NON さん プロフィール

  •  
NONさん: NEET OF NEEDS
ハンドル名NON さん
ブログタイトルNEET OF NEEDS
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/neetofneeds/
サイト紹介文どこも悪くない(頭は除く)のに生活保護を受給している人間のニュースを見て書く戯言ブログです
自由文(現実という)見えないものを見ようとして、ニートブログを覗きこんだ 静寂で黙りこみ幾つも声を詰まらせたよ 明日が僕らを呼んだって返事もろくにしなかった 「イマ」という現実を1人片隅震えていた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2012/03/21 11:46

NON さんのブログ記事

  • 私は生活保護批判をする人間によって生かされている
  • 昨日は小林麻央さん(34)が亡くなった話で一色でしたね。私自身は彼女に興味があった訳ではありませんがやはり自分より年下が病気で亡くなる、というのは考えてしまう所がありますね。日本という国に問題があるせいか30代までは自殺で一番この世を去っている人が多いのですが、次の40代からは病気でこの世を去っている人が多くなる訳ですから30代で何らかの病を患っている、早い人はこうして30代の内に亡くなるというやるせない部 [続きを読む]
  • このハゲーーーーっ!
  • と、罵った側が入院するという不思議な国、日本です。でも仕事のミスをしたら罵っても良いと思っている人達が少なからず居て、擁護してる人をネットでは散見できるのですから、こんなん私が益々持って社会に出たくなくなるんだよなと仕事したら同じくこのハゲーーーーっ!と言われるであろう程度には無能な人間ではあります。でも普通自動車免許を持ってる人間には分かるでしょうが、車の運転中にこんな事を言い叩いてくる人間なん [続きを読む]
  • 若者は生活保護を長く受給し続けてはならない
  • 何か適当な事をまた書いてるなこいつ、とか思われそうですがいやあ5年ほど前にNPOで会ったことがある、私より8歳ぐらい若い若者と○ソナの講習にてこの間遭遇したんですが…5年前はガリガリだったのに今は腹だけ出ている中年太りをしている容姿になり虚ろな目で講習受けてたのでまだ20代の筈なのに老け込んだなぁと思ったので、「若者は生活保護を長く受給し続けてはならない」と取り返しの付かない人生だからこそ痛感した次第です [続きを読む]
  • やってられへんわ
  • 愛国者の女性達…聞こえますか?私は生活保護受給者です。私のような穀潰しを養うことで貴方達はより国に貢献出来るのです、検討してみては如何ですか…?と、益々持って女性から嫌われるような事を書きつつ、でもこういう行動には出る女性は居ないので結局自分の都合の良い愛国なりを振りかざしているだけですから、私も私で都合の良い物を選びたいと某アイドルの結婚宣言について思った訳です。しかし結婚できない人達が主要ファ [続きを読む]
  • 自己責任論が強い現代社会では弱者保護は票にならない
  • 改正組織犯罪処罰法(共謀罪)が成立しましたね…まあ読んで字の如くならば私含め騒いでいる人達の大半は関係しないと思うのですが、警察の見解1つで逮捕されかねないというのは機嫌のいい話では無いですね。私なんかはこのブログで生活保護を強制打ち切り喰らったら犯罪に走るかもしれない、と仄めかしていたりもするので普通に考えれば金が無く暮らしていけないんだからさもありなん話だという事で通じると思いますが、悪意を持 [続きを読む]
  • 日本の経営者の大半は頭がおかしいのでその下で働いてはならない
  • アガペーマン@agapismus一刻も早くこの国は滅ぶべきだという気持ちが増していく。 https://t.co/NvJuUsD1Xu2017/06/13 22:20:11shift@3日目東ト-60b@shift0808これマジで言ってんならこえーよ https://t.co/F0WK1r5hqy2017/06/14 13:03:37会社の悪しき習慣を正当化させるなよ…反応をみれば分かる通り大半は反発されてますけどもそれでも懲りずに自称ブラック企業経営者が都議選に出たりと どう考えても気が狂っとる!という話を [続きを読む]
  • 手遅れ
  • ニート、4年ぶり増加 子ども・若者白書 売り手市場なのに増えるのか…まあ人材不足とか言いながら給料は据え置き、ある程度能力のある若い人を低給料で使いたいという奴隷不足ですからねぇ。「選ばなきゃ職はある」のかもしれないけど、「選ばなきゃ酷い目に遭う」という状況だから就活が面倒臭い状況になってドロップアウトしてニートに、というのが増えている結果なのかもなぁとハロワの求人に関しては色々と思うことがありま [続きを読む]
  • ボランティアを通じて益々偏屈になった人の過去話
  • 某ジョニーさんを見習って薄い過去の職歴でも語ってみようかと思いましたがそのままやっては芸がない、或いはその辺はNOTEで有料で売り捌きたい(誰も買ってくれるとは思わないが)とか思ったので、生活保護を受給して以来ぼちぼちやってる過去にやったボランティア一覧でも上げてみることにします。しかし最近はナマポにはボランティアでもさせとけ!って声が小さくなりましたね、まあ実際やってみた結果あまり必要とされなかった [続きを読む]
  • 生活保護を受給してるのに不正受給しない奴は馬鹿
  • 6月といえば梅雨、祝日のない月、ジューンブライド、株主総会等々思い浮かべる人が多いと思いますが、生活保護を受給していると毎度6月に資産調査というものが来るわけでして。ただ言わずもがな90%以上の受給者は現金と多少の預貯金と、を書いて他の資産は無しという事で大した手間にならず、自分もそれでさっさと済ませてきました。けど資産調査に関しては財布の中身を確認する訳でもなく、貯金通帳を見せてコピーして貰ってで終 [続きを読む]
  • 生活保護は救いではない
  • 厚労省、生活保護の支給額の見直しへ議論スタート 審議会が会合 年末に方針ああ…本当下げられる未来しか見えないという審議会が始まるようで。物価が上がり消費税も近い将来上がる、公務員の給料も上がる、民間の給料も上がる(予定)なのに生活保護は下がる、何故なら景気回復をしている筈の社会なのに生活保護受給者は増えているから。本当矛盾しているよなぁとその矛盾を一切隠そうとも是正しようともしない、世の中の底辺を [続きを読む]
  • 36歳無職の生活保護です
  • さっき久しぶりに泣いた。悲しかった訳ではなく、ただ空しくて泣いた。両親は10年前に働けない体に。弟は工場で日々の暮らしで精一杯。親戚付き合いは出来ない。はっきり言って10年孤独。今日は手続きが早く終わり割引弁当で早めの夕飯を終えてネットで動画見てた。見ながら少し寝てしまい起きた時は深夜2時。小腹が空いたけどお金がないからうかうかコンビニにもいけないなんてむなしすぎる。なんというか無惨。自分が無惨すぎて [続きを読む]
  • 疲れやすい体質との付き合い方
  • 「体育の授業を嫌いになった理由」に反響 「教師の責任」指摘続々あー…何というか小学生の時から体育を教える教師ってのは何処かネジがぶっ飛んだ人が多かった感はありますね。体育会系はアレをプラスに捉えられるのかもしれませんが私はよく思えませんでしたね…体育の教員免許の問題はもっと見直されて然るべき部分はあるように思いますね。けど私の場合は体育の授業が嫌いだったのは何より自分に体力・運動神経というのがあま [続きを読む]
  • 生活保護受給者に自殺対策なんてされるのですかね?
  • 40歳未満、死因の1位は「自殺」の衝撃…国の自殺対策はどうなっているのか(1)この統計ずっと前からそうですよね、G7で日本だけ40歳未満の死因1位が自殺だというのを今更話題になったという事でしょうか。ただ隣国もそうだし若者を犠牲にして成り立っている部分というのがある国だというのは間違いないと何故か国の方針で若者扱いされる側の年齢にいる36のおっさんです、勿論現実は全然若者扱いなんてされませんが。まあ記事にも [続きを読む]
  • お金がない!
  • 記事タイトルと同名のドラマは見たことが無いのですが、ストレートに言ってお金がない!いやマジで!この時期になるとお盆に帰省するための手段を模索しているのですが…ここ数年で深夜高速バスも繁忙期とかで値段を上げ下げするようになり、当然お盆なんかは一番高くなるという現実が待っていた訳で。安さを求めて帰省するにしても2ヶ月以上前から予約すると飛行機が安くなる!とかネットの広告で見ますがお盆の時期にはあまり関係 [続きを読む]
  • 現役ナマポが本音で語る受給問題
  • ネットだとぼちぼち生活保護のケースワーカーを語る(騙る)人が居て、まあ大抵受給者を叩いているというのが日常茶飯事な時代。んで自称ナマポもネットじゃあ多いですからねぇ…50%以上が高齢者でネットはおろかPCやスマホに触ることすらないのが当たり前、私みたいな人間はネットにおいてもニートよりもずっと少数だというのを何故か認識されないのは一部の不正受給の問題が大きく見られているのと同様なのかと思う部分がありま [続きを読む]
  • 世間様に評価される為に生きるつもりは無い
  • 2017年5月のPV:NEET OF NEEDS 13881 今日の歩数:804Google AdSenseの収益:50 で1644円(無効トラフィック0円)内訳:NEET OF NEEDS:45 1200円 今日の歩数:5 444円(共に見積もり額)Amazonの収益:42 2注文、44円合計:1688円前月比ー700円。結局2ヶ月で元の鞘の額に収まった感がある収益になりました。結果を出せる人間にならなきゃアカンねーとつくづく思いつつもそれが出来ないから今 [続きを読む]
  • #だからひとりが好き ではなく #人に構って貰う能力が無いから一人きり
  • #だからひとりが好き という意見広告的な記事があったので、年間300日ぐらいは誰とも話さず8年間生き伸びている私が意見を書いてみたり。結論から書いてしまうと #だからひとりが好き ではなく #人に構って貰う能力が無いから一人きり が私には正しくて、ひとりが好きだなんて宣った所で金も人望もなく1人家で篭もらざるを得ないというのが現実なんだから好きも嫌いも無いんだよなぁと本当の無能はここにいるという話をネットに放 [続きを読む]
  • 私は障碍者になりたい
  • 高学歴56歳男性が「孤独な貧困」に陥った顛末これを見て思ったことは私含め生活保護受給者ってのは声を上げない、取材なんて間違っても受けてはいけないって事だなぁと改めて思い知らされた感がありますね。結局何を言っても癪に障るんだと思います、人間である以上は大なり小なり偏屈な部分というのが存在しますからねぇ、と偏屈が極まっている自分が言うのも何ですが1つ言える事は自分に余裕がない事には周りに気遣えませんから。 [続きを読む]
  • 底から這い上がるという年齢で無い
  • 有効求人倍率がバブル期の最高を超えた、という記事が今朝方賑わしていましたがどっちかと言うと求人の数が増えているというより求職をする為にハロワへ行く人が減っているという感じがするんですよねぇ、機能的な向上もありますが混雑するという事が無くなりましたし。ま、ある程度キャリアがある人はハロワよりも転職サイトなりの方がまともな給与で就職出来たりするし非正規雇用も多く、正社員でもブラック案件・給料安いという [続きを読む]
  • 構う価値なし
  • 職歴ゼロの41歳に未来はあるのか? 税金、保険料、ケータイ料金も年老いた両親に頼る日々この手の記事って結構真偽が問われてるんだなぁと方方のコメントを読み今更ながら思った私です。まあ実際に私みたいな人間も居るので居そうだと往々にして思ったりしているのですが、ただ実際にこんな人間を見つけ出しそして取材するか?と考えるとその手間と当人がOKするとはあまり思えないという観点からして脳内妄想記事かもなぁという現 [続きを読む]
  • 派遣を利用する以上は派遣に期待するな
  • 某やる夫の人が派遣の事前面接は違法だと知っていてちょっと驚いた私です何で驚いたかと言うと、これ派遣元の営業マンでも知らない人が少なからずいる事なんですよね、私は偶々知ってる先輩から教わりましたがそれぐらいには事前面接が当たり前になっていて形骸化されている、という現実が私がグッドウィルに居た10年前から存在していたという事でもあります。ただその事前面接で不採用になるってことはほぼ無いので違法とは言えあ [続きを読む]
  • 就活ほど不毛なものは無い
  • 長時間労働に耐えかね36歳で無職に…ネットやゲーセンで不安をごまかす日々>転職サイトを見ても、求人は大卒と35歳までを条件としているものばかりいや企業からするとこれでも最低100歩は譲ってる求人内容なんですよねぇ…35歳までと言うのはその歳までは若者扱いしろ!と国から言われている建前であって、本当は企業が出来る限り譲って30歳までというのが現実ですね。というか一昔前なら25歳までという求人も少なからずありまし [続きを読む]
  • 【替え歌】ようこそジャップニートへ
  • Welcome to ようこそジャップニート!今日もドッタンバッタンレスバトルうー!がぉー!!(ネット上のお前ら)高らかに煽り煽ればフレンズ(フレンズ〜)論破してすっちゃかめっちゃかしてもID消し (HAHAHA)のけものはいてもほんものは居ない本当の職はここにあるほら 君も手を引かれてハローワークワン・ツー・スリーWelcome to ようこそジャップニート!今日もドッタンバッタンレスバトル姿かたちが十年一日 だからイカレ合 [続きを読む]
  • 本日22時からツイキャスでフライデー・ナイト・配信
  • ネタは特に無いけども今日がプレミアムフライデーなので月一の配信を行おうと思います、本日22時より下記のアドレスからどうぞご拝聴下さいましhttp://twitcasting.tv/neetofneeds/愚痴・ボヤキ日記 ブログランキングへ にほんブログ村取り敢えずBGMをプレミアムフライデーに絡めてFriday Night Fantasyに固定というおっさんホイホイしつつ、そういやちったぁ声がマシになってたという話があった原因を探ってみたらこれを日々 [続きを読む]