猫の西洋美術館 さん プロフィール

  •  
猫の西洋美術館さん: 猫の西洋美術館
ハンドル名猫の西洋美術館 さん
ブログタイトル猫の西洋美術館
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ya0515530
サイト紹介文猫の美術館では、スーザンハーバートコレクションを中心に展示します。猫が大好きなイギリスの画家です。
自由文フェルメール・ミケランジェロ・レオナルド·ダ·ビンチ・ラファエロなどの絵画の猫バージョンを展示します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/03/24 22:17

猫の西洋美術館 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • アルブレヒト・デューラー・・・・
  • アルブレヒト・デューラー金銀細工師の息子として1471年生まれ,その父に絵画を学んだ後、M・ヴォルゲムートに師事し国際ゴシック様式の絵画や版画を学びます。ドイツルネサンス期に活躍したドイツ美術史上最大の画家。1519 皇帝マクシミリアン1世 ウィーン美術史美術館アデライド・ラビーユ=ギアールフランスの肖像画家。 パリに生まれ、細密画・パステル画・油彩をマスターし、1783年にヴィジェ=ルブランと共に女流画家として [続きを読む]
  • アンソニー·ヴァン·ダイク
  • 17世紀に活躍したフランドルの代表的な画家。1635-1636 チャールズ1世の三面肖像画 ロイヤルコレクション ロンドン壮厳性を損なうことなく明るい色調とバロック特有の流動感によって描かれた肖像画は、イギリスを始め西欧各国の肖像画に多大な影響を与えました。1632 ホートン卿フィリップ プライベートコレクション裕福な商人の息子として生まれ、11歳でヘンドリック・ファン・バンーレンに弟子入りした後、アントウェルペン [続きを読む]
  • アラン·ラムゼイ
  • アラン·ラムゼイ イギリス スコットランド ロココ・新古典 肖像画家デビッドヒュームの肖像  1766 スコットランドナショナル·ギャラリーロザモンド サージェント ホルバーン博物館 生まれ 1713 年10月13日 イギリス エジンバラ死亡 1784 年8月10日 イギリス  ドーバー ttp://art.blogmura.com/picture/">にほんブログ村 http://cat.blogmura.com/">にほんブログ村 http://cat.blogmura.com [続きを読む]
  • アーニョロ・ブロンズィーノ
  • アーニョロ・ブロンズィーノ(Agnolo Bronzino, 1503年11月17日 - 1572年11月23日)は、マニエリスム期のイタリアフィレンツェの画家。本名はアーニョロ・ディ・コジモ・ディ・マリアーノ・トーリ(Agnolo di Cosimo)。ブロンズィーノという愛称は、恐らく彼の髪の色であった「青銅」色を意味するイタリア語”ブロンゾ”に由来します。1530-32  緑衣の貴婦人 英国皇室コレクションメディチ家のフィレンツェ公コジモ1世の宮廷画 [続きを読む]
  • アーサー・ラッカムとフランチェスコ・アイエス
  • アーサー・ラッカム (ArthurRackham) 1867年 - 1939年 20世紀初頭に活躍したイギリスの挿絵画家。エドマンド・デュラックと共に、英国の挿絵本の黄金時代を築き上げ、後世の挿絵画家たちに多大なる影響を与えました。1867年、12人兄弟の3男としてロンドンに生まれ、幼い頃から絵を描くのが好きだったラッカムは、18歳になるとウェストミンスター火災保険会社で働きながら、夜はランベス美術学校で絵を学びます。絵入り雑誌に寄 [続きを読む]
  • アーサー·ヒューズ
  • アーサー・ヒューズ(Arthur Hughes, 1831年1月27日- 1915年12月23日)は、イギリスの画家・イラストレーター。その作風はラファエル前派を連想させますが、ラファエル前派のメンバーではありません。1855-56  四月の恋 テート・ギャラリー 四月の恋 ヒューズはロンドンで生まれました。最もよく知られる彼の作品は『エイプリル・ラヴ』や『長い婚約期間』といった作品で、両方とも問題を抱えた恋人達が、愛や美といっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …