coo さん プロフィール

  •  
cooさん: ニャンコとリホーム奮闘記
ハンドル名coo さん
ブログタイトルニャンコとリホーム奮闘記
ブログURLhttp://ameblo.jp/isesaki-antique-club/
サイト紹介文古家を我が家の猫たちに、気に入ってもらえる家にセルフリホームしていきます。別荘感覚で作っていきます
自由文試行錯誤で自分たちでいろいろ勉強しながら、リホームして行く過程を、同じリホームしたい方の参考になったらと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/03/27 16:17

coo さんのブログ記事

  • エコリホームはお金になるのだ!
  •     今回は梅雨の前にやろうやろうと思っていた、去年蚊の発生原因となって     いた金属のゴミの撤去作業を、意を決してやってみました。     解体で出た壁のトタン片や浴槽、はがしたキッチンなどを、家の脇に     所狭しと積み上げていたので、鉄製の金物だけを分別して、近くの金属     リサイクル所に持ち込みました。     こちらとしてはエコの分別ゴミの片付けと思って持ち込んだ [続きを読む]
  • 最近激しい気温差なので、リホーマーは困るのです
  •      30度を超えたと思ったら20度を下回る日があったり、気温の変動     幅が大きくて困ります。     今日のような雨の日は、体は涼しくていいけれど、雨だと外での     作業が制限されるので、晴れていて20度をちょっと超えるぐらいが     リホーマーにはベストだと言えます。     でも一年を通じて、ちょうどいいという日はなかなかありません     ここのところドアの取り付けに [続きを読む]
  • 古民家のリホームは・・・
  •      古民家を買ったがどうしていいのかわからないので、アドバイスして     欲しいと頼まれたので、どれどれどんな古民家なのかと思って、     先週花見がてら、群馬県利根郡川場村に行ってきました。     川場村はまだちょっと肌寒く、桜は満開中。(^_^)     着いて見てみると結構広く、立派な建物で、二階は養蚕をしていたため     広い空間があり、上下合わせると、二百坪ぐらいありそうな感 [続きを読む]
  • セルフリホームして思うこと
  •      日本の戦後の家は、今に至るまで、せめて100年以上とは言わないが、     我々庶民の家は、ちゃんと長持ちする家は建てられてこなかった。     知り合いの家などは、築20年もたたない家なのだが、壊して新しい家を     建てるという。家が傾いているのだそうだ。     一見するとまだまだ住めそうなその家は、うわべは決して安普請には     見えなかった。     日本の家は安い買い物ではな [続きを読む]
  • 春はセルフリホーム日和だね
  •      気温が安定してきて、セルフリホーマーにとってはうれしい限りです。     今回は玄関周りの壁と床をやっています。     仕切り壁の漆喰はうまくヌレ〜ルの色はクリーム色が気に入っていて、     いつもこの色を使っています。     この色は、白と違って暖かい感じで、木の色との相性も良い感じです。  壁が塗られると部屋が一気に明るくなる壁にコンセント、スイッチ、アンテナボックスを取り付け [続きを読む]
  • 花が色々一気咲きです
  •      今年はいつまでも寒かったせいか、暖かくなった途端に我が家の庭でも     色々な花が一気に咲き始めました。            現場の近くのコブシ並木も満開だ。満開の庭の桜と雪柳。クーもお花見(^v^)だんだん眠そうになってきた。                 現場の方は、TVアンテナの線を買ってきて天井に通したり、           天井の高さを上げたので、電気の配線を上の方に付け [続きを読む]
  • ステンドの壁を作る
  •      最近気持は春というのに、雨の日が多く、寒い日もあり、桜は開花宣言     してもなかなか暖かくなってはくれません。       なので今は、部屋の中のリホームを先にやっています。     リビングダイニングと玄関の仕切り壁を作るにあたって、ちょうど     ステンドの変形窓が3枚手に入ったので、これを入れてとみようという     ことになり、さっそく枠を作り、壁にはめこんでみました。   [続きを読む]
  • 豪華な入口にランプがついた
  •      古いものを取り込みながら、色んな仲間が集える場所になったらと、     セルフリホームガンバリ中の我が家です。     壁はすべて漆喰仕上げにする予定ですが、私が今使っている     [うまくヌレ〜ル]という漆喰は、接着力が非常に良く、堅さもとても     塗りやすいように、初めから調整してあるので、上手下手に関係なく     壁が塗れて、非常に重宝しています。     以前タイルの上から [続きを読む]
  • 庭の木を切ることにした
  •      今年も鬱蒼としている庭の木を切ることにした。     大きいぼさぼさの棕櫚の木8本と、5月頃に香りのよい紫の花を咲かせる     栴檀の木だが、実を食べるのに大量にやってくる鳥のフンに辟易して     2本切った。しかしまだ大株の木が2本も残っている。栴檀の木     その他、椿の木3本と柿の木や中途半端に残っていた切り株も切った。     チェーンソーも途中で刃が切れなくなったり、大株を倒 [続きを読む]
  • ちょっと豪華な入口が完成した
  •      セルフリホームの楽しみは、自分が面白いと思える空間を作ってゆく     といった遊び心を発揮できるという点です。     既成概念にとらわれずに、自分の力量に応じて、好きなアンティーク     などを取り込みながら作りこんで行けるのが、現在セルフリホームの     ブームになっている理由かもしれません。     この家も40年前に建てられた健築のぼろい家ですが、洋館風の家が     好きな [続きを読む]
  • 部屋の入り口にゲート?
  •      いよいよ春の兆しが濃厚になって、おじさんもウキウキです          さて、部屋の入口にゲートを作るなんて、訳わからないや??という方     も多いと思いますが、空気の流れと採光を考えると、なるべく部屋を     ドアなどで仕切らずに、素敵な入り口を作るのも、ひとつのアイディア     と思いやってみることにしました。     ボロい家には不釣り合いのような(笑)、暖炉などの上にあった [続きを読む]
  • 部屋の入口を面白く
  •      最近色んな鳥が訪れるようになって、春めいてきました。     まだ外の仕事はしたくないので、この間壁を壊した部屋の入口を     作ってゆきます。     開口部分は1間あるのだが、普通にドアを付けても面白くないので、     ドアは 付けずに、ゲート風に彫りのある木を上に取り付けて、     柱二本で支えるといったセルフリホームならではの、     自由発想の超豪華な(笑)入口を作ってみ [続きを読む]
  • 玄関のたたきにテラコッタタイルを張る
  •      暖かい日の後の急な寒さは、結構体にこたえる今日この頃です。     今回はテラコッタタイルを玄関に貼ってゆきます。     玄関のたたきとタイルを水で塗らし、サイズに合わせてタイルを     貼ってゆく作業だが、タイル用モルタルの練り加減が、意外と難しい。     なんとかタイルを貼り終えた後、目地を入れてゆく作業も四苦八苦。     タイルは上に乗ると動いてしまうし、屈んでの作業なので [続きを読む]
  • ドアの上のガラス窓のDIY
  •      立春といえどもまだまだ寒く、気合いを入れないと体が動かない     今回は古い洋館などにある、ドアの上にガラス窓といったの雰囲気の     窓枠を作ります。          このドアの上に窓を入れる窓はこだわりの三分割なのでガラスを入れる溝など、ちょっと手間がかかる組み立てるとこんな感じ色を付けてガラスを入れるガラスもドアと同じこだわりの古い氷裂ガラスドアの上に取り付けるとこんな感じ壁 [続きを読む]
  • 埃をたてない天井の解体
  •            いよいよ天井の解体です。     約40年間天井に積もっていた分厚い砂ほこりは、おおまかなものは     水を含ませた新聞紙を撒いて取り、そのあとの細かい砂埃はダイソン     掃除機で吸い取ったため、天井板を落としてもほとんど舞い上がらずに、     計画通り解体が完了した     これですべての天井の骨組みが現れた。     やっぱりダイソンの吸引力はすごい! これだけ [続きを読む]
  • 天井解体のほこりを吸い取るため ダイソン掃除機を買ってみた
  •      冬場は寒さに負けて、家の外のリホームはひとまずやめることに(笑)     それなので、天井を解体しないでそのままにしようと思っていた     6畳2間の天井をやっぱり解体することにした。     古い天井には長年の砂埃などがワンサカ乗っかっているので、なるべく     解体で埃を出さないようにするにはどうしたらよいかと、今まで頭を     悩ませていました。     砂埃を乗っけたまま天井 [続きを読む]
  • 迷い犬のシロ その後のご報告
  •      現場に迷い込んできたシロは、非常にフレンドリーで吠えたりもしない     優しい犬でビックリ!     前足を痛めているようなので、動物病院に連れて行ってレントゲンを     撮った際も、先生に褒められるくらいの良い子ぶりで、検査の結果骨は     折れていなかったので一安心。     飼い主が現れなければ家で飼おうかという話になった。     一応警察にも届けたら(拾得物扱いなのだ)三か [続きを読む]
  • リホーム中 突然の訪問者
  •      仕事中の現場に、白いものが突然迷い込んできた!     よく見ると白いもふもふしたものは、迷子の中型犬だった。     切れた綱が首にくっついていて、前足が怪我でもしているのかビッコを     ひいている。     とりあえず猫缶を与えてみたが、ちょっと口を付けただけで食べない?     腹は減っていないのか、はたまた犬は魚は嫌いなのか(笑)     首輪は中型犬にしては細く、鑑札も何も付い [続きを読む]
  • お正月も熱中リホーム
  •      まとまって取れるお正月休みは、休日リホーマーにとっては集中工事が     出来る絶好の機会なので、お正月も一日だけのんびりしただけで、     あとはリホームについやしました(笑)     おかげでリホームもはかどり、玄関周りもだいぶ出来あがってきました。こんな感じに出来あがったらいいなぁあくまでも理想(笑)玄関のステップ部分を作ってゆきますまずコンクリートを流す型枠を作りエコのため邪魔だけ [続きを読む]
  • クリスマスもリホーム
  •      クリスマス真っ只中だが、もちろんリホーム中(笑)     たぶんお正月もリホームかなぁ     シューズクローゼットと玄関の壁にコンパネを張り終わった。     来年からリホームも3年目に入ることになる。     2年間で解体と床の仕上げ(基礎と断熱を入れ、コンパネを張る)と、お風呂を除き     水回りをやり終わったことになるが、あと何年かかるのかが読めない。     この後、床にフローリ [続きを読む]
  • スタイロ畳のエコ利用
  •      以前の古いスタイロ畳、捨てればただのゴミになるので、何か利用できないかと     取っておいたのだが、今回、八枚の畳を解体してみた。     畳縁を取り除くと、ビニール材と一緒に荒くミシンが掛けてあって、それらを外すと     写真のように畳と発泡スチロール材に分別できました。     畳表は燃えるごみとして捨て、薄い板がくっついた発泡スチロール材は壁の断熱材として     再利用できそ [続きを読む]
  • 壁面のリホームは、冬はかなり厳しいかも・・・
  •      現場もいよいよ寒さが体にこたえるようになってきた。     風が強く吹く日は、体の芯から冷えてしまうので、外壁の作業はきつい。     しかしながら、そんなことも言っていられないので、頑張ります(笑)玄関になる壁を、これから防湿防水シートをまず張っていきます。玄関は北側なので、風が強い   透湿防水シートをブチルテープ(両面テープ)で止めながら、全体に張る。     北風に耐えて、やっと張り [続きを読む]
  • 古いドアーを使えるように
  •      日本の古いドアーを使いたい場合、古い家のリホームと同じように、     様々な不都合が出てきます。     昭和以前の日本人は、背丈が小さかったので、ドアーも今の家に合わせると     高さが足りなかったり、外ドアーとしては、隙間や強度などの問題点も多々あり、     また、鍵もかからないことも多いので、古いドアーはなかなか使えないことも。     この問題を解決すれば、アンティークなド [続きを読む]