bearbic さん プロフィール

  •  
bearbicさん: bearbicの限りない小宇宙
ハンドル名bearbic さん
ブログタイトルbearbicの限りない小宇宙
ブログURLhttp://kenjiokm.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分探しの旅は続く… I'm so excited! Get a life!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/03/24 14:53

bearbic さんのブログ記事

  • 2月の出来事
  •     2月は、花森安治展のレセプションに行ったり大学の友人の写真展に行ったりミゾタユキさんの写真展に行ったり飯沢耕太郎さんのポートフォリオレビューに参加したり写真について色々考えた1か月でした。気が付くと、3月も半分が終わってましたwにほんブログ村 [続きを読む]
  • ROGUE ONE
  • 2016年の締めくくりに「ROGUE ONE」を観ました。今年はR2-D2のケニー・ベイカーが亡くなり、数日前にはレイア姫までもが亡くなりました。ROGUE ONEのラストでデス・スターの設計図をレイア姫が受け取るシーンでは、1977年公開の第一作目のレイア姫の姿や約40年前に父とふたりで観たことを思い出しました。May the Force be with you.にほんブログ村 [続きを読む]
  • 写真Ⅲ-4(スナップ)
  •     今回のスクーリングはスナップです。八坂神社を起点に各自好きな場所を選び撮影します。着物姿とお寺をコンセプトに建仁寺、高台寺、圓徳院を回りました。秋の京都は、大勢の観光客です。観光客をなるべく入れずに撮影するのに苦労しました。しっとりした京都の雰囲気のあるスナップに仕上がっていればいいのですが、、、にほんブログ村   [続きを読む]
  • 瀬戸内国際芸術祭
  •   瀬戸内の島で仕事の打ち合わせがあり、帰りのフェリーの時間までの間、瀬戸内国際芸術祭を見学する機会がありました。      短い時間でしたが、客先の社長の案内で、現代芸術を見て回ることができました。瀬戸内の島の景色と心地よい海風に癒されました にほんブログ村 [続きを読む]
  • 入江泰吉
  • 今回のスクーリングは、入江泰吉記念奈良市写真美術館に集合し、入江泰吉の作品を見た後、入江泰吉になりきって、写真を撮るといった内容です。自我を捨てて、入江泰吉になりきるのがポイントです。翌日、大学でプリントし、講評です。140枚ほど撮った中から僕は、この3枚を選びました。初めて訪れた奈良は、鹿の印象が強く、ついつい鹿を撮ってしまします。夜の親睦会では先生の隣りに座ることができ、その時言われた「今は写真を [続きを読む]
  • ハロウィン in 京都
  •       大学のスクーリングの後、京都のハロウィンを探しに北山へ。ネット検索すると、京都のハロウィンイベントと言えば北山とありました。仮装コンテストなど手作り感のあるイベントなどがあり、昨年の渋谷と違って、今年は、おしとやかなハロウィンを京都で味わいました にほんブログ村 [続きを読む]
  • 写真Ⅱ-2 撮影基礎2
  • 4×5インチのシートフィルムを使い、大判カメラでの撮影を学びます。露出計で適正露出を計り、シボリ、シャッタースピードを設定して撮影します。お作法のように、決められた手順に従って撮影を行います。選んだ被写体は、四角い石が連続して施工されている壁面と丸い模様が連続するスロープです。シャインプルーフの法則を利用し、ティルトのアオリを用いて、あまり絞りこまなくてもピントの深い写真を撮影します。適正露出 [続きを読む]
  • 聲の形
  • ファーストデイ割引を利用して「聲の形」を鑑賞 原作が数々の賞を受賞しているという位の予備知識しかない状況での鑑賞でした。淡々と流れる映像のもと、あっという間の2時間でした。先日観た「君の名は」とは、また違ったいい映画でした。久しぶりに、京アニの作品を観ました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • カープVSスワローズ
  •  まだ夏の名残りがある9月最後の週末、カープVSスワローズを観戦です スタンドは赤一色です 僕は、もちろんスワローズ ビジターユニフォームに身を包み、数少ないスワローズファンと共にビジターパフォーマンス席から声援を送ります。カープ女子とも仲良くなり、広島遠征を楽しみました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 君の名は
  • 話題の映画、「君の名は」を見に行きました。噂通り、ストーリーもアニメーションも音楽もよかったです。僕の中では、特にRADWINPSの楽曲がよかったです。見慣れた東京の景色と飛騨高山の素敵な景色の中でRADWINPSの楽曲が映画を盛り上げます。ストーリーを彷彿させる詩がメロディーに乗ると詩の輝きが増すように感じます。前前前世・RADWINPS → ★にほんブログ村 [続きを読む]
  • シン・ゴジラ
  • ファーストデイ割引を利用して会社帰りに「シン・ゴジラ」を鑑賞。3.11や憲法9条や外交や政治、地方自治や縦割り行政など現在の日本の抱える問題点を写しだした作品でした。エヴァンゲリオンの庵野秀明がゴジラを撮るとこうなるのか、と納得した映画でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「いい写真」はどうすれば撮れるのか?
  • いいカメラを使えば「いい画質」にはなるけど、「いい写真」になるとは限らない。どんなに高性能なカメラでも、「何に向き合い、何を感じて、どのタイミングで撮るのか」は教えてくれない。この本で何か答えが見つかるかもしれません。ゆっくり読んでいます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 写真Ⅰ―2デジタル基礎
  • 今回のスクーリングはフォトショップを使ってのデータ加工を学びます。まずは、加工無しの被写体です。大学のカフェテリアにあったガシャポンを写しました。フォトショップのトーンカーブを弄りながら、カプセルの質感が表現できるように調整しました。さらに、カプセルトイのかわいらしさが出るように仕上げました。写真加工は、自分の目指す仕上がりのイメージを明確に持つ必要があると感じました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • LEICA DG SUMMILUX
  • 単焦点の標準レンズを持っていなかったので、パナライカSUMMILUX25?F1.4を購入 早速、夕暮れの海で試し撮り 思っていた通り、ちょっと引いたポートレートに最適でした。ポートレート撮影は被写体とのコミュニケーションが大切なので色々な焦点距離のレンズがあれば便利です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 撮影基礎Ⅱ−1
  • 2日間に渡るスクーリングは、絞り、シャッタースピード、露出補正の講義を受けて、テスト撮影をした後、翌日はフリーテーマで撮影場所は自由でした。僕の選んだ撮影場所は一度行ってみたかった伏見稲荷大社です。時折強く降る雨の中、ポートレート撮影してきました。撮影後は、大学に戻って発表を行います。僕の作品のタイトルは、「May I take a picture of you.」です。先生から「今後、このようなポートレートをどうやって [続きを読む]
  • 写真原理・ピンホール
  • スクーリング授業で写真原理を学びます。ピンホールを用いたカメラでの実習授業です。カメラのボディキャップに穴を開け、そこに約0.2?のピンホールの空いた金属板を貼り付けます。シャッタースピードやISOを調節しながら撮影します。光と影に注目しながらテスト撮影です。撮影実習は京都市動物園を選びました。ピンホールカメラならではのノスタルジックな画像を意識しながら園内を歩き回ります。  露光時間を調整しながら面白 [続きを読む]
  • 写真論2
  • 写真論2のレポート作成【課題1】 写真のジャンルを一つ選択し、歴史的展開を踏まえて、そのジャンルを自分なりに定義しなさい。【課題2】 課題1の成果を活用して、特定の時代や地域において、そのジャンルがどのような社会的役割を果たしてきたか、具体例を挙げて論じなさい。「ストレートフォトグラフィー」を題材にレポート作成中なかなかペンが進みません にほんブログ村 [続きを読む]
  • 写真論1
  • 写真論1のレポートを提出写真家、古屋誠一と荒木経惟について3200字にまとめました。参考文献を図書館で探して、足りないものは紀伊国屋で購入しました。デッサンも大変ですが、レポート課題も難しいですね にほんブログ村 [続きを読む]
  • 造形基礎演習2
  • 造形基礎演習2の課題に着手。コラージュの作成とデッサンです。夏をイメージしたコラージュを作成しました。次に作成したコラージュのデッサンです。階調に注意しながら鉛筆の種類、筆圧、角度を使い分けます。1本の鉛筆で色の明るさや濃淡を表現するのは難しいですが、モノクロの写真やポジフィルムの階調をイメージしながら作成しました。コラージュ作品、デッサン、制作レポートを提出して完了です。造形基礎演習2は写真コー [続きを読む]
  • 旅するルイ・ヴィトン展
  • 紀尾井町の特設会場で開催中の「Volez,Voguez,VoyagezLouis Vuitton 空へ、海へ、彼方へ−旅するルイ・ヴィトン展」 今では布製鞄で有名なルイ・ヴィトンですが、原点は木材です。創業者ルイ・ヴィトンは家業の木工製造の知識を活かし、パリに辿り着いてからレイティア・アンバルール(荷造り用木箱製造兼荷造り職人)になりました。後にルイ・ヴィトンの名声を高めることになったトランクを制作した際、内側のフレームの組み [続きを読む]