サンデー
  •  冬は面倒な季節である。 インフルエンザが爆発的に流行したり、寒さで体調を崩したり。ひょっとしたら、一年で最も病気にかかりやすい季節かもしれない。 かくいう私も、少し前まで、あまり体調がよろしくなかった。熱や咳こそ出なかったものの、何となく身体がだるい気がしていた。会社でもインフルエンザで休んでいる人も多くいたので、うつっているかもという心因性なものなのかもしれない。 人数が少ない町工場なので、一 [続きを読む]
  • たぶん、それは春へと向かう光
  •  いつの間にか、梅の花が満開になっている。 通勤途中の民家の庭先の白い群生。ちょっとした買い物帰りにクルマから見える紅い花。 毎年、そんな梅の花を見つけると、春が近づいてくることに期待してしまう。私が住むところは雪国のような長く厳しい冬はないけれど、春という言葉を口にすると、どこか気分が軽やかになる。 ただ、春は軽やかな気分ばかりではない。 私にとっては、嫌な花粉症の季節の到来でもある。なので、先 [続きを読む]
  • クルマと対話しながら
  •  クルマを運転しはじめて三十年近くになる。 私の場合、洗車は手洗い派である。春は花粉に耐えながら、夏は日差しと戦いながら、秋は夕暮れを心配しながら、冬は寒さに凍えながら、私はひたすら手洗いをしている。 ガソリンスタンドの洗車機を使えば、手早く、なおかつ楽にクルマを洗えるだろう。あるいは手洗いにこだわるなら、お金を出して、店員さんに代わってもらうこともできるだろう。 時間の使い方としては、そちらのほ [続きを読む]
  • 町工場の雲行き怪しくなる
  •  私が働く町工場。新戦力を補強し、増産体制を整えるはずだった。 しかし、先日、取引先との話し合いで、四月からの来年度は生産を半分にしてほしいという要請が出された。 何でも、国内及び海外の売り上げが低迷し、在庫が過剰気味になっているらしい。そこで生産調整を取らざる得ないということである。 昨年から始まった町工場の新規事業。昨年までは、もっと人員を増やして、増産に協力してほしいという話だった。 それが [続きを読む]
  • 今夜、ニュースに救われて
  •  夕方や夜のニュースをよく見るようになったのは、いつ頃からだろうか。 仕事から帰って、食事やお風呂のあとに、夜のニュース番組を見る。あるいは休日の夕方、三十分ほどのニュースを確認する。 今や、私にとって、毎日のニュース番組視聴は欠かすことのできない日課のようなものである。 現実として、毎日、楽しいニュースばかりではない。むしろ逆で、事件や事故といったニュースが多かったりする。 それでも、私はついつ [続きを読む]
  • 小さな買い物をコツコツと
  •  記録を取ることは大事である。 昨年一年間、スマホの家計簿アプリで逐一、収支記録をつけていたのだが、予想以上に、毎月、貯金ができていることが分かった。さらに項目別集計から、食費や通信費など、自分の消費傾向も確認できた。 分析すると、まだ節約できるところもありそうである。逆に、それなりに貯金もできているので、もうちょっと使っていいところもありそうである。 お金を出して、自分のために、何かを買う。それ [続きを読む]
  • ピンチヒッター面接
  •  新しい年になり、私が働く町工場では新たなパートさんを募集している。 どういうわけか、今回はチラシ・ネット広告の反響も大きく、一週間で十人ほど問い合わせがきている。一人ずつ、日時を調整し、実際に工場に来てもらい、仕事の説明をしている。 その説明係というか、面接官らしきものを一日だけ、私がすることになった。 本来、工場長、もしくは社長の娘さんがパート希望者に応対しているのだが、二人とも予定で外出する [続きを読む]