カ ラ ス さん プロフィール

  •  
カ ラ スさん: Raven’s Void
ハンドル名カ ラ ス さん
ブログタイトルRaven’s Void
ブログURLhttps://ameblo.jp/dawachan09/
サイト紹介文詩と小説と音楽。キーワードは幻想と怪奇。自作の歌詞やホラー小説、お勧めの曲紹介など。
自由文ある時は時代に取り残されたホラー書き黒瀬硅。またある時は日陰の異端派シンガー・ソング・ライター“大 鴉 - れいぶん -”そしてその正体は迷子のオヤジ カ ラ ス! その明日をも知れぬ創作活動の記録です。夜明け前と黄昏時を愛する方、遊びに来てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/03/26 19:57

カ ラ ス さんのブログ記事

  • たった今、この曲いかが? -511- “ アル・ディ・メオラ “
  • 〓 夏の夜更けに 〓路地裏に 家路を辿るとしーん と 静まり返った 舗道には僕が 手前の角を曲がるまでたしかに 誰かがそれも かなりたくさんの人たちが いた濃厚な 気配が 淀んでいますしかし 行けども 行けどもいくつ 石垣と 垣根の曲がり角を 曲がっても誰も いませんでもどこの 曲がり角を 過ぎてもそこはもぬけのから に なるにはいささか 広すぎるような場所に 思えて なりません近道を 選んだつもり [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第474夜 《 シー & ケイク 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 474 夜 ”シー & ケイク“ サウンド & ヴィジョン ”詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあ [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第473夜 《 フランソワ・ド・ルーペ 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 473 夜 ”フランソワ・ド・ルーペ“ レ・アンジュ ”詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあえ [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第472夜 《 チェレステ 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 472 夜 ”チェレステ“ 夜の瞳 ”詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあえて一切説明をいたし [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第471夜 《 ジョン・レンバーン 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 471 夜 ”ジョン・レンバーン“ Lady Goes To Church ”詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあ [続きを読む]
  • 《 長編・青春ホラー 》 ? 影 、つ ど う ? 【 第3回 】
  •  影、つどう  (3)  黒瀬 硅( 第一部 “ 野 分” - の わ き - )僕は 感じる何かが やってくるのを  今宵この夜の 大気の中に- フィル ・コリンズ   “ 夜の囁き ” -《 1.推定される発端  - その1 - 》   △  濡れた薄紙を何枚も重ねたように、雨雲は分厚く空を覆っていた。 時折雲間から西に傾いた陽が浄善寺ヶ原に射し入ると、大小の丘陵を覆う木立が暗がりから一斉に身をもたげ、曇天の下に異様なほど [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第470夜 《 細野晴臣 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 470 夜 ”細野晴臣“ 『 銀河鉄道の夜 』 より : エンディングテーマ ” ( “ 春と修羅 ” 朗読入り )『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージ [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第469夜 《 Riff Raff 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 469 夜 ”Riff Raff“スピード ”詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあえて一切説明をいたし [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第468夜 《 MONO 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 468 夜 ”MONO “ Halcyon (beautiful days) ”詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあえ [続きを読む]
  • 《 長編・青春ホラー 》 ? 影 、つ ど う ? 【 第2回 】
  •  影、つどう  (2)  黒瀬 硅      《 プロローグ・夏のおわり (198X ) - その2- 》▲ がば、と身を起こした十全は、危うく寄りかかっていたホルモン屋の大きな提灯を地べたに落とす所だった。 ――この女子(おなご)、何故(なして)こったな時間にこったな場所で。まさが街娼(パンスケ)が? ……いや。おい、ちょっと待で! 十全の全身から安酒の酔いが一気に消し飛んだ。  ブラウン地にベージュのボックスプ [続きを読む]
  • ? 影 、つ ど う ?− 目 次 −
  • ◆ 第1話 《 プロローグ “ 夏のおわり - 198X - ”  - 1- 》◆ 第2話 《 プロローグ “ 夏のおわり - 198X - ”  - 2- 》◇ 第一部 《 野 分 - のわけ -》ランキングに参加しています。こちらを いただければ幸いです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 《 長編・青春ホラー 》 ? 影 、つ ど う ? 【 第1回 】
  •  影、つどう  (1)  黒瀬 硅      《 プロローグ・夏のおわり (198X ) - その1- 》▲ 市の東端にあるバスセンターの横を、流行りの竹の子族もどきの格好をした大柄な少年が一人、 蹌踉(よろ)めきながら歩いていた。 大都市で流行ってる最先端のファッションを田舎町でそのまま真似ると、風景とあまりにそぐわず、場合によっては滑稽を通り越し狂気の沙汰にしか見えない。 あるいは周囲に高い建造物が少ないの [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第465夜 《 První Hoře 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 465 夜 ”První Hoře “ Naruby ”(ライヴ)詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあえて一切 [続きを読む]
  • ★ 午前2時のマヨヒガ : 第463夜 《 テディー・ラズリー 》
  • ★ 午前2時のマヨヒガ  “ 第 463 夜 ”テディー・ラズリー “ オニキス ”詩・小説等はこちらからどうぞ『マヨヒガ』 とは東北の山間に語り継がれる伝説。山奥に分け入ると忽然と広壮な屋敷が現れる。中に入っても誰もいないがたった今までそこにたくさんの人がいた気配が残っている。この無人の屋敷より何か一つでも物を持ち出せばその者には福が授かる、という――ここに紹介する曲・ミュージシャンに関してはあえて一切 [続きを読む]
  • # たった今、この曲いかが? -507- パンタ & HAL “ マラッカ ”
  • 〓 夏を乗り切るには 〓そりゃまず夏に ノル ことでしょ 最初にノラなきゃ乗り切ることなんか 土台 ムリでしょ?日本て国は四季折々様々な風物を 唱ったうたが ありますでも夏の蒸し暑さを 嘆く・やりすごす歌は あってもこの暑さを 真っ向から受け止め汗だくになって 転げ回り何か 楽しみを見いだそう って歌はあまり ないような 気がしますそこで久方ぶりに この曲 いかが?狂いまくっていた 10代最後だか2 [続きを読む]