癒しの石彫家 石田観仙 ( 充弘 ) さん プロフィール

  •  
癒しの石彫家 石田観仙 ( 充弘 )さん: 仏像・アート 石を彫り続けて37年の彫刻家 石田観仙
ハンドル名癒しの石彫家 石田観仙 ( 充弘 ) さん
ブログタイトル仏像・アート 石を彫り続けて37年の彫刻家 石田観仙
ブログURLhttp://ameblo.jp/kansen-ishida/
サイト紹介文仏像を中心に製造、販売している石仏師です。シーサーや座敷わらしなどの福神や魔除けも多く彫っています。
自由文石は末代までの宝物。
彫り師によって宿るエネルギーが変わることをご存知でしょうか。

プロフィールは、こちらをご覧ください。↓
http://profile.ameba.jp/kansen-ishida/

写真集はこちらから。↓
http://ameblo.jp/kansen-ishida/theme-10050713694.html

あなたの想いを形にし、その作品の周りに出来る空間を優しい波動で包むお手伝いをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/03/26 20:08

癒しの石彫家 石田観仙 ( 充弘 ) さんのブログ記事

  • 「 お地蔵様 」 本小松石彫刻
  • 「地蔵菩薩」 本小松石1級 本体1尺5寸の小さな菩薩様です。 Sydney から戻ってきて、初めてのお仕事。東京都立 ” 多磨霊園 ” 内に建立しました。 このお地蔵様は、珍しい四頭身でのご依頼。 お顔の割が大きいと、童になりがちですが、わらべ地蔵にはしないでほしいというご要望でした。 バランス的には難しく、心の状態がいつも以上に左右するお仕事でしたが、 [続きを読む]
  • 苔の上
  • 雨の日の工房 この子は初めて見るような。。。小さな子です。 お顔を見るとヒキガエルでしょうか?いやいや、アマガエルでしょうか? 溶岩の上に繁殖した苔の上で気持ち良さそうにしていました。 [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 19
  • Sydney の 朝カフェ スモークサーモンも美味しいけど、マッシュルームが美味 この日は、世界最大級のクロコダイルレックスに会いに 。。。 体長は5m以上、重さ700 kg、年齢は推定45〜50歳。 彼の迫力は言葉に表せません。 この国では、海を感じました。高い山の上にいても海の中を感じるんです。なんていうか包まれてい [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 18
  • PHILLIP’S FOOTE Aussie Beef PHILLIP’S FOOTE では、お肉を一枚買うと、 サラダやフルーツが食べ放題 お肉は自分で焼きます。 ここは美味しい! 骨の左右にサーロインとフィレが並ぶ「Tボーンステーキ」が最高に美味しかった。 PHILLIP’S FOOTE は、ロックスエリアにあります [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 17
  • Cabbage Tree Bay キャベッジ・ツリー湾 の ” イースト・マンリー・コーブ・ビーチ ” ハーバーのある穏やかなビーチです Manly Corso ビーチに抜ける道には、沢山のお店が並んでいます コルソ通りには、足洗い用の水が 。。。まさに、ビーチの街ですね。 心地よいマンリーを後にして &nb [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 16
  • Shelly headland lower lookout 登りました先端は、少々怖かったです (^-^; 今回、一緒に行った家族 家族写真はブログ初公開かもしれません (^-^; 絶景です 断崖絶壁 こんな素敵な光景にも出会いました Shelly headland upper lookout こちらはお隣さん 二人 [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 15
  • まるで物語の舞台 立てるものならこの上に立ってみたいと思いますよね。 そう思っていたら人が出てきました。 やはり登れるんです。 すごいことになりそうです この樹木のトンネルをくぐると またまた出迎えてくれたEastern Water Dragon 海だけでなく、山の中にもいるんですね。 &nb [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 14
  • 石 海 空 地球 遺したくなりますよね〜 Shelly Beach の小山の裏側には、このような walking track があります 想 この春に大学を卒業した長女殿家を出て新たなステージ君は輝いてるよ 感謝 もしかしたらすべて夢かもしれない 続きます [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 13
  • Shelly Beach おすすめのシュノーケルポイントだそうです。今回は波も荒くて、海には入りませんでした。 小ぢんまりとしたビーチですが、どこか楽園を感じさせてくれます。 名前の由来は、海岸の砂がほとんど Shell → 貝殻 でできているとのこと。 Sydneyには、石彫刻が少ないのですが、このようにベンチに使われていたりします。 & [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅻ
  • 海沿いを歩きました こんなところにも可愛い生き物が棲んでいます Eastern Water Dragonこの子で70cmくらいでしょうか。いや、尻尾が長いから80cmくらいあるのかな?こんな子が普通にいます。 この家は20億くらいするそうです その豪邸の下にあったものは 海の中に造ったプールです 僕ら [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅺ
  • 市民の憩いの場Manly Beach ビーチ沿い道路の向こう側に見えるのは KAPLAN INTERNASIONAL COLLEGES 親友の留学先です 特別に中に入れていただき 暫し学生気分 ? 窓の外には、ビーチが広がります 休憩時間にベランダにいるのかと思いきや、和気あいあいと言った [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅹ
  • Manly Beach この日はお天気がイマイチで、人が少なかったのが幸いしっかり地球を感じることができました。 このフラッグは、サーフィン全豪オープン僕らが行く1週間前までAustralian Open of Surfing 2017 - Manlyが開かれていました。 砂浜は、やはり砂岩の砂とてもサラサラで、べたつきません。 カモメは可愛いけど、気をつけなけれ [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅸ
  • この日は、フェリーで移動 もちろん、こんな豪華客船ではありません (笑) ハーバーブリッジ側は晴れていますが これから行く方角は雲に覆われています 予報では雷雨 でも、我らには超晴れ女がついてる (笑) 目的の場所に到着しました。 これがマンリーの日 [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅷ
  • Très bien ! この門をくぐると どこか日本を感じる世界が 。。。 森林浴 滝つぼ これが、この地でできる水 。。。 Leura Cascades 次は、この水の流れる先海に行きます なんて自然な流れ [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅶ
  • Three Sisters へ渡りました。 石に抱かれる安心感 切り立った崖は目前 ここには多くの魂がいることでしょう ワクワクとドキドキ 昔は海の底 次は大森林の中へ入っていきます。 そこには、また別の世界が 続きます [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅵ
  • The Giant Stairway 断崖絶壁に設けられた階段 誰か一人が足を滑らせたら、みんなイチコロ? Three Sisters に架けられた橋を渡るのですが、正直こういうところは得意ではありません。 少し高所恐怖症かな (笑) でも、この絶景 下を見ると足がすくみますが この景色が心を満たして [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅴ
  • Three Sisters マイナー(Meehni)、ウィムラー(Wimlah)、ガナドゥ(Gunnedoo)美しい3姉妹が、村の長老によって岩に変えられてしまったアボリジニの伝説 Echo Point からの眺め 深く濃い大森林に覆われたエリア 地球を感じに来た人がいっぱい Three Sisters に 近づいて 砂岩の山です。 &nbs [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅳ
  • 鉄道を敷くために切り開かれた砂岩の山 Sydney から約110?の Katoomba までBlue Mountains line で 2時間走ると標高1000m〜1500mのThe Blue Mountainsに到着します。 座席の角度を、44度、52度、64度に調整し、急斜面を体験できるシーニックレイルウェイ 大好きな山の中を歩き ( この画像だけは借り [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅲ
  • Barrenjoey Head Lighthouse 徐々に日も沈んできました。 SUNSET 漣 Sydney の中心部から 40?くらい離れた場所なので、また、2時間かけてCity まで戻る。 THE ROCKS CAFE Palm Beach で出逢った素敵な女性に教えてもらったお洒落なディナースポット   [続きを読む]
  • SYDNEY 紀行 Ⅱ
  • ” ミートパイ ” 角切りやミンチの肉とたっぷりのグレービー・ソースをパイ生地に包んで焼き上げたもの。 先ずは、オージーのソウルフードをいただき、 いざ、目的の場所へ … バスに乗り、約2時間 シドニーの北の海沿いは、ノーザンビーチ(Northern Beaches)と呼ばれ、いくつもの美しいビーチが点在しています。 このノーザンビーチの一番北に [続きを読む]
  • SIDNEY 紀行 Ⅰ
  • SIDNEY の MUSEUM STATION この駅近くのホテルに、チェックイン。 普通なら少し休みたいところですが、滞在時間が限られています。荷物だけ置き、すぐにお出かけ。 ホームは、シンプルで美しいデザインです。 列車は、すべて2階まであり、新幹線のようにスムーズに動きます。 初めてなので、もちろん眺めの良い2階 [続きを読む]
  • 動画 « 石田観仙の世界 ≫
  • 〇海外広報用ビデオです。The world of Kansen Ishida. 「 石田観仙の世界 」 Breathe the soul into the stone and devote heart and love to this Mother Earth. 石に魂を吹き込み、この星に愛を贈る。 I'm a warmth deliverer. 私はぬくもりの届け人。 He sometimes, with a fierce look, defeats evil and protect you with a lot of deep love.時には激しい顔で調伏し、深い愛であなたを守ります。Stone is the Mother Ear [続きを読む]
  • 見える世界はすべて自分
  • 最近よく思うことがあります。 見える世界は すべて 自分なんだな〜って。 そう思うと なんて尊い世界 人って 自分を肯定したいために たまに人を否定してしまうけど それって 自分を信じ切れていないから … すべて自分なんだよね。 もうすべてが揃ってるって思えたら なにも動じ [続きを読む]
  • 喜びのエネルギー
  • 可愛い子どもたちを見送りました。 ストレッチフィルムを巻きましたが、これは、かえって開けられるから良くないと聞き、窓口ですべて?がすことに。フラジール(取り扱い注意)も貼らない方が良いそうです。 フランス税関に見せる告知書(インボイス) 初めてのことばかりで戸惑いながらも、あとは会期を待つのみです。 思えば、皆様のサポートを頂きながら、ここまでご縁を大切に [続きを読む]