花工房やまぐち さん プロフィール

  •  
花工房やまぐちさん: ダリア と言えば 信州・青木村
ハンドル名花工房やまぐち さん
ブログタイトルダリア と言えば 信州・青木村
ブログURLhttp://hananokoubou.blogspot.jp/
サイト紹介文知る人ぞ知るダリア生産地、信州・青木村の山奥で切り花栽培をしている生産者のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/03/23 21:16

花工房やまぐち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • マイカ取り
  • 従来のマイカ取りですが、ハウスに遮光ネットを被せたりするときにこの金具が引っかかって煩わしいことが多々あります。今回使ってみた「ビニバンド」は引っかかることもなく、なかなか具合が良いです。 [続きを読む]
  • パッキング資材
  • ダリアの球根保存に使うパッキング資材ですが、今まではもみ殻やもみ殻燻炭などを使っていました。今シーズンは代用として新聞紙を使ってみましたが、良好な結果でした。分球した球根でも使えます。 [続きを読む]
  • パンチョTFジェット
  • パンチョTF顆粒水和剤。うどんこ病に効果の高い薬剤ですが、剤形の違うくん煙タイプがあります。先日後学のため試してみました。 点火。 煙が拡散していきます。育苗用のハウスで試しましたが、効果はまずまずでした。今までのうどんこ病対応のくん煙剤よりは効果が高い気がしますが、通常の「パンチョTF顆粒水和剤」よりは劣るような気がしました。 [続きを読む]
  • 植えました。
  • 予定より早くなりましたが、苗が適期になってきたので植え込みを始めました。ニューフェース、オレンジ・中小輪・ボール咲「なっちゃん」です。今年はさらに疎植にし、植える数を少なくしました。これによって全体の作業も減らせることでしょう。しかしながら、出荷量は多分減ることはないと見込んでいます。今年もニューフェースがいくつか登場します。まだ増殖中のものもあり、これから二か月くらいの間に、随時植えていきます。 [続きを読む]
  • まだまだ増殖中
  • 昨年末に挿し芽をしたものを親株として、さらに挿し芽増殖を続けています。一株から100位は増殖できそうで、ちょっとやりすぎ、後々廃棄処分になりそうです。 [続きを読む]
  • 増殖中
  • 来季に向けてダリア球根を保存してあるのですが、年々その量が減ってきました。代わりに挿し芽が増えています。挿し芽の方が増殖率が良いのが一番の理由です。一株分の地上部、地下部(球根)があれば冬の間に50〜100程度は簡単に増殖できます。品種によっては200超も可能。ついつい増殖しすぎて廃棄ということになってしまうことも。いずれにしろ冬の楽しみ、趣味の時間です。 [続きを読む]
  • 自力で穴開け
  • 昨年アップし忘れたことです。忘備録としてアップしておきます。灌水パイプを増設することにしましたが、VP30の塩ビ管にノズル取り付け用を6穴開けたものを発注しようとしたら、穴なしの倍の値段だそうで、自力で穴開けすることにしました。11mmのねじ穴をあけるのですが、まずはドリルで9.2mmの下穴を開けます。 そのあとタップで11mmのねじ切をします。ノズルを取り付けて完成。 50本300穴をぼちぼちやり [続きを読む]
  • コナジラミ その後
  • 自家用野菜のコナジラミが多発しているところに設置してみました。結果は、電極の格子に引っかかっています。掃除してかき出すと、右の画像の通りで結構獲れます(2晩経過)。コナジラミは 黄色(590nm)、黄緑色(525nm) 、近紫外線(355nm) の波長に誘引効果があるようです。黄色灯の分光分布を見ると誘引に有効な波長が出ていると思われます。目的の育苗トンネルで効果を発揮してくれることを期待します。 [続きを読む]
  • コナジラミ
  • ネタが特に無いので、ついつい更新を先延ばしにしていたら11月も終わりになってしまいました。さて、きょうのお題は「コナジラミ」。ここ数年育苗の苗床にコナジラミが多発するようになってきました。コナジラミはアブラムシほどの害はなく、ウィルス感染もたいしたことは無いかと高を括っていましたが、そうではないようです。ダリアの挿し芽増殖はここで行うのですが、育苗中にウィルス感染しているようです。元株が感染株でない [続きを読む]
  • 花弁の傷み
  • ダリアの出荷方法は5本束を4つ計20本をクラフト紙に包んでELFで出荷している。ゴミになるスリーブは使わない。以前からであるが、時々花弁の先が傷んでいるというクレームをいただくこともある。特にヴィーナスでのことが多い。毎回そうなるわけでもなく、たまにである。またその日のすべてがなるわけでもなく、一部に限られている。原因を推察するのであるが、輸送中に何が起こっているかは特定には至っていない。ただ「クラ [続きを読む]
  • ダリアの水揚げ
  • ダリアの鮮度保持剤には 切り花ながもち液「美咲ファーム」を使っています。100倍希釈、常温5時間以上の施用ですので、切花調整後出荷までの時間、これを使います。その後輸送にはELFバケットを使い付属のバケット輸送用クリザールを使用します。これで、必要十分な鮮度保持ができるのですが、世の中にはもっと儲けたいと考える営業上手な方々がいます。クリザールブルボサス「ダリアには他社製品より効果が高い 」との売 [続きを読む]
  • ダリアの茎頂培養
  • 今年はダリア数品種の茎頂培養を委託し、セル苗仕立てのものを植えました。(ウィルスフリーの条件での委託ではありません。)生育は非常に旺盛ですが、モザイク症状が出ております。やはりモザイクウィルスは残っているのでしょう。しかしながら、若干の温度差で発症したり、しなかったりのようです。北側のうねでは外気がすずしいのかほとんど発症せず、内側のうねは多発でした。このモザイク症状は生育とともに消えていくと思わ [続きを読む]
  • モナリザ
  • 冬の内職の準備。モナリザを種から作ることにしました。 5月10日播種。発芽は良好。7割程度の予想を大きく上回る発芽率です。このまま育てば苗が余ることになりそうです。5月29日の状態 [続きを読む]
  • セル苗 ダリア
  • セル苗植えました。球根や挿し芽ポット苗に比べ、セル苗(メリ苗)はやはり楽ですね。 こんなに楽だとすべてセル苗にしたくなりますが、育苗スペース、労力から考えて無理かな?あっという間に植え終わりました。 [続きを読む]
  • プラグ苗仕立て
  • ダリアの挿し芽をプラグ苗仕立てでも作ることにしたので、用土を変えてみました。通常はパーライト、バーミュキュライト、ピートモスなどを挿し芽用土にしていますが、この用土では プラグ苗を保持するのが難しいのでメトロミックス350を使うことにしました。以前播種用に使ったことがありますが、ちょっと高価。 結果はすこぶる良好。用土の保持のみならず発根も早いようです。試しに49穴の連結ポットでも使ってみましたがこち [続きを読む]
  • 植込み
  • 植込みの時期がやってきました。これから5月までボチボチこなしていきます。   まずはカラーです。 この後はポット苗、プラグ苗、球根 ダリア ダリア ひたすらダリアです。 [続きを読む]
  • 増殖中
  • 今年は春が早そうで、冬眠終了のようです。またダリアがはじまります。 昨年末にダリアの優良株一株から50ほど挿し芽をしました。今はその50を親株としてさらに挿し芽をしています。最終的には1株から5〜6本ほど挿し芽をとり、50株で250〜300株ほどの数に増殖しようとしています。つまり元株一株から250〜300株、高増殖率です。  しかし、優良株のつもりがそうでもないような気配です・・・・・・ [続きを読む]
  • 今年もよろしく
  • すぐ一年が経ってしまいます。出来の悪いダリアをなだめすかしながら出荷を続けているうちに、シーズンオフ。また冬の内職 St.ブリジットの時期となりました。今季ダリアの準備も始まっています。昨年に続きニューフェースを仕込み ますが、どんな花が咲くかちょっとした楽しみです。今年はヴィーナス以外は昨年導入した品種に切り替わります。少しは勢いのあるダリアが出荷できるかと思います。しかしながら、ヴィーナスは今季も [続きを読む]
  • 試作ダリア 「ジャレット」
  • 試作ダリア「ジャレット」。(左側)実際の色はもう少し黒っぽい色です。 咲かせてみたらこの大きさ。デカい!(画像のネットの大きさは15?)右側は比較のために並べたノクターン(中輪)です。来季増産予定ですが、ここまで大きく咲かせず15本入り? [続きを読む]
  • 試作ダリア「銀世界」
  • 試作中の品種の中で、いくつかは使えそうなものがあります、一押しは「銀世界」。ステムは剛直。花もちも良しです。ヴィーナスをはるかに凌駕する大きさ、大輪が必要な方にはおすすめです。収量、ステムの長さ等栽培に関しては、まだまだ作りこんでいかないとわかりません。いずれにしろ試作ですので、出荷量は僅少です。多くの方に実際に見て頂けるのは来季以降となることでしょう。 乞う御期待! [続きを読む]
  • 過去の記事 …