シュナウザーKEN さん プロフィール

  •  
シュナウザーKENさん: トリコロール ダイジェスト
ハンドル名シュナウザーKEN さん
ブログタイトルトリコロール ダイジェスト
ブログURLhttp://yfm1986.blog.fc2.com/
サイト紹介文マリノスへの熱い思いを、時にやさしく、時に厳しくぶちまける、そんなブログ。
自由文NO SOCCER、NO LIFE
サッカー&マリノス好き人間。
マリノスを熱く語ります。
たまに代表とかも
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/03/24 23:51

シュナウザーKEN さんのブログ記事

  • 下向く必要性はない
  • 0-0引き分け監督解任ブーストでまたしても連勝止められる正直、今の実力や最近の試合内容で、そうそう勝ち続けられるわけがない。勘違いせず謙虚に戦っていきましょう。別に悪くはなかったので、決して下向く必要はないここ数試合の中で一番守備は安定してたし、ピッチ条件悪くピリッとしなかった攻撃も進むべき方向性に沿うスタイルは見せた。キャプテンが元気なかったのが気がかりだが…とりあえず、孝行さん率いる神戸は意外と [続きを読む]
  • 薄塩味 夏場のJリーグらしいが
  • 鳥栖戦1-0勝利3連勝とは言え、結構きわどい勝ち方上位行く時、大体こんな感じを積み重ねていくもんではあるが…勝つ時はなんやかんやで勝つし、勝てん時は何やっても勝てん。勝っている間が修正しやすいと思いたい。正直、試合内容は薄塩味守備陣が踏ん張ったとは言えるけど。子供たちの夏休みの印象に残るには薄すぎ。まぁ夏場のJリーグにはありがちな展開。早い段階で先制したことでこちらは無理して攻めないし、鳥栖もガス欠嫌 [続きを読む]
  • 相手のミスに助けられた形だが
  • 札幌2-0勝利!!2連勝そして11戦負け無し。ついに3位浮上勝ち点40に到達したし残留確定ざまぁ見さらせというのはまだまだ早い。シーズン前の悔しさを晴らしていくのはこれからじゃとは言え、きょうは運の良い勝ちやった。2得点とも相手Gkのミス(2点目は特に)やし、内容も今ひとつ。退場して10人になって楽させてもろうたし。引き分けた試合の方が出来良かったぐらい。久々スタメンのウーゴや喜田が特別良かったわけじゃない。途 [続きを読む]
  • 戦力のスリム化
  • まずは天皇杯。次の相手は広島に決まった。監督交代があったが、相性そのものは悪くない。ルヴァン杯の借りを返したい。あの時より、扇原・山中の新戦力が中心選手としてプラスαをチームに与えることで強くなった。次は勝つぞ 絶対に。とりあえず、扇原についてはこのブログでも多々触れているので今回は割愛するが、山中も期待以上。攻撃力があるのはわかってたが、とにかく手札が豊富。だから学でもマルちゃんでも吉尾でも上手 [続きを読む]
  • ドロー沼脱出成功
  • 新潟戦2−0勝利!!前半戦痛い引き分けを喰らった相手に手堅く勝利をもぎ取る。下位相手のドロー沼からようやく抜け出す2試合連発のマルちゃんにアマジュン。特にアマジュンはゴラッソが続く。やっぱり、アマジュンはトップ下の方がいいね。ボランチだと何かもう一つ。きょうもあんまし…可能性の一つとしてありかと思っていたが、もうないかな。というか扇原はなんでベンチ?前半今一つだったのは前節の反省活かしてスローに入 [続きを読む]
  • 月日が経つのも早い 
  • 8月4日を迎えた。偉大なる背番号3が天国に旅立って6年。気が付けば、あの時のマツの年齢に近づいてきた。マリノスで共にプレーした経験のある選手もずいぶんと少なくなった。マツのことを慕っていた後輩もベテランと呼ばれる年齢に。つい先日もナオが今シーズン限りでの引退を発表した。ナオは自分がマリノス熱が再燃した頃にユースから昇格した選手。在籍2年半ほどで、由紀彦と交換トレードみたいな形でFC東京へ去ったが、個 [続きを読む]
  • 勝たなければいけない試合
  • 清水戦2−2引き分け勝たなければいけない試合だった。セットプレーから失点したとはいえ、今シーズン最高の前半といっていいぐらい。清水の右サイドをズタズタに引き裂いた複数が絡み合う攻撃。そして、ケイマンも周りを上手くいかし、攻撃の幅を広げる。合宿の効果は見えた。ただ、前半終了間際のPK失敗が…決まって入れば楽だったのにといった気持ちが時間が増すほどに焦りを生む。「キャプテンに決めてほしい」本人だけでなくマ [続きを読む]
  • 仲川 アビスパへ
  • 仲川アビスパへレンタル移籍…練習試合大活躍してたから後半戦期待してたんだけどな。残念監督の求めるサッカーとプレースタイルがあわなかったわけじゃないし、監督がベテラン重視だったわけでもない。身長もあるかもだが、単純に怪我多すぎて監督の信頼得られなかった。はっきり言ってFWの層は薄い今年4人とも万全な状態一度もなかったわけだし。むしろ、アビスパの方が層厚いでしょ。ウェリントン選手、城後選手、石津くん、ポ [続きを読む]
  • 後半戦に向けた展望
  • 暫定とはいえ、首位と勝ち点差8に差が広がった首位C大阪は浦和相手に4-2後半馬鹿ゲームにすることなくゲームを終わらせたことに恐怖感を覚える。そんなC大阪を追うのが鹿島・川崎・柏・G大阪、そしてマリノス。この辺に優勝争いは絞られた感じ。川崎を除き、1stで負けたチームばかりが上位になったのは偶然ではないだろう。後半戦最初は清水・新潟・札幌・鳥栖・神戸・東京と上位と直接対決はない。嫌なイメージのチームは少ないし [続きを読む]
  • 夏の戦力分析
  • 現時点における戦力状態をポジション別に見直してみた。GK飯倉、杉本ともに安定してる。ビッグセーブ量産してくるとチームに勢いが出る。CBさすがボンバー。ミロシュは存在感を増したい。SB松原はもう一つも山中は期待以上。下平もポジション取り返せるか、金井は守れるか。高野はレンタル修業もありえる。ボランチ扇原マチコンビになってから良くなる。喜田は巻き返しなるか。SHマルちゃんは前半戦MVP級前半戦ノーゴールの学は後 [続きを読む]
  • 夏の補強ポイントを考えてみた
  • 今のメンバーだけで上位に留まれるか。良い位置にいるからまだまだ可能性はあるからこそ思う。このままで行けるのかと。勝負かけるなら現監督では難しいと思うが、辞めさせる理由もない。補強しなきゃマズいと思う部分も特にないが、無しで行けるほど甘くもない。しかし外国人枠は埋まってる。何とも微妙な感じ。個人的にはトップ下かパワープレーヤーかなタイプ的には山瀬功治みたいなゴリゴリ突破からミドル打てる選手とサイドか [続きを読む]
  • チーム内の下剋上歓迎
  • マリノス天皇杯3回戦沼津を4-2で破るジャイキリされず順当に来てます。相手GKの質に助けられたのも事実だが、4ゴール。学今季初含む2ゴールも嬉しいわそして喜田もゴールに気持ちの入ったプレー競争激化ボランチコンビに挑戦状を叩きつける熱いハートはウェルカム扇原とミロシュが揉めたとか聞くが高い意識で要求し合った結果みたい。内容に不満な表情ではけていったのも現状に満足してない証拠。今年は怪我や出場停止からチャンス [続きを読む]
  • 相性の良し悪し
  • プロとは言え、組み合わせによって相性の良し悪しがある。今年のマリノスは結構顕著良好ウーゴ×マル(左)吉尾×山中扇原×マチ良くないウーゴ×学(左)マル(右)×松原といった所が目につく。栗×バクや金井×学とかも長年の関係性でコンビが熟成しているのもあるが、特に印象に残る組み合わせは上記のもの。特に、気になってるのはウーゴ守備の問題でアマジュンとしか基本的に組ませられない。バブと同時スタメンだと守備がど [続きを読む]
  • もったいない
  • 広島戦1-1引き分け逃げ切れず…残留争いしている相手ということを考えると、もったいない。結果的にルヴァン杯同様に柏選手からのクロスで失点。それも右SBを交代した後という同じパターンなだけにイメージ悪い。ピンチはあったがミドルとハイボールのヘディングで、そこまでヤバくもなかった。気をつけるのは柏選手とセットプレーぐらいで、わかってて抑え切れないのは悔しい。金井がカードもらってたから交代も仕方ないけど…途 [続きを読む]
  • リーグ戦半分終えて好位置
  • リーグ半分終えて勝ち点32首位と勝ち点わずか4差6位という好位置。ラストの5連勝で一気に勝ち点伸ばした。内容で圧倒したわけでもないから、出来すぎな気もするけどね。正直、その前を考えれば、ラスト2勝2分1敗ぐらいですら甘すぎる程。ただ、そんな皮算用でも勝ち点25ぐらい中位で折り返し。首位と10差では厳しい。あれぐらい勝たないと上は見えないと痛感大型連勝のありがたみを感じる。連勝前に内容悪いなり五分のペースを保て [続きを読む]
  • 鬼門NACK5でも止まらない
  • ついに5連勝久々の失点は残念だが、ボンバーの偉大な記録達成を勝利で飾れた。140試合連続フル出場 更に伸ばしてくれ。前半は大宮のプレスに手を焼いてどうなることかと思ったが、杞憂。今はしっかり勝ち切れる。点が取れる。2つともナイスゴール山中は狙って打ったのなら流石。サイドバックのミドルとか久々コミヤマさん以来ぶりか。武器になって欲しいね。一方、前半選0ゴールのキャプテン後半戦の起爆剤としておきましょう。 [続きを読む]
  • 信じられないほど安定した戦いぶり
  • 神戸戦2−0勝利!!これでリーグ戦4連勝ちょっと前まではどこにも勝てないようなサッカーをしていたチームとは思えない。相性の良い神戸とはいえ、天敵ネルシーニョ監督攻略策なりもってくるのかなと思っていたが、そうでもなく。危なげなく勝たせていたただいた。それにしても、信じられないほど安定したなぁ。やっぱボランチって大事扇原・マチコンビになってからだもんね。喜田には悪いが、当分はボランチをいじらないだろう [続きを読む]
  • とりあえず突破できればOK
  • 天皇杯2回戦 FC大阪戦3-1勝利‼順当に勝ち上がれたから、とりあえず良かった。行けてないし見れてもないから詳しい情報はわからないけどさ。他会場で下のカテゴリーに足元掬われていたし。延長まで行かず突破できればOK終了間際に失点したのはいただけないが、点取れるようになっているし。控え中心ながらも、ケイマン・前田・ケイタ決めた。下平も出れたし、ユースの山田もスタメン。下からの突き上げウェルカムだねにほんブログ [続きを読む]
  • 好調 3つの要因
  • 3連勝一時期の不調から脱出しつつあるマリノス。好調の要因は3つ。①ウーゴを活かすサッカーにウーゴの武器はサイドからのクロスに対するポジショニングの良さ。他は結構残念だが、そこで点を取る技術・嗅覚みたいなものは高い。サイドからクロスというシンプルな攻撃パターンにすることで各々の役割・考え方を整理できた。今までは中盤に合わせるスタイルで点が取れない時代が長かったが、ようやく。ケイマンの方が良いんじゃな [続きを読む]
  • 待ってましたよ アマジュン 
  • FC東京戦 1−0勝利!!ここで勝てたのは非常に大きい。1週間試合ないだけで長く感じたけど、マリノスが勝ってホント嬉しいね。【大久保選手に助けられた…】毎度ながらの1点勝負になるこの対戦カード。いつもより塩分控えめなれど、今回もたがわず固いゲーム。全体的に攻めていたのはうちだったが、シュートまでは中々行きつくことができず。逆に、決定機そのものは東京の方が多かった。大久保選手がブレーキだったから助かった [続きを読む]
  • そろそろ気合い入れ直しますよ
  • 川崎戦後麻生での練習試合も行けず、代表戦も燃えず。ちょっとサッカーモードから離れてたのでFC東京戦に向け気合い入れ直しますよ。まぁ代表も見てないわけじゃないんですけどね。ミロシュの豪もブラジル戦途中からだが、特に目立たず、失点ばかり。彼が一番ロシアに近いので頑張って欲しい所。次に、松原、扇原、学って所だろうけど、可能性低いかな。一方、マリノスはここから真価が問われる。学が左から外れたが、果たして右の [続きを読む]
  • ちゃんと勝った
  • 川崎戦2-0勝利戦前の予想では厳しい戦いが予想されたが、蓋を開けてみたら最初から最後までほぼマリノスペース今日のゲームはうちが勝つべくして勝ったといえる。勢いとか運とかじゃなく、ちゃんと勝ったというのは久々。もちろん川崎のコンディションが悪いというか、フィットしない家長選手に執着しすぎたせいか、いつにもなく怖くなかったのは確か。いつもなら嫌なスペースに縦バスをガンガン入れられる所だがほとんどなかった [続きを読む]
  • 勝負所の試合じゃないの?本気度を疑う
  • ルヴァン杯広島戦1−2で敗れる絶対に負けられない試合を落とし、予選グループ敗退先制を許し、仲川のゴールで同点も、ミロシュ投入が仇となり逃げ切れず。内容は悪くはなかったが、決めきれなかった事が最後に響いた。これで今年のルヴァン杯終了。シーズン前はカップ戦タイトルと言いながら、予選敗退。今年は3位までチャンスがあったのに…正直、どこまで本気だったのか?リーグ戦に出ている主力組とハッキリと分かれたメンバ [続きを読む]
  • 怪我の功名
  • 清水戦3-1勝利!!日本平はやっぱり相性抜群ようやくウーゴの使い方がはっきりした。サイドから速いクロスを徹底的に放り込む。点を取りたきゃエースに戦い方を合わせるのが一番だよ。ポストプレー下手やし、シュートモーション大きすぎだけど、クロスの入り方が上手いとは感じてた。けど、うちの両翼クロスあげないしなぁと思ってたが、とんだ勘違い。マルちゃん左だとこんなにシンプルにクロスあげるのね。学の怪我によるポジショ [続きを読む]
  • 何の味付けもしない方がマシって事かも
  • ルヴァン杯・鳥栖戦2−1勝利ルヴァン杯開幕当初はイマイチだったが、ここへ来て3連勝。リーグ戦最悪な内容続くから、ルヴァン組主体でメンバー構成した方が強い気がするぐらい。パスのテンポを速く正確にが答えだと示してくれた。これで、ようやく逆襲するために必要なメンバー揃ってきたよ。点取って欲しいエース・ウーゴが2ゴール。仲川もナイスPK奪取。先週なんで起用せんかったんや。そしてマチの復帰。頼れる中盤いやチー [続きを読む]